FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  岐阜県の山 >  丸山 無事下山しました

丸山 無事下山しました

5/12 4時起床、 5時発(15分のスピード撤収)
車は石徹白大杉の下登山口まで快適に入れた。GW開けの日曜日とあって終始貸切状態であった。
登山届を出して出発 6:10   6:25石徹白大杉着 写真に納まりさらに上へ
登りの我らをいたる所でコブシの花が迎えてくれた高度を上げるとつぼみもあった。
始めから見えている初河山(1613m)が自分の高度の目印にもなる。 
途中で道は一旦平らになるが「おたけり坂」の急登が待っていた。
登り切ってしばらくで登山道で雪を踏むようになり立派な「神鳩の小屋」に着く8:00
休憩後、稜線の平まで登山道で上がり丸山方面の1572を目指した。
「神鳩の小屋」―1572を結ぶトラバースルートはどちらから探しても分からなかった。
稜線の平にあがった分岐で下山のために赤布を付けるのを怠りあとで泣きを見るはめになった。
丸山への道は途中1680の平・1637を越えて最後急登で丸山に至るがルートに藪が出ていて面倒でした。
確かに雪の上は歩き安いのですが出来るだけ地形に沿ってと思い、やむをえず藪に突っ込み雪に出た時は必ず赤布を付ける作業を徹底しました。今までも「赤布を付ける」という行為とその時点での周辺観察で後悔したことは無かったのでそれで進みました。アップダウンと藪漕ぎにも負けず女性陣はさすが!日頃の山行歴があり元気で順調に最後の急登にかかりました。
アイゼンはここまで付けていないのにここで付けては今の雪質でダンゴとなるとかえって危険でストックをピッケルに持ち替えてもらいました。下から見えていた残雪を上まで詰めて最後は藪に突っ込みすぐに抜けた雪の平がこの山行一番のパノラマポイントだったと思います。ここからは石徹白の西の山も見えていましたし別山~日照岳の稜線の奥に白山本峰が見えるパノラマに歓喜の声があがりました。そのまま緩く雪をすすみ11時に丸山(1786m)山頂着
西側は藪が出て木々の間から石徹白の西の山々が確認出来ます。
奥に見えているのは赤兎山?経ヶ岳?
南に見えているのは滝波山・平家岳・左門岳・屏風山か? さらに大きく見えるのは能郷白山かもしれない。
いつまでも見ていたいが遊んでばかりもいられない11:45下山
下山時には自分たちのトレースも薄くなり、見失いそうになりました。とにかくトレース・赤布を頼りに馬鹿のように忠実に道を繋いでまいりました。最初の赤布は1572を奥に見た斜面に付けていましたので、もう右に分岐の台地を目指せばあとは問題ない!
と気を抜いたため「神鳩の小屋」への分岐を見落とし200mほど銚子ヶ峰へ進んで見慣れない木で気付いたしだいです。
「最後まで気を抜かないで!」と言うお仕置きもいただき「神鳩の小屋」着14:20
登山道にあった雪は解けて、水の流れるような道を下り始めると予報どうり雷が鳴り始めた。芦倉山の後ろは真っ黒な雲だ!
ドンドン下って大杉着、西からの日差しが大杉のあたり凄い存在感を漂わせていた。
石段を下り始めると今回山行中で初めて人に会った。
16:00登山口着
「満天の湯」に向かったが着いたら大粒の雨が降りだしセーフ。雨は入浴中に上がり帰路についた。
文中にも書いたが藪・雪ルートには気を使ったが無事登れて良かったと思っています。
メンバー・天気・丸山に感謝です。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年05月13日 18:25 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR