FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
月別アーカイブ  [ 2018年06月 ] 

≪ 前月 |  2018年06月  | 翌月 ≫

百々ケ峰、舟伏山、西山、下山届け

明日25日、Y田さんと、岐阜の百々ケ峰へ(『東海周辺週末の山登りベスト120』のコースどおりで)、舟伏山、西山へ行きます。
気を付けて行って来ます。
***********************************************************
百々ケ峰、舟伏山、西山、予定どおり登り、下山しました。
報告します。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年06月26日 12:23 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 御座山

 6/24.本日、長野県の南相木村の御座山に登る予定です。
**********************************************************
長野県の南相木村の御座山に、栗生コースから往復しました。頂上からは雲の間に北アルプスも見えました。両神山や秩父の山も眺められ、あまり見ることのない眺めを堪能しました。ずっと気になっていた山に登れました。F本

関連記事
[ 2018年06月25日 10:54 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

松川の傘山(からかさやま)下山

Kさんからのメールを転送

2018年6月17日(日) 10:53
今日瀬戸の友達四人と松川の傘山に登ります。
2018年6月17日(日) 19:19
傘山からの南アルプスが素晴らしかったです。先程帰ってき(下山)ました。


参考:ヤマレコの記録
 傘山

参考:浜松のグループの記録
 傘山 カラカサヤマ  1542m

・・・・Kさんは80歳超。多分、高齢の登山愛好家が80歳の傘寿にからめて記念登山する対象にされたのだと思います。最近は結構記録が増えています。
長寿祝いには
1 61歳 還暦 大峰山脈の行者還岳
2 70歳 古稀 奥三河の古戸山
3 77歳 喜寿 
4 80歳 傘寿
5 88歳 米寿 新潟に米山
6 90歳 卒寿 木曽の卒塔婆山
まだ、白寿、百寿、茶寿、と続きますがもう無理です。

他に高山市のせせらぎ街道沿いの傘山も知られています。松本市の傘山もあります。
傘山 保福寺コースマップ    
登山者の高齢化にともなって、山の選び方も多様化しているわけです。日本百名山、花の百名山とかブランド付きの名山ばかりが山ではない。
岐阜の養老山も近場で良い山です。
名古屋からは遠いが京都丹波の長老ヶ岳があります。
山ではないが、長野県下條村の極楽峠があります。
人生は光陰矢の如しです。少年老い易く岳(学)成り難し。南アルプスの光岳の近くの易老岳(いろうだけ)は早めに登らないと登山できなくなります。
個人的には自分の人生も後幾ばくも無いと悟ったら、尾瀬の至仏山に登山したい。未踏のまま残してあります。大峰山脈には役の行者が昇天したという天上ヶ岳がある。

関連記事
[ 2018年06月25日 10:50 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

山の死者・行方不明過去最多…単独登山6割近く

山の死者・行方不明過去最多…単独登山6割近く
昨年1年間の山岳遭難事故による死者・行方不明者は354人(前年比35人増)で、統計の残る1961年以降で最多だったことが21日、警察庁のまとめでわかった。死者・行方不明者のうち単独登山が6割近くを占めており、同庁は複数でのグループ登山を推奨している。

 同庁によると、遭難件数は2583件(同88件増)、遭難者数は3111人(同182人増)で、いずれも過去最多だった。昨年3月、栃木県那須町で雪山登山講習中に雪崩に巻き込まれ、県立大田原高校の生徒と教諭の計8人が死亡した雪崩事故も含まれている。

 中高年の登山ブームを背景に、60歳以上が遭難者の51%、死者・行方不明者の64・7%を占めた。海外からの旅行客の遭難者も前年比約1・3倍増の121人に上り、初めて100人を超えた。
関連記事
[ 2018年06月23日 07:48 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

昨年統計 山岳遭難 死者・不明最多354人、中高年9割

昨年統計 山岳遭難 死者・不明最多354人、中高年9割
昨年に全国で発生した山岳遭難は2583件(前年比88件増)、遭難者は3111人(同182人増)、死者・行方不明者は354人(同35人増)といずれも2年ぶりに増え、統計が残る1961年以降で最多となった。警察庁が21日発表した。
中高年の登山ブームを背景に遭難件数、遭難者ともに10年前の1.7倍になった。警察庁の担当者は「体力や経験に見合った山を選び、低い山でも十分な装備をしてほしい。登山届も提出を」と呼びかけている。

 遭難者の年齢は、60歳以上が1588人で全体の51.0%。40歳以上を含めると2421人となり、77.8%を占めた。死者・行方不明者は60歳以上が229人で全体の64.7%。40歳以上では315人で89%に達した。
以上
・・・・60歳以上は衰えを自覚しないと遭難につながる。数値がかたる悲しい現実です。
関連記事
[ 2018年06月22日 23:24 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

(患者を生きる:3578)スポーツ 雪崩・高山病:5 情報編 筋力鍛え、体力維持を

(患者を生きる:3578)スポーツ 雪崩・高山病:5 情報編 筋力鍛え、体力維持を

登山を楽しむために無理なくできる筋肉トレーニング

 警察庁の「山岳遭難の概況」(2017年)によると、登山中のトラブルの約3割を滑落と転倒が占める。道迷いなども含めた事故に遭う5割以上が60歳以上だ。

 日本登山医学会長の増山茂(ますやましげる)・東京医科大教授(70)は「一昔前ならこたつでミカンを食べていた世代が、積極的に登山を楽しんでいる。体力ログイン前の続きが衰えがちだからこそ対策をとることが必要だ」と話す。

 山登りで必要な体力の維持には、筋力トレーニングが有効だという。特に太ももの大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、つまずかないように足先を持ち上げるすねの前脛骨筋(ぜんけいこつきん)、姿勢を維持する腹筋などをしっかり鍛える。

 大腿四頭筋はスクワットが効果的だ。両足を肩幅に開き、ゆっくり腰を落とし、ひざを90度まで曲げて戻す。前脛骨筋やふくらはぎなどのひざ下の筋肉は、階段の端につま先で立ち、かかとを上げ下げする。腹筋を鍛える上体起こしは、腰に枕を当ててもよい。それぞれ10回ずつ2~3セット、無理のない範囲で繰り返す。

 山でのトラブルを防ぐには、熱中症や低体温症など、体調の変化にも気をつける。

 熱中症の初期症状は、めまいや立ちくらみ、大量の発汗などがおきる。重症化すると頭痛や嘔吐(おうと)、判断力の低下が起き、さらに進むと神経や内臓に障害が出る。

 対処は休息、冷却、水分補給だ。登山時の脱水量は「体重×歩く時間×5」で計算できる。60キロの人が5時間歩くと1500ccが失われる。増山さんは「最低でもその7割を補えるように、1時間おきに水を飲む」と目安を示す。

 低体温症は冬に起きるとは限らない。9人が犠牲となった09年の北海道のトムラウシ山遭難事故は7月に起きた。雨と風で急速に体温が失われたのが原因だった。日本の登山で低体温症の多くは雨や汗の「ぬれ」で起きる。

 対策として、速乾性の衣類を選び、雨具や着替えを持つ。とくに高齢者は震えだしてから低体温症に陥るまでの時間が短い。寒さを感じたらすぐに体を温め、一刻も早く山小屋などに避難する。

 「登山は知的な競技だ」と増山さん。「リスクを適切に判断して決して無理をしない。無事に帰ることを念頭に楽しんでほしい」と話す。

 (伊藤隆太郎)
以上
・・・筋力トレーニングはやるに越したことは無い。ただ仲間がいないと飽きる。私の場合、60歳を過ぎてから足の筋肉がみるみる落ちた。登山の回数が減ったことも一因であるが、年齢的な衰えもあるという。大腿筋の衰えを自覚して、昨年6月から9月まで、自転車の遠乗りで、3日に1回、約20kmから30km走った。9月には膝痛を抱えながらも登山できる筋肉を回復。10月から登山を実践して、今春はスキー登山も出来た。また往復10時間以上のかもしか山行も可能になった。
登山の肉体は登山の実践を通じて養われる。
忙しい人はスポーツジムで筋力トレーニングするが良いだろう。自転車通勤とか、生活の中にこま切れの時間を上手に利用したいものです。
高齢者に多い膝痛も大腿筋の衰えに原因があるようだ。筋肉が回復すると、膝痛も緩和して、登山の翌日にも痛みを持ちこさなくなった。膝痛で悩む人は、ランニングやウォーキングでさえ辛いので、自転車で膝に負荷をかけないで筋力をつけるがよい。筋力が回復すれば膝痛も緩和することは経験的に間違いはない。

・・・60歳で、黒部川の上の廊下を遡行した際、夏でも冷たい雪解け水に浸水するので、ファイントラックの上下を下に着た。モンベルのラガーシャツを上着に着て、さらに合羽をきて乗り切った。低体温症対策をしないと途中で亡くなる人もいる。
同じく60歳で、北アルプスのど真ん中の雲の平から奥黒部ヒュッテに縦走した。標高の高い読売新道で、肌に直接着たモンベルのラガ―シャツ1枚でも、寒さは感じなかった。即乾性の威力を感じた。雲の平山荘でコーヒータイムを設定して、休息をとり、さらに上の水晶小屋まで頑張った。霧雨や風があるときは合羽を併用するといい。個人差はあるので、夏でも防寒着は用意すること。

関連記事
[ 2018年06月22日 22:09 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

北海道利尻島でヒグマ撮影 無人カメラに林道歩く姿

北海道利尻島でヒグマ撮影 無人カメラに林道歩く姿
 106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩くヒグマ1頭を撮影していたことが19日、利尻町への取材で分かった。5月末に足跡が見つかってから、ヒグマの姿が捉えられるのは初めて。

 町によると、足跡が見つかったことを受け、6月11日に島南西部の4カ所に赤外線カメラを設置した。うち一つが15日午後10時40分ごろ、林道を歩くヒグマの後ろ姿を撮影していた。道森林管理局の職員が、18日に画像を確認した。

 町は19日、住民に改めて注意を呼び掛けた。専門家は、ヒグマが島の対岸から約20キロ泳いで上陸したとみている。

【HTBニュース】利尻島でヒグマの足跡? 106年ぶりの上陸か
利尻の自然Ⅱ 海を泳ぎ渡ったヒグマ - 利尻富士町
利尻島、106年ぶりのヒグマ確認 雄1頭
小屋番の屋日記から
北の山旅・船旅-前半
関連記事
[ 2018年06月20日 10:18 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

烏帽子岳、気良烏帽子岳下山届

17日、K本さんと、烏帽子岳、気良烏帽子岳へ(『東海・北陸の200秀山』のコースどおりで、明宝スキー場からの往復)行きます。
気を付けて行って来ます。
************************************************************
烏帽子岳、気良烏帽子岳下山し、帰名しました。
2時間弱の林道歩き、何回も有る分岐には標識が無く、その時非常に助かったのは、西山さん記述の『東海・北陸の200秀山』
今まで山へ行って、登山中にガイドブックを見る事は少なかったが、今回は的確に右左折を教えて頂き良かった。

登山道は、少しづつ笹の新芽が道の真ん中に生えて来ており、このまま手入れしないと、数年先にはヤブかなと思っていたが、その心配どおり、気良烏帽子岳への登山道は完全にヤブ化。
人の背丈以上の笹ヤブ(根曲り竹かな❓)が複雑に絡み合って、それをかき分けて進むのは、そうとう難儀。
人が入っていない様子なので、ますますヤブ化は避けられないかも。

気良烏帽子 烏帽子岳の南にある1595mのコブ。吉田側川の支流・気良川の源流の山
関連ブログ「小屋番の山日記」から
奥美濃・烏帽子岳&気良烏帽子スキー登山
奥美濃・気良烏帽子1595mと烏帽子岳1625mに登る
関連記事
[ 2018年06月18日 20:04 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

無事下山美濃・大白木山

美濃・大白木山 無事下山しました

奥美濃の自然を感じる苔むした心癒される沢でした。

ゆっくりと登り大白木山を堪能した山行でした。

山頂からの山並みは懐かしい山行を思い浮かべるものでした。

下山後。黒津→能郷と車を走らせ能郷ではアユ料理もいただいて帰りました。

「能郷白山開山 1300年」で大白木山の登山道も整備されていました。

ありがたく登らせて頂きました。
<大白木山の山頂から見た屛風山こと根尾富士の秀麗な山容>撮影:W
IMG_20180617_133137 (2)



関連
管理人のブログ「小屋番の山日記」大白木山の沢を溯る
能郷白山 開山1300年祝う 本巣市で式典
本巣七名山巡り

関連記事
[ 2018年06月18日 09:56 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

下山届 二十五山

本日、飛騨の二十五山に登りたいと思っています。
F本 他1名
******************************************************
飛騨の二十五山に登りました。ナカニシヤの飛騨の山 飛騨山岳会の本に載っている無雪期のコースを辿って往復しました。乗鞍岳がよく見えました。これで岐阜百山は残り9山になりました。

関連記事
[ 2018年06月17日 21:45 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

南アルプス深南部・房小山下山

6/12(火)午後2時発~東名~新東名・島田金谷ICから標高1400Mの山犬段までは184KMのドライブ。着いたら夕方6時になった。それでもまだまだ明るい。早速駒鳥がすぐ近くで歓迎のいななきを聞かせてくれた。それに冷涼な気温が快適に思える。
山犬の段休憩舎(無人の避難小屋)に入る。トイレは別にあり快適。水は天水のため手洗いのみに使える。板の間にシュラフ、マットや固形燃料、コッヘル、水、食料を運びこみ一段落したところで、目的の1つである干支の山犬段(ab1410M)を散策。小屋で夕食、8時ころ就寝。

6/13(水)4時起床、お湯を沸かし、朝食、片付けてゲートまで走り、5時出発。林道はブルで整地されたらしく途中までは歩きやすい。途中で黒法師岳を眺める。
001.jpg
五樽沢のコル登山口まで林道を歩く。途中、熊を発見。林道は土砂崩れで路面が埋まり平成27年から通行止めであるが、崩れた場所も注意すれば通過は可能。但し、落石は常時ある。45分で登山口に着く。コルまで約10分ほど。蕎麦粒山経由より30分節約できる。帰路も林道経由で下山。
011.jpg
↓三合山の分岐まで約35分。ここから日本三百名山の高塚山へ行く道と分かれる。三合山までの稜線は太平洋型混交林の疎林が素晴らしい。今日は霧に包まれた。
015.jpg
三合山から下り始めると山道がやや狭くなる。三合山までよく踏まれていたのは日本三百名山の高塚山への道だったからか。この道ははるか黒法師岳につながるが、歩く人はほとんど居ないのだろう。
021.jpg
三合山から千石平までには断続的にキレットがある。痩せ尾根の通過、フィックスロープに頼る岩場もあり変化に富む。
022.jpg
鋸山は広大な千石平の少し先にある突起。朝普通にあるくとここらがターニングポイントになる。房小山へはここからまだコブを5つも越えて行く。
037.jpg
稜線の途中から眺めた恵那山と左は大川入山。別の場所からは愛知の茶臼山も見える。
042.jpg
11時過ぎ登頂。三角点は藪に埋まる。山頂の手前では笹やぶの中に蝮がとぐろを巻いていた。虫がとても多く閉口させられる。防虫スプレーが有効だった。
049.jpg
南アルプス深南部とはいえ、房小山は2000Mに満たない静寂が取り柄の山。ゲートから約6時間、帰路も6時間かかる。超健脚向きでかつ踏み跡の怪しいところもあるのでRFも必要。コース全体に水場はないので持参する必要あり。

山犬段小屋まではマイカーで来れる。蕎麦粒山の東は現在道路工事中であった。未舗装で、最低地上高の低いクルマは走行が困難。

 
 今回の山行は1月に計画したが、林道が冬は通行止めと知って、4月に延期、更に都合で6月に延期して実施できた。
 ヤマレコの記録を見ると、4月は20回、5月は30回、と春が圧倒的に多いのは展望の良さとアカヤシオなどの花が楽しめるからか。暑くて雨が多い6月から9月は1回から2回に激減、日の短い10月から12月は5回前後と極端に少なくなる。1月は1回、2月はゼロ、3月は3回くらいか。
 高曇りだったことで遠望は利かなかった。ほとんどは緑陰の下を歩いたので暑くはなかった。中級山岳でこれだけブナが多いのは特筆されてよい。花はベニドウダンとサラサドウダンを見た。知らない花も見た。犬ブナの巨木が多く圧倒された。
 時折吹く冷涼な風に癒された。但し虫が多かった。蝮を見た。帰宅後、着衣に笹ダニがくっ付いていた。心配した山蛭は無かった。雷雨も心配したが1日もってくれた。
 総合的に見ると日の長い6月の時期で梅雨に入る前が最適だろう。因みにメンバーは68歳3名、69歳1名、男1名女3名である。
関連ブログ 小屋番の山日記から
南アルプス深南部・房小山を歩く
関連記事
[ 2018年06月16日 13:43 ] 静岡県の山 | TB(0) | CM(0)

鈴鹿・ 黒谷 無事下山

6/3 鈴鹿・ 黒谷 無事下山 しました。
計画書通に前夜発で三重県民ノ森に泊りました。
6/2の夜は素晴しい月夜でランタンが気をきかせて切れてくれたのだろうか?
月明りだけでテントで話をして床に着いた。

6/3の朝起床4:20 武平峠駐車場へと移動して出発。
6:15郡界尾根を乗越し沢谷を下降、コクイ谷を下り黒谷出合7:50

晴れの日の沢登りは水の耀きが疲れを感じさせない。
核心部らしい斜め滝を左岸から巻く
105.jpg
二番目の核心部は右岸から巻く
126.jpg
そのまま巻き終えて谷に下れそうだったが、沢始めでロープも3か所出し、懸垂下降も試みた。40Mのロープ2本で落ち口の上に下る。
134.jpg
黒谷の名前の通り黒い岩の滝を攀じる
158.jpg
源流部の二股で見た岩に赤ペンキで書かれた道標。
163.jpg
長者池にたどり着き11:10、遊歩道で近くの東屋で昼食としました。
ベニドウダンの赤い色が鮮やかです。
170.jpg

ゆっくり流れる時間も、爽やかな風も、空の青さも、k氏のコーヒーも
すべて心に浸みる感じがした。
濡れたザイルや衣類も乾いたころゆっくり下山して武平峠へと戻った。13時頃
希望荘の自助の湯に浸かり帰名した。
早く帰宅出来たのでテントを張って乾かした。
楽しい1日でありました。   有難うございました。W

・・・・山麓から山上まで小鳥が多かった。S田さんは小鳥通で、日本三鳴鳥(コマドリオオルリ)の鳴き声を教えてくれた。誰でも知っているウグイスも仲間だ、カッコウ、夜はホトトギスも鳴いた。山上では特にウグイスがすぐ近くでケキョケキョと警戒の声音を発した。7/10までロープウェイが休業中で折角羽を伸ばしてくつろいでいたウグイスの邪魔をしてしまったようだ。長者池にはアメンボが走り、イモリの生息を見た。黒谷源流から詰め上がる際は獣臭が漂った。観光客の居ない御在所山上は生物の息吹を感じた。N
関連記事
[ 2018年06月09日 07:14 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

猿投山にクマが出没

東海自然歩道添いでクマが観察(2018年5月21日)されました。(カメラに撮影されています)
場所は猿投山⇔雲興寺間の公衆トイレ近傍(上山路川添い)です。


クマよけの鈴を携帯する、
ラジオをかけるなどの対策をして入山してください。
クマは行動範囲が広いので猿投山周辺は注意が必要です。
山に生ごみなど放置しないようにしましょう。クマをおびき寄せます。 
        愛知県瀬戸警察署        
        (公社)日本山岳会東海支部

・・・・猿投山のクマ目撃情報は過去に何度も流れてきました。岐阜県のすぐ隣なので居ても不思議ではありません。ただ、動物対策で、鈴等を鳴らして、ふいに出くわさないようにしましょう。愛知県では他に、岩古谷山から鞍掛山間でも目撃した登山者があわてて下山してきたことがありました。長野県に近いので山伝いに来ます。豊根村と東栄町の境界の稜線には熊用の罠が仕掛けてありました。
 最近、いなべ市でも熊が捕獲されています。三重県条例で県境で放獣する決まりだそうですが、昨年もそうやったら滋賀県で熊に襲われた事故があり、放獣した熊じゃないか、と騒がれました。遺伝子が違っていたそうです。今年は岐阜県のクマ牧場で一時預かりになりました。結局殺処理されるんでしょう。
 猟師の数が減っているので、熊も鹿も猪も増加中です。足助町だけでも猪は何百頭も獲れるそうです。猪は田畑を荒らす有害鳥獣として殺害されています。
 愛知でも鈴鹿の山でも気をつけて登りましょう。
関連記事
[ 2018年06月08日 15:15 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

低い山でも遭難するの? 専門家「高い山より危険」

低い山でも遭難するの? 専門家「高い山より危険」
 新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山に登った親子が行方不明になり、遺体で見つかった。遭難した山は標高1千メートル未満。低い山にも危険が潜んでいるのだろうか。

五頭連山で発見の遺体、身元は不明の親子 新潟・阿賀野
 亡くなったのは新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空くん(6)。親子は晴天の5月5日、五頭連山北部の松平山(954メートル)方面に向かったとみられる。5日夜、渋谷さんは携帯電話で父親に「道に迷ったので山中に野宿する」と連絡。6日朝に「これから下山する。(携帯電話の)バッテリーが少なくなってきた」と連絡が来た後、携帯電話は不通になった。

 捜索は連日続けられ、29日午前、県警ヘリコプターが親子の遺体を発見。場所は、松平山山頂から南西約1・7キロの標高約580メートルのコクラ沢の斜面だった。

 県警によると、親子は5日午前10時過ぎ、ふもとのコンビニエンスストアでおにぎりやペットボトルの飲み物を買う姿が防犯カメラで確認された。午後1~2時ごろには松平山8合目付近を登る姿が複数回目撃された。親子はスニーカーなどの軽装だったという。

 親子が行方不明になった約1週間後、記者も松平山に登ってみた。登山口の看板には「健脚向きのコース」と記されていた。傾斜30度超のところもある。山頂に近づくにつれ、幅1メートルにも満たない狭い登山道は雪解けでぬかるむ。底が丈夫な登山靴なら歩けるが、スニーカーでは足をとられそうだ。
関連記事
[ 2018年06月08日 10:55 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

山梨・笹山の登山道下に千葉の男性遺体、遭難か

山梨・笹山の登山道下に千葉の男性遺体、遭難か
山梨県警南部署は6日、山梨県早川町の笹山(2733メートル)の登山道下の急斜面で、昨年7月から行方不明になっていた千葉県船橋市の無職、福本健一さん=不明当時(67)=の遺体が今年5月に見つかったと発表した。肋骨などが折れており、登山中に転落したとみている。一緒に出かけた60代の妻は見つかっていない。

 同署によると、福本さんは昨年7月、車で妻と自宅を出たまま連絡が取れなくなり、家族が行方不明者届を出していた。8月に登山口近くの駐車場で車が見つかり、今年5月に家族が捜索を依頼した東京都山岳連盟の会員が遺体を発見していた。


笹山(黒河内岳)北峰(ささやま) 山梨百名山として人気がある。

・・・・日本百名山、山梨百名山など目標を持ってしまうと自分のスキルと登山のレベルのミスマッチが起きる。笹山は長丁場の健脚向きの山なので素人ではないだろう。ただ、名山は登山道が整備されているというイメージで挑むとこの山は手強い。道に迷って右往左往するうちに転落死になったものか。妻も行方不明のままとは痛ましい。
関連記事
[ 2018年06月08日 10:44 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

「気軽な登山」に警鐘 低い山での遭難増加昨年47件

「気軽な登山」に警鐘 低い山での遭難増加昨年47件
 標高の比較的低い山で遭難する事例が増えている。県内では昨年、1500メートル級未満の山で47件の遭難事故が発生、2006年の約3倍に膨らんだ。登山ブームで、身近な山での山歩きを気軽に楽しむ人が増えたことが原因とみられ、県警や県山岳連盟などは、十分な装備や下調べをするよう呼びかけている。(増実健一、伊藤幸典)

 下呂市馬瀬の山で今月2日、市内の男性(81)が道に迷って遭難。地元の猟友会のメンバーらが捜索し、夜中に救助される事態があった。

 夕方、山麓に男性の車が止まっているのを知人が発見。キノコ採りに出かけ、下山すると連絡があった後、電話がつながらないことが分かり、山に詳しい、地元猟友会会員で市議の尾里集務さん(43)ら4人が出動した。

 男性は、車のあった山麓とは反対側の山の入り口から約400メートルの谷にいた。携帯電話の電波が届かないことから、尾里さんらが見当をつけ、午後8時半頃、二手に分かれて山に入ったところ、緊急事態を告げるホイッスルの音が、かすかに聞こえた。ほどなく足を滑らせ、座り込んでいた男性を発見、消防が病院に搬送したという。

 山は標高約1000メートルだが、翌日にかけて雨が降り、一夜を明かせば危険な状態だったといい、尾里さんは、「山に詳しい人にとっても暗闇は危険。今回は、予想が的中してよかった」と振り返った。

 ◇観光客増も原因◇

 県警によると、近年、比較的低い山で遭難する事例が増えている。昨年の遭難事故93件のうち北アルプス、御嶽山、恵那山など1500メートル級以上の山での遭難は46件。「その他」の山が47件でこれを上回った。

 道に迷って救助を求めるケースが多いといい、岐阜市の金華山(標高329メートル)では今年7件の遭難事故が発生、昨年(1年間で4件)を大幅に上回るペースだ。金華山が管内にある岐阜中署の担当者は、「歴史ブームで岐阜城などを目当てに訪れる観光客が増えており、軽装のまま、ハイキングや散歩感覚で、登る人もいる」と増加の理由を分析する。

 ◇地図、装備が必要◇

 県山岳連盟は事故防止のため、県内各地で山の地図の読み方を学ぶ研修会を始めた。同連盟の木下喜代男代表は「低い山は、獣道や山林の手入れ用の道など道の数が多く、高い山に比べて迷いやすい。地図を読まずに登るのは危険」と警鐘を鳴らす。

 さらに、インターネットで情報収集する若年層に対し、「ネット上では成功体験や登山の醍醐だいご味が語られる傾向が強く、危険情報や専門的知識が載せられることは少ない」と指摘、「登山は素晴らしいレジャーだが、リスクも高い。低い山でも甘く見ず、道に迷ったり負傷して動けなくなったりした場合に備え、雨具、ヘッドライト、非常食は携行するべきだ」と話している。
以上
・・・・2年前の記事だが、今なお改善されず、事故は増加傾向にある。
・高い山はそれなりに登山道、道標、登山小屋が整備されているし、登山者も多い。
・低い山は整備された山と未整備の山の格差が大きい。
・最近ではSNSで参加者を募ったり、山情報の投稿欄を参考にする人が増えている。データ的に無理がある記録もあり、自慢話の域を出ないと思われる。投稿者の年齢、登山歴、技術、知識などを推測する情報は無い。身の丈に合うかどうか知らないまま、鵜呑みにして利用するから遭難騒ぎになる。そこでグレーディング表が考案されたかに思う。
・GPSとかスマホのアプリで、現在位置が分かるので、地形図を持たない登山者が多い。地形図を読み込む能力が進化しない。
・山岳会に所属しない登山者が増えている。つまり人間関係が希薄で重要な情報が伝達されない。
・つい最近も沢登りで、リーダーが懸垂下降の準備中、他の人はセルフビレイをと注意した。危険領域はちょっとした油断で事故につながる。

関連記事
[ 2018年06月08日 10:39 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

白尾山下山報告

6月7日、S原さんと、白尾山へ(コースは『東海・北陸の200秀山』どおりで、『しろおスキー場』から往復)行きます。
気を付けて行って来ます。
**************************************************************
梅雨入りして、次の日、晴れ間を利用して、白尾山へ行って来ました。
林道を詰めて、登山口からの道は、ちょっとだけ踏みあとが不鮮明で、テープ、ペンキ等を見逃さないようにして、行きます。
しらおスキー場の最終リフト乗り場からは、快適なしっかりとした登山道が頂上まで続きます。
登山道からは、雪をかぶった白山、そして左に大日、野伏ヶ岳と雄大なパノラマを見せてくれます。
ちょっと歩きがいのある山行でした。

*左端の1245Mが白尾スキー場のトップ*

YAMAP 白尾山
関連記事
[ 2018年06月07日 23:59 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

白鳥山下山

kさんからのメールを転送

2018年6月2日(土) 17:23 :
今晩車中泊して明日つがみ新道の白鳥山に登ります。慎重に登ります。危ないようなら途中で引きかえします。

2018年6月3日(日) 21:54 :
ありがとうございます。
関連記事
[ 2018年06月03日 23:42 ] 富山県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 越山

奥美濃の越山に登りました。越山から南に延びる尾根を登りました。根尾西谷川は少し上流に川を横切って越山から南に延びる尾根の西側の谷に堰堤をいくつもつくったときにつくられた作業道(おそらく)で渡れました。その作業道が越山から南に延びる尾根に近づいた所から適当に登り、尾根がはっきりしてきたところからは踏みあとがありました。藪はそれほどでもないですが、テープはほとんどありませんでした。頂上は平坦で三角点がなかなか見つかりませんでした。眺望はほとんどありませんでしたが、立派なブナの林の中を歩けて心地よかったです。これで岐阜百山は残り10山になりました。報告:F本

関連記事
[ 2018年06月03日 19:44 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

御在所 下山しました

6/3(日) 御在所へ行きます。いつもの本谷散歩です。
ロープウェイは6/1から7/10まで休業です。
山上も山麓も、トイレもレストランも使えません。
多分、ジュースの自販機も動かないんじゃないかな?
偵察してきます。
****************************************************************
6/3(日)御在所 無事下山しました。
旧アゼリアの前のトイレ(ちびっこそり広場のトイレ)は開いてました。
しかし、トイレの脇のジュースの自販機は電源OFF。
トイレもずっと開いているかどうかは不明です。
7/10までは不便ですね。
今回も途中で道に迷いました。本格的に認知症かもしれません。
   
      報告 I井
関連記事
[ 2018年06月03日 19:35 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

大黒山下山報告

6月1日、Y田さんと、湖北の大黒山、妙理山へ行きます。
コースは、椿坂峠から大黒山へ、稜線で妙理山へ、国道へ出て椿坂峠へで、
状況によっては、大黒山だけの往復。
気を付けて行って来ます。KY
***********************************************************
大黒山下山しました。
出だしから、名神高速道路集中工事の大渋滞に巻き込まれ、大幅遅れ。
そして次に、登山口の椿坂峠がどうしても見つからず。
やっと分かった。椿坂峠の下に新しい椿坂トンネルが出来ていた。
ガイドブックでの情報は、全て古く、椿坂峠へは車で行けない事が。
旧国道を歩いて、やっとガイドブックどおりの椿坂峠に着き、そこから大黒山へ。
妙理山への縦走はあきらめ、そのまま下山。
妙理山への登山口を確認して、帰途に着きました。

参考サイト
登山口が遠のいたことで時間に余裕のある計画が必要です。今までが楽すぎたともいえます。以下のサイトを見ても、この山は初夏はブナの林がとても良かった記憶がある。写真を見ても素晴らしい山です。
国道365号・椿坂トンネル旧廃道 【北側篇・1】 (滋賀県長浜市余呉町中河内~椿坂)
トンネルは2014年11月19日に供用開始と同時に旧道は閉鎖されています。
供用開始後の情報として、最新の記録は平成27年 5月23日(土)の「大黒山~ブナ回廊の余呉トレイル」がヒットした。記録の最後にGPSの軌跡が参考に掲載されている。
関連記事
[ 2018年06月02日 17:00 ] 滋賀県の山 | TB(0) | CM(0)

「低い山」ほど 迷いやすい

「低い山」ほど 迷いやすい

*写真は上記にアクセス

沢の斜面に、うつ伏せで重なり合うように倒れていた父と子。新潟県阿賀野市の五頭連峰に登山に出かけて3週間余り、遺体で見つかりました。2人が向かったと見られる山は、標高1000メートルにも満たない「低い山」でしたが「低い山こそ注意が必要」と指摘する声は多くあります。遭難経験者も語る「低い山に潜むリスク」についてです。
(ネットワーク報道部記者 佐藤滋 玉木香代子)

 “道に迷い、下山する”
 新潟県で遭難した父子が向かったと見られるのは、標高954メートルの山でした。

今月5日の午後8時すぎ、「道に迷ったのでビバークする」と家族に連絡。

 翌日の午前5時半ごろには「これから下山する」と再び携帯電話で連絡がありましたが、その後、行方がわからなくなりました。
3週間余りたってから見つかったのは、山頂から1.7キロほど離れた沢の斜面。

 この間の詳しい足取りはわからず、わかっているのは「道に迷い、一夜明けて下山した」という情報だけです。
ある遭難者の後悔
2人と同じように「低い山」で遭難してしまい、救助を要請したことがある人に話を聞きました。

 愛知県に住む会社員の上田洋平さんです。
 13年前、富士山に登って以来、登山で得られる「達成感」が忘れられず、難しい山では南アメリカ大陸最高峰のアコンカグアやキリマンジャロなど、国内外の山に登り続けてきました。

 ただ一度だけ遭難した山があるそうです。

 それは標高1140メートル、三重県の山でした。

 遭難したのは、おととし10月、友人と2人で下山中でした。

 午後3時前後、道に迷ってしまいました。
 道に迷った時の、原則は知っていました。

 「下らずに、登山道に戻る」

 それでも上田さんは山を下りました。

 「時間も遅いし疲れていた。翌日に仕事もあったので、下ってしまった」(上田さん)
急ながけのある沢に迷い込んでしまい、下ろうにも滑落しそうで、逆に登ることもできず、携帯電話が通じたのでついに110番通報して救助要請をしました。

 「翌朝に救助に向かう」と告げられた2人。

 さらに足場を慎重に選びながら、下り続けていきました。

 そしてこれ以上動くと危険だという場所に入り込み、行き場を失った2人は、ビバークを決断しました。

 ここで幸いだったのが、防寒着や体を覆う緊急用のシート、非常食など、いざという時のための装備はあったことでした。

 それでも、早朝、寒さで目が覚めたといいます。
警察や消防、地元の山岳会の人たちに救助された上田さん。

 「低い山を油断していた。なめていた」

 今も後悔しています。
 道に迷ったら、下ってはいけない
低い山にあるリスクについて上田さんは。

 「むしろ低いほうが危ないとわかった。標高が高く多くの人が登る有名な山であれば登山道が整備されているが、低い山では道しるべなどもしっかりしていないところがある」

 こうしたみずからの体験を広く知ってもらおうと、上田さんはブログでの発信を続けてきました。

8歳と3歳の息子がいる上田さん、今回の新潟の遭難はひと事ではないと感じています。

 「自分と子どもと年齢が近い2人の遭難は、すごく悲しいできごとだった。
二度と起こって欲しくないので、今回もブログに注意してほしいことを書いた」

 「道に迷ったら、絶対に下ってはいけません!」
 低い山に潜むリスク
 「低い山こそ、道に迷うリスクが多いので、備えが必要です」

 そう話すのは、登山ガイドの資格を持つ、山岳用品店の清水良文店長です。
低い山には登山道以外にも植林をするための作業道があり、緑が生い茂るシーズンは見通しがきかなかったり、逆に落ち葉のシーズンは、登山道がわかりにくかったりするそうです。このためどこを歩いていいか、道を迷うリスクが高まるといいます。
道に迷った時にアプリで
道に迷った場合に備えるためにはどうしたらいいのか。

 今、利用者が増えているのが「登山アプリ」です。
携帯電話の電波が届かない「圏外」の場所でも、GPSの電波を受信して現在地を確認できるといいます。

 バッテリーの減りが少ない「機内モード」での使用が可能です。

 清水さんも、現在地や自分のたどってきたルート、標高が一目瞭然でわかるので、よく利用するといいます。いざという時に充電できるよう、少し荷物になりますが、バッテリーを常備していくことも大事だといいます。
登山の“三種の神器”も一新
低い山の登山に備えた対策としてほかに何があるのか。

 清水さんは「僕らの間で使う、登山の“三種の神器”という言葉があるんですけど、むかしのそれはもっぱら靴とリュックサック、レインウエアでした。ところが近年はその三種の神器も一新されているんです」

 最新の三種の神器とは何か?

 1つ目は、実は登山届け。

 今やスマホで作成できて、ネットを通じてどこからでも届け出ることができるそうです。下山報告もあらかじめ設定しておけば、スマホのボタンを押すだけで、通知ができます。
また下山予定時刻を大幅に過ぎても下山できず、携帯電話で連絡も出来ない場合、自動的に緊急連絡先に通知が行くのです。

 2つ目は山岳保険。

 タイプによって、民間のヘリコプターを使った捜索費用やけがをした場合の治療費などに対応できるそうです。

 3つ目は小型の発信器を使って、遭難した人の位置をヘリコプターで特定するサービス。
 これ以外にも、体に巻いて体温を逃がさないようにする軽いシートや低体温症になるのを防ぐため、はっ水効果の高い下着など、やはり低い山の登山でも念のための準備が必要だと言います。
 低い山でも万全な準備を
 低い山でも道に迷うリスクはつきもの。

 「低い山だから簡単な備えで大丈夫」といった油断や「仕事に間に合わないから」という焦りが思わぬ遭難や事故にもつながりかねません。

 最近は、身を守る選択肢も増えています。

 低い山で遭難した上田さんも、これから夏山シーズンを迎える中、備えは万全に、絶対に無理はせず、登山を楽しんでほしいと話していました。
以上
・・・・多くの登山者に衝撃を与えた五頭連峰の遭難事故でした。若い親子だけに何とか助けたいと、近ければ捜索隊に加わりたいと思ったほどです。
 コクラ沢で発見されたとの報道後、足取りを地形図でチエックしてみました。すると五頭山の手前にコクラ沢の源流が南北に分かれて、稜線に沿うような地形になっています。独立標高点862Mの南にコクラ沢の源流が破線(登山道)と交わる部分があります。ここに当日は残雪がしっかりあり、右のコクラ沢へ振ってしまったのではないかと想像しました。非常に微地形で迷いやすい。出発時刻が遅く、下山を急ぐ心理を考慮すると、ビバーク後に元の稜線に戻らず、下れば里へ出られると考えたのではないでしょうか。
 登山道が雪で覆われるとルートの判断は一気にレベルが上がります。露出した登山道だけを歩いておればビバークしても救助されたと思います。渋谷さんの不運は登山道が残雪に覆われていたことでした。
ooarakawagainenz.jpg

 この記事の警告するように低い山を侮ってはいけません。私が冬の富士山で氷雪技術を教わった指導員が鈴鹿で道に迷い、愛知岳連で捜索されたことがありました。冬富士に登攀できる登山技術と低山を無難に歩く技術は同じではないと悟りました。山は一山一山みな違います。(今西錦司)低い山にはみな顔があるのです。地貌と云っても良いです。その山に応じた登り方があるのです。しかし、基本は記事の通りです。
 上田さんの迷った山は藤原岳の坂本谷でしょう。荒れ気味の谷相と水の無い谷は石灰岩の山の特徴です。「藤原岳 坂本谷 道迷い」のキーワードでググると当人らしいブログがヒットしました。坂本谷は荒れて廃道になっています。上から下ると迷いやすいのはよくあることです。

 記事で紹介されたGPSとかアプリは私は利用していません。山仲間は多くが利用していますので有益だと思います。
 但し、今春、神室山で6日間行方不明になった女性はスマホ?を落として前途が進めなくなりビバークとか。最新機器の活用は良いが、大抵はバッテリーを要する。今回のように落とすとどうにも動けない。紙の地形図もなかったようだ。女性は大方慎重なので救助まで待機する方が多く、大事に至らないで済む。男は体力もあるし、メンツもあるので、動き回って最悪の結果に陥りやすい。
 
 
関連記事
[ 2018年06月01日 21:44 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

台風で倒木の「金ピラ峠コース」封鎖へ 大津・蓬莱山の登山道で救助出動相次ぐ

台風で倒木の「金ピラ峠コース」封鎖へ 大津・蓬莱山の登山道で救助出動相次ぐ
 大津市の蓬莱山(ほうらいさん)(標高1174・2メートル)の登山道「金ピラ峠コース」で、昨年10月の台風21号による倒木が放置されたままになっている。今月29日までに、けがや道に迷うなどで同市消防局による救助出動が5件発生。同市や県山岳連盟などでつくる「比良山遭難防止対策協議会」は30日、同コースの封鎖を決めた。登山者に利用しないよう呼びかけるほか、封鎖に向けた具体策を検討する。

 同市消防局などによると、同コースは、びわ湖バレイのロープウエー「山麓駅」付近から、蓬莱山頂まで続く。北比良地域の代表的な登山コースとして、愛好家に人気があるという。

 昨年の台風以降、登山道の中間地点付近で、約100~200メートルにわたって倒木が発生。道をふさぎ、通行が難しい状況が続いている。市は「自治体だけで撤去するのは予算的に厳しい。倒木が朽ちるのを待つしかない」としている。

 台風以降、現場では昨年11月に2件、今年4、5月の大型連休中に3件、救助事案が発生。このうち、4月30日には、倒木を乗り越えようとした50代男性が転倒し、手首を骨折する重傷を負った。

 これらの事態を受け、30日の協議会で対応を協議。コースを封鎖するほか、事務局の市危機・防災対策課が現場を確認し具体的策を講じるとしている。

 県山岳連盟遭難対策委員長の竹村喜一郎さん(67)は「昨年の台風の影響で慣れた登山家でも入れない登山道が増えている。特に倒木が多い場所は折り返すなど、無理をしないでほしい」と話した。
参考サイト
「フォトギャラリー・山のページ」から
金毘羅道から蓬莱山
のMAPをクリックする
関連記事
[ 2018年06月01日 12:34 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

標高6・1メートル「日本一低い」山開き 徳島の弁天山、大阪・天保山は人工、こちらは自然の山

標高6・1メートル「日本一低い」山開き 徳島の弁天山、大阪・天保山は人工、こちらは自然の山
 自然にできた山としては日本一低いとされる徳島市の弁天山(6・1メートル)で1日、山開きの式典が開かれた。地元保存会が高さにちなみ、毎年この日に実施しており、17回目。

 国土地理院によると、地図には仙台市の日和山(3メートル)や大阪市の天保山(4・5メートル)など弁天山より低い人工の山があるが、保存会は「弁天山が自然の山では日本一低い」と主張している。

 式典では保存会の山下釈道理事長が「この山は開山以来、不明者や遭難者が出ておらず安心安全。山の事故が起こらないようにみんなで祈りましょう」とあいさつした。

 保存会によると、弁天山には毎年約1万人が“登頂”を果たしているという。

 毎年登っているという徳島市のパート佐藤春子さん(79)は「今回は23歩で登り切った。富士山に比べれば、こちらは本当に楽ちん」と笑顔で話した。

・・・・2.5万の地形図の等高線は10mなので、標高6mでは等高線も表現できず、平地と同じに見えます。それでも地形図にきちんと山名が印刷されるのだから大したものです。
関連記事
[ 2018年06月01日 12:21 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR