FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難 >  1週間で24件の遭難事故、下山まで集中力を切らさないように!

1週間で24件の遭難事故、下山まで集中力を切らさないように!

1週間で24件の遭難事故、下山まで集中力を切らさないように!
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年8月8日に配信された第158号では、7月第5週からの1週間で24件もの遭難事故が発生していることに言及。夏山ならではの事案について改めて注意喚起している。

8月8日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第158号では、7月29日~8月4日に起きた24件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。
※65歳以上の登山者は太字に編集した。

7月29日、中央アルプス中岳で、73歳の男性が仲間と4人で木曽駒ヶ岳山頂から中岳に向けて下山中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は駒ヶ根署及び中央アルプス地区遭対協隊員により救助された。

7月29日、北アルプス槍穂高連峰で、7月24日に上高地から穂高岳方面に単独で入山したと思われる38歳の男性と連絡が取れなくなっており、現在も行方不明のままとなっている。夏山常駐パトロール隊などが捜索を行っている。
※8/9にコブ沢付近で遺体で発見されたそうです。

7月29日、八ヶ岳連峰亀甲池で、73歳の女性が仲間と3人で北横岳から亀甲池に向け下山中に、疲労により行動不能となる山岳遭難が発生。女性は茅野署山岳遭難救助隊員、及び諏訪地区山岳遭対協隊員により救助された。

7月30日、八ヶ岳連峰赤岳で、76歳の男性が仲間と4人で赤岳山頂から地蔵の頭に向けて下山中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

7月30日、北アルプス六百山で、78歳の男性が仲間と8人で六百山山頂から上高地に向けて下山中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は松本署員により救助された。

7月31日、八ヶ岳連峰天狗岳で、83歳の男性が仲間と3人で天狗岳から黒百合平に向けて下山中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

7月31日、北アルプス餓鬼岳で、65歳の男性が仲間と3人で餓鬼岳へ向けて登山中に、転倒して滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

7月31日、北アルプス唐松岳不帰撿で、単独で入山した68歳の男性が唐松岳方面へ縦走中に、転落して負傷する山岳遭難が発生。男性は長野県山岳遭対協夏山常駐パトロール隊員などにより救助された。

7月31日、北アルプス前穂高岳で、単独で入山した59歳の男性が前穂高岳から下山中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

7月31日、北アルプス涸沢で、70歳の女性が仲間と2人で奥穂高岳方面から涸沢に下山中に、疲労のため行動不能となる山岳遭難が発生。女性は県警山岳遭難救助隊により救助された。

8月1日、北アルプス槍沢で、66歳の男性が仲間と3人で槍ヶ岳から下山中に、疲労のため行動不能となる山岳遭難が発生。男性は北アルプス南部地区遭対協隊員により救助された。

8月1日、北アルプス蝶ヶ岳で、単独で入山した48歳の男性が、常念岳から蝶ヶ岳へ向けて縦走中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月1日、八ヶ岳連峰赤岳地蔵の頭で、71歳の男性が仲間と2人で赤岳方面へ登山中に、何らかの原因で倒れる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助されたものの死亡が確認された。

8月2日、北アルプス涸沢岳で、単独で入山した46歳の男性が、北穂高岳から奥穂高岳方面へ縦走中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月2日、北アルプス五竜岳で、72歳の男性が仲間と10人で五竜岳方面へ縦走中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月2日、北アルプス涸沢本谷で、単独で入山した67歳の男性が、涸沢から横尾に向けて下山中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月3日、北アルプス鹿島槍ヶ岳で、単独で入山した30歳の男性が、鹿島槍ヶ岳から下山中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は長野県遭対協夏山常駐隊員、大町署山岳遭難救助隊員により救助された。

8月3日、北アルプス燕岳で、51歳の女性が仲間と4人で燕岳から大天井岳に向けて縦走中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。

8月3日、北アルプス大天井岳で、単独で入山した46歳の男性が、燕岳から大天井岳に向け縦走中に、滑落・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月3日、北アルプス燕岳で、50歳の女性が仲間と12人で燕岳へ向けて登山中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。

8月3日、北アルプス蝶ヶ岳で、単独で入山した80歳の男性が、蝶ヶ岳から横尾方面へ下山中に、疲労により行動不能となる山岳遭難が発生。男性は長野県警山岳遭難救助隊員、北アルプス南部地区遭対協隊員により救助された。

8月4日、北アルプス爺ヶ岳で、58歳の男性が仲間と2人で爺ヶ岳から下山中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

8月4日、北アルプス間ノ岳で、単独で入山した58歳の男性が西穂高岳方面へ縦走中に、転倒・負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

7月31日以降の南アルプス小河内岳で、7月30日から南アルプス小河内岳に入山していた77歳の女性が、7月31日に付近の山小屋に宿泊したのちに行方不明となっている。女性は下山予定日を過ぎても下山しておらず、現在も捜索を行っている。

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス
7月5週は、梅雨明けとともに多くの登山者が長野県内に訪れ、それに比例して遭難も多発し、1週間で24件もの遭難が発生しています。特に、下山中の「転・滑落」「転倒」による遭難が多発しています。
普段なら難なく通過してしまう場所であっても、気温が高かったり、登山行程が長くなると、集中力が低下し、簡単に転んだり、滑ったりして怪我をしてしまうことがあります。あらかじめゆとりある計画を立てるとともに、こまめな水分補給や休憩をとりながら、下山するまでは集中力を切らさないようにしましょう。

また、2件の行方不明事案が発生しています。いずれも登山行程が長いため、数日経ってからの届出となっています。特に単独登山の場合は、自宅に帰ってこないことにより遭難が発覚し、捜索が遅れるケースが少なくありません。
登山行程が長くなる場合は、山小屋に到着したら連絡をする、携帯電話の電波の通じるところで無事を知らせるなど、家族等への連絡手段などを必ず決めておくとともに、連絡が取れなかった場合の通報先なども事前に決めておくようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年08月13日 22:36 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR