FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
月別アーカイブ  [ 2018年10月 ] 

遭難の岐大生を救助 北ア槍ケ岳

遭難の岐大生を救助 北ア槍ケ岳
長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

 県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

 大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

 同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

 3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。(中日新聞)
・・・一命を取り留めてよかったですね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年10月29日 16:04 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

恵那山で登山の68歳男性が死亡

恵那山で登山の68歳男性が死亡
28日、岐阜県との県境の恵那山で登山をしていた68歳の男性が体調不良で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

28日午前11時半前、阿智村と岐阜県の県境にある恵那山の山頂付近で登山をしていた男性が体調不良を訴えて倒れたと、通りがかった登山者から消防に通報がありました。
男性は、群馬県太田市の会社役員、柴山由春さん(68)で、救助要請を受けた静岡県の防災ヘリコプターが出動して飯田市内の病院に搬送しましたが、午後6時ごろ死亡が確認されました。
柴山さんは、28日の早朝から妻と2人で恵那山へ登山に出かけていたということです。
警察によりますと、柴山さんには外傷も無いということで、死因は病死とみて詳しい経緯を調べています。

・・・お悔み申し上げます。同年代だけに身につまされます。
以前に愛知岳連の講演会で山岳医の講演会を拝聴したことがある。大城さんは年間14回の登山で死亡リスクを減らせるという。
愛知岳連・第17回遭難を考える講演会ー救える命を救いたいー大城和恵氏
登山における死因
・疲労、低体温症
・心筋梗塞
・雪崩
・道迷い
中でも心筋梗塞は50%をしめる。心臓死が多い傾向。

中高年は心筋梗塞から突然死する←不整脈が原因
・胸が締め付けられる
・重い
・圧迫感がある
・吐き気
数分以上突然起きる
この時点で、もう血管が腐っている。

どんな人がなりやすいか
・高コレステロール血症が54%
・狭心症が17%
・34歳以上の男性が90%以上
・糖尿病+タバコ=動脈硬化になりやすい
・普段から規則正しく運動をしている31%、していない58%
   年間14日以上の運動する目安
時間帯
・初日
・午前10時ころ
心臓の負担を考えて「ゆっくり」登る、体が慣れていないので休憩をとりながら登る

・ストレスの影響がある
・炭水化物の不足、脱水、睡眠不足をとる  
・ごはん、ぱん、ぶどう糖など
突然死のまとめ
 予防に尽きる
  ・規則的な運動
  ・心肺機能のチエック
 ゆっくり登る
 炭水化物をとる
  2時間ごとに食べる、飲む、水は2Lを用意するが500CCは登山前に飲んでおく。

 辛くないペースで歩く

低体温症の話をまとめると
・体を濡らさない  防水
・風を避ける    防風
・頭と首から15%の熱が逃げるのでスカーフなどで守る
・毛糸の帽子を被る
胸と腹を温める
・カロリーをとる

 
関連記事
[ 2018年10月28日 22:52 ] 他(傷病、熊、噴火等) | TB(0) | CM(0)

下山届 荒船山

荒船山、下山しました。内山峠から荒船山(行塚山)を往復しました。駐車場はいっぱいでした。群馬県側の車道に停めました。凄い人でした。天気が良く、紅葉もきれいでした。浅間山がくっきりと見えましたが、煙は見えなかったです。帰りに牧水というお酒を買いました。今晩、楽しみです。F本

・・・・銘酒「牧水」ですか。酒の大好きな歌人の若山牧水からとった命名ですね。”白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり”
関連記事
[ 2018年10月28日 22:15 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

平成山、高曝山下山報告

KTさん、KMさんの三人で、28日、東濃の平成(へなり)山、高曝(たかじゃれ)山、へ行きます。
平成自然公園からの往復で。
気を付けて行って来ます。
********************************************
平成山、高曝山、登り下山しました。 
平成の時代も残り半年あまりで終わりという事で、これは今のうちに平成山へ┅┅┅
道の駅『平成』へまずよって。
ここは『へいせい』と読ませて居ます。
平成の集落から、登山口の『平成自然公園』へ。
元号が変わってから、一時期平成大ブームに乗っかって、お食事、お土産店が出来たようだが、今はカンコドリ。
登山道はしっかりしていて、誰にも合わない静かな山行でした。
関連記事
[ 2018年10月28日 22:08 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

アルペンの山岳用品専門店、25日開業 体験型で集客

アルペンの山岳用品専門店、25日開業 体験型で集客
スポーツ用品店大手のアルペンは25日、山岳用品専門の新業態店「アルペンマウンテンズ」を名古屋市名東区に開業する。24日に関係者向けの内覧会が開かれた。ゲレンデ外の自然の新雪を滑るバックカントリーに適した板やブーツなど、他店にない特徴的な品ぞろえや、体験型の店内施設で集客を図る。

25日に開業する「アルペンマウンテンズ一社店」は入り口にボルダリングの壁がある(名古屋市名東区)

中部圏で最大級となる約5万点の商品があり、全280ブランドのうち100以上は従来店では扱ったことのない新ブランドになる。ウインタースポーツや山登りのほか、山道を走るトレイルランニング、クライミングといった専門的な山岳用品を幅広く用意する。

約1億2000万円をかけ、スキーなどの用品を販売してきた「アルペン一社店」を改装した。店全体は山小屋をイメージ。店入り口にはクライミングの壁を設置したほか、2階にはガラス張りでスキー板のメンテナンス風景が見られる「ラボ」もある。「リアルの強みを生かす」(水野敦之社長)体験型の店舗づくりで、インターネット通販に対抗する。
・・・本日自転車で見学に行きました。記事の通り、山屋さん御用達の店になりました。むかし名古屋市中区栄にあったIBS石井スポーツの山や然とした店づくりが復元された気がします。現在の店作りはユニクロ→モンベル→パタゴニア風な風景が多い。それはそれで成功しているが流行を追う気がしていた。
 1Fは衣料品と登山靴、2Fはスノーシュー、スキー板、スキー靴、山スキー関連のグッズも品ぞろえが豊富である。期待に反して価格は高い。記念に小物グッズでも買おうと物色したが約3000円前後はする。店は大きいが、Pが少ない。本日も入庫待ちの車が行列していた。
プレスリリース
関連記事
[ 2018年10月28日 17:57 ] 登山用具 | TB(0) | CM(0)

一宮の男子大学生が北アで遭難 28日朝から捜索

一宮の男子大学生が北アで遭難 28日朝から捜索
27日午後3時50分ごろ、長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で、愛知県一宮市の大学2年の男子学生(19)が、低体温症のような症状で動けなくなったと、同行の男性から110番があった。学生は現場で1人取り残され、連絡が取れない状況になっている。大町署は28日午前6時ごろから捜索する。

 署によると、学生は25日に男性2人と共に上高地から2泊3日の予定で入山。27日は午前4時に北鎌独標から槍ケ岳山頂を目指して歩き始め、同10時半すぎに動けなくなった。男性らはテントをマット代わりにして学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んだという。

 現場は携帯電話が通じないため、男性らは学生を残して登山を続け、山頂付近から通報した。当時の現場について「積雪20~30センチで、ふぶいていた」と話しているという。

 同行した2人のうち、1人は学生と同じ大学に通う10代で、もう1人は30代の会社員。登山届には大学山岳部の記載があった。

 北鎌尾根は、槍ケ岳に向かう登山ルートの中で非常に険しいルートで知られ、高度な技術と体力が必要とされる。 (中日新聞)


・・・・先だっては奥穂高岳で51歳の女性が低体温症で亡くなったばかりだ。そして今回は19歳と言う若さで低体温症とみられていると報じている。冬山では暖かい衣料と充分な食料が必須である。それを持ち上げる体力もいる。衣料の素材の研究は重要だろう。
 以前にも検証したことがあるので再掲載する。「低体温症対策として下着を考える」。ここではシニアの登山者を対象に書いた。
 洗濯、即乾性、防虫などメンテナンスの安易さから化学繊維系の下着が主流になっているが、伝統的なウールの下着も見直されて改良されている。ウールは繊維の中が空洞になっており、濡れても保温性を失わない優れた性質がある。新しい製品をググって見た。メンテナンスは厄介だが、ダウンの製品も超軽量で動きやすい。現在は山スキー、ゲレンデスキーで愛用中である。軽くてコンパクトにまとまるので沢登りの時も持参する。焚火が出来ない時も冷えた足の保温に重宝する。
  
関連記事
[ 2018年10月28日 08:03 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

綿向山 下山届

日時:  10/25(木)
場所:  綿向山
メンバー:  I
ルート:  表参道から綿向山山頂へ 余力があればイハイガ岳まで  初めての山なので楽しみです。
 御幸橋駐車場⇔ヒミズ谷小舎(ここへ登山届提出)⇔あざみ小舎⇔綿向山山頂⇔綿向北尾根分岐⇔イハイガ岳           往路を戻る
************************************************************
10/25(水)綿向山無事下山しました。9時に御幸橋駐車場を出発。綿向山山頂に着いたのが12時少し前でした。
雲一つない好天で、雨乞岳や鎌ヶ岳、鎌尾根などの眺めが見事でした。鎌ヶ岳に登って山頂から眺めると、雨乞岳の向こうに綿向山の堂々とした山容が見えます。ずっと登ってみたいと思ってました。今回望みがかなって嬉しい。
イハイガ岳までは行けませんでしたが、雨乞岳までの縦走路が手に取るように見えました。
歩いてみたくなりました。報告 I
2018102521072685e.jpg
雨乞岳への縦走路からイハイガ岳、雨乞岳を望む。右端には鎌ヶ岳も見える。

管理者のコメント:雨乞岳の左はイブネ、クラシの高原台地かな。
綿向山の北の三等三角点をイハイガ岳と書く人が多い。基準点成果閲覧サービスでチエックすると、点名は祝ヶ岳とある。むかしの書き方はいわいいはいと書いたから、位牌の漢字があてられたようだ。山容が位牌のように鋭角という意味か。東北の朝日連峰の祝瓶山(いわいがめやま)は東北のマッタ―ホルンと呼ばれるそうだ。
 祝いという字の意味もめでたい気がするが、実は葬ることという。日本三百名山で1等三角点の大崩山(おおくえやま)の点名は祝子川山(ほうりがわやま)とある。祝る(はふる)=葬ると同じという。戦で死んだ兵士を葬るの意味もあった。ちなみに平成時代も後1年もない。岐阜県の平成(へなり)もヘなるに由来。意味は隔たっている、離れている。ある地名の研究家は死体を捨てた場所という。雅字をあてたという説もある。
親戚に「祝」という苗字の方がいます。

関連記事
[ 2018年10月27日 11:13 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

東濃・焼山無事下山

 東濃・焼山から無事下山しました。
過去に風神神社から入山して上部で藪漕ぎとなり山頂の西400mまで迫って下山した焼山でした。
今回は更に南の阿岳鯉子林道より山頂に向かうルートで入りました。
ネットで紹介されているように林道歩きは長かったですが道はしっかりしていて藪の状態も今なら登れるというところでした。
素晴らしい天気に恵まれ1670mで一気に視界が開け、大川入山が立派に見えていました。
山頂近くで南アルプス3000m級が白く見えていました。その峰々が大川入山の稜線に隠れる辺りで見えていたのはもしかして富士山? 山頂から西によると木々の間から御岳が見えます。今日は白い煙が真っ直ぐ上がっていました。
恵那山はさすがに近いです。 下山時に会った登山者が恵那山の崩れているところの水が落ちているのを望遠カメラで確認出来たと言うからすごい観察力だな~と話を聞いていました。
山頂南の笹原から西と南に展望があり普段から身近な伊吹山 鈴鹿の山々が確認出来て喜んでおりました。
紅葉も美しく、ちょうど今回の焼山・阿岳ぐらいの標高のもみじが真っ赤で、青い空と赤黄緑で飾られた山肌が映えます。
のんびりとハイキングのように歩いて参りました。
唯一出会った中津川の登山者から得た情報で近くの風力発電の風車のある山(大船山1159m)も展望が良いようでいつか行ってみたいと思いました。
岐阜百山の笠置山にまだ行っていないけど展望が良いこと、そこから見える山の話を聞いているとまた出かけるのが楽しみになり帰路に付きました。
天気に恵まれ登れて良かったです。  有難うございました。w
参考サイト ブログ「山だよねえ」から
焼山 (恵那)  山頂からは色々見えます
関連記事
[ 2018年10月22日 09:04 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜

北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜
 岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳で20日午後5時35分ごろ、茨城県土浦市の会社員女性(51)ら男女3人の登山パーティーから「雪で動けない」と長野県警に通報があった。岐阜県警高山署によると、長野県警が21日朝にヘリコプターで3人を救助したが、女性が凍死した。緊急の野営(ビバーク)に必要な道具は持参していなかったという。

 高山署によると、同行した愛知県大府市の会社員男性(51)、三重県鈴鹿市の会社員男性(59)にけがはないという。3人は西穂高岳側の山荘で19日に1泊し、20日は西穂高岳から奥穂高岳の北にある穂高岳山荘に向かっていた。遭難した現場付近には当時、5センチの積雪があり、気温も零下で強風だったという。
・・・・肉体的にはまだ盛夏の記憶がある。それで服装は軽装に近かったと思われる。ところが山はすでに初冬の様相であった。強風で体温がどんどん奪われる。ツエルトもなかったようなので凍死を余儀なくされた。典型的な気象遭難である。

立山中高年大量遭難事故の教訓が生かされなかった。文中「この遭難事故は「気象遭難」に分類されるものであり、(天候判断のミスおよび撤退判断の遅れ・欠如などにより)厳しい気象条件下に晒される状態に陥り、低体温症を引き起こしたことが主な要因である。」と指摘されている。
 難コースだけに初心者の域はでていると思うが、気象の判断は難しいということである。特に森林限界を越えた稜線は吹きさらしになる。心したい。
 この事故を契機に地元の登山家により、ツエルトの活用がされていれば、・・・との警鐘がなされた。その後、登山用具店ではツエルトが売り切れて品薄になった記憶がある。私もツエルトを会員にも勧めたし、使い方の指導もやったことがある。
 私自身も27歳頃、10月末の涸沢から奥穂高岳に登った。登ったものの積雪と霧で下山の方向が分からなくなり、立ち往生した。登った際はあった足跡も降雪ですぐに埋まる。そんなとき、ヘルメットにピッケルを持った本格派の登山者に出会って、下山ルートを教えてもらって事無きを得た。こんな登山をしていたら命がいくつあっても足りないと思い山岳会に入会した。帰路、上高地からバスの車窓で眺めた穂高は青空と白い雪、黄葉のいわゆる三段染めの美しさに感嘆した。眺めて美しい穂高連峰だが登山は細心の注意がいることを悟った。


 ここでも拙ブログ「小屋番の山日記」に掲げた跡部昌三さんの警鐘を思い出す。
悪天候は人を死地に追い込むためにあるのではないということである。厳冬1月も寒冷さ、風雪の狂う高所では、人の生存を拒否しているようであるがそこへ登ろうとするものは、それがどのようなものかは、すでに分かっているはずである。また、それに立ち向かう自由と、さける自由は登山者自身に許されている
 「その五体を安全に守ってくれるのが、山の常識であり、山の技術である。知識だけではなく、ことにのぞんで反射的に行使されるまでに身についていなくてはならない。それは何も高度な技術を要求していない。要するに山での危険というものは、山にあるのではなくて登山者自身にのうちにある、ということを、はっきり知っておくことである。
関連記事
[ 2018年10月22日 08:51 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

下山届 巻機山

巻機山無事に下山しました。桜坂から往復しました。雨で展望は近くしか見えませんでしたが、黄色く紅葉したブナの森、頂上付近の池塘と素晴らしい山だと感じました。
F本 他1名

…越後の山に外れなし。雨でも満足できて良かった。
関連記事
[ 2018年10月21日 13:37 ] 新潟県の山 | TB(0) | CM(0)

御在所・裏道 下山しました

日時 10/17(水)
場所 御在所岳
メンバー Y田、I
ルート
 御在所ロープウェイ駐車場⇔裏道⇔山上公園⇔ロープウェイで下山
※裏道は日向小屋から藤内沢出合いまでは河原を歩きます。
 藤内沢出合いからは、一般登山道へ戻ります。
************************************************************
10/17(水)御在所・裏道 無事下山しました。
裏道と言っても、一般登山道ではなく、北谷の河原を歩きました。
日向小屋から藤内小屋、ウサギの耳まで一般ルートではなく、流れを右へ左へと渡渉しながら、岩ゴロゴロルートを歩きました。
予定では、このまま藤内沢出合いまで河原歩きのはずでしたが、時間切れでウサギの耳から一般ルートへ。
本谷よりも、北谷を遡行した方が、岩ゴロゴロで良い練習になると思います。
山頂は紅葉真っ盛りでした。でも、残念ながら汚い。
紅葉ではなく、茶色の枯れ葉です。夏が熱過ぎたからダメなのかなー。
レストランで遅い遅~い昼食をとり、下りはロープウェイでのんびりと降りてきました。

報告 I
関連記事
[ 2018年10月21日 13:28 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

北アルプスの黒部川で滑落か 遺体は千葉の会社員男性

北アルプスの黒部川で滑落か 遺体は千葉の会社員男性
富山県警上市署は21日、同県立山町の北アルプスを流れる黒部川の下ノ廊下(標高約千メートル)で沢沿いに倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された男性を千葉県柏市増尾台、会社員、村田勝彦さん(56)と確認したと明らかにした。死因は外傷性血気胸。署は登山道から約100メートル滑落したとみている。

 同署によると、村田さんは20日に長野県大町市から入山し、1泊2日の予定で下ノ廊下を訪れていた。

 女性登山者が登山道を歩行中、岩が崩れる音と男性の声を聞き、のぞき込むと村田さんが倒れていた。富山県のヘリコプターで救出されたが、病院で死亡が確認された。

関連記事
[ 2018年10月21日 13:23 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

登山中に遭難か 東北大名誉教授が死亡

登山中に遭難か 東北大名誉教授が死亡
 13日午前8時半ごろ、仙台市太白区秋保町馬場の梯子滝の下流付近の山中で、あおむけで倒れている男性を宮城県警のヘリコプターが発見、搬送された仙台南署で死亡が確認された。男性は東北大名誉教授の梶谷剛さん(71)=太白区八木山南4の3の22=で、行方が分からず県警が捜索していた。登山中に遭難したとみて調べている。

 同署によると10日午後、梯子滝から数キロの距離にあり登山客に周辺の地形などを案内するビジターセンターの駐車場で、梶谷さんの車が2、3日止まったままになっているのが見つかった。防犯カメラには8日朝、梶谷さんが1人で入山する姿も写っていたという。

梯子滝は大行沢(おおなめさわ)の中間地点にある。
・・・残念な結果になりました。謹んでお悔やみ申し上げます。
関連記事
[ 2018年10月13日 19:10 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

北アルプス白馬岳における単独滑落遭難

山の怖さ知って 県警、遭難救助の動画公開
長野県のHP山岳遭難救助活動から「北アルプス白馬岳における単独滑落遭難」のリアルがアクセス件数を14万件に伸ばしている。山では何があるか分からないから単独しかも積雪期はリスクが高いことを教えている。
「中央アルプス宝剣岳における道迷い遭難」も11万件と多い。これはロープウェイ側に下った積りが宝剣沢に下ったRFに失敗した事例。道迷い遭難というが、積雪期は道を歩くわけではない。積雪期に挑むのだから決して氷雪の登攀技術が未熟だった訳ではない。RFの技術は繰り返し練習可能な登攀技術よりも大切なことを教えている。単独であったことがリスクをアップしてしまった。北西の季節風の吹く時期は風に向う習性があるから宝剣沢に間違ったのだろう。リングワンダリングも利き足の関係でやってしまうことがある。尖峰では滑落してしまう。GPSの活用を呼びかけている。
関連記事
[ 2018年10月13日 08:43 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

秋保町で行方不明…東北大名誉教授 警察が捜索〈仙台〉

秋保町で行方不明…東北大名誉教授 警察が捜索〈仙台〉
10月8日、仙台市太白区秋保町に向かいその後、行方不明となっている東北大学名誉教授の男性の捜索が、12日朝から行われています。

行方が分からなくなっているのは、東北大学名誉教授・梶谷剛さん(71)です。
12日の捜索は警察官15人で、午前7時45分から始まりました。
警察によりますと、梶谷さんは10月8日、太白区秋保町の「秋保ビジターセンター」に向かった後から行方不明になっています。
センターの職員によりますと、梶谷さんの車がセンターの駐車場に3日間とまっていたため、警察に通報したということです。

警察に通報した職員
「山に行く人は通常1泊2日くらいで行く方もいるので、夕方帰ってくるだろうと。そうしたら3日目もまだ車があるっていう話になって、警察に連絡したほうがいいんじゃないかということで、地元駐在所に連絡して」

警察によりますと、センターの防犯カメラに、梶谷さんとみられる男性が映っていたということです。
捜索は日没まで続けられる予定です。
東北大名誉教授登山中に遭難か 宮城県警が捜索 仙台・秋保では三方倉山付近を捜索されたと報じている。
ヤマレコの記録を見ると三方倉山の地形図には秋保ビジターセンターを起点に周回ルートがある。ブナの巨木もあって人気の低山らしい。山名に「倉」と付くので多分岩場もある急峻な山と想像する。写真で見ると三角錐のきれいな山容である。
 今日の捜索で発見されると良いですね。
関連記事
[ 2018年10月13日 08:01 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

四阿山転じて冠着山へ

計画は10/11~10/13まで西穂高から奥穂高岳縦走でしたが、天候不順のため中止にしました。
代わって、
10月11日の前日発日帰り山行に変更
JR金山駅前集合16時出発→上田市20時30分着(上田西洋旅籠館泊)温泉付き
10月12日
午前8時、ホテル発→午前9時、登山口は群馬県嬬恋村のパルコールつま恋ゴンドラから四阿山への予定でしたが、ゴンドラは2日前に休業に入っていた。雨雲が厚いこともあり登山は中止、真田町の歴史館で施設見学の観光に切り替えました。12時過ぎから青空が見え始めたので、観光を中止し、筑北三山の1座である冠着山(かむりきやま、俗称は姨捨山(おばすてやま・うばすてやま)に転戦しました。
 上田市からR18をたどり、途中から千曲川右岸の地方道へ。上田山温泉街の西に聳える冠着山への車道を登った。一本松峠に行く車道の途中から山道が開かれている。新しい案内板を確認すると山頂まで1100mの登山道を歩いて登頂。約25分でした。山頂には冠着神社、高浜虚子の句碑、方位盤等がある。あいにく高曇りで高い山々は雲に隠れたが、長野盆地(善光寺平)は俯瞰できた。黄葉の色はまだ早い感じがした。
 帰りは一本松峠を経てR403へ走り、篠ノ井線、長野道と混じりながら、麻績村、筑北村を抜けてR19に合流、安曇野へ出た。
参加;西山、S水、Y田

   
関連記事
[ 2018年10月12日 21:44 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 西穂高岳

10/9(火)~10/10(水)西穂高岳、残念ながら敗退しました。
10/10の天気予報が悪かったので、快晴の10/9のうちに登ってしまおうと10/9(火)AM3.00起き。
4時に中川区の実家を出発し、始発のロープウェイに乗り、9時に西穂高口駅から歩きはじめました。
西穂を登ってピストン、16時に西穂山荘にチェックインしようと考え、ガツガツと歩きました。
10時に西穂山荘でトイレ、さらに先を急ぎます。11時10分独標にとりつきます。
思い切り足を上げたら、脚が攣りました。
還暦+3のわが身には、コースタイム通りのスピードはオーバーワークだったようです。
何とか治まり、その後は慎重に進みますが時々ぶり返します。
次のピークを越えたところで両足痙攣、ギブアップ。
何とかだましだまし西穂山荘へ戻りました。
こんな状態では無理。諦めて翌朝帰ろう、今夜は酒だ!と思いましたが、
『明日になったら足も治ってるかも、いや、治る!』
お酒も飲まずに19.00就寝、翌日の未明、3.00に出発しました。
もちろん昨日の無理がたたって、両脚は屈伸すると痛みます。
『無理すると肉離れ、渡辺さんや今川さんのニノマイ』と思いましたがヘッデンを頼りに出発。
星が綺麗です。オリオン座のそばに、冬の天の川が見えました。流れ星も3つ見ました。
独標の手前で朝日が昇りました。
しかし、独標を過ぎて西穂の核心部になると、足への負荷が上がります。
脹脛が張り、大腿四頭筋がパンパンになって来ました。
ピラミッドピークの上で、敗退を決意。ゆっくりゆっくりと戻りました。
※反省
 体調不良(ケガ)を無視して登山するなどモッテノホカでした。
 事故もなく帰れたから良かったですが言語道断、深く反省しております。
 20代30代のマネはしませんが、40代50代の方々と同じように登れる、と勘違いしてオーバーペースになりました。
 60代70代は無理は禁物です。横田さんや西山さんを見習って、ゆっくりと登ります。今後は無理はしません。
 
PS.
西穂山荘で、夕食のテーブルをご一緒したお嬢さんがツワモノでした。
20代後半から30代前半、「奥穂から今日やって来ました。単独です。」
まあ、これだけなら若いから出来ます。普通です、いや、普通のツワモノです。
「車のキーをジャンダルムの上に置き忘れて来ちゃったの、エへッ!誰か明日奥穂まで縦走する人いませんか?」
「ボク行きまーす。」若い男の子が返事します。
「良かった。じゃあ、明日回収してきて下さらない?」
豪快な会話です。若い人はいいなー、うらやましい。

PS.その2
帰り道、独標の手前で男性がプチ滑落。およそ3mくらい滑り落ちました。
幸い、山に正対して、両手両足をついてましたので大事には至りませんでした。
72才男性。3年前には奥穂から西穂まで縦走したそうです。
携帯に入れてあるジャンダルムの写真を見せてもらいました。 
        報告 I
20181010175645537.jpg
関連記事
[ 2018年10月12日 21:08 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

権現ヅルネ下山届け

7、8日で、K本さんと、権現ヅルネへ行きます。
伊奈スキーリゾートから西駒山荘の往復です。
気を付けて行って来ます。
*****************************************************************
権現ヅルネ予定どおり登り、下山しました。
権現山までは通常の登山道ですが、そこから先はヤブが背丈程伸び、登山道が見えない位のヤブと化していました。
ヤブとの格闘は、後半になるとその内倒木が参加して、一層の闘いになります。
倒木はまだ最近の物と見え、枝と葉がしっかりついていて、乗り越えたり、くぐったりする事が出来ず、そのたび大きく迂回してヤブの中へ突入。
そんな事をしながら、体力を消耗しきって、バテバテで西駒山荘着。
山荘管理人、宮下さんによると、今まで登山道のヤブを苅っていた方が、やれなくなって、このようなヤブと倒木の登山道になってしまい危惧されていて、行政にお願いされているとの事でした。
この先このヤブが、ネットで情報が広がり、登山者が敬遠すると、ますますヤブが┅┅
西駒山荘、今日の泊まりをもって、今年の営業は終了です。

関連記事
[ 2018年10月12日 21:00 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

栂海新道の尻高山

2018年10月3日(水) 8:47
今から新潟親知らず海岸から栂海新道の尻高山に登って来ます。

下山報告)------------------------------------
Date: 2018年10月4日(木) 18:12

今無事帰宅しました。


参考サイト
~~~栂海新道の一部分をのんびりと~~~
関連記事
[ 2018年10月12日 20:54 ] 富山県の山 | TB(0) | CM(0)

白山白川郷ホワイトロード 山歩き新コース開通

白山白川郷ホワイトロード 山歩き新コース開通
 岐阜県白川村と石川県白山市を結ぶ白山白川郷ホワイトロードで6日、古道を再生した新トレッキングコースが開通し、観光客が紅葉を楽しんでいる。白山林道岐阜管理事務所によると、紅葉の見頃は11月上旬まで。

 同コースは、岐阜県側の三方岩登山道と石川県側のふくべ谷登山道を結ぶ約600メートル。飛騨地域の人々が石川県側の天然温泉「親谷の湯」へ行くのに使ったと伝わる古道を、石川県林業公社が整備した。

 開通初日は大勢の観光客でにぎわった。会社員の男性(51)=石川県野々市市=は「紅葉の中を歩けるので気持ちがいい」と喜んだ。周辺では黄色く染まったシラカバの葉が見頃を迎え、ブナやミズナラも赤く色付き始めている。

 同コースは白山(2702メートル)にもつながるため、この日は山岳遭難防止キャンペーンも行われた。岐阜県職員が三方岩登山口(白川村飯島)で、登山届の提出を呼び掛けた。
新道誕生!!三方岩登山道←→ふくべ谷上園地展望台
関連記事
[ 2018年10月08日 21:08 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

不明の日本人男性遺骨発見 14年マッターホルンで遭難

不明の日本人男性遺骨発見 14年マッターホルンで遭難
【レディアブルレ(スイス西部)=共同】スイス南部バレー州の警察当局は1日、2014年7月にアルプスのマッターホルン(標高4478メートル)に登山中に遭難、行方不明になった日本人男性の遺骨を先月発見したと発表した。

遺骨は18年9月11日にマッターホルン東壁で山岳救助隊が登山用具などと一緒に見つけた。雪解けにより姿を現したとみられる。DNA鑑定の結果、14年7月23日に1人で登山中に行方が分からなくなっていた当時40歳の日本人男性のものだと確認できたという。

在ジュネーブ領事事務所は、遺族の同意が得られておらず身元は明らかにできないとしている。
関連記事
[ 2018年10月04日 09:49 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

燕頭山で遭難か 男性が死亡

燕頭山で遭難か 男性が死亡
2日午前、韮崎市の燕頭山で男性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、救助されましたが、その後、死亡が確認されました。
警察は、男性が登山中に遭難したものとみて身元などを調べています。

2日午前11時前、韮崎市円野町の標高2104メートルの燕頭山の頂上付近で、山小屋の関係者が台風24号の通過後の登山道の安全を確認していたところ、男性がうつ伏せで倒れているのを見つけました。
通報を受けた警察が、およそ2時間半後にヘリコプターで救助しましたが、男性はその後、死亡が確認されました。
警察によりますと、男性は年齢が50代と見られ、茶色と紺色のチェックのシャツを着て紺色のズボンをはいていたということです。
警察は、男性が登山中に遭難したものと見て身元や死因などを調べています。
関連記事
[ 2018年10月03日 22:35 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

ゆる山へGO! 三ツ瀬明神山(1016m) ~愛知県~

ゆる山へGO! 三ツ瀬明神山(1016m) ~愛知県~
 NHKの人気番組になったウィークエンド中部「ゆる山へGo」の動画がアップされました。番組内でも言いましたが、愛知の山では一番の登り甲斐があります。他から眺めた山容も素晴らしい山です。こんな素敵な山がなぜ日本三百名山(1978年選定)に選定されなかったのか長い間不思議でした。しかし、日本山岳会東海支部の50年史を編纂した際、1970年から1980年ころは、マカル―、カラコルム、パミール等への大型の海外遠征に明け暮れている時期と分かり、愛知や三重の低山に関心を向けていなかったのです。その為に良い山でも選定からもれたと言うわけです。但し、ガイドブックからもれたのでないから近隣県の登山者は大抵は登っておられるでしょう。今西錦司は朝日文庫『日本百名山』の解説の「名山考」の中の最後の文で、「百名山の選にもれたもろもろの山も、安心できない。山の雑誌や案内書が、追い討ちを掛けているから。このような御時勢を考えると、迂闊に口を滑らせて私の好きな山を発表できるであろうか。口を割らないというのが私と山との約束である。」と書いた。今西クラスになると「秘すれば花」としておきたいのだ。しかし、先輩の1人は、良い山をガイド紀行に発表する気持ちを、大切に育てた娘を嫁にやる父親の気分に例えた。本当は嫁にやりたくない、しかし、いつまでも置いてもおけない複雑な心理。今西といい、先輩といい、真意は良い山は隠しても知られてしまうものである、と言いたいのだろう。この度のNHK「ゆる山へGo」にも、梯子や鎖場があって危険ですよ、難儀だよ、「ゆる山」の範疇を越えていますよ、と紹介するのを渋っていた。それでもと乞われて出してしまったのです。NHKの関係者曰く、大変好評だったとか。より広く山好きな皆様に愛されるように動画をシェアしました。見逃した人、名古屋放送局管内以外の人も見てください。
42864415_1754093234695155_1123525670396231680_n.jpg


 
・・・「名山考」が掲載された朝日文庫・深田久弥山の文庫『日本百名山』は古書にもヒットせず、講談社学術文庫今西錦司『自然学の提唱』に収録されている。
関連記事
[ 2018年10月01日 23:21 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR