FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難  >  行方不明(道迷い) >  “やぶ山”で遭難した高齢夫婦が無事発見…役立った登山者向け“アプリ”が捜索の手がかりに

“やぶ山”で遭難した高齢夫婦が無事発見…役立った登山者向け“アプリ”が捜索の手がかりに

“やぶ山”で遭難した高齢夫婦が無事発見…役立った登山者向け“アプリ”が捜索の手がかりに
 岐阜県本巣市の「左門岳」で70歳と66歳の高齢夫婦が遭難し、4日ぶりに救助されました。夫婦は沢の水を飲んで4日間しのぐなど、登山の知識があったことで「命拾い」したことが分かりました。

 岐阜市に住む無職の男性(70)と妻(66)は、5月24日、福井と岐阜の県境にある標高1224メートルの本巣市の「左門岳」に登山に出かけ、遭難しました。

 翌25日、息子が捜索願を出し、消防と警察や地元の山岳救助隊が捜索活動を続けました。

 そして、行方不明から4日後の28日、夫婦のワゴン車が見つかった場所からおよそ3・5キロ離れた関市板取川の「銚子滝」の近くで、夫婦が手を振っているのを県警の航空隊員が見つけました。

 夫婦は、足などに擦り傷があるものの、意識ははっきりしているということです。

【登山の知識1:沢の水でしのぐ】

 夫婦は左門岳ふもとの「上大須ダム」を過ぎた林道に車を停め、登山ルートで山頂を目指します。

 山頂にたどり着き景色を見たあと、全く違う方向へ下山し「滝の近く」で発見されました。

 家族によると、夫婦は日帰り登山の予定で食料をほとんど持っていなかったため、4日間、滝近くの岩の隙間に身を隠し、沢の水を飲んだり、焚き火をしたりして救助を待ったということです。

「左門岳」について地元の登山愛好家に聞くと…。

本巣山人連絡協議会の杉山さん:

「10年以上前ですね、登りやすい山になりましたということで紹介されたことがありました。現在はベテラン向きです。いわゆる『やぶ山』という部類に属しますね」

 「やぶ山」とは、藪だらけで看板もなく、下山する時に道を間違えやすい山とのこと。

 今回、上空から開けて見える滝近くで救助を待ったことや、沢の水が飲めたこと、夫婦で励ましあったことなどが、救助につながったと杉山さんは推測します。

【登山の知識2:登山アプリ】

 今回、夫婦の発見に役立ったのが、登山者用の地図アプリ「ヤマップ」。携帯の電波がつながらなくても山の中で現在地を確認できるもので、夫婦が使用したことが分かり、残された情報から夫婦の居場所の特定に至りました。

 夫婦は、月に1~2度は山に登っていたほどの登山愛好家ですが、それでも起きてしまう遭難事故。警察は十分な知識と準備を持って登山をするよう呼びかけています。

みまもり機能が、登山者の命を繋ぎました
YAMAPの﨑村昂立です。

5月24日から岐阜県の左門岳で遭難をしていたご夫婦が、昨日(5月28日)無事に救助されました。この救助では、YAMAPのみまもり機能がお二人の居場所を特定するのに役立っています。
この記事では、今回の遭難事故の一連の流れと、その裏で起こっていたことを簡単にまとめます。

目次
救助までの時系列整理
警察とご家族のコメント
みまもり機能が命を救った初のケース
YAMAPはツールではなく、山の安全のインフラを目指している
救助までの時系列整理
24日(日):ご夫婦が岐阜県左門岳へ。下山中に道に迷い遭難。遭難してからYAMAPを立ち上げるも、スマホの電池が切れてしまい沢の近くに留まる。ここからは岩の隙間に身を隠し、沢の水を飲んだり、焚き火をしたりして救助を待ったとのこと。ご夫婦は登山のベテランで、車中泊などもよくしていたため、ご家族は二人が帰宅しないことに特段心配はなかったそう

25日(月):ご夫婦と約束のあった知り合いの方から「電話が通じない」とご家族に連絡。異変を感じ、ご家族から警察に連絡

26日(火)〜27日(水):ご夫婦の車があった登山口付近を捜索をするも見つからず。ご夫婦が忘れないようIDや暗証番号をまとめていたファイルのなかにYAMAPの情報を発見。ご家族からYAMAPに連絡

28日(木):ご家族からいただいたご夫婦の登録情報をもとにYAMAPでリサーチ。最初は該当するユーザーが見つからなかったが、深掘りをしていくとご夫婦と思われるユーザーを発見。該当時間に左門岳の位置情報も残っていたため、YAMAPから警察に位置情報を提供。その後、YAMAPの位置情報をもとに捜索が行われ無事発見

警察とご家族のコメント
今回の件について、警察とご家族にお話を伺いました。

警察のコメント
YAMAPの位置情報提供により、遭難者が発見できた。左門岳には登山口が2つあり、捜索当初は(夫婦の車があった)登山口の方に戻ってくるだろうと考え、そちら側を重点的に捜索していた。しかし、提供してもらったYAMAPの位置情報を確認したところ、登山口とは別の方向に歩いている形跡があり、そちらを捜索したところ、発見につながった。
ご家族のコメント
YAMAPアプリをスマホにダウンロードしたのは、ほんの数日前のことだったみたいです。そして、山の中でYAMAPを開いてくれた。そのときの位置情報が、結果的に救助の役に立ちました。また、こちらの提供した情報では該当するユーザーがいなかったところを、YAMAPの方が諦めずに調べてくれて位置情報が分かったと聞いて感動しました。感謝しかありません。本当にありがとうございます。


みまもり機能が命を救った初のケース
YAMAPは2019年にみまもり機能を実装し、まったくあたらしい登山の安全網をつくりました。その後、遭難者情報提供フォームを開設。ご家族などから遭難者の情報をいただき、遭難者がYAMAPユーザーだった場合は、みまもり機能の位置情報などを警察に提供する取り組みを無償で行ってきました。

そんな中、今回はみまもり機能の位置情報が遭難者の命を救ったという初めてのケースになります。

YAMAPはツールではなく、山の安全のインフラを目指している
YAMAPは便利な登山ツールではなく、登山者の命に寄り添うインフラサービスになることを目指しています。そのためにも、もっと多くの方にYAMAPを知っていただき、利用していただく必要があります。しかし、YAMAPの認知度はまだ十分とは言えません。

知られなければ、使われない。使われなければ、救うこともできない。

この課題を痛感し、今年から会社としてもPRを強化。「がっちりマンデー」といった全国区の番組にも出演しました。その結果が結びついたかどうか定かではありませんが、ご夫婦がYAMAPを知り、実際に使っていただくことで、命を繋ぐことができました。

YAMAPで救える命があるかもしれない。おこがましい拡大解釈かもしれませんが、本気でそう思い、これからも情報発信を続けていきます。そういう意味でも、今回の遭難救助のケースが、登山者はもちろんのこと、救助に携わる方々へも広く届くことを願っています。
※ 今回の遭難救助の詳細は、後日まとめます。
*****************************************************************
東海白樺山岳会では蕎麦角山と水無山下山(ともにぎふ百山)で実際に利用しました。私のメールアドレスを予め登録すると、現地の登山者のスマホから位置情報が送信される仕組みです。
こんなお知らせが私のメールアドレス宛に送信されてきます。

みまもり機能 - Guest_672028さんの位置情報のお知らせ(メール画面のタイトル)

YAMAPユーザーのGuest_672028さんの、2020-01-13 05:04時点での位置情報を以下のURLから確認できます。

https://yamap.com/shared-locations/Tym9uWNKKi8qXu3iTOoZxcqHSKu7hNvA6hLDvygLIyg(地形図の上に位置が表示されます。今は位置データが失われています。)

このメールは、Guest_672028さんの活動中に特定のタイミングで送信されます。最新の位置情報は更新され続けていますので、定期的に上記のURLにアクセスしてみてください。

Guest_672028さんが活動を終了すると、通知が届きます。
届かない場合は 「こちら」 をご確認ください。
「こちら」
みまもり機能の活動終了の通知が届かない(通知を受け取る人向け)
YAMAPユーザーの操作によっては、活動終了の通知が届かない場合があります。

また正しく活動を終了しても、通信環境によっては活動終了通知が届くタイミングが実際の時間より遅くなる場合があります。

活動終了の通知がなかった場合は、必要に応じて直接ご本人に連絡を取り、最新の情報を確認してください。

事故や遭難の可能性がある場合
最新の位置情報が更新されないまま、下山予定日を過ぎてもご本人と連絡が取れず、事故や遭難の可能性が高い場合は、下記の方法で問い合わせや警察への連絡を行ってください。


YAMAPの問い合わせフォームを利用する
家族や友人が遭難してしまった
警察に連絡する
都道府県警察本部リンク
救助要請時に必要な情報
登山者の氏名、年齢、住所
登山日程、行動予定
着衣等の色(帽子・上衣・下衣・ザック)
山岳保険加入の有無
自治体への登山届提出の有無
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年05月30日 04:15 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR