FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳ニュース  >  チャイナウイルス関連 >  大型連休、登山控えて 登山口の全駐車場、閉鎖要請

大型連休、登山控えて 登山口の全駐車場、閉鎖要請

大型連休、登山控えて 登山口の全駐車場、閉鎖要請
PK2020042802100329_size0.jpg

 県は二十八日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、八ケ岳や浅間山などの県内側登山口にある全駐車場の閉鎖を運営業者などに要請した。大型連休中に登山客が訪れるのを防ぐための措置。閉鎖期間は国の緊急事態宣言が期限を迎える五月六日まで。

 県は登山や観光を目的とした来県をしないよう強く求めている。阿部守一知事は二十八日の会見で「(遭難者に対応する)救助隊員も感染防止策に細心の注意を払いながら活動しなければならず、山小屋も休業している。通常に比べて救助が行いにくい現状と理解してほしい」と強調した。

 県山岳高原観光課によると、今月二十五、二十六日午前に北アルプスと八ケ岳で実施した登山状況の調査では、対象地点で最大二十一人の登山客が確認された。担当者は「感染リスクをゼロに近付ける必要がある」と、駐車場閉鎖への理解を求めた。

◆鹿島槍ケ岳や八方登山口にポスター 北ア遭対協など
 北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会(遭対協)や県、大町署などは二十八日、大町市、白馬村、小谷村で北アの登山口十一カ所に、登山の自粛を呼び掛けるポスターを掲示した。

 大町の爺ケ岳や鹿島槍ケ岳、白馬の猿倉や八方、小谷の栂池などの登山口に設置。山小屋が営業していないことやキャンプ場が利用できないことを記し、山登りの自粛を求めた。

 大町市扇沢の針ノ木登山口では、大町署員で県警山岳遭難救助隊の村上春満巡査長(41)と栗山雄大巡査部長(29)が作業。村上さんは「遭難した場合、防護服などを着てから向かわなくてはいけないので、救助も時間が掛かる。山は逃げないので、登るのは来年にしてほしい」と話していた。 

◆上高地一帯に県がプレート
 県が展開する「信州の観光はお休み中」キャンペーンの一環で、県松本地域振興局は二十七日、松本市安曇上高地にある上高地インフォメーションセンターなどに、北アルプスへの入山自粛を求めるプレートを掲げた。

 プレートはA3判。ほとんどの山小屋やテント場が営業していないことなどを説明し「入山を自粛してください!」と呼び掛ける。県警山岳情報、県山岳情報のQRコードも添えた。上高地一帯の登山口など計十カ所に掲げる予定。

 同振興局商工観光課によると、昨年の大型連休の十日間で上高地には八万四千人が訪れた。プレートを張った草間康晴局長は「観光県としては苦渋の決断で、山小屋や観光施設の休業をお願いしている。感染防止の観点からも来るのを控えてほしい」と話した。

 上高地の宿泊施設や北ア南部地域の山小屋は五月六日まで休業。上高地に乗り入れる路線バス、シャトルバスも運休し、タクシーも乗り入れを自粛している。

◆茅野・八ケ岳山荘、有料駐車場を閉鎖
 茅野市の登山口「美濃戸口」近くにある八ケ岳山荘は、二十四日から有料駐車場を閉鎖している。それでもマイカーやレンタカーでやって来る登山者がいるという。

 同山荘によると、入山者は例年の大型連休前と比べ一割程度に減っており、二十五日は十人ほどが訪れた。登山者カードと下山日を書き込むカードを山荘内で記入してもらうことで入山者の把握に努めている。

 藤森周二代表(56)は、人目につきにくい無人の登山口からの入山者が増えることを懸念。「皆が我慢している時。登山の自粛をお願いしたい」と話す。

 諏訪地区山岳遭難防止対策協会ではこれまで、新型コロナウイルス感染症対策として、登山者に注意を促す看板を登山口に設置するなど対応してきた。山岳救助隊長の高橋政男さん(59)は「国や県の自粛要請を踏まえ、登山者には適切な行動を取ってもらいたい」と求めている。

 八ケ岳観光協会によると、加盟する三十三軒の山小屋すべてが五月六日まで営業を自粛している。 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年04月29日 09:54 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR