FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  2020年05月24日

東三方ケ森付近で香川の男性遭難するも発見【愛媛】

東三方ケ森付近で香川の男性遭難するも発見【愛媛】
22日午後、今治市など3市にまたがる東三方ヶ森(ひがしさんぽうがもり)で香川県の男性が遭難しましたが、23日早朝に救助され、けがはありませんでした。

22日午後3時40分頃、今治市、西条市、東温市にまたがる標高およそ1233メートルの東三方ヶ森の頂上付近で、下山途中だった丸亀市の池北洋一さんから「道が分からなくなった」と通報がありました。

警察は機動隊などおよそ50人体制で捜索を行いましたが、22日午後8時に捜索を一時中断。

23日午前6時20分ごろ香川県の防災ヘリが山頂付近で池北さんを発見し救助しました。

池北さんにけがはなく、警察は遭難した経緯などを詳しく調べています。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年05月24日 22:26 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

焼石岳で不明の男性 死亡確認

焼石岳で不明の男性 死亡確認
今月18日、奥州市にまたがる焼石岳に1人で登山に出かけた後、行方が分からなくなっていた72歳の男性が、山の中で倒れているのが見つかり、24日、死亡が確認されました。

死亡したのは、奥州市水沢に住む中村健一さん(72)です。
警察と消防によりますと、今月18日、奥州市にまたがる焼石岳に1人で登山に出かけていた中村さんから「下山中に道に迷った」と知人に電話があったあと、連絡がとれなくなり、警察と消防などが捜索しました。
警察などが今月20日まで行った捜索で、中村さんは見つかりませんでしたが、捜索を続けていた知人が、23日、山の中腹にある避難小屋から南に2キロ近く離れた場所で、男性が倒れているのを見つけたということです。
23日は悪天候だったため、24日になって県の防災ヘリで収容したところ、男性はすでに死亡していて、家族によって、中村さんだと確認されました。
警察によりますと、中村さんはヤッケを身につけていて、目立った外傷はないということで、警察は、下山中に遭難したものとみて、詳しい状況などを調べています。
以上

お悔み申し上げます。
関連記事
[ 2020年05月24日 21:55 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

姶良(あいら)市の蔵王嶽 登山中の女性が崖下に転落し死亡

姶良市の蔵王嶽 登山中の女性が崖下に転落し死亡
姶良市の蔵王嶽で23日、登山をしていた女性(78)が崖の下に転落し死亡しているのが見つかった。
 死亡したのは、霧島市隼人町内に住む池田さえ子さん(78)。警察によると、池田さんは23日午後1時ごろから姶良市加治木町日木山にある蔵王嶽で息子(50代)と登山をしていた。2人は、8合目付近で道に迷い、息子が道を探していたところ、池田さんの行方が分からなくなった。その後、息子が警察に通報。消防と警察が捜索ていたところ、午後7時頃、行方不明となった場所の近くの崖か約15メートル下で池田さんがうつぶせで倒れているのが見つかった。池田さんは、全身を強く打っていて、その場で死亡が確認された。警察は、池田さんが誤って転落した可能性があるとみて調べている。
 蔵王岳は、標高164メートルで、登山道はあるものの、急な坂道が続いているという。

関連記事
[ 2020年05月24日 19:59 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

恵山の高校生不明 道警と消防、捜索再開

 函館市東部の恵山(618メートル)を下山中に15日から行方不明になっている同市内の高校1年生佐藤晶さん(15)について、道警と消防は23日、地上での捜索を再開した。この日は午後5時前まで山頂周辺などを中心に探したが、佐藤さんは見つかっていない。

 道警などによる地上での捜索は、20日でいったん終了していた。再開の理由について、函館中央署は「これまでの捜索状況を踏まえて、漏れがないか改めて確認するため」と説明。この日は約50人態勢で捜索。道警山岳救助隊も加わり、山頂東側の岩場や登山道を見て回るなど、約7時間捜索したが、手がかりは見つからなかった。

 また、この日はヘリコプターを使い上空からの捜索も予定していたが、濃霧のため飛ばせなかった。24日も道警と消防が約50人態勢で捜索を続ける予定。(高橋智也)

地元のブログ
佐藤晶君不明から9日目、地元の個人捜索
昨日は椴法華ホテル恵風で休んでたところ「報道を見て椴法華側山麓をかなり探したよ…元気な姿で早く見つけたいから」と個人的に捜索している男性からの報告や恵山側の住民から電話で「娘(年頃)と被ってしまい早く見つけてあげたい!」と当日の情報提供を頂きました。
お二人とも恵山の麓にお住まいで事情通ですから「ちょうど濃霧の時期と重なって捜索は厳しいですね…」と。
この方たちの他にも戸井など恵山から遠い地区であっても廃屋などの点検を自主的にしていると言う住民の捜索活動もお聞きしました。
行方不明者の捜索は捜索隊だけに任せることは限りあるから、早くみつけないと、と感じている方々が多いのは心強いですね。

今日で行方不明から9日目、函館地方は曇り、午後から雨予報で昨日同様に恵山方面は濃霧と冷たい雨になるしょう。視界の効かない霧雨も捜索活動の隘路となりそれらを我慢しながらの捜索にならます。

ところで、僕のブログの訪問者が行方不明の記事を書き始めて訪問者が増え5/18には訪問者が9550人様と日本以外のアメリカからも多数アクセスありました。
皆さん心配してるのが伺えます…

例年なら山麓を真っ赤に染めるエサンツツジを鑑賞する恵山つつじ祭りで山麓は人出が多いのですが…今は自粛中
以上
関連記事
[ 2020年05月24日 15:49 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR