FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

<鈴鹿山脈の>滋賀県側で遭難相次ぐ 登山自粛を

滋賀県で遭難相次ぐ 登山自粛を
緊急事態宣言で不要不急の外出の自粛が求められる中、滋賀県では登山者の遭難が相次いでいて、県は事態が収束するまで登山を控えるよう呼びかけています。

滋賀県警察本部によりますと、県内の山で緊急事態宣言が出されてから2日までの17日間に、10人が遭難し4人が亡くなっています。
このうち滋賀と三重の県境にある御在所岳では、先月26日に登山に出かけたあと行方が分からなくなっていた三重県鈴鹿市の76歳の男性が2日、山中の渓谷で亡くなっているのが見つかっています。
また、東近江市の東峰では2日に三重県から訪れた58歳と64歳の男性2人が下山できなくなり、3日午後、迷い込んだ別の山で県の防災ヘリコプターに救助されました。
大型連休中の登山について日本山岳・スポーツクライミング協会など山岳に関係する4つの団体はウイルス感染を各地で拡大させないためなどとして自粛するよう呼びかけています。
滋賀県は「山で遭難し、けがをすれば、新型コロナウイルス対応でひっ迫している医療機関にも影響しかねず、ぜひ自粛してほしい」と強く呼びかけています。
以上
・・・・鈴鹿山脈の三重県側の登山口の駐車場はほとんどが閉鎖されているようです。登山にも不便ですが、強引に入山しても、万一の遭難で捜索救助活動に差し支える気がします。遭難すると、家族が警察に捜索願いを出せば警察や消防署は動かざるを得ません。現在はどこの病院もコロナウイルスに対応するためにピリピリしており、自粛の中で遭難すると医療体制に迷惑をかけることになります。遭難者自身がチャイナウイルスの感染者だとすると、ヘリのパイロットなどの捜索隊の人らも2週間の待機をさせられます。いわゆるクラスター感染の恐れがあります。コロナ禍が終息し駐車場の利用再開まで登山は自粛したいものです。
関連記事
[ 2020年05月03日 20:21 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

三重の男性2人をヘリで救助 滋賀・東近江市の山中

三重の男性2人をヘリで救助 滋賀・東近江市の山中
 2日午後11時25分ごろ、滋賀県東近江市杠葉尾町の山中で三重県鈴鹿市、会社員森重芳彦さん(58)と同県桑名市、無職近藤武治さん(64)が遭難したとみられると、三重県警を通じて滋賀県警東近江署に捜索依頼があった。同署と消防が3日朝から捜索し、午後1時半ごろに同所の二子山(822m)付近で県警ヘリが2人を見つけ、県防災ヘリで救助した。

 署によると、2人は「道に迷った」と話しているという。森重さんは転んだといい、両腕に擦り傷があった。近藤さんにけがはなかった。

 署によると、森重さんは2日午前6時ごろ、家族に「山に行く」と伝えて自宅を出たが、同所の東峰山頂で、近藤さんと一緒に写った写真を午前11時ごろに登山仲間に送った後、連絡が取れなくなった。
 森重さんの家族が2日夜に捜索を依頼。東近江署員が、同所の登山口近くで森重さんの乗用車を見つけていた。
(中日新聞)
<白滝谷左岸の尾根上の822mが二子山>


関連記事
[ 2020年05月03日 19:14 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

三重の男性2人遭難か 滋賀・東近江市で登山

三重の男性2人遭難か 滋賀・東近江市で登山
 滋賀県警東近江署は3日、同県東近江市杠葉尾町の山中で、三重県鈴鹿市長太新町2の会社員森重芳彦さん(58)と同県桑名市播磨の無職近藤武治さん(64)が遭難したとみられると発表した。署と消防が捜索している。

 署によると、森重さんは2日午前6時ごろ、家族に「山に行く」と伝えて自宅を出た。三重県境に近い東近江市杠葉尾町の東峰山頂で、近藤さんと一緒に撮った写真を午前11時ごろに登山仲間に送った後、連絡が取れなくなった。

 森重さんの家族が2日夜、三重県警鈴鹿署を通じて捜索を依頼。東近江署の署員が、同所の登山口近くで森重さんの乗用車が止まっているのを確認した。(中日新聞)

・・・多分、銚子ヶ口には登頂したんだろう。すると行く先は水舟の池へ行くことになろうか。鈴鹿10座に選定されて登山者が増えているので踏み跡は明瞭になったはず。どこかで道迷いでビバーク中だと思われる。

関連記事
[ 2020年05月03日 11:39 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

入山禁止の栃木の山で遭難 川崎の25歳、ヘリで救出

入山禁止の栃木の山で遭難 川崎の25歳、ヘリで救出
 栃木県日光市の男体山(なんたいさん)(標高2486メートル)で2日午後2時半ごろ、単独で登山していた川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難し、知人を通して日光消防署に救助を要請した。栃木県防災ヘリが出動し、約1時間半後に救出された。男性は足に軽い凍傷を負ったという。

 男体山は奥日光の中禅寺湖沿いにあり、百名山の一つ。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、先月25日に予定されていた開山が延期され、立ち入り禁止になっていた。

 県警日光署によると、男性は電車とバスを乗り継いで現地に入り、2日午前7時ごろ、日光二荒山神社にある閉門された登山口の脇から登山道に入り、頂上まで登った。下山途中に道に迷い、知人女性を通じて救助を求めた。足を滑らせて靴が脱げ、靴がないまま1時間ほど残雪の中をさまよい歩いたため、両足に軽い凍傷を負ったという。

 救助活動は標高2200メートル付近の上空でヘリコプターがホバリング(空中停止)し、遭難した男性をつり上げて機内に収容したという。男性は反省の言葉を述べているという。(平賀拓史)
関連記事
[ 2020年05月03日 10:13 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

登山中に行方不明の男性を遺体で発見 滋賀・東近江、御在所岳付近

登山中に行方不明の男性を遺体で発見 滋賀・東近江、御在所岳付近
 2日午後3時50分ごろ、東近江市甲津畑町の御在所岳付近で、登山中に行方不明になっていた三重県鈴鹿市の男性(76)の遺体を東近江署などの捜索隊が見つけた。

 同署によると、渓流のそばに倒れていたといい、死因を調べている。
以上
遭難死された方にはお悔み申し上げます。
フェイスブックの情報ではすでに遺体で発見されたことが分かった。同行していた愛犬がそばで遺体の顔を舐めていたという、なんとも悲しい結果になった。転落して頭を強く打ったのかも知れない。FBでも報道でも具体的な場所は明らかではない。古い山仲間からは鈴鹿通のベテランとして親しまれていたらしい。そんな鈴鹿に精通した登山家だし、愛犬を連れているので険しいルートは通らず、尾根を歩いていたと見ている。御在所岳付近というから御在所岳山頂から西に延びるバリルートだったのか。いずれにせよ、発見されて良かった。ご遺族には悲しい結果になったが行方不明のままでは気が気ではない。
これで霊仙山、御在所岳と高齢者の山岳遭難が連続してしまった。思うには、長い自粛で運動不足になり、筋力が衰えてしまい、ええいっと通いなれた鈴鹿ならと実行した。慣れた登山道でも筋力の衰えでリカバリーできず、ふらつくままに転倒、転落、滑落してしまった。特に大腿筋の衰えは前のめりに転倒するから頭を打つ。これが致命的になると想像する。ヘルメットでもかぶっていたらと思う。
関連記事
[ 2020年05月03日 00:18 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

沢のそばで高齢男性の遺体発見 登山中行方不明に 滋賀・大津

沢のそばで高齢男性の遺体発見 登山中行方不明に 滋賀・大津
 1日午後2時半ごろ、大津市の矢筈ケ岳近くの沢で、登山中に行方不明になっていた同市、金物店経営の男性(79)の遺体を、市消防局などの捜索隊が発見した。大津署によると、男性は沢のそばにうつぶせで倒れていたといい、滑落したとみられるという。

・・・第一報では笹間ヶ岳で行方不明とされていた人と年齢が同じことから同一人物と思われる。これで滋賀県では立て続けに3名が山岳遭難死された。
関連記事
[ 2020年05月02日 10:17 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

登山者遭難相次ぐ 自粛呼びかけ

滋賀NEWSWEB  04月30日 16時14分
登山者遭難相次ぐ 自粛呼びかけ
緊急事態宣言で不要不急の外出の自粛が求められる中、滋賀県では登山者の遭難がこの1週間で5件相次ぎ、県は改めて自粛への協力を呼びかけています。

滋賀県警察本部によりますと、4月22日から29日までの1週間で滋賀県内では登山者の遭難が5件相次いでいます。
このうち▼先週24日には米原市と多賀町にまたがる霊仙山で、岐阜県から登山に来ていた81歳の男性が滝つぼで溺れて死亡しているのが見つかりました。
また、▼29日は大津市に住む79歳の男性が、大津市内の山のハイキングコースで仲間と別れたあと行方がわからなくなっています。
いずれも50代から80代までの男性で、警察や消防ではそのつど大規模な捜索をし、大津市では30日も捜索が行われました。
滋賀県が緊急事態宣言と同時に設置したコールセンターには、「近所の登山口に車がたくさん止まっていて不安だ」などという相談が多く寄せられているということで、県防災危機管理局では、「けがをすれば、新型コロナウイルス対応でひっ迫している医療機関にも影響しかねず、ぜひ自粛してほしい」と強く呼びかけています。

・・・3日前にこんな報道があったんですね。5件もあったとは知らなかった。霊仙山は死亡、御在所岳は5/2遺体で発見、笹間ヶ岳もFBではコメント欄に残念な結果とコメされていたので死亡か?。3名もの登山者が相次いで死亡したとあっては当局にはショッキングなことと思う。いずれの人もみな病院に一旦は入るので、コロナ禍でピリピリした医療現場に迷惑をかける結果になった。登山者が感染者との報告はないのが不幸中の幸いと思う。感染者だとしたらご遺族が叩かれる。こんな異様な社会からは一日も早く脱したい。それまでは自宅でビバークだと思って我慢。臥薪嘗胆である。
関連記事
[ 2020年05月01日 00:50 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

高齢男性2人、相次いで山岳遭難 滋賀

高齢男性2人、相次いで山岳遭難 滋賀
 滋賀県内で28~29日、高齢者が山岳遭難したとみられる事案が相次いだ。

 28日午後5時ごろ、甲賀市土山町大河原の雨乞岳の登山口付近で、三重県鈴鹿市の男性(76)の乗用車が止まっているのが見つかった。
 
 滋賀県警甲賀署によると、男性は身長約160センチで眼鏡を着用し、黄と黒のネルシャツに灰色ズボン姿。26日朝、家族に「山に行く」と伝えて自宅を出て、連絡が取れなくなったという。

 大津市田上森町の笹間ケ岳ハイキングコースでは、29日午後3時15分ごろ、同市の金物店経営の男性(79)が行方不明になったと、同行者から119番があった。男性は同日午前9時ごろ、同行者2人と山に入り、途中ではぐれたという。
県警や消防が2人を捜索したが見つからず、30日朝から再開する。


関連記事
[ 2020年04月30日 06:15 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

雨乞岳の登山口付近で70代男性が遭難か、捜索へ

雨乞岳の登山口付近で70代男性が遭難か、捜索へ
28日午後5時ごろ、滋賀県甲賀市の雨乞岳(1238メートル)の登山口付近で、26日に「山へ行く」と言って自宅を出たまま行方不明になっていた三重県鈴鹿市、無職筒井克治さん(76)の軽乗用車が見つかったと、滋賀県警甲賀署に通報があった。署は山岳遭難の恐れがあるとして、29日早朝から捜索する。

署によると、筒井さんは26日朝、山へ行くと家族に伝えて家を出たが、連絡が取れなくなった。28日に知り合いの登山仲間が筒井さんの車を発見し、通報した。

筒井さんは身長160センチぐらい。灰色のジャージーに眼鏡を着用し、リュックサックを背負っている。(共同)

・・・76歳と高齢なのでビバークもきつい。転落すると厄介なことになる。骨折で歩けないとか、霊仙山の81歳のように滝つぼに落ちるとか、29日は捜索されたみたいだが・・・ご無事での下山を祈りたい。
関連記事
[ 2020年04月29日 20:54 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

大型連休、登山控えて 登山口の全駐車場、閉鎖要請

大型連休、登山控えて 登山口の全駐車場、閉鎖要請
PK2020042802100329_size0.jpg

 県は二十八日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、八ケ岳や浅間山などの県内側登山口にある全駐車場の閉鎖を運営業者などに要請した。大型連休中に登山客が訪れるのを防ぐための措置。閉鎖期間は国の緊急事態宣言が期限を迎える五月六日まで。

 県は登山や観光を目的とした来県をしないよう強く求めている。阿部守一知事は二十八日の会見で「(遭難者に対応する)救助隊員も感染防止策に細心の注意を払いながら活動しなければならず、山小屋も休業している。通常に比べて救助が行いにくい現状と理解してほしい」と強調した。

 県山岳高原観光課によると、今月二十五、二十六日午前に北アルプスと八ケ岳で実施した登山状況の調査では、対象地点で最大二十一人の登山客が確認された。担当者は「感染リスクをゼロに近付ける必要がある」と、駐車場閉鎖への理解を求めた。

◆鹿島槍ケ岳や八方登山口にポスター 北ア遭対協など
 北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)や県、大町署などは二十八日、大町市、白馬村、小谷村で北アの登山口十一カ所に、登山の自粛を呼び掛けるポスターを掲示した。

 大町の爺ケ岳や鹿島槍ケ岳、白馬の猿倉や八方、小谷の栂池などの登山口に設置。山小屋が営業していないことやキャンプ場が利用できないことを記し、山登りの自粛を求めた。

 大町市扇沢の針ノ木登山口では、大町署員で県警山岳遭難救助隊の村上春満巡査長(41)と栗山雄大巡査部長(29)が作業。村上さんは「遭難した場合、防護服などを着てから向かわなくてはいけないので、救助も時間が掛かる。山は逃げないので、登るのは来年にしてほしい」と話していた。 

◆上高地一帯に県がプレート
 県が展開する「信州の観光はお休み中」キャンペーンの一環で、県松本地域振興局は二十七日、松本市安曇上高地にある上高地インフォメーションセンターなどに、北アルプスへの入山自粛を求めるプレートを掲げた。

 プレートはA3判。ほとんどの山小屋やテント場が営業していないことなどを説明し「入山を自粛してください!」と呼び掛ける。県警山岳情報、県山岳情報のQRコードも添えた。上高地一帯の登山口など計十カ所に掲げる予定。

 同振興局商工観光課によると、昨年の大型連休の十日間で上高地には八万四千人が訪れた。プレートを張った草間康晴局長は「観光県としては苦渋の決断で、山小屋や観光施設の休業をお願いしている。感染防止の観点からも来るのを控えてほしい」と話した。

 上高地の宿泊施設や北ア南部地域の山小屋は五月六日まで休業。上高地に乗り入れる路線バス、シャトルバスも運休し、タクシーも乗り入れを自粛している。

◆茅野・八ケ岳山荘、有料駐車場を閉鎖
 茅野市の登山口「美濃戸口」近くにある八ケ岳山荘は、二十四日から有料駐車場を閉鎖している。それでもマイカーやレンタカーでやって来る登山者がいるという。

 同山荘によると、入山者は例年の大型連休前と比べ一割程度に減っており、二十五日は十人ほどが訪れた。登山者カードと下山日を書き込むカードを山荘内で記入してもらうことで入山者の把握に努めている。

 藤森周二代表(56)は、人目につきにくい無人の登山口からの入山者が増えることを懸念。「皆が我慢している時。登山の自粛をお願いしたい」と話す。

 諏訪地区山岳遭難防止対策協会ではこれまで、新型コロナウイルス感染症対策として、登山者に注意を促す看板を登山口に設置するなど対応してきた。山岳救助隊長の高橋政男さん(59)は「国や県の自粛要請を踏まえ、登山者には適切な行動を取ってもらいたい」と求めている。

 八ケ岳観光協会によると、加盟する三十三軒の山小屋すべてが五月六日まで営業を自粛している。 
関連記事
[ 2020年04月29日 09:54 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

登山者の方々へ 「新型コロナウイルス感染に関するお願い」

登山者の方々へ   「新型コロナウイルス感染に関するお願い」

1 緊急事態宣言」発令中は、行政の指導に従って下さい。
2 「今、登山に向かうこと」が「自分の命」と「関係する全ての人の命」を左右するという現実をご理解下さい。
3 ご自分を含めて「全ての人が感染者の可能性がある」とお考え下さい。
4 最近2週間のご自分の行動を振り返って下さい。
5 行動する場合には、その全ての行程で"三密"の全てを避けられるのか考えて下さい。
6 国内全ての地区で医療崩壊が起こっていることをお知りおき下さい。
7 国内の救助活動も従来通りには行えなくなっていることをご理解下さい。
関連記事
[ 2020年04月29日 09:42 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

知事、改めて「ステイホーム」 登山口20駐車場閉鎖依頼

知事、改めて「ステイホーム」 登山口20駐車場閉鎖依頼
阿部守一知事は28日、大型連休が29日に本格的に始まるのを前に県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は控え、自宅で過ごすよう改めて呼び掛けた。県外からを含めた春山登山の自粛も促すため、北アルプスや八ケ岳など主要登山口の駐車場約20カ所について、閉鎖を管理者に依頼したことも明らかにした。

 知事は「ステイホーム(家で過ごそう)アクション」と銘打ち、外出自粛をアピール。市町村にも協力を求めて防災行政無線などで呼び掛けるほか、県外からの訪問自粛の徹底を図るため、高速道サービスエリアで館内放送やチラシ配布などをする。

 県が25、26日の2日間に県内の観光地や高速道インターチェンジ(IC)で交通状況を調べたところ、上信越道佐久ICを降りた車の約4割が県外ナンバーだったと説明。通常がどの程度か比べるデータがないものの、県外からの往来対策を強めるとした。一方で「緊急の用事の場合もあるので、県外ナンバーの車への差別、偏見はないようお願いしたい」と強調した。

 また、県内では25日、八ケ岳連峰・阿弥陀岳(2805メートル)近くで都内の男性が遭難。男性に新型コロナ感染の疑いがあり、検査で陰性と判明するまで2日間、救助に当たった救助隊員ら10人前後が自宅待機する事態があった。日本山岳・スポーツクライミング協会(東京)など山岳関係4団体は、大型連休中の登山の自粛を呼び掛ける声明を発表している。

(4月28日)
関連記事
[ 2020年04月29日 01:10 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

野口健氏、GW登山遭難者は名前公表「検討すべき」

野口健氏、GW登山遭難者は名前公表「検討すべき」
アルピニストの野口健氏(46)が、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、あらためて登山の自粛を呼びかけ、遭難者については「名前の公表も検討すべき」との考えを示した。

野口氏は28日、ツイッターを更新。八ケ岳連峰登山中に遭難した男性に新型コロナウイルス感染の疑いがあったことから救助隊員らが一時自宅待機を余儀なくされたとの報道に言及し、「命が助かったのはよかった」と、男性が救助されたことについて安堵(あんど)したが、「しかし、再三、登山の自粛が叫ばれている中での登山&遭難。しかも肺炎のような症状があったとの報道に更に驚かされた」と、複雑な思いを吐露した。

続けて「遭難した彼は名前を公開されたら困るだろう。困ると思うならやめておく事」と忠告。「GW中に更なる遭難が発生する可能性大。その時には名前の公表も検討すべき」と提言した。

野口氏は、日本山岳・スポーツクライミング協会などが大型連休前に登山自粛の声明を発表した21日、ツイッターで「確かにこんな時こそ山で癒やされたくなる。しかし、山に登るためには移動しなければならない。山が混み合えば他の登山者に感染させるかもしれない。仮に遭難者が感染していたらレスキュー隊に移してしまうかもしれない。自然を相手にしている山屋(登山愛好家)には『待つ力』があるはず!」と強く訴えていた。
関連記事
野口健氏がGWの登山&遭難を懸念「名前公表も」…休業中の山小屋荒らしにも怒
さらに、同氏は続く投稿で「もっと解せないのは休業中の行者小屋(八ヶ岳にある山小屋)に何者かが侵入し山小屋の中を荒らした輩がいる。これは犯罪である」と指摘。「登山者への感染拡大を防ぐため、また救助隊への感染リスクを阻止するために多くの山小屋が苦渋の決断で休業を決めた。そこを狙うとは卑怯極まりない」と断じた。
関連記事
[ 2020年04月29日 01:08 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

低い山なら登っていい? 愛知・猿投山に登山者が密集

低い山なら登っていい? 愛知・猿投山に登山者が密集
 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言のなか始まった大型連休(GW)で、低山に登山者が集中している。愛知県豊田市と瀬戸市にまたがる猿投山(六二九メートル)の山頂には大勢の登山者が訪れ、ピーク時に約六十人が密集。本格的な登山に自粛要請が広がる一方で、低山ならば問題はないのだろうか。

 「これはだめだね」。好天となった二十六日午前十一時すぎ、登山者でにぎわう山頂スペースに上がってきた瀬戸市の六十代と七十代の女性二人組は、即座にきびすを返した。子どもを連れた家族が目立ち、お弁当を広げる八人ほどのグループも。体力低下を心配して三週間ぶりに外出したという名古屋市の五十代女性は、「近所の小幡緑地は人が多いのでこちらに来たが、まずいなと思った。でも山に来て元気が出たので、また家で頑張りたい」と笑顔で下山した。

 猿投山は歩きやすい主要道と多彩な枝道があり、初心者や家族連れ、トレイルランナーにも人気の低山。正午時点で第一、第二駐車場合わせ計百十台分が満車となり、登山口付近には路上駐車があふれた。登山中にマスクをしない人は半数程度いた。

 健康維持のためのランニングや散歩は外出自粛の対象ではなく、取り組む人が急増している。

 一方、本格的な登山は県をまたいだ移動で感染を広める可能性がある上、遭難時の救助者への感染や、切迫する医療への負担など懸念が多い。二十日には国内の主要登山団体が自粛を呼びかける共同声明を出し、現在は大半の山小屋が休業。山梨県北杜市など、登山道を閉鎖する自治体もある。

 こうした動きも、近場の低山に登山者が流れる一因だ。自身も登山をする愛知県立大の清水宣明教授(感染制御学)は「休憩時のおしゃべりや飲食で飛沫(ひまつ)が飛ぶことはありえるが、風はあるし、室内よりリスクは低い。行動中のリスクはランニングや散歩と同等」と、感染リスクは低いと指摘する。

 とはいえ、リスクはゼロではない。愛知県半田市のトレイルランナーの四十代男性は、GW期間中に三重県の鈴鹿山脈に行こうと考えていたが、県外への移動になる上、けがをすると自力で下山するのが難しいため断念。この日はトレーニングで訪れたといい「人とあまり接触せず、誰にも迷惑かけずに帰宅できることが一つの基準。自粛するかしないか、そのちょうどはざまにある存在が猿投山」と話した。

 (宮崎厚志)
関連記事
[ 2020年04月28日 21:03 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

遭難男性新型コロナ疑い 県警救助隊員ら一時自宅待機

遭難男性新型コロナ疑い 県警救助隊員ら一時自宅待機
 八ケ岳連峰・阿弥陀岳(2805メートル)近くで25日に遭難し、県警ヘリコプターで救助された都内の自営業男性(36)に一時、新型コロナウイルス感染の疑いが浮上し、陰性との結果が判明するまで2日間、救助に当たった県警山岳遭難救助隊員ら10人前後が自宅待機を余儀なくされたことが27日、分かった。県内の山岳救助でのこうした事例は初めて。

 県警関係者によると、男性は25日、単独で阿弥陀岳に入山。午後1時ごろ、頂上に近い御小屋尾根付近(2500メートル)から滑落し、動けなくなった。男性の119番通報を受けて県警ヘリの他、茅野署員、諏訪地区山岳遭難防止対策協会の救助隊員が地上から出動。男性は午後4時半ごろ、ヘリで救助された。

 男性は収容先の諏訪市内の病院で左手首骨折の重傷と診断された。その際、CT検査の肺の画像で、新型コロナウイルス感染の疑いが浮上。PCR検査を受けることになった。仮に男性が陽性だった場合、濃厚接触者に該当する可能性があるとして、ヘリに搭乗した県警山岳遭難救助隊員やパイロット、整備士、隊員と松本空港に帰着した後に接した別の隊員ら計10人前後が自宅待機した。

 27日、男性は陰性と判明。自宅待機は解除された。(4月28日)

関連ブログ
経営と登山のあいだ
実は、この情報を一昨日時点で知ってはいたのですが、裏が取れなくて。

この事故の続報です。
実は、この情報を一昨日時点で知ってはいたのですが、裏が取れなくて。

新型コロナの疑いで、救助隊員が一時自宅待機
陰性との結果が判明するまで2日間、救助に当たった県警山岳遭難救助隊員ら10人前後が自宅待機を余儀なくされた

収容先の病院のCTで肺炎の疑い、だったそうです。

結果、陰性で、自宅待機解除
検査の結果は幸い陰性で、救助隊員、パイロットの自宅待機は解除されています。

結果の如何の問題じゃない
確かに、今回は陰性で結果的には2日間の自宅待機で済みました。

この間の長野県内の山岳事故も、山菜取りの道迷いのみで、無事救出されているようです。
つまり、ヘリが飛べなかったことによる、「救えなかった命」というのは結果的にはなかったことになります。

ただ、そういう問題ではないでしょう。これで2週間の待機、とか万が一パイロットが陽性、というようなことが起こると、長野県全域で山岳救助ヘリが飛べない、というようなことにつながりかねません。

今、登山を自粛しなければならないのは、登山者同士の感染のリスクだけではありません。山小屋、山岳救助、地域の病院インフラ、そういったものにダメージを与えた場合、まったく機能不全に陥ってしまう可能性があるのです。

今一度、なぜ自粛をしているのか、自分たちの登山はどうあるべきなのか、考えていただきたいと思います。
関連記事
[ 2020年04月28日 10:51 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳・阿弥陀岳で滑落事故があったようです

ソース:山田淳
EWfA8ihUEAAnLQj.jpg


八ヶ岳・阿弥陀岳で滑落事故があったようです
事故の新聞が出回ってたのは知ってたのですが、別の筋からの情報でもこの情報があって、事実であることが確認されたので、共有します。
この時期、なぜ行っちゃいけないか
もうこれはね。からぱたさんがズバリ言ってくれています。それにしても、よりによってこのタイミングでなんで阿弥陀行くかね。。。

からぱた
登山を自粛すべき理由は登山者同士での感染リスクではなくて、受け入れる側(山小屋、交通機関、山岳救助隊、警察消防)が極めてナローなので誰かが持ち込めばこれらが一撃で全滅する可能性があるということです。人気があるとかないとか混雑するとかしないとか全然関係ないです。

※ 管理人 カナダの話は当ブログに掲載していますので割愛

少なくとも医療体制が整うまでは、万が一の際にどれだけ迷惑をかけるか考えましょう
一昨日、今日、とアウトドア関係のドクターとzoomミーティングをさせてもらってるんですが、とにかく、「今の医療資材、体制を考えると、通常なら救える人が救えない可能性もある。引き続き自粛をお願いしたい」とのことです。

現場のドクターは日本を守るために、獅子奮迅頑張ってくれています。彼らに余計な負担をかけないためにも、登山自粛を引き続きお願いします。


関連記事
[ 2020年04月26日 23:45 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

81歳男性を滝つぼで発見、死亡確認 滋賀の山中で行方不明 

81歳男性を滝つぼで発見、死亡確認 滋賀の山中で行方不明 
 25日午後2時ごろ、滋賀県米原市上丹生の霊仙山で、行方不明になっていた岐阜市の男性(81)が中腹にある漆ケ滝の滝つぼに浮いているのを、米原消防署などの捜索隊が見つけた。男性は滋賀県の防災ヘリコプターで病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 滋賀県警米原署によると、登山中に遭難したとみられる。滝つぼは通行禁止になっている谷山谷ルートにあり、登山道から約10~15メートル下。男性は「霊仙山に行く」と24日朝に書き置きを残して自宅を出ており、妻が同日夜に岐阜県警岐阜南署に捜索願を出していた。


本件事故に関するヤフーニュースのコメント欄から
第一報
①教職員関係とか会社の幹部クラスだった高齢者は絶対に人の指示には従わない頑固者が多いからどうする事も出来ない。そのくせ何かあると直ぐに助けろと大騒ぎする特殊な人間が多い・・・。
返信:皆が自粛して頑張っているこの有事に登山なんて馬鹿を通り越して鬼畜。
「山岳救助医療機構」から
救助隊や医療スタッフの感染防止の為に
「今は登山はやめましょう️️」
とお願いの声明が出ていたのに!

こんな身勝手な登山者は捜索も救助もする必用全く無し。
②昨日24日は午後から天候が崩れ雷も伴うと天気予報で行ってたのにもかかわらず登った事がすでに無謀としか言えない。
もう登山も自粛してくれ言われてんだから大人しくしてなよ。
山は逃げないんだから!
返信:自分から入っていっただけでしょ?
姥捨山へ。

手間掛からなくて良かったじゃん?
探す必要なんて皆無。
③捜索すれば密接になる、保護すれば密接になる、何やっても人と人とが近づくと密接になる。経験や年齢を棚に上げての無謀な登山は周りの迷惑になるだけ。
米原市の醒ヶ井養鱒場あたりからと多賀町の河内の風穴あたりからの登山者は途絶えなく歩き続けてますよ。減ることはありません。
三日月知事の遅い呼び掛けで湖岸道路の駐車場を閉鎖されたみたいですが琵琶湖だけでは無いんです滋賀県の各登山口は隙な人だらけで溢れてます。普段とくに趣味では無い方々もリュック背負って慣れない靴を履いてトコトコと歩いてます。何の挑戦なんでしょうか?外出を自粛してる今やらなくても良いはずです。
返信:そう言う方に何か有っても今は放置するようにしましょう。医療関係者は忙しいので
④こんな時に高齢者が単独で登山なんて、絶対あり得ない。
警察にしても迷惑な話だと思う。
自分が好きでやっているんだから、遭難しようと放っておけば?
⑤登山に行きたいのに我慢してます。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために。
今日なんて絶好の登山日和。
腹立たしさを感じるのは私だけでしょうか。
⑥怪我とか遭難して警察や医療関係の人たちの負担になるかもしれないって考えたら登山はできないよね。
実際に今は自粛してる。
⑦登山自粛要請された矢先にこれですか。
しかも越県とか一番やっちゃいけない事をやってくれちゃいました。
登山で一番大切な事はモラルだと思ってますので、地元の初心者コース低山登山でもモラルを守って行かないと登山自粛してる登山愛好者ですが、顔に泥を塗られた気持ちです。
ご家族は免許返納させられなかったんですかね。
聞く耳なかったのかもしれませんね。
⑧この時期。無駄に元気な年寄りほど扱いの困るものはない。
⑨よほど山が好きだったんだろうなぁ
とはならない。

⑩ごめんなさい。
極悪非道かもしれませんがこのような時期に勝手な行動する人のおかげで消防や警察などの手を借りなければならなくなる。怪我でもしてたら更にその手は多くなる。
家族が助けに行けば良いと思う。
もう無理だよ、こういう人は。

病気の人、不慮の事故の人を助けてあげて欲しい
⑪山で逝く。
本望なのでは。

無謀な登山者は捜索しない。救助しない。
そんな決めがあってもいいのでは。
1人のわがままな行動で、警察や消防、その家族が巻き添えになることは避けなければ。



第二報
①亡くなった方には悪いけど、なんで自粛してくれないのか。
残された家族も気の毒だけど、絶対に止めないと。
②日本山岳会からも
登山の自粛要請出てたのに…
本当に山を愛している登山家なら
今は我慢して欲しかったなぁ。
③自粛と言っているのに、この有様。
自分だけならいい、山なら大丈夫、そういう考えは捨てるべきです。
④16時過ぎくらいに防災ヘリが赤十字病院に向かって飛んでいくのが見えたので、この時期に急病人?コロナは関係あるのかな?と不思議に思ってました。でもまさかまさか、81歳にもなられたお隣の県のご老人がわざわざ滋賀の山まで来て遭難されたとは夢にも思わず。
コロナで大変な時期、捜索に関わる沢山のみなさん、さらに防災ヘリや病院にまで迷惑をかけまくりお亡くなりになったとは、呆れて物も言えません。
多大な迷惑をかけられた皆さま、本当に大変でしたね。ご苦労をお察しします。
こんなすっちゃかめっちゃかな老人がやりたい放題やってる高齢者優遇の世の中、おかしくないですか?とっても疑問に思う私です。
⑤時期的にも年齢的にも
迷惑です
以上

・・・・コメントは匿名ですから言いたいことを率直に語っています。
およそ60歳を過ぎたら老害なんですよ。まるで消耗品扱いです。
終わった人だから優遇するなと、大概にしてくれ、と思いますが本音でしょう。
この自粛の要請の中で登山を決行するとは度胸の据わった人だと思います。
81歳ですから若いころは槍だの穂高だのでならしたつもりの自信家だと思われる。
50歳代からのレートビギナーは登山しないでしょう。
登山者にとって大切な心得は謙虚ですかねえ。
自分に不都合なことは起きない、と考えるか、この時期に限って起きて欲しくないことが起きてしまうか。
私のJACの知人らでヒマラヤ級の山々を踏破してきた会員はみな山で遭難死しています。
つまりベテランだから、登山技術はしっかりしているから、などは全然関係ない。
谷山谷登山道は崩落で廃道になっている。そこを無理して行ったんでしょうか。
滝つぼに落ちるほどの高巻き道は進退窮まると思うが足に自信があるとえーい、行っちゃえ、となったか。
改めて登山における死を考えたい。

谷山谷道の記録などもアップしてこう。
霊仙山の肝 旧道谷山谷コース
2019.4.28時点で相当悪い様子だ。
「漆ヶ滝から先は以前より危険だと言われている。滝の上部をトラバースするのだがとにかく足場が悪いのである。しかしその場所さえクリアすればあとは楽勝。
とりあえずロープを使って上昇。足場悪い急斜面を登る。
しかしすぐに状況が以前と違う事に気づいた。
ロープははってあるものの高所なのに足場が無いに等しく危険極まりない。
以前はここまで酷くなかった。そしてこの辺りになるとピンクのテープなどは全く無くなっている。これ以上は行くなという事か。
しかし踏み跡は確かにある。誰かは突破してるのだ。
常にロープを握りしめ登りながら時折横に移動してまた登って・・・
すでに手足はドロドロである。
そうこうしているうちにいつものトラバース箇所に到達。
アンカーはずれてぶら下がってるしロープは緩い・・・
足場を作りながらゆっくりゆっくり時に手の指を土の中に突っ込みながら通過。
その後も新しい崩壊箇所などがあったがなんとか滝の上部に到着。
真下にお地蔵さんがあるといわれるこの場所で無事に危険箇所をクリアできた事に感謝し手をあわせた。
がそんな時間も束の間これから先もロープ、トラバース地獄であった。
新たにはられていたロープの上に大木が落ちて来ていたり普通に通れる感じではない。不安になる。引き返そうか・・・
しかし今の道を戻るのは非常に危険でとにかく進むしかないのである。
典型的事故パターンである。泣きたくなった。
体力にまだ余裕があるのだけが救いだったが。」




関連記事
[ 2020年04月26日 23:14 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

いなべ市より登山者の皆様へお願い(自粛要請)

いなべ市より登山者の皆様へお願い(自粛要請)
020年4月23日
◆新型コロナウイルス感染拡大を防止するために、登山者の皆様へお願い(自粛要請)◆


全国に新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言が発出され、

外出自粛の要請や休業要請など窮屈な生活を強いられておられることと思います。


このような状況下で、都市を離れ自然を求めての登山やクライミングなどの行為は、

出先の住民の皆様への感染拡大、

また、山岳スポーツ愛好者の皆様自身が感染するリスクを高めるものです。


この緊急事態に対処するため、

事態の収束を見るまで山岳スポーツを自粛していただきますようお願いいたします。


・下山後は必ず丁寧な『手洗い』『手消毒』を行ってください。

・山小屋、休憩所内では、『マスク』を着用してください。

【お問合せ】

いなべ市役所 農林商工部 商工観光課

TEL 0594-86-7833

FAX 0594-86-7869

住所 三重県いなべ市北勢町阿下喜31番地
関連記事
[ 2020年04月26日 09:56 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

宮崎県日之影町で山岳遭難 大分県の男性無事保護

宮崎県日之影町で山岳遭難 大分県の男性無事保護
4月19日、大分県との県境の山に登山にでかけていた70歳の男性が行方不明になっていましたが、4月21日の朝、自力で下山し無事保護されました。
保護されたのは、大分県大分市の無職椎原巧さん70歳です。
警察によりますと、椎原さんは、19日未明に大分市の自宅を出て、日帰りの予定で大分県との県境付近の山に登山にでかけ、一時行方が分からなくなっていました。
警察は、遭難した恐れがあるとして警察犬やヘリを導入して捜索を続けていましたが椎原さんは、21日午前6時40分ごろ、自力で下山し日之影町の県道を歩いているところを無事、保護されたということです。


傾山はこんな山です。
傾山 標高1,605m 山開きはゴールデンウイークに開催
・・・記事には山名がでていませんが、他のニュースでは傾山1605mみたいです。御無事で良かったです。
関連記事
[ 2020年04月23日 21:18 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

安心して山に行ける日が来たときのために「とっておきの山」を教えて下さい!

安心して山に行ける日が来たときのために「とっておきの山」を教えて下さい!
■はじめに

せっかくの行楽日和ですが、緊急事態宣言を受けて、登山に行けないことを腹立たしく感じている人も、多いと思われます。

しかし、そう思って、外出を極力控えているからこそ、健康で暮らせているとも言えます。

現在、首都圏は感染者の広がりを見せている一方で、感染者が少ない地域も数多くあります。
そうした地域に、不必要に我々が行くことは、そこで暮らしている人たちの生活を脅かすことになりかねませんので、ここは、悔しい思いを押し殺して「Stay Home」していただければと思います。

3】多くの山では施設は閉鎖されています。慎重な行動をとりましょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

普段であれば、各地の様子をお伝えするところですが、「今が良い時期ですよ!」と、お知らせしてしまうと、やはり山に行きたくなってしまうものです。
しかし、今は慎重な行動が求められる時期です。

なお、山小屋やビジターセンターなどは、管理上、スタッフが常駐しているところが多いですが現在は、多くが閉鎖中となっています。
ロープウェイや路線バスも、運休しているものが数多くあります。

以下に、山小屋の営業情報と交通機関の運休情報をまとめてありますので、「今は山に行けない」ということを、ご確認いただければと思います。
https://www.yamakei-online.com/journal/detail.php?id=5746
【5】こんなときには、いろいろな山の本を読んでみましょう YAMAYAからの教え
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

弊社が出版社だから、言及するわけではありませんが、こんなときは、本を読みませんか?
山と溪谷社の本だったら、嬉しいに越したことはありませんが、山に関する本は、弊社以外にも、たくさん出ています。

そこで、今回は、過去にYAMAYAの中で紹介した本を、挙げてみたいと思います。

▲登山シーンも見逃せないミステリー小説『山岳捜査』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=982

▲事故事例の検証からの教訓『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=981

▲日本にある奇妙で美しい大地の造形を地形写真家と巡る『ジオスケープ・ジャパン』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=947

▲登山中の、より確実なテクノロジーの活用法を示す『IT時代の山岳遭難』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=976

▲トップクライマーが実践する企業経営に活きる危機管理術『生き残った人の7つの習慣』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=568

▲自然への興味と輪郭を示す『生き物としての力を取り戻す50の自然体験』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=474

▲山で起きる法的トラブルを知る上で必読! 「登山者に必要な法律の知識」
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=247


ほかにも、紹介したい本はたくさんありますが、出かけられない今だからこそ、知的好奇心を高めるために読書に没頭する日々を過ごすのも、おすすめです。
▼あとがき

山は、いわゆる「3密」とは離れていますが各団体、自治体ともに、登山の自粛をお願いしていますので、それぞれ様々な感情はあると思いますが、2週間後に明るい未来となるための、ご協力をお願いできればと思います。
人の命より大切な登山というのは、きっとないと思いますので。

また、外出せずに、じっと家で我慢している人ほど立腹する気持ちはわかりますが登山に出かけている人を、非難するような行動も控えていただけると幸いです。
山はさまざま、人の生活はそれぞれ、という理解も大切です。

1つ言えることは、この事態を終息することができるのは、我々の行動ということです。
外出を自粛し感染拡大を防止しようとする、政府や関係機関のお願いを、素直に聞き入れて、行動することこそが、ふだんの生活を早期に取り戻すことにつながることになると、私は思っています。
(田中)
関連記事
[ 2020年04月23日 20:03 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

2020年ゴールデンウィーク期間における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための取組み強化について ~休日割引を適用しないなどの取組みをおこないます~

ソース:2020年ゴールデンウィーク期間における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための取組み強化について ~休日割引を適用しないなどの取組みをおこないます~
東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社
本州四国連絡高速道路株式会社
宮城県道路公社

東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、宮城県道路公社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための都道府県をまたぐ移動の自粛に向けた取り組みについての依頼を国土交通省から受け、ゴールデンウィーク期間(2020年4月29日~5月6日)において次のとおり取組みを強化してまいりますので、お知らせいたします。
皆さまにおかれましては、ご不便とご迷惑をおかけしますが、不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいでの移動は極力避けていただきますよう、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

休日割引の適用除外について
2020年のゴールデンウィーク期間、本来、休日割引の対象日となる土日祝日(2020年4月29日および5月2日~5月6日)に通行していただいた場合でも、休日割引を適用しないこととします。

●2020年ゴールデンウィーク周辺の休日割引適用日
ソースにアクセスする
休日割引適用日
※他の割引については変更ございません。

サービスエリア・パーキングエリアにおける営業自粛等について
サービスエリア・パーキングエリアでレストランや土産品コーナーを営業しているテナントに対して、ゴールデンウィーク期間中(2020年4月29日~5月6日)の営業の自粛をお願いしました。これに伴い、ゴールデンウィーク期間中、通常どおり営業をしていない店舗がございますので、お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
各店舗の営業時間につきましては、改めて各社の公式WEBサイトなどにてお知らせいたします。
なお、物流事業者等のお客さまにご不便をおかけしないようガソリンスタンド・シャワー設備などは通常通り継続していますので、引き続きご利用ください。

高速道路における「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」の呼びかけについて
高速道路会社では、テレビ・ラジオなどを通じた呼びかけや、各会社の公式WEBサイトやSNS、高速道路上の道路情報板、サービスエリア・パーキングエリアにおけるポスター掲示や音声案内、ハイウェイラジオ放送などによる「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」の広報など、今後も様々な媒体を通じた呼びかけを実施し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組んでまいります。
・・・外出を止めさせるためには仕方ない措置ですね。後はガソリンスタンドの休業を要請から強制的にやるかどうか。GSが休業すると不用不急の観光客の日帰り以外のドライブの交通はほぼ止まる。但し、事業や生活者がいるので徹底はできない。どうなるやら。
関連記事
[ 2020年04月23日 13:37 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

登山者の方々へ「新型コロナウイルス感染に関するお願い」日本登山医学会

以下愛知県山岳連盟からの連絡

日本登山医学会から

登山者の方々へ「新型コロナウイルス感染に関するお願い」

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、外出の自粛が要請される中、これから連休・夏山と本格的な登山シーズンを迎えます。登山は新鮮な空気の下、運動不足の解消や気分転換にもなり、その行為自体による感染の確率は低いと言えますが、登山口までの行程や登山中の行為などに注意すべき点もあり、医学的見地から以下の事をお願いいたします。

1 「緊急事態宣言」発令中は、所属地域の行政の指導に従って下さい。
ご自分の居住地が緊急事態宣言の対象地域、あるいは自治体から外出の自粛が要請されている地域では行政の指示に従ってください。感染しても症状が出ない場合があることを知り、あなた自身が知らぬ間にウイルスの媒介者にならいよう心がけて下さい。

2 登山前の2週間に感染拡大地域を訪問しなかったか振り返って下さい。
ウイルスに感染しても症状がでるまでには最長14日程度かかります。入山時は快調でも入山中に発病することがありますので、直前2週間のご自分の行動を振り返って下さい。感染拡大地域内での移動手段や人混み内での行動によっては、知らぬ間に感染し、山の中で発病することもあります。ツアーを含め同行者がいる場合は、その方々についても同様です。

3 ご自分の体調はより慎重に管理して下さい。
この感染症は、症状の発現から重症化までの期間が短いことも報告されています。高度によっては健常者でも血液中に酸素を取り込み難くなりますので、体調に少しでも不安のある時は、登山の中止も含めて慎重に判断して下さい。同行者についても普段以上に慎重な判断が求められます。

4 家を出て帰宅するまでの全ての場面で3つの"密"を避けて下さい。
新型コロナウイルス感染を予防するために最も大切なのは、「密閉」・「密集」・「密接」の3つの"密"を避けることです。ご自宅から登山口までの移動、登山中、下山口から帰宅までのあらゆる場面で「人と人との間隔をあける」、「換気の悪い状況を避ける」ことが大切です。

5 可能な限り「徹底した手洗い」を励行して下さい。
人は無意識の内に、手で目や鼻、口の周りを頻回に触ることが分かっています。山で手を洗える場所は限られますが、可能な場所では十分に手を洗って下さい。アルコール消毒までは無理でも、石鹸でしっかり泡立てて指先・指の間・爪の先・手首を30秒以上洗うようにしましょう。

6 普段以上に天気予報に注意して下さい。
悪天候での無理な行動は体力を削ぎ、感染症を悪化させます。天気予報に注意し、登山計画の中止も含めて慎重に判断して下さい。

 登山は自然環境における個人のスポーツ活動ですが、社会と完全に無関係ではありません。新型コロナウイルスが蔓延しつつある現在、登山中に万一事故を起こすと、警察・消防・山小屋関係者に普段以上の負担をかけることになり、もしもそれが感染者の場合は、他の登山者や他の救助活動に多大な影響がでます。登山にも社会的責任が伴うことに十分配慮していただければ幸いです。
 なお、本稿の内容は、あくまでも現時点での情報に基づいたものであり、今後の変化によって変更になる可能性があることをご理解下さい。
関連記事
[ 2020年04月22日 14:55 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

(愛知県豊田市)松平観光協会より行動自粛のお願い

松平観光協会
ただいま、緊急事態宣言が出され、たくさんの方が行動を自粛されています。

しかし、松平地区へはたくさんの方が来られています。

国レベルで「緊急性のない県を越える移動

を控えてください」とも言われています。

この状況でも、松平地区にはたくさんのクライミングエリアがあり、県外からもたくさんの方が来られています。

もちろん、市内外から散策に来られる方もたくさんいます。

もし…

もし松平地区の観光地や岩場で新型コロナウイルスの感染者がでた。

となったらどうなりますか?

風評被害は深刻で、たくさんの影響が出ます。

「松平に住んでいる」というだけで、地元の人は色々な局面で断られたり、心ない罵詈雑言を浴びせられます。

松平の銘品や特産品も売れなくなります。

ひょっとしたら事業者が倒産に追い込まれる事もあるかもしれません。

そうなった時、あなたはどう責任を取ってくれますか?

もし、自分の家のお庭や近所に「屋外だから。三密じゃないから。」と、当たり前のような顔をしてよその人が来たらどう思いますか?

松平地区に住んでいる人はたくさんいます。

その人たちの生活を脅かすような事はしてほしくありませんし、他人事としか思わない方は二度とお越しいただきたくありません。

厳しい事を言いますが、どうかご理解をいただきますようよろしくお願いします。

4/13
王滝渓谷BBQ場使用中止について

新型コロナウイルスの影響で、たくさんの人が大変な状況にさらされています。

今は我慢の時・・・ですね。

ひとりひとりの意識と行動で収束時期が変わると思います。

みんなで協力して、早く収束させましょうね。

さて、残念なお知らせですが・・・

王滝渓谷BBQ場も新型コロナウイルスの影響を受け臨時に閉鎖をさせていただきます。

令和2年5月6日(水)まで

※状況により変更されることもあります

4/10
松平郷館の臨時休館のご案内

世界中が新型コロナウイルスの脅威に脅かされています。

お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。

また、罹患された皆様にはお見舞い申し上げますとともにご回復を心よりお祈りいたします。

本日、愛知県は県独自の緊急事態宣言を出されました。

それに伴い、松平東照宮境内にあります「松平郷館」(資料館)の臨時休館が決まりました。

休館期間

令和2年4月11日(土)~5月6日(水)

皆様にはご不便をおかけいたしますが、コロナウイルス拡散防止のため、何よりも皆様の健康・命を守るためですので、ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

松平東照宮のご参拝は可能です。

なお、4月11日(土)・12(日)に執り行われる「松平郷権現まつり」に関しては、今年は氏子さんだけで行います。

奉納手筒花火・御神輿渡御・巫女舞は中止となりました。

今年は松平観光協会も取材を自粛させていただきますので、レポートができませんが何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

当協会のブログもしばらくはボヤキが増えるかもしれませんが、皆様に少しでも癒しや笑顔をお届けできるお写真などをアップしていきたいと思います。

苦境に立たされておりますが、皆様とともに協力し、支えあって乗り切りたいと思います。

・・・・近場の山歩き、散策程度なら良いだろうと私も思っていたのですが、他の多くの方も同じ思いで近場の松平町へ遊ばれたみたいです。その結果、観光施設、売店、散策道、登山道なども三密になってしまいます。不特定多数の人が集まる観光地は感染経路が分からない。不特定のクラスター感染は対策しようがなく、医療崩壊につながりかねません。よって、近場の山歩き、観光すらも自粛が最適のようです。田舎へ行くほど、医療体制も手薄ですし、途中で病状が出た場合は迷惑を掛けます。現地からの要請には従わねばなりません。
関連記事
[ 2020年04月22日 10:17 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

御在所ロープウエイは4/22から5/6まで臨時休業!

新型コロナウイルス感染による営業自粛のお知らせー赤岳鉱泉と行者小屋

新型コロナウイルス感染による営業自粛のお知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大に従い、赤岳鉱泉と行者小屋は、2020年4月27日~11月末まで宿泊営業及び軽食を休業することになりました。

苦渋の決断でしたが、お客様とスタッフの健康と安全を考えた結果です。

テント場は、通常通りに開いています。

また、上記休業期間内に事態が終息した場合には、完全予約制で宿泊営業及び軽食を再開する予定です。

詳しい営業方針につきましては、後日にお知らせいたします。

また八ヶ岳で登山を楽しめる日が来ますように。

世界中が大変な時期ですが、皆さんと意識を高く持ち、協力し合ってこの危機を乗り越えましょう!


赤岳鉱泉・行者小屋 四代目 柳沢太貴
関連記事
[ 2020年04月21日 13:46 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

山岳スポーツ愛好者の皆様へのお願い/山岳四団体

山岳スポーツ愛好者の皆様へのお願い/山岳四団体
山岳スポーツ愛好者の皆様へ

新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。
山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。
新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。
全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。
この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう山岳四団体としてお願いいたします。
山岳スポーツに係わる皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。
近々事態が収まり、山で、岩場であるいはスポーツクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。

《山岳四団体》
公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 日本山岳ガイド協会


関連記事
[ 2020年04月20日 20:11 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

新型コロナウイルスが登山に与える影響は?国際山岳医・けんじり先生特別寄稿

新型コロナウイルスが登山に与える影響は?国際山岳医・けんじり先生特別寄稿
新型コロナウイルスが登山に与える影響は?国際山岳医・けんじり先生特別寄稿
各地で依然、猛威を奮い続けている新型コロナウイルス。4月7日に緊急事態宣言が発令され、私たち一人ひとりが危機意識を持って行動することが求められています。残念ながら、登山も例外ではありません。今は不要不急の外出(登山)は控え、家(うち)にいるのが最善の選択です。(※YAMAPとしての見解は「登山と自然を愛するみなさんへ、YAMAPからのお願い」にて全文ご確認いただけます。)

地域差はあれど、多くの登山者が山はおろか外出自体を制限せざるを得ない状況にある今、それぞれが様々な疑問や不安を抱いていることと思います。少しでもそれらを解消するきっかけをつくれないものかという想いから、今回の特別寄稿が実現しました。寄稿いただくのは、京都府立医科大学に医師として務めながら「辺境クライマーけんじり」としても活躍する小阪健一郎さん。医師と登山者、両方の分野に携わる小阪さんの寄稿文をもって、私たち登山者があらためてコロナウイルスのリスクを考えるきっかけになれば幸いです。
以下はソースへアクセスする。
関連記事
[ 2020年04月18日 22:25 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)

「医療従事者の身を守る防護服が枯渇している」

辰野勇
新型コロナウイルスと戦う医療現場はまさに戦場です。
大腸癌、前立腺癌の治療でお世話になった住友病院の前院長の松澤先生から「医療従事者の身を守る防護服が枯渇している」と連絡を頂きました。
来春に予定していたスリーピングバッグカバーの素材、デュポン社製「タイベック」を使って防護服を作る事にしました。
住友病院の「感染制御部」部長の林先生からレクチャーを受けて、汚染された防護服を出来る限り触らずに着脱できる構造を考案しました。その仕上がりに先生も満足いただきました。
早速、休業中の店舗社員も動員して、災害時用に備蓄したレインウエアとともに「アウトドア義援隊」として医療現場にお届けします。
今回の災害は国民のすべて、世界人類すべてが被災者です。勿論モンベルもその例外ではありません。
しかし、被災者も互いに出来ることで助け合うしかありません。
乗り切りましょう‼️
関連記事
[ 2020年04月18日 12:44 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR