fc2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  台高山脈 >  木梶山は無事下山

木梶山は無事下山

11/20朝7時予定通り出発。
 伊勢湾岸道上での渋滞があり約30分時間ロス。松阪の奥のR166でも工事で交通整理があり若干のロス。かなりの交通量です。また登山口付近の案内と持参した地図の読み違いで少し戻って分岐を確認したために合計1時間のロス。木梶不動尊の案内が車道分岐に欲しい。
 地元の地図では高見峠への車道との三差路がきわら滝登山口に見えた。実際は木梶林道を少し奥まで入ると木梶不動尊があり、駐車場がある。きわら滝も落ちていて中々の良い所です。すでに3台止っていました。車道から木梶林道へは案内はなく、違ったかなと少し戻ったがあそこで間違いないとまた戻った。しかも車道にPして木梶林道を10分ほど歩いたらなあんだ、という話でした。
 登山口10時出発の予定は1時間遅れになりました。なので周回計画は木梶山往復に短縮。林道歩きは約1時間で904m地点の先まで歩いてやっと枝尾根の登山口に着いた。道々の黄葉は良かった。渓相も素晴らしい。林道と木梶川が近づいた辺りからは渓谷美も楽しめる。ここで若干の腹ごしらえをした。赤ゾレ山の登山口になっているが余り踏まれておらず、不明瞭な気がした。
 急登をあえぐと緩やかな尾根になり、木梶山へのすっかり落葉した疎林は良い感じでした。男女のカップルとすれ違った。登山口付近で男性1名、12時前にハッピのタワ登山口付近で女性1名(朝7時出発とか)、と4名でした。けっこう登っています。Pの三重県ナンバーなので地元の登山者ですね。
 山頂からの眺めは樹林に囲まれてないのも同然ですが、疎林越しに県境の縦走路のピークの頭が見えている。休んでいたら高齢の男性が1名県境方面から登ってきた。朝9時ごろ出発したが道に迷ったという。赤テープが頼りだったが見失ったらしい。そんなにも不明瞭なところがあるのだろうか。
 台高山脈周回は約7時間かかり日の長い時期に延期です。今時は少なくとも8時には出発したいコースです。
参加はN、Mの2名。

木梶山登山マップ
※この地図の右上に木梶不動尊とかキワラ滝登山口とかあるが、高見峠と木梶林道の分岐の間がカットされています。分岐には案内板があるが木梶不動尊とかキワラ滝登山口の記載はない。徒歩10分位歩くと登山口になります。車でそこまでは入れます。つまりこの地図は重要な箇所が省略されています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021年11月21日 12:08 ] 台高山脈 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR