FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  山岳遭難 >  小倉美咲ちゃん捜索ボランティアを叩く人は何も分かっていない

小倉美咲ちゃん捜索ボランティアを叩く人は何も分かっていない

小倉美咲ちゃん捜索ボランティアを叩く人は何も分かっていない
山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になってしまった小倉美咲ちゃん。警察・消防・自衛隊に加えて、ボランティアの方々も必死に探しているとのこと。
 
 ところが、ボランティアに行った方々が遭難してしまうということが立て続けに起こっているようです。これに対して、ネットでは「迷惑をかけるな!」「プロに任せていれば良いんだ!」という非難の声が。
 
 でも、彼らの言うようにプロにだけ任せていれば、昨年山口県で行方不明になり、ボランティアが救出した2歳の男の子の命は、失われていたかもしれないというのを分かっているのでしょうか?
 
 また、昨年6月に新潟の五頭連峰で親子が遭難死した事件について真相を究明する記事を書いたことがあるのですが、警察の行動に不備があったと思わざるを得ないようなこともありました。
⇒ https://webronza.asahi.com/culture/articles/2018061300004.html
 
 さらに、以前とある群馬県の山で地元の消防団の捜索活動に遭遇した時、消防団の何名かが急登で転んでおり、「ちょっと、大丈夫!?」と思うようなこともありました。おそらく遭難件数が少なく慣れていない人が多かったのでしょう。

 確かにプロにはアマよりも力量のある人が多いですが、全てではありません。優秀なメンバーを揃えたとしても、リーダーが能力不足であれば一気に機能しなくなります。なので、「プロだから」というのは完全な思考停止です。
 
 山の中で捜索する上で最も大切なのは、プロかアマかという身分の違いではなく、装備をしっかりと整えることと、遭難しないための備えだと思います。美咲ちゃんを知る人たちは猫の手も借りたいぐらいですから、遭難しないようにした上で、プロもアマも全てのノウハウとリソースを結集して捜索にあたるべきだと思うのです。
 
 なので、遭難してしまった人を叩く暇があるのなら、どうすればボランティアの遭難を少しでも回避できるか、どうすればボランティア一人一人がより質の高い活動を行うことができるか、そのノウハウを広めることに時間を費やして欲しいものです。

 震災ボランティアに関してもかつては善意だけ突っ走ってしまうボランティアによる二次災害が多発していましたが、長年の仕組み作りや啓発活動によって、少しずつ減っています。捜索ボランティアも是非これに習うべきでしょう。
 
 では、遭難を防ぐに最も役立つものは何か。もし一つだけあげるとすれば、やっぱりジオグラフィカやヤマレコMAPのようなGPSアプリだと思います。どこを捜索したかのログにもなります。
 
 仮に遭難をしても、現地の標高や緯度経度が分かるので、電波が通じていれば捜索隊に正確な居場所を伝えられるわけです。この点に関しては紙の地図よりも何倍も効果を発揮するでしょう。ただし、モバイルバッテリーも忘れずに。
 
 なので、もし今後捜索ボランティア活動に参加する際には、他のボランティアの方々に「ちゃんとジオグラフィカやヤマレコMAPをスマホに入れてますか?」と声かけしたり、ボランティア本部にGPSアプリの使用を徹底してもらうようお願いしたいものですね。
・・・お説ごもっともです。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019年10月06日 09:58 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
86位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR