FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難  >  雪崩・落石 >  【調査速報】210221八甲田モッコ沢・雪崩事故

【調査速報】210221八甲田モッコ沢・雪崩事故

【調査速報】210221八甲田モッコ沢・雪崩事故
●事故概略●
日 付: 2021年2月21日
時 刻: 13時頃
場 所: モッコ沢(地形図)
概 略: 山スノーボードをしていたグループ(4名)の内2名が雪崩を誘発し巻き込まれた。1名は自力脱出したが、女性1名(40)が完全埋没。埋没者は、スキーパトロールのプロービングによって発見されたが死亡した。
210221_map_moccozawa-thumb-550x352-67.jpg
図1 地形図(赤丸=埋没位置)

●雪崩データ●
種 類: 面発生乾雪表層雪崩(持続型スラブ)
規 模: サイズ2 (流下距離約380 m)
標 高: 1,165m(上部破断面)
方 位: 北
破断面: 幅 50 m、厚さ90- 130 cm(平均100cm)
傾 斜: 35°(最大44°)
弱 層: こしもざらめ雪
滑り面: 融解凍結クラスト
※破断面データ(SPIN参照)略 ソースにアクセス
●行動● 写真1と2は省略。ソースにアクセス
スノーボーダー4人は、八甲田ロープウェースキー場のダイレクトコースを2回、滑走。その後、ロープウェー山頂駅から山岳区域であるモッコ沢方向へ入った。視界20m程度のガスの中、先行の2人は急斜面を避けるようにスキーヤーズ・レフト方向へ進んだが、後続の2人とうまくコミュニケーションが取れていなかったため、後続2人は直進。結果、標高1,160m付近で雪崩を誘発し、流された。グループは、当初、コース内だけでの滑走予定であったため、雪崩ビーコンは車内においてあり、装着していなかった。
210221_pass_moccozawa-thumb-550x438-66.jpg
写真3 雪崩道全景(赤点丸=埋没位置)
●捜索救助●
流された2人の内、1人が部分埋没で自力脱出、1人が行方不明。通報を受けたスキーパトロールが14時頃、現着。自力脱出者の下方40mに立木があったこと、また、不明者は自力脱出者の前方を滑走していたことなどから、その立木付近をパトロールがスポットプロービングをしたところ、約10分で埋没者を1.5mの深さで発見。その後、スキーパトロール及び八甲田ロープウェー職員らによって、要救助者は搬出された。
●補記●
1.山岳事故
この事故は山岳区域での事故であり、スキー場の事故ではありません。八甲田は長き山スキーの歴史を持つ良きフィールドです。今回の場所は、昔から滑走されてきた山岳区域となります。

2.判断の難しい積雪コンディション
雪崩は、硬い旧雪下にある結合力の弱い雪が壊れて発生していました。当日に降った新雪が雪崩れたわけではありません。雪崩プロフェッショナルであっても、状況判断が難しい積雪コンディションでした。

●謝辞●
現地調査にあたり、八甲田ロープウェー株式会社及び八甲田スキーパトロール隊のご助力を頂きました。厚く御礼申し上げます。

・・・他山の石として転載しました。
現場は沢でした。
雪崩は尾根でも起こるとはいえ、沢の方が確率的には高いと考えるのが常識。
先日、偶々、北アルプスの村尾根で1月中旬に起きた3人の早大山岳部OBの雪崩による遭難の記録を見ました。彼らも村尾根と遠見尾根の間のA沢と支沢との出合いで遭遇しています。5月GWの捜索で何人もが一度は捜索したが見つからなかったので、さらに深い雪の下に埋もれていた。しかも彼らはその前の4月に一度成功しているんです。多分パウダー滑降狙いだったと思います。
今回の事故も判断が難しかったと書いてありますが、13時頃というのは雪山の沢では今から雪崩れるぞ、と待ち構えているところへ飛び込んだようなものです。
雪崩の危険回避のためには午前中の早い時間帯に滑降するのが一番です。日の出は午前6時10分ごろ、八甲田のロープウェイは始発は9時なので、到着後スノボを装着すれば、10時には出発できたと思います。雪山は夜明け前が一番寒く(日没から時間が経過しているので)、夜明けと同時に気温がぐんぐん上昇し、低温でブロックされていた表層が緩み始める。ゲレンデ外を滑降する人はそれくらいの計算は最低でもして欲しい。
北アルプスの山岳滑降を無難に楽しんでいる山スキーヤーは、午前中のそれも未明に行動している。逆に海外遠征などの登山技術を積んできたようなアルピニストでも雪崩や落石で死亡している。時間帯は11時過ぎが多い。
ゴンドラやスキーリフトを利用すると出発は大体8時から9時になる。10分後にトップについて準備すると10時くらいになるからスピーディーに行動しないと危険である。
※2018年には八甲田ルールが定められた。捜索救助費は無償ではないことに留意したい。組織された山スキーヤーは山岳共済などに加入されていると思うが、登山ではなく、ゲレンデオフのスノボらは無保険かと思われる。代償は高くつく。
八甲田ローカルルールについて
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021年02月26日 20:37 ] 雪崩・落石 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR