FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  長野県の山 >  四阿山転じて冠着山へ

四阿山転じて冠着山へ

計画は10/11~10/13まで西穂高から奥穂高岳縦走でしたが、天候不順のため中止にしました。
代わって、
10月11日の前日発日帰り山行に変更
JR金山駅前集合16時出発→上田市20時30分着(上田西洋旅籠館泊)温泉付き
10月12日
午前8時、ホテル発→午前9時、登山口は群馬県嬬恋村のパルコールつま恋ゴンドラから四阿山への予定でしたが、ゴンドラは2日前に休業に入っていた。雨雲が厚いこともあり登山は中止、真田町の歴史館で施設見学の観光に切り替えました。12時過ぎから青空が見え始めたので、観光を中止し、筑北三山の1座である冠着山(かむりきやま、俗称は姨捨山(おばすてやま・うばすてやま)に転戦しました。
 上田市からR18をたどり、途中から千曲川右岸の地方道へ。上田山温泉街の西に聳える冠着山への車道を登った。一本松峠に行く車道の途中から山道が開かれている。新しい案内板を確認すると山頂まで1100mの登山道を歩いて登頂。約25分でした。山頂には冠着神社、高浜虚子の句碑、方位盤等がある。あいにく高曇りで高い山々は雲に隠れたが、長野盆地(善光寺平)は俯瞰できた。黄葉の色はまだ早い感じがした。
 帰りは一本松峠を経てR403へ走り、篠ノ井線、長野道と混じりながら、麻績村、筑北村を抜けてR19に合流、安曇野へ出た。
参加;西山、S水、Y田

   
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年10月12日 21:44 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR