FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳ニュース >  南米最高峰へ「ドリームチーム」会見 三浦雄一郎さんら

南米最高峰へ「ドリームチーム」会見 三浦雄一郎さんら

南米最高峰へ「ドリームチーム」会見 三浦雄一郎さんら
 来年1月、86歳で南米大陸最高峰アコンカグア(標高6962メートル)の登頂とスキー滑降をめざすプロスキーヤー三浦雄一郎さんと同行する遠征隊員が3日、東京都内で記者会見した。三浦さんは「やるだけやって、途中であきらめるかもしれないが、しかし限界までがんばって、その限界が頂上であれば、これ以上ないすばらしいことだ」と決意を語った。

【特集】三浦雄一郎さん、南米最高峰に挑戦
 三浦さんは1月2日に日本を出発。9日に標高約4200メートルのベースキャンプに入り、21日の登頂と滑降を計画している。

 86歳で南米最高峰アコンカグア(標高6962メートル)に挑む三浦雄一郎さんを支える遠征隊のメンバーは、経験豊富な「ドリームチーム」だ。三浦さんは「これ以上ないスタッフ」と信頼を寄せる。3日の会見では同行する次男豪太さん(49)ら5人も成功に向けた意欲を語った。

 遠征隊は三浦さんを含め7人で、全員がエベレスト登頂者。三浦事務所も「ドリームチーム」と太鼓判を押す。スキー・モーグル元五輪代表の豪太さんは70、75、80歳で三浦さんがエベレストに登頂した遠征に同行した。不整脈を抱える三浦さんの体調をチェックしながら登る。「86歳という年齢で滑り降りるのはエベレストに登って帰ってくるよりも厳しい可能性はある」と見解を示した。

 前回のエベレストに同行した国際山岳医の資格を持つ医師の大城和恵さん(51)も医療面で三浦さんを支える。「生物学的には明らかに86歳。きっちりサポートして、生還という結果で報告したい」と語った。

 「登山界のアカデミー賞」と呼ばれるフランスの「ピオレドール(黄金のピッケル)」を2度受賞した平出(ひらいで)和也さん(39)は映像などの記録を担当。「生涯現役の姿は私にも刺激になる。それを多くの人に見ていただく撮影をしたい」。今年、平出さんとピオレドールを受賞した中島健郎さん(34)は「何より生きて帰ることが大事なので、そのサポートに全力を出したい」と語った。

 アコンカグアに4回登頂した貫田宗男さん(67)は、「ビエントブランコ」と呼ばれる特有の強風を警戒する。「気象の予報(の把握)などをきちんとやりたい」と話した。

 遠征はほかに、山岳ガイドの倉岡裕之さん(57)が参加する。登山活動の中心となる倉岡さんは取材に、「高度が課題。それをいかに克服するかだ」と話した。(金子元希)
関連記事
アコンカグア
アコンカグア(Aconcagua)は、アンデス山脈にある南米最高峰の山である。標高 6,960.8 m[1][2]。またアジア以外の大陸での最高峰でもある。アルゼンチンとチリとの国境付近のアルゼンチン側にある。

初登頂は、1897年1月14日、スイス人ガイドのマティアス・ツールブリッゲンによるものである。1953年1月26日、早稲田大学遠征隊が日本人初登頂を果たした。1968年2月に植村直己が登頂し、下山時に登頂した隣の処女峰(5,700 m)が、後日「明治峰」と命名された。

(南壁フランスルート第二登)日本山岳会東海支部アンデス学術遠征隊隊 
 東海支部の最初の海外登山である。当初ネパールヒマラヤを目標に計画を進めていた。ガウリサンカール、ツウインズ、トーツエシャール、マカルーと目標の山が二転三転しているうち、ネパールで政府よりヒマラヤ登山禁止令が出された。止むを得ず南米アンデスに転進。アコンカグア南壁の第4登(フレンチルート第2登)に成功する。ビッグウォールのバリエーションルートの登攀として登山界から高い評価を得る。学術面では、名大と提携して本格的な高所医学研究に取り組み、我が国の高所医学研究の嚆矢となった。

達人に訊け「世界の山々(3)」
(2)アコンカグア6,962m
南米大陸の最高峰。あの長大なアンデス山脈の南部のボリビアアンデスに位置する。チリから国境を越したアルゼンチン領に入ったところにある。アコンカグアは、現地の言葉で「巨岩の守兵」を意味すると言われている。アンデス山脈は、地図で見ると太平洋岸にまるで壁を立て掛けたように連綿と繋がっている。地球の地殻変動の妙というものであろう。

このアコンカグアであるが北面と南面では、山相が著しく異なる。北面は、傾斜が緩く、高度順応さえうまくゆけば登頂は、さほど困難ではない。それに比べて南面は、岩壁と氷に被われ、この南壁には登山家達の苦闘の跡としていくつも登攀ルートのラインが刻まれている。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年12月03日 20:29 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR