FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難  >  雪崩・落石 >  八甲田 スノーボーダー2人が誘発「表層雪崩」 結合力が弱い雪の層が崩れ流れ落ちる(青森県)

八甲田 スノーボーダー2人が誘発「表層雪崩」 結合力が弱い雪の層が崩れ流れ落ちる(青森県)

八甲田 スノーボーダー2人が誘発「表層雪崩」 結合力が弱い雪の層が崩れ流れ落ちる(青森県)
なぜ雪崩は起きたのか、2月21日八甲田で女性が亡くなった事故についてです。現場を調査したNPO法人はスノーボーダー2人が
急斜面を滑ったことで表層雪崩を誘発したと分析しました。

この事故は2月21日八甲田ロープウェーの山頂から西に400メートルの斜面でコース外を滑っていたスノーボーダー4人のうち2人が雪崩に巻き込まれ、40歳の女性が亡くなったものです。現地で調査したNPO法人日本雪崩ネットワークは、ホームページで
雪崩が起きた原因を発表しました。それによりますと4人のうち2人は急斜面を避けて滑っていましたが、後続の2人が標高1165メートルの傾斜35度、最大44度の急斜面に侵入した際、雪崩が発生し後続の2人だけが巻き込まれました。断面の厚さは最大1・3メートル、幅は50メートルで、雪の層の一部が壊れ、水平に亀裂が広がり、最大で380メートルにわたって流れ落ちていました。
現場は降り積もった固い雪の上にさらに積もった雪が2月中旬の雨などで融けたり凍ったりを繰り返し、結合力の弱い雪の層を作っていました。NPOでは2人が急斜面を滑った衝撃で当日降った新雪ではなく、結合力の弱い雪の層が壊れて流れ落ちるタイプの表層雪崩が発生したと分析しました。
八甲田の関係団体は、今後安全対策について協議する方針です。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021年02月26日 12:51 ] 雪崩・落石 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR