FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  沢登り >  阿木川 本谷無事下山

阿木川 本谷無事下山

東濃・阿木川 本谷 遡行山行無事下山しました。

9/1の夜は道の駅「上矢作 ラ・フォーレ福寿の里」にテントを張りました。

9/2 5時起床
7時 風神神社を出発
水量が多く最初の橋の下でいきなりロープを出しての渡渉となり,どこかのタイミングで林道に這い上がる事も頭に入れながら入渓しました。清流と言うより白く泡立つ流れの中にスタンス求めて進んだ。2つ目の堰堤を巻いて河原におり8:30小休.ペースは良い感じでこんなら行けそうと水の中にもドンドン入った。ロープを出して登った滝はなく水量のため大きなものは巻いた。
9:30ロクロ沢出合
その後も 時には胸まで浸かってすすみ、足場が無いところはショルダーで抜けるなど飽きさせないが事前のイメージより荒れた感じが有り淵の奥に二条の滝を落とすスポットについてほっとした。その先で釜が有りへつれそうもないので左岸を巻いたが上から見ると釜の上は白く泡立つ激流で圧巻だった。10:45
その後も水中、へつり、岩に馬乗りとなり進んだが3人の女性陣の足運びはたいしたもんだと思いましたよ!
腹も減り、平流になったところで食事とした。11:30 よく見ると奥に3つ目の堰堤が見えていていよいよ終了となる良いポイントでの昼食でした。この先で果敢に攻める若い男性の4人組が上がってきました。我々はそれらを見物しながらふちっこをちょこちょこと行き、橋をくぐって右岸から橋の袂に上がって終了12:20 林道を下って風神神社着13:30
「かんぽの宿 恵那」で湯に浸かり 帰名しました。水量が多かったけど元気なご婦人のおかげで行けました。
お疲れ様でした。   有難う!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年09月05日 08:53 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR