FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  鈴鹿山脈 >  忘年山行(経が峰)

忘年山行(経が峰)

忘年山行(経が峰)

やっと冬らしい寒さがやってまいりました。
楽しい忘年山行を無事終えて参りました。

12/8(土) 西庁舎 15:00集合  いざ東海白樺、忘年山行!
途中買い出しを済ませ関ロッジ着くころにはもう真っ暗だった。
荷物を食堂へと運ぶやいなや手際よく女性陣がすき焼きの準備を進めて下さった。
そこへバイクで駆けつけてくれたM氏が到着、冷え切った体を温めに風呂に向かわれた。
食材は施設の皿に綺麗に準備された。やはり紙皿、紙コップでなく手を入れて頂いた物は有難みが大きい。感謝!
おいしい料理と笑いの絶えない会話で忘年会を終えた。(自炊をするには以前よりも使い勝手がよかったです)
部屋に戻り、ゆっくり休んで風呂にも入った。
今回は男性3名・女性6名(大きい部屋を頼んだ)

12/9(日) 6時ごろからゴソゴソ動き始め 7時 朝食 ほぼ揃えた食材はなくなって無駄がないのは嬉しい。
ロッジ前で写真に納まり、8時出発 ここでバイクで参加のM氏と別れた。
経ヶ峰へは錫杖湖に出るため峠越えのルートを取った。

 笹子川に沿って林道を2kmほど走ると、奥に駐車スペースがある登山口に着く。
9時 寒い!寒い!と歩き始める。40分ほどで林道終点となり沢沿いに始まる道を登り始める。
直ぐに山道となり尾根沿いに高度を上げると左手と後方に視界が開け、錫杖ヶ岳がその山容から直ぐに分かる。
今回の山行で錫杖ヶ岳はよく目にして自分がどのくらい登ったかの指標になり、私はいつも眺めていた。
いくつかの鹿よけフェンスをやり過ごし尾根を登り切ると右から嘉嶺の頭からの道を交える。
平らに行くと稲子山への分岐があるが道標のみで分かりずらいので赤布を付けて先に進んだ。
平らな林の中を行くと整備された小屋に着く(10:15)、たくさんの登山客で賑わい我々を含め20人が入っていたが30人ぐらいを入れるだろう。ヌクヌクしているといつまでも長居をしそうだから新しく来た方々に譲って頂上に向かう。10:45
寒い!寒い”!と歩き展望台のやぐらを見ると一気に視界が広がり確かに山頂は360度の展望だった。11:00
ウァ~~ッ!と体を1回転させた。 伊勢湾・と青山高原の風力発電の風車が目を引く、この辺りの山を知らない自分を感じたが
だからこそ新たな期待感がありました。遠くで目立っていたのは局ヶ岳、「いつか、行かなくっちゃ!」と思った。
鈴鹿と北東の山々は雪雲でわかんない。ピューピューと冷たい風の中、写真に納まり下山11:10
更に人気の小屋の前を通過して稲子山へと向かう、テープと薄い踏み跡に沿って現在位置を確認しながら行くがやせ尾根に続く道を進むとワクワク楽しくなって来る。山好きの知恵を感じる道がアップダウンし稲子山に着く12:15
稲子山はひっそり札だけで静かなピークだったが賑やかしい東海白樺で食糧補給の休憩の場となった。
北西に下り始め北に進路を変えると右下に林道が見えその後も目印のテープを拾いながら道を繋ぎ林道終点へと降り立った
13:05  10分も行くと登山口の駐車地点となる13:15
大した渋滞にも合わず無事楽しい忘年山行を終えられた。 終始ワイワイやってて楽しい!
参加者のおかげだろうが感謝につきる。 こんな山をズ~ッと続けたく、広めたいものだな~思った。 有難うございました。
管理人のブログ
玄冬の経ヶ峰を歩く
    

 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年12月10日 14:25 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR