FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難 >  山岳遭難3129人 昨年、最多を更新 半数が60歳以上

山岳遭難3129人 昨年、最多を更新 半数が60歳以上

山岳遭難3129人 昨年、最多を更新 半数が60歳以上
 2018年に全国で2661件の山岳遭難事故が発生し、遭難者は3129人だったことが13日、警察庁のまとめで分かった。いずれも統計がある1961年以降で最多で、遭難者の半数は60歳以上だった。死者・行方不明者は過去最多だった17年より12人減ったが、高止まりが続いている。スキー客を中心にした訪日外国人の遭難も急増傾向にある。

 年代別の内訳は70歳代(22.3%)が最も多く、60歳代(22.1%)、50歳代(15.5%)と続いた。中高年の登山ブームを背景に、18年も高齢の遭難者が目立った。遭難者数は10年前の1.6倍となっている。

 死者・行方不明者は計342人で、70歳代(110人)や60歳代(101人)が多い。6割にあたる206人は単独登山者で、単独行動が重大な事故につながりやすい危険性を裏付けた。

 遭難事故の原因は「道迷い」(37.9%)と「滑落・転倒・転落」(35.5%)が多い。都道府県別の発生件数は北アルプスや八ケ岳がある長野県が297件で最多で、都心から近い登山コースとして人気の高尾山がある東京都(147人)が3番目に多かった。

 外国人の遭難者は169人で、14年(32人)の5.3倍となった。このうち111人は訪日外国人客で、スキー場のコース外で自然の斜面を滑る「バックカントリースキー」目的の登山中の遭難(61人)が多かった。

 警察は登山口で、天候の変化や必要な装備について外国語で注意を促す看板の設置などの対策を進めている。

 登山での遭難事故の発生は夏山シーズンの7~8月がピークになる。警察庁担当者は「不十分な装備で、体力的に無理な登山計画を立てていた事故が多い」と指摘し、自治体などと連携して余裕のある計画の策定やグループでの登山を呼びかけている。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年06月15日 09:23 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR