FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳ニュース >  登山経験170回以上の陛下 日本山岳会の夕食会に(19/12/08)

登山経験170回以上の陛下 日本山岳会の夕食会に(19/12/08)


登山が趣味の天皇陛下が、山にまつわる活動をする「日本山岳会」の夕食会に出席されました。

 天皇陛下は7日午後5時すぎ、東京・新宿区のホテルに到着されました。夕食会は登山や植物の調査など山にまつわる活動をする日本山岳会が開いたもので、170回以上の登山経験を持つ陛下は1987年から会員になっています。陛下が会場に入ると、出席者約500人から拍手で出迎えられました。会場ではなじみの会員らと約3時間、懇談を楽しまれました。スポーツクライミングの関係者とは、来年のオリンピックの話題で盛り上がったということです。

天皇陛下、山岳会の年次晩餐会ご臨席
 天皇陛下は7日、東京都新宿区の京王プラザホテルを訪れ、日本山岳会の年次晩餐会に臨席された。同会は明治38年に国内初の山岳クラブとして設立。登山が趣味の陛下は昭和62年に会員となり、皇太子時代から折に触れ晩餐会などの行事に参加されているが、即位後は初めて。

 この日は午後6時ごろ、会場にお出ましに。同会の古野淳(きよし)会長らとテーブルを囲んで歓談された。

・・・天皇陛下は会員番号10001の正規の会員で知られる。名誉会員とかの肩書ではない。実際に自分でも登山を実践しておられる。天皇に即位されて登山のご趣味は公務御多忙によりいっそう制約が多くなると思われるが、可能な限り継続していただきたい。当日は会長挨拶後は報道陣を退場させて会員だけになり好きな山の話で盛り上がった。恒例の鏡開きにも登壇された。この樽酒は愛知県豊橋市の福井酒造の四海王。テーブルにも運ばれて飲んだが檜の香りのする日本酒だった。皇太子時代から天皇陛下に即位後も会場に居られる間はトイレ以外は移動が制約される。今回もずいぶん長く話し込まれていた。山の話はすれども尽きず、という気がする。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年12月09日 12:36 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR