FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳ニュース  >  チャイナウイルス関連 >  遭難だけじゃない 感染にも備える「新しい登山文化」とは 医師が手引作成

遭難だけじゃない 感染にも備える「新しい登山文化」とは 医師が手引作成

遭難だけじゃない 感染にも備える「新しい登山文化」とは 医師が手引作成
 新型コロナウイルスの感染拡大で、登山の自粛が続く中、国際山岳医の大城和恵さん(52)が再開に向けての手引を作成した。大城さんは「これからは、遭難だけでなく感染のリスクも考えた『新しい登山文化』をつくらないといけない」と呼び掛けている。【島袋太輔】

 「登山再開に向けた知識 計画と準備編」と題した手引は米疾病対策センター(CDC)の情報に基づき作成。登山自粛の解除基準は「行政が判断する」とした上で、新型コロナウイルスの基本的知識に始まり、山小屋の利用再開や登山する際の注意事項を記載した。手引は、医師や山岳救助関係者らでつくる「山岳医療救助機構」のサイト(https://sangakui.jp/)で公開している。
 大城さんは長野市出身。北海道大野記念病院(札幌市)に勤務する傍ら、同機構の代表や県山岳遭難対策特別アドバイザーを務める。登山の自粛は、4月初めから率先して呼び掛けてきた。県も、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく外出自粛要請には登山が含まれると指摘。ゴールデンウイーク期間中には登山者に来県を控えるようキャンペーンを実施した。

 キャンペーンが奏功し、県は期間中の登山者は2019年同期比で8~9割減を見込む。緊急事態宣言発令中の31日までは登山の自粛要請を続ける予定。現在、県内の山小屋はほぼ全てとなる150カ所が休業し、主要登山口の駐車場は70カ所が閉鎖されている。

 だが、自粛だけ続けるわけにはいかない。大城さんは「登山再開に向けた『出口対策』が必要」といい、登山者の感染対策に関する知識や懸念事項など実態把握のためアンケートを実施した。インターネットを通じて4月27日~5月6日に1458人の登山者や山岳ガイド、山小屋関係者らから回答を得た。
「登山自粛の解除後、どのように登山を行うか」(複数回答)の質問に対し、マイカー移動55・2%▽マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避など48・6%▽移動の少ない近郊の山を選ぶ47・7%――など。解除後のため感染対策は行わないと回答したのは1・7%だった。大城さんは「感染防止対策を取りながら登ろうとする慎重な意識がうかがえる」と指摘する。

 一方、回答者から感染予防策や山小屋の対応などの質問が寄せられ、それに沿った形で手引を執筆。特に山小屋は「3密」のため「山小屋の利用再開に向けて」の項目を設けた。管理者だけに限らず、登山者の協力も必要とする。例えば、山小屋の屋外にスクリーニングブース(検査部屋)を設置し、検温や健康状態の確認をするよう提案している。

 大城さんは「コロナがすぐに終息するわけではなく、共存することになる。登山者自身が変わらないといけない」と訴える。「登山はリスクコントロールしながら自然を楽しむこと。そこにコロナというリスクが加わり、感染予防策をするのが『新しい登山文化』になる」と強調する。

登山再開に向けた主なポイント
■登山

・マスク着用、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保、手洗いの徹底

・アルコールジェルやティッシュ、ジッパー付 きの保存袋(ごみ袋用)などを準備

・はなをかんだ後はジッパー付きの保存袋に入 れるなどごみは各自で持ち帰る

・できればテントに泊まり、1人で使う

・山小屋内ではマスクを着用

■山小屋の利用再開

・できれば宿泊者が使う布団や枕、座布団などは撤去する

・山小屋に泊まる場合でも登山者に寝袋やマットを持参してもらう

・消毒しやすいよう、げた箱や床などをビニールで覆う。畳や布などはアルコール消毒しづらい

・就寝スペースは全方向に2㍍間隔を空ける(2畳に1人)

・スクリーニングブースを設置し、できれば防護服を着たスタッフを配置する

山岳医療救助機構「登山再開に向けた知識」や取材を基に作成
以上
・・・・チャイナウイルス(コロナ禍)が登山文化を変えるかも知れませんね。特に山小屋の利用が当たり前と考えていた登山者には不自由を感じる場面が多々ありそうです。山小屋経営も北アルプスは都会の旅館の1年分の稼ぎを夏の2ヶ月で稼ぐらしい。そりゃ維持コストも相当なものだけれど、おいしいビジネスだったが今後は登山客の減少で変わらざるを得ないだろう。
 これ以外にも、長い間の外出自粛期間に衰えた筋力の回復のこともある。GW中の鈴鹿山系の75歳以上の高齢登山者の死亡事故が続発したのは筋力の低下でバランスが悪くなり、リカバリー能力が落ちたのではないかと見ている。未組織の登山者で登山自粛の情報が届きにくいベテラン登山者ほど死んでいるのが良い証拠である。怪我ではなく、死亡ということが自分は経験者であり不都合なことは起きないし起さない自信の現れであろう。御在所岳で亡くなった人は鈴鹿全域を知り尽くした鈴鹿通といわれていたそうだ。また、霊仙山で滝つぼに落ちて亡くなった人もあのコースを廃道と知って利用したのだろう。
 毎日新聞だけでなく他のメディアもこうした取り組みを積極的に報道することが望ましい。
 個人的には私(ブログ管理者)のようにもともと人と会うことが滅多にない藪山志向の登山者には関係のないことである。コロナ禍を契機に登山の原点にかえるのもまたむべなるかなと思う。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年05月14日 17:40 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR