FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳ニュース  >  チャイナウイルス関連 >  野口健氏、GW登山遭難者は名前公表「検討すべき」

野口健氏、GW登山遭難者は名前公表「検討すべき」

野口健氏、GW登山遭難者は名前公表「検討すべき」
アルピニストの野口健氏(46)が、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、あらためて登山の自粛を呼びかけ、遭難者については「名前の公表も検討すべき」との考えを示した。

野口氏は28日、ツイッターを更新。八ケ岳連峰登山中に遭難した男性に新型コロナウイルス感染の疑いがあったことから救助隊員らが一時自宅待機を余儀なくされたとの報道に言及し、「命が助かったのはよかった」と、男性が救助されたことについて安堵(あんど)したが、「しかし、再三、登山の自粛が叫ばれている中での登山&遭難。しかも肺炎のような症状があったとの報道に更に驚かされた」と、複雑な思いを吐露した。

続けて「遭難した彼は名前を公開されたら困るだろう。困ると思うならやめておく事」と忠告。「GW中に更なる遭難が発生する可能性大。その時には名前の公表も検討すべき」と提言した。

野口氏は、日本山岳・スポーツクライミング協会などが大型連休前に登山自粛の声明を発表した21日、ツイッターで「確かにこんな時こそ山で癒やされたくなる。しかし、山に登るためには移動しなければならない。山が混み合えば他の登山者に感染させるかもしれない。仮に遭難者が感染していたらレスキュー隊に移してしまうかもしれない。自然を相手にしている山屋(登山愛好家)には『待つ力』があるはず!」と強く訴えていた。
関連記事
野口健氏がGWの登山&遭難を懸念「名前公表も」…休業中の山小屋荒らしにも怒
さらに、同氏は続く投稿で「もっと解せないのは休業中の行者小屋(八ヶ岳にある山小屋)に何者かが侵入し山小屋の中を荒らした輩がいる。これは犯罪である」と指摘。「登山者への感染拡大を防ぐため、また救助隊への感染リスクを阻止するために多くの山小屋が苦渋の決断で休業を決めた。そこを狙うとは卑怯極まりない」と断じた。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年04月29日 01:08 ] チャイナウイルス関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR