FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

新穂峠下山報告

11月25日日曜日 集合「上小田井」6:45  諸家集落ー新穂谷560m駐車場―830mより南の沢へー970m鞍部ー1039.9m長尾ー新穂峠―北へ1039.8m新穂谷山ー北東の1000mピークより南の尾根を下山810m-林道―560m駐車場   16時着
*****************************************************************
 新穂峠から(4等三角点の点名:新穂と長尾(3等三角点の点名:瀬戸山一))を無事に下山(25日午後3時)。峠付近は雪が降った跡が少しばかりあり。貝月方面のスキー場は只今準備中のよう。さて、この辺りの地形を利用して読図としゃれこんだのですが、諸家の集落から峠までの林道は倒木や土砂の崩れがあり。特に峠直下は草木をかき分けなければ進めません。
 長尾(瀬戸山一)へは長尾林道の途中の沢から稜線を目指して上がる。水はしっかりあり。稜線には黄色いテープの印があって安心して進めました。長尾の3等三角点は頂より少し西より。新穂峠を挟んで新穂までの稜線歩きはブナの木肌が白く映えてとても快適でした。曇空でしたが周辺の山々(金糞岳、貝月山など)はよく見え、、これから白い山の海原に変わろうとする奥美濃の冬の始まりをじわっと味わってきました。(T、K、I、M本、D田、車:S水)

   
・・・第1巻のP138~P140に新穂・長尾で紹介。秘境奥美濃の山旅では新穂峠を紹介。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年11月26日 18:38 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

焼岳の火山の状況に関する解説資料

焼岳の火山の状況に関する解説資料
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
焼岳では、昨日(22日)09時頃から山頂の北西1kmから2km付近を震源とする火山性地震が増加しています。今後の火山活動に注意してください。
火山活動の状況及び予報警報事項
焼岳では、昨日(22日)09時頃から山頂の北西1kmから2km付近を震源とする火山性地震が増加しています。
 23日19時現在の火山性地震の発生回数(速報値)は以下の通りです。
                  火山性地震
  11月22日            61回
     23日 00時から16時   29回
         16時から17時   15回
         17時から18時   85回
         18時から19時  299回
 低周波地震や火山性微動は発生していません。
 また、地殻変動や噴煙の状況に特段の変化はありません。
防災上の警戒事項等
山頂付近では噴気や火山ガスの噴出に注意してください。
 今後の活動の推移に注意してください。

・・・登山する人は留意することです。動物の死体、異様な樹木の枯れ方などで火山性ガスの発生を察知したいものです。かつて安達太良山では何も知らずに歩いていて火山性ガスで死亡した事故があった。
安達太良山火山ガス遭難事故
原因
9月17日、福島県警察本部は検視の結果、4名の遺体より硫化水素が検出されたことから、硫化水素ガスによる中毒死と断定。遭難の翌日の9月16日の福島県警による現場検証で、捜査員が現場付近の空気を採取し分析したところ、致死量の1/5にあたる200ppmが観測されており、同日の天候状況や風向きなどから特異的に硫化水素ガスが溜まっていた可能性が示唆されている。

1996年9月に、安達太良山沼ノ平火口で噴火があり、福島地方気象台などによる現地調査の結果、火山ガスによると思われる小動物の死骸などが散見されたことにより、立ち入らないよう入山者に注意を呼びかけ、ロープや柵を設けていたが、霧による視界不良のためそれら防護策を避ける形で同地に至ってしまった。その後、沼ノ平を経由するくろがね小屋から鉄山への登山道は閉鎖された。また、沼尻登山口入口には同事故の慰霊碑が建立されている。
関連記事
[ 2018年11月24日 08:55 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

下山届 銚子ヶ口

日時 11/21(水)
場所 銚子ヶ口
メンバー I井
ルート R421 杠葉尾 登山口⇔東峰⇔銚子が口⇔西峰⇔水舟の池⇔大峠往路を戻る
駐車場が空いているかどうか、道に迷わないか、ちょっと心配です。
**************************************************************
11/21(水) 銚子ヶ口 無事下山しました。
とても楽しい山行でした。登山口の駐車場は運よく1台分だけ空いていました。
7時20分に登り始めて、10時少し前に銚子ヶ口に着きました。
山頂の標識のそばに三等三角点がありました。
ここからは眺望がほとんどありませんが、東峰、西峰からは鈴鹿の山々が望めました。
先日歩いた、釈迦から竜への稜線を眺めていると、その隣の静ヶ岳の山容が大きいのに驚きました。
御在所から東へ伸びる山並みの向こうに小さな三角のピークが見えます。ハライドかもしれない。
登った山やピークを同定して、写真に収めて、楽しい時間を過ごしました。

おまけ 
銚子ヶ口の登山口は国道沿いにありますが、2台ほどしか停められません。
運よく一台分空いてました。先行者は、東峰でドローンを飛ばしてました。
登山の趣味も、楽しみ方も様々ですね。報告 I井

左下の池は「水船の池」  銚子ヶ口西峰の先、大峠の西にあります。ここへ行こうとして迷いました。

・・・三角点の点名は「佐目」です。滋賀県には佐目が2か所あります。「佐目 由来」でググると
ブログ「自然体で、興味を持ったことを・・平成25年6月:間質性肺炎患者にがヒット。
滋賀県東近江市永源寺
佐目:由来は伝説によるとはじめ谷地を金の谷、集落を金の村と称したが、左の目一眼の童子が、村を壊滅させようと暴れ狂った怪牛を倒して村を救ったので、谷を左目子谷、村を左目と改めた。
現存の「佐目」地名
     栃木県鹿沼市    佐目町 (さめまち)
     滋賀県東近江市   佐目 (さめ)
     滋賀県東近江市   佐目子谷川 (さめこだにがわ)
     滋賀県犬上郡多賀町 佐目 (さめ)
     鹿児島県薩摩川内市 佐目野 (さめの)
「左目」地名は、希少地名のようです。
     宮崎県西臼杵郡高千穂町 左目木 (さめき)
以上
一方で、『地名の語源』には
谷川の出口。沢目や沢辺を開墾した所。とある。
・・・永源寺ダム湖で原形は失われたが佐目町は谷川の出口にあるので地形から来る命名か。


関連記事
[ 2018年11月22日 20:12 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

ゆる山へGO! 御在所岳(1212m)~三重県~

ゆる山へGO! 御在所岳(1212m)~三重県~
・・・・NHKの制作スタッフからの連絡です。
動画の最後の8:15秒辺りから、「11月25日(日)朝8時00分からこれまでの総集編スペシャル版が放映されます。」とのことです。言うことが登山家らしくなった水島キャスターの成長記録を眼で追うことができそうです。
9/15の奥三河の名峰・三ツ瀬明神山は当日は放映できなかった乳岩(ちいわ)を続編として放映されるそうです。乳岩は念入りに撮影したのですが、本番が盛りだくさんでしたので、続編に回されました。楽しみなことです。
 乳岩および乳岩峡は国土地理院の地形図にも史跡、名勝、天然記念物の記号が記載されています。
 志賀 重昂の著作にも以下の通り書かれています。



三、「水の美、奇は山を得て大造す」を引用してみよう。
水、山にありていよいよ美、ますます奇を成し、
平面世界にありて看得ざる水の現象は、山にありてのみ能く認め得。
水の最も晶明なる者、最も平和なる者、最も藍靛(らんてん)なる者は山中の湖これを代表し、
水の最も最激烈なる者は山蔭の瀑布これを代表し、水の最も清冽なる者、最も可憐なる者は山間の渓水これを代表す。
凡そ水の睡り怒り咲(わら)ふの状貌は、山にあらずんば竟に観るべからず。
加之(しかのみ)ならず巌は水を承けて緑潤となり、水に齧(か)まれて奇態怪状を呈出す。
水の美、水の奇は山を得てここに大造し、巌の美、巌の奇は水を待ちて始めて完成す。以上
 沢登りの勧めのような漢詩文である。平面世界とは自分らが起居する街の暮らしのことで、街では水の美を見ることはできないが山ならば見られる。渓谷美は山の奥深く入って見られるの意。
 もう一つ、奥三河の明神山に突き上げる宇連川の支流の乳岩峡の部分を引く。(講談社版P310)
石灰岩の浸食中、奇観のさらに奇観なるは石門にして、
かの絶大無双なる川合の「切通」(参河北設楽郡三輪村大字川合、
豊川の上流にあり、高さ44m、右側の門柱に洞穴あり。
この傍近に石灰岩の洞穴処々に散在す、洞中石鐘乳多し)のごとき、
実に渓流の石灰岩を浸食して穿鑿するところ、真個に鬼工。
火山岩、石灰岩における流水浸食の結果、奇警雄快なるのみならず。     <以上。
 とまあ全編こんな調子だから現代の私どもには読みづらい。しかし、漢字は表意文字なので繰り返し眺めていると意味は分かる。昔は音読したとも言われる。これが明治の漢詩文なのである。
関連記事
[ 2018年11月22日 14:12 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

動画版・山岳遭難救助隊長にきく冬山登山 最低限の心がけ

山岳遭難救助隊長にきく 冬山登山 最低限の心がけ
2018年1月18日
満足度:☆☆☆☆☆
夏山登山の経験を重ねた方で、冬山登山に挑戦しようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、冬山は、装備や必要なノウハウなどが夏山とは全く異なります。何がどう違うのか?冬山登山に必要な最低限の心がけを長野県警山岳遭難救助隊長に聞きました。
                
冒頭~ 冬山における山岳遭難状況・基本的な心がけ
1分47秒頃~ 必要不可欠な冬山専用装備品
4分02秒頃~ 登山道での注意点
6分00秒頃~ 山頂付近での注意点
6分47秒頃~ 下山道での注意点
関連記事
[ 2018年11月19日 16:46 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

列車への刃物持ち込み禁止へ 強制下車も、来年4月から

列車への刃物持ち込み禁止へ 強制下車も、来年4月から
東海道新幹線内で今年6月、乗客3人が刃物で殺傷される事件があったことを受けて国土交通省は、梱包(こんぽう)されていない刃物を列車に持ち込むことを禁止するよう、省令を改正する方針を決めた。在来線や私鉄を含むすべての列車が対象で、来年4月1日から施行する。罰則はないが、乗客が従わない場合は鉄道会社が強制的に下車させるなどの対応がとりやすくなる。

 鉄道営業法に基づく省令では現在、ほかの利用者に危害を及ぼす恐れのある物の列車への持ち込みを禁止しており、爆発物などが挙げられている。改正後は、適切に梱包されていない刃物も加える。

 国交省は指針も作り、ナイフ、包丁、はさみ、のこぎりなどの刃物の種類と収納方法を例示する。持ち込む際は刃先をプラスチックのケースや段ボールで覆った上で全体を新聞紙などで包み、かばんにしまっておくことなどを求める。

 銃刀法は、刀剣類の所持を原則禁止。このほか刃渡り6センチ超の刃物について、業務など「正当な理由」がなければ携帯を禁止しており、罰則がある。(贄川俊)

携帯ガスコンロの列車持ち込みをどうしていますか
ベストアンサーは
「コンロはJRの旅客営業規則では

(2)暖炉及びこん炉(乗車中に使用するおそれがないと認められるもの及び懐炉を除く。)

とあるので問題はないのです。
既出ですが、昔の日本の風景的な、車内での使用を禁止する為の事項ですから。

問題なのは、先日ニュースで報道された
「可燃性液体の全面持ち込み禁止」です。

これは今年の「3/26」のダイヤ改正に伴う規則の変更なので、実質的に、どう運用される事になるのか判らず、対処については今後の課題になるでしょう。

基本的には、航空会社の様に手荷物検査などされる訳ではないでしょうから、現行と変わらないかと思われますが、最悪、目の敵にされると、その他ナイフや鈍器など軽犯罪法違反の物がわんさか出るのが登山道具ですから、拙いかもしれませんねぇ。」

・・・・私はほとんどマイカー登山なので意識もしませんでした。しかし、鉄道の場合は省令が改正されると持ち込みは梱包されていることが決まりになる。少しでも荷物を減らしたいのに逆行する動きです。対応策として、現在は天ぶたに入れているナイフをスタッフバッグなどに入れて本体に収納することしか思い浮かばない。
 山屋には肩身の狭い話である。ストック、ピッケルも十分に凶器になるからマイカー登山しか交通手段が無くなる。
 一方で、登山届けを出せ、ヘルメットをかぶれ、と規制が厳しくなった。管理された雪山では、雪崩ビーコンの携帯が必須となった。管理社会からの息抜きするために自然の中へ入ってゆくのに自然まで社会化されるのは御免だなあ。
関連記事
[ 2018年11月18日 10:25 ] 登山用具 | TB(0) | CM(0)

下山届 石榑峠から治田峠へ

日時 11/15(木)
場所 石榑峠より治田峠へ
  石榑峠⇔竜ヶ岳⇔治田峠
メンバー I井  
ルート 石榑峠⇔竜ヶ岳⇔県境三叉路分岐を治田峠へ⇔静ヶ岳分岐⇔銚子岳分岐⇔治田峠 
往路を戻る
今年の3月と4月に2度、宇賀渓から遠足尾根経由で治田峠を目指しましたが、時間切れで断念。
3月は静ヶ岳、4月は銚子岳までで引き返しました。
石榑峠からなら、何とかたどり着けないかな。行けるところまで頑張ります。  
************************************************************
11/15(水) 石榑峠から治田峠 無事下山しました。

8時に旧道の石榑峠を出発。治田峠に着いたのは11時50分です。
今回歩いてみたかった銚子岳から治田峠は、結構な下りで、往復するのはとてもくたびれました。
結局車に戻ったのは15時30分、7時間半かかりました。

竜ヶ岳は山頂部がとても素敵です。素晴らしい晴天で笹原の中の360度のパノラマを楽しみました。
北は藤原岳、御池岳、霊仙、南は釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳が迫って来ます。
西は琵琶湖が、東は四日市と伊勢湾、名古屋駅も見えます。
そこから視線を上げると遥か彼方には見慣れた台形の恵那山が。
その左手には中央アルプス、御嶽、乗鞍、北アルプスが見えます。
さらに左には白山もくっきり見えます。本当に素晴らしい眺めでした。
竜ヶ岳にファンが多いのも納得できました。
石榑峠に戻ると、偶然にもSさんのグループと出会いました。
山登りの世界は、広いようで狭いですね。

報告 I井
関連記事
[ 2018年11月17日 16:54 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

御在所本谷の状況

公益社団法人 日本山岳会 東海支部総務委員会 のメールマガジンから
東海支部だより[0025号]2018年11月17日(不定期刊行)
■ 御在所コース情報(注意喚起)
 当会支部員の四日市西署小古さんより注意情報がありました。
 御在所本谷については、コース状況あまりよくなく、落石可能性もありヘルメット必須とのことです。
 計画される方はリスクチェックもご考慮ください。


・・・・本谷はバリエーションルートなのでヘルメットの着用は言わずもがなです。登山者が増えれば、先行者が不注意で落す石があるのでなおさら必須になります。いくつかヘルメットを並べてみましたが、価格帯が3000円くらいになったのには驚く。以前は約10000円以上はしていたからだいぶ安くなった。私は沢登り用に1500円くらいの防災用ヘルメットを使っていた。ちょっと進化して頭部に通気性を確保する隙間のある4000円位のに買い換えた。北アルプス辺りでも必須のゾーンがあるので持って置きたい用具になった。ポタリング用にも1つ買った。
関連記事
[ 2018年11月17日 16:44 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

87歳男性が茅ケ岳で死亡、滑落か 山梨

87歳男性が茅ケ岳で死亡、滑落か 山梨
 13日午後0時ごろ、山梨県北杜市須玉町の茅ケ岳(1704メートル)山頂の西約300メートルの山中で、男性が倒れているのを山梨県防災ヘリが見つけた。男性は心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

 山梨県警韮崎署によると、男性は同県韮崎市の無職、石井利夫さん(87)。死因は胸部外傷とみられる。現場は登山道の約10メートル下で、同署は滑落した可能性が高いとみて、詳しい原因を調べている。

 同署によると、石井さんは12日午後に車で外出。夜に帰宅しなかったため、家族が同署に届けた。13日早朝、同県甲斐市亀沢の登山道入り口付近で石井さんの車を発見し、同署や消防などが捜索していた。石井さんは約50年の登山歴があるという。
・・・・・・・・うーん、87歳で単独登山では対応が難しい。しかもこの日の短い時期に午後から出かけたという。50年の山歴よりも普段の鍛錬がものを言う。
関連記事
[ 2018年11月16日 19:04 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

荒島岳の下山報告。

参加者:S水、S山(会員外)
11月11日
AM6:00美濃インター西駐車場集合→AM8:00勝原駐車場→AM11:00シャクナゲ平→PM12:00山頂
PM13:00山頂→PM13:40シャクナゲ平→PM15:30勝原駐車場→日帰り温泉→PM19:00美濃西インター駐車場解散
※紅葉登山の予定です。
用意:一般登山装備
****************************************************************
遅くなりすみません。
11月11日16時30分に荒島岳から下山しました。
下山後平成の湯に浸かって帰宅しました。
因みに平成の湯は600円で夜9時まで営業していました。
関連記事
[ 2018年11月13日 18:29 ] 福井県の山 | TB(0) | CM(0)

愛知県山岳連盟 第22回遭難を考える講演会

2014年9月27日に大噴火した御嶽山。3日後に高時山に登って撮影した。講師の小川氏も生き地獄さながらの山上の出来事をお伝えいただく。そして今も行方不明者が5名もいて捜索が続けられている。その時どう動くのか。聞いてみたい。
083.jpg

愛知県山岳連盟 第22回遭難を考える講演会
御嶽山噴火
-生還者の証言 噴火災害から登山者は何を学ぶのか-


講師:小川さゆり 氏 (山岳ガイド)
2018 年 11 月 30 日(金)19:20~20:40
愛知県スポーツ会館 大会議室
参加費 無料

概要:2014 年 9 月 27 日午前 11 時 52 分、紅葉でにぎわう晴天の土曜日、そしてお昼、もっとも登山者でにぎわう最悪のタイミングで御嶽山は突然噴火した。山頂周辺は火砕流であっという間に闇となり、爆発とともに空に舞い上がった無数の噴石が登山者を襲った。犠牲者 58 名、行方不明者 5 名。あの日、噴石が激しく飛び交った山頂周辺には150人程の登山者がいたといわれている。この噴火の最中に,生死を分けたのは何か。生還者のひとりとして、自らが学んだ教訓を、伝え継ぎ生かしたい。

講師紹介:小川さゆり 長野県駒ヶ根市出身。南信州山岳ガイド協会所属。信州登山案内人、日本山岳ガイド協会登山ガイド、中央アルプス地区遭対協救助隊員。噴火当日、単独でガイドの下見中、山頂直下で噴火に遭う。


愛知県スポーツ会館アクセス
 小屋番の山日記から
高時山を歩く
関連記事
[ 2018年11月12日 12:58 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

岩岳下山報告

11日、k本さんと、奥美濃の山、岩岳へ行きます。
コースは『東海周辺週末の山登りベスト120』のとおり。
気を付けて行って来ます。
***********************************************************
奥美濃の山、岩岳、予定どおり登り、下山しました。
晩秋のほとんど紅葉が終わった、明るい落ち葉を踏みしめての、山歩きを楽しめました。
下山後、道の駅『うすずみ桜の里、ねお』に寄り,そこで『本巣の山』のパンフレットを入手しました。(根尾村は現在、本巣市です)
パンフレットにある7山(岩岳、能郷白山、大白木山等)を登る、「本巣7山巡り」というイベントをやっていて、完登するとTシャツをゲット出来る、という事のようですが、詳細は不明です。
能郷白山開山1300年 各種記念イベントについての案内
関連記事
[ 2018年11月11日 19:47 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

石榑峠⇔八風峠⇔釈迦ヶ岳 ピストン 無事下山しました

『石榑峠から八風峠へ』
日時 11/8(木)
場所 石榑峠⇔三池岳⇔八風峠
メンバー I井
ルート 石榑峠⇔三池岳⇔八風峠 往路を戻る。余力があれば釈迦ヶ岳まで。

名古屋⇔東名阪⇔石榑トンネル抜けて滋賀県側から石榑峠へ
************************************************************
無事下山しました。8時に石榑峠を出発。八風峠に着いたのが10時。時間が充分あったので釈迦ヶ岳まで歩くことにしました。
釈迦ヶ岳到着11時30分。旧道の石榑峠に戻ったのはちょうど15時。7時間かかりました。
三池岳から釈迦ヶ岳の稜線は、鈴鹿でのお気に入りの場所です。
三池岳から石榑峠への稜線も、竜ヶ岳がどんどん大きくなって迫ってきて、こちらも楽しい。
報告 I井
関連記事
[ 2018年11月10日 18:35 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

11/1磐梯山11/2安達太良山 下山届

メンバー:I川
11/1 磐梯山
八方台8:30~山頂~表登山口へ下山予定14:30 6時間

11/2 安達太良山
奥岳9:00~勢至平~山頂~仙女平分岐~奥岳へ下山予定14:30 5時間半

現地からスマホで送信できない場合下山届遅れる可能性あります.
*****************************************************************
登山数日前から冠雪があった様で両山とも秋と言うより冬山でした。
東北は冬の訪れが早いと感じました。

11/1磐梯山
上部は積雪が30㎝ほど、天候がすぐれずガスと強風の中でしたので表登山道を通らず八方台ピストンに変更。
表はトレース無しでしたのでこの選択にしました。

11/2安達太良山
予定通り周回コースをとりました。
峰の辻ショートカットコースで転倒、鈍い痛みが有りましたが降りるのも滑りやすく難儀しそうな所でしたので登ることにしました。
山頂から仙女平方面は人も沢山出てて緩い下りで響くことも少なく行けました。
下山後、痛みが続くので二本松市の外科へ行きましたら肋骨の骨折でした。
自力で帰れましたので翌日帰宅しました。
・・・無事に下山できて良かったですね。

関連記事
[ 2018年11月10日 18:13 ] 東北の山 | TB(0) | CM(0)

奥美濃・笹ヶ峰山行書報告

笹ヶ峰はロボット峰までとしました。                 

11/2は仕事で遅くなり高速を繋いで急いだ。
ダムサイトでテント泊、夜は満天の星で星座が浮き上がって見えた。
久しぶりのテント泊にバッグの隅に残っていた少しの焼酎を湯で割ってぬくぬくといい気分だ。零時を回って就寝。

11/3 慌てて起きて、何とか予定の6時に車に乗った。
8月に大河内で会った方は不在であった。  先を急ごう!
6:40 駐車 天気は良さそうだ。 
 7時 登山口に新たに設置された「笹が峰登山口」の札に期待を抱き、滑りそうな橋を渡って登りだす。722mまで急登を行く、鹿の角を見つけて喜んで下山時に持ち帰ろうとデポした。もうひと登り白谷の頭へと頑張ると平らになり道も分かりにくくなり下山を考えて赤布を付けて進む。再び登りとなり溝状の歩きやすいところを繋いでゆくと笹の中に続く1本の踏み跡となった。傾斜が緩くなりロボット峰1280mが近いことを感じるとそこに出た。
 11:20 一気に視界が開け笹が峰への稜線と登って来た西側の展望がある。ロボットは残骸だけがあった。
 いやいや私が見たいのはここから東に広がる美濃の山々だと更に笹を進むとついに納得のパノラマを得ることが出来た。そこには岐阜100山が同定してくれ!とばかりに顔を見せていた。試験問題でも解くように1つ1つ山を同定する。今まで登って来た労をねぎらう様な幸せな時間を与えてくれた。どれだけ眺めても飽きない光景が広がっている。笹が峰はまた来たら良い!N氏の知識もいただき分かる山はほぼ同定出来た。すべて書いたら限がないが1つ、小津三山の雷倉・花房が確認出来たところで逆から蕎麦・五蛇池のラインを凝視して来ると奥にちょこんと見えているのが小津権現ではなかろうか!そう思った時の興奮がたまらなかった。こんな事をして1時間余り山談議に花を咲かせ12:20下山とした。
 心配した下りは赤布と踏み跡を上手く繋いで順調に下ってきた。下山時に持ち帰ろうと赤布まで近くに付けてデポした鹿の角うっかり忘れて通り過ぎてしまった。きっと、持ち帰ってはいけない!と言う事に違いない。
15:30駐車地点
今庄に出てまたそばをいただいた。
暖かいそばは胃にも体にも沁みた。もう、そんな季節になった。

良い山だった。心から楽しませてもらった。

・・・この界隈の山の名には丸が付く。北から焼小屋丸(笹ヶ峰)、夏小屋丸1294m、ヨセン谷丸(大河内山)1288m、美濃俣丸、バンドー丸、金ヶ丸(三周ヶ岳)、夜叉ヶ丸。ロボットには名前がないので通称ロボットで知られる。
 今ではバイブルとなった『秘境奥美濃の山旅』のP128の「笹ヶ峰」には「日野川の奥深く、濃緑の谷間から望まれる、柔らかいライトグリーンを敷き詰めたような山なみを、流域の人々はいつのころからか「笹ヶ峰」と呼んでいる。五万図<冠山>ではそれは1285mの三角点の山に冠せられた名前であるが、、土地の人々は、美濃俣丸をも含む、笹ヶ峰周辺の越美国境稜線を総称する」と定義した。今夏は沢から挑んだが跳ね返された。それで秋山に再度挑戦した。日の短い時期にこの山はなあ、と思ったがこのところ行けていないので思い切って同行した。 
 私が初めてこの山域に入ったのは約30年前の30歳代のこと。4月初旬に街道の尾の道からスキー登山で美濃俣丸に登ったのが最初だった。続いてGWの連休に70歳代の老兵と身体障害者の2人を誘った。日帰りは無理だったからロボットまでツエルトなど露営1式をボッカした。翌朝、笹ヶ峰を往復、大河内山も往復した。下から追いかけてきた登山者が美濃俣丸まで行くと言って抜いて行った。
 あの頃の大河内はまだ廃屋があり、分校も残っていた。旧住民もいて話を伺ったこともある。
 今回は広野ダムの一角でテントビバーク。オリオンの盾が鮮明に見えた。羽毛のシュラフにもぐり込んでもすぐに明ける。ぬくもりの恋しさを断ち切ってテントを出た。道路はきれいに整備されて問題ない。大河内まで無難に入山。登山口には新たに白谷山1050mの札があった。黄葉は中腹以上のブナが良かった。尾根の北はまだ青々としていた。
 以下は上の山行記へ。
 
 
関連記事
[ 2018年11月05日 12:06 ] 福井県の山 | TB(0) | CM(0)

朝明から杉峠 下山しました

日時  10/31(水)
場所  鈴鹿 千種街道
メンバー  I
ルート  『朝明から杉峠』
朝明駐車場⇔伊勢谷小屋(朝明渓谷⇔伊勢谷分岐)⇔根の平峠⇔千種街道⇔上水晶谷分岐⇔コクイ谷分岐⇔杉峠
   往路を戻る
朝明⇔根の平峠は歩いたことがないので、一度行ってみたいと前から思ってました。
私にとっては『ロングトレイル』です。無理をせず、のんびり歩きます。
************************************************************
10/31(水) 朝明から杉峠 無事下山しました。
8時少し前に朝明駐車場を出発。戻ったのは15時45分。ほぼ8時間近くかけてゆっくりゆっくり歩きました。
根の平峠は初めてでしたが、紅葉、もとい、黄葉がとても綺麗でした。
天気予報のとおりに、午後からは、ほんのちょっぴり雨も。
ちょっとくたびれたけど、とても楽しい山歩きでした。    報告 I


関連記事
[ 2018年11月01日 10:51 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR