FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難  >  行方不明(道迷い) >  行方不明高1の捜索続く 函館・恵山 道警など200人態勢で

行方不明高1の捜索続く 函館・恵山 道警など200人態勢で

行方不明高1の捜索続く 函館・恵山 道警など200人態勢で05/18 05:00
 函館市東部の恵山(618メートル)を登山中に15日から行方不明となっている同市内の高校1年生佐藤晶(しょう)さん(15)について、道警や消防などは17日、延べ約200人態勢で恵山周辺の捜索を続けた。同日は道警や道のヘリコプターも加わったが、同日午後7時現在、依然として晶さんは見つかっていない。「無事でいて」。家族は現場に駆け付け、捜索を見守った。

 「早く見つかってほしい。ただそれだけです」。16、17日の2日間、捜索本部が置かれた恵山道立自然公園火口原駐車場(市柏野町)で晶さんの帰りを待った父の円(まどか)さん(53)は言葉少なに語った。「恵山に来たのは初めてだから、そう遠くに行っていないはずだが…」。

癌春(がんばる)日記 by 花sakag
恵山の捜索情報 & 展望抜群「アニエスの塔」ほか
一昨日から恵山で行方不明になった高校生の捜索が3日目に入り、今日は自衛隊も(約60名、車両訳10両)災害派遣として捜索活動にあたったようだ。また道警ヘリやドローンを飛ばしての捜索にも関わらず、今日も手掛かりがなかったそうだ。

 関係者からの情報によると、「権現堂コースのベンチ付近からショートカット、山頂から火口方向へのルートや馬の背から前山展望台までも自衛隊や道警山岳機動隊による捜索が行われましたが発見できず、ヘリコプターによる斜面の詳細な確認にも関わらず発見できていません。ほかにもローラー展開で火口原一帯を捜索しても手がかりなし。各登山コースも2回調査したが…。正直あとどこを探せばよいのか…といった状態です」・・・とのこと。

 火口原駐車場に自衛隊、警察、消防の車がある中、一般登山者が引き返すこともなく堂々と登山に行く姿に腹立たしくも思ったとのこと。なぜ、立入禁止にしなかったのだろうか?野次馬気分で登りに来た人もいるのでは?

 ヘリコプターによる捜索では、火口原より上は樹林がないので、絶対簡単に見つかると思ったのに・・・。一体、どこへ消えてしまったのか・・・? お手あげ状態のようである。

 実は、自分は「新日本百名山 恵山に登る会」の代表でもあり、鎌鹿さんが事務局長でもある。恵山関係のイベントにはいろいろ協力しているし、恵山に関わる関係団体にも名を連ねている。それだけに、今回の行方不明事件は心痛の思いである、なんとか1日も早く発見してほしいものである。なお、今回は新型コロナのこともあり、官民一体の捜索はしないことになり、我々にも協力要請は来ていない。

はこだて自然倶楽部~続・風を追って〜
2020年05月18日

もう直ぐ捜索開始
15日9時半から行方不明になって4日目(捜索は3日目)。昨日は最多200名体制でヘリ、ドローンをも駆使して捜索しましたが晴れたのに発見できず残念でした。
今日は降雨予報ないものの函館地方は濃霧注意報が出ており風は海霧を呼ぶ強い東風。恵山の気象では視界不良日で海霧が吹き付けるので雨天と同じく雨具が必携。よって上空からの捜索は困難かもしれません。

陸上捜索は霧で視界が狭く捜索範囲はそのままとしながら大小、岩の割れ目、地面の割れ目などクラックや影を再確認したり地味で辛い捜索になりそうです。
なお、さらに日中気温は麓で11℃予報です。捜索現場は5℃まで下がる感じでジッとしてると震えるでしょう…東風7m予報なのでさらに体感温度は0℃。夏山装備だと凍えます・・捜索隊には頭が下がる思いです。

ところで、昨日の自衛隊の捜索参加の賛美や疑問がネット上でコメントされてますが、私見もありますが理由は下記のようかな?と。
①噴気が多い火山で防毒装備がある。
②恵山のある函館市には普通科連隊(歩兵部隊)がある。
③噴火など自然災害に対応し実地確認になる。
④函館市と協力関係が強い。
⑤行方不明者の住まいが深堀町で普通科連隊のある駒場町とは近接など交流多い…etc

あと5時間で生命の壁72時間を迎えようとしています。何とか発見して欲しいですね。

もう直ぐ捜索隊が行動開始する4時半になります。捜索は2交代で17時まで実施される模様。
なお、気象庁の火山定点観測画像で検索本部のある恵山の火口原付近と山全体が分かる高丘からのインターバル画像が観れますのでガスがかかってる、晴れてるか、が判ります。参考にしてください。

捜索範囲の南側の恵山南壁。
北アルプスの穂高連峰を彷彿とさせる岩の殿堂(バットレス)が起立する。ここも捜索範囲でとても危険です。

夜明け同時開始!全力で 行方不明高1の捜索続く 函館・恵山 道警など200人態勢で

・・・・依然難航中の様子です。生存の可能性が無くなると悲惨なことになる。捜索隊頑張れ。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年05月18日 09:26 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR