FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  山スキー >  飛騨 大鼠山 無事下山

飛騨 大鼠山 無事下山

飛騨 大鼠山無事下山しました。
今年の干支の山と選び2/9に雪が少ないなら林道ならと挑むもラッセルで力及ばず敗退し今回のリベンジ山行となった。天候は今一つでしたが締まった雪に助けられ藪は有るものの山スキーらしく登頂出来て二重の喜びの山でした。

N氏に会社まで迎えに来て頂いたり前回の経験もあり時間短縮が出来18:30に神岡で宴会食糧買い付けに至った。高速を上手く使えば遠い山ではない。また最近、宴の肴とする「1コイン鍋」だが食糧を残さず、お腹にも懐にも優しい、翌朝食できれいに無くなると幸せな気分になる。
前回同様夕顔の駅の軒下をお借りして「1コイン鍋」をいただいた。
23時頃就寝、空は満天の星であった。
3/22 4時起床
のんびり朝食をいただき林道に雪が残る所まで(約1km)移動して身支度をして出発6:30
道の雪は陽当たりの良い所ではすっかり消えていて山之村牧場付近はスキーを持ってトボトボ歩いた。
1060から左の林道に入るが雪は所どころ融けていて1180まではスキーの着脱を余儀なくされた。
しかし以降はしっかりと締まった雪で快調進んだ8:00
10:05先回の引き返し地点の1502m峠を通過そのまま1km先の深洞湿原道標(大鼠山へ向かう分岐)に向かう10:30着
雨混じりの霰となりましたが林道を外れ大鼠山を目指す。藪はあるが山スキーの活躍出来る領域で悪天だがテンションが上がっ。11:00大鼠山山頂と思いきや最高地点の1593mだった。たぶん見えていたのは薬師じゃないかな?
三角点のある1584.7は西側に下って少し登ったところであった。悪天で山々は確認出来ないが静かな山頂でほっこりしていた。
雨も落ち、着き重い雪をシール滑降で下山
1502mまで戻ってシールを外して林道滑降、重い雪で走らないが談笑しながらも1時間で牧場脇に出た。
酷い天候にはならず誰にも会わない静かな大鼠山だった15時帰路に着く
古川のすぱーふるで湯に浸かった。
山スキーは楽しめた!雪が無いなんて言わず出かけてみるもんだな~
有難うございました。


  
管理人の小屋番の山日記「大鼠山スキー登山」
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年03月23日 17:56 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR