FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山行報告  >  鈴鹿山脈 >  下山届 銚子ヶ口

下山届 銚子ヶ口

日時   2/23(日)
場所   銚子ヶ口
メンバー   S、I
ルート  杠葉尾登山口⇔東峰⇔銚子ヶ口⇔西峰⇔往路を戻る

風が強そうなので、充分注意して登ります。オプションで、水船の池または大峠まで。
*************************************************
20200223215006a55.jpg

2/23(日)銚子ヶ口 無事下山しました。
天気予報では、冬型で強風が吹くらしい。
行けるところまで行って、ダメなら撤退することに決めて、登山口を7時30分に出発。
風は強いようだが、樹林帯の中を進むので影響はほとんどありません。
右手に須谷川が見え始めると、河原には雪が残っています。
左からの支沢が合流し、それに沿って登り始めると足元に雪が出てきた。
東峰手前の、風越谷からの道と合流する尾根に登ると風が強い。ここでIはアイゼン装着。
急坂を登ると東峰だ。風もそれほどでもない。
ここは鈴鹿主稜線の眺めが素晴らしい…はずだが、竜ヶ岳以北は雲がかかっている。
残念ながら静ヶ岳も藤原岳も、御池も雲に隠れて見えない。本峰で休息し、西峰まで足を延ばした。
水舟の池、大峠、さらに舟窪まで…とも思ったが、風が強くなりそうで潔く諦めました。
帰路には風も強くなり、雪も舞ってきた。
14時過ぎに登山口にもどり、永源寺の道の駅に寄り道してから帰りました。
Sさん、お付き合いいただきありがとうございました。楽しい山行が出来ました。      報告 I
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年02月24日 06:18 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
67位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR