FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
月別アーカイブ  [ 2018年03月 ] 

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

下山届 国見岳 青岳

日時 3/28(水)
場所 国見岳 青岳 ハライド
メンバー 岩井
御在所ロープウェイ⇔山上駅⇔裏道⇔国見峠⇔国見岳⇔青岳⇔腰越峠⇔ハライド 往路を戻る

雪のある時は時間切れで行けなかったハライドまで行って来ます。
標準コースタイムは往復3時間45分。 雪がほとんど消えた今なら4時間で往復できると思います。
3/28(水) 国見岳 青岳 ハライド(祓戸) 無事下山しました。
始発のロープウエイに乗って、御在所の山上駅を歩き始めたのが9時30分。
ハライドに着いたのが12時半頃。3時間かかりました。
御在所のロープウェイに戻ったのは3時20分過ぎ。往復6時間ほどかかりました。
標準コースタイムが4時間弱ですから、2時間余分にかかりました。
ハライドはザレていて、かなり怖かったです。久しぶりに山でビビりました。

先日の竜ヶ岳から中3日が堪えたのか、膝が痛くなりました。
メジャーリーガーでも中4日、日本のプロ野球は最低でも中5日ですから(笑)
最低中5日は開けないと。いや、中6日、1週間に一度にしないと膝がどんどん悪くなるような……。
無理は禁物。体調管理に気を付けて山行を楽しみたいと思います。報告: I

関連記事
スポンサーサイト



[ 2018年03月29日 20:35 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

七洞山下山

日時:3/25
 場所:三重県「七洞岳」
 メンバー:K 他2名
七洞山下山しました。(K報告)
関連記事
[ 2018年03月29日 20:30 ] 台高山脈 | TB(0) | CM(0)

天然記念物「鬼岩」のくさび撤去 フリークライミング用 岐阜・御嵩町

天然記念物「鬼岩」のくさび撤去 フリークライミング用 岐阜・御嵩町
 平成28年にロッククライミング用のくさびが打ち込まれているのが見つかった岐阜県御嵩町にある国の天然記念物「鬼岩」で、日本フリークライミング協会(川崎市)のメンバーが27日、くさびの撤去作業を行った。

 町職員が立ち会い、メンバー3人は高さ約40~50メートルの巨岩周辺に茂る木につるしたロープを伝いながら、専用の工具で取り除いていった。

 くさびは28年6月に2本、7月に21本が打ち込まれているのが見つかった。御嵩町は、可能な限り岩を損傷しない撤去方法を岐阜県やフリークライミング協会などと協議。今年1月、文化庁に撤去作業の許可を申請し、3月に認められた。完全に引き抜けないくさびは切断し、岩の表面を樹脂で補修した。

 鬼岩のくさびを巡っては、最初に発見された2本を打ち込んだとして、文化財保護法違反容疑でクライミング愛好家の男性会社員が岐阜県警に書類送検され、起訴猶予となった。愛好者の急増を背景に、長野県の名勝にある岩場や石川県の指定天然記念物の岩でも、打ち込まれたくさびが相次いで見つかった。

NHK 東海newsweb
天然記念物「鬼岩」の金具撤去
おととし、ロッククライミングで使う金具が打ち込まれているのが見つかった岐阜県にある国の天然記念物の巨大な岩で、27日、打ち込んだことを名乗り出た男性が所属するフリークライミングの団体が金具を撤去しました。
岐阜県の御嵩町と瑞浪市にまたがる国の天然記念物の巨大な岩「鬼岩」では、おととし、御嵩町側にあわせて23本のロッククライミング用の金具が打ち込まれているのが見つかり、一部は愛知県岡崎市の男性が自分が打ったと警察に名乗り出ています。
このため、御嵩町は岩を傷つけずに金具を抜く方法について文化庁と相談するなどして検討を進め、27日から、金具を打ち込んだことを名乗り出た男性が所属するフリークライミングの団体が撤去作業を始めました。
27日はメンバー3人が高さ60メートルの岩のてっぺんに登り、ロープで移動しながら金具を引き抜いて、穴に特殊な接着剤を流し込んで目立たないようにしたほか、引き抜けない場合は工具で切断したりしていました。
町によりますと、新たに5本の金具が見つかりましたが、すべて取り除いたということです。
御嵩町教育委員会の栗谷本真係長は「今回のようなことが再び起きないよう、今後看板を設置するなどして啓発活動を進めたい」と話していました。
関連記事
[ 2018年03月28日 02:57 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

茶臼岳(那須岳の主峰)の雪崩事故から1年。藤原岳で行われた雪山訓練

 那須岳の雪崩遭難事故で8人が亡くなりました。今日でちょうど1年になります。8人の死を無駄にしないために事故を教訓として藤原岳で訓練が実施された。
 藤原岳でも2人が雪崩で亡くなっています。大貝戸登山道の8合目を過ぎて急な坂を登ると避難小屋が見えますが、その平坦な道と坂の境あたりに遭難碑を見たことがあります。
 山口温夫・山口昭『鈴鹿の山』には「九合目で右上へ、頂上小屋(藤原岳山荘)への近道を分ける。積雪期はこの先が雪崩の危険地帯のため、先年新たに開かれた近道だが、最近は四季を通じてこの近道が利用され」て今日に至る。昔は谷沿いの登山道だったようですが北西の季節風が雪を運んで吹き溜まりのように積もる地形です。今の道は冬道として使われたのですがそれでも雪崩はあったのです。

雪崩事故からまもなく1年、遺族 「事故の教訓を後世に」(動画あり)
 高校生ら8人が死亡した栃木県那須町の雪崩事故から、まもなく1年を迎えます。事故の教訓を生かそうと、全国である動きが広がっています。

 今年1月、三重県で雪山登山の訓練が行われました。参加したのは、県立高校で登山部の顧問を務める教員ら12人です。山を登る途中、雪崩が起きやすい場所について指導員から説明を受けます。

 「木が生えていても、間をすり抜けて雪崩がないとは言えない」

 さらに山頂付近では、雪に埋もれてしまった時に、電波で位置を知らせる発信器「ビーコン」の使い方を学びます。雪崩に巻き込まれた人をどのように捜索するのか、実際にビーコンを埋めて捜索の研修が行われています。「プローブ」と呼ばれる棒を雪に刺してビーコンを見つけ出す遭難者救助に見立てた訓練を行いましたが、掘り出すまでにかかった時間は17分。目標よりかなり遅く、これでは命を救うことができないかもしれません。

 「焦らない状態であれだけかかったので、仲間や生徒が埋まっていたら、精神的に追い詰められて、パニック状態で捜すことになるので、今日の訓練をやっておいて良かったと思いました」(四日市農芸高校 深田将希教諭・顧問1年目)

 今、全国でこうした動きが広がっています。きっかけとなったのは、去年の3月27日、栃木県那須町で起きた雪崩事故。高校生7人と教諭1人が死亡しました。引率のリーダーは3人のベテラン教諭でしたが、県の検証委員会は、「雪崩の危険に関する理解が不足していた」と指摘。今週、停職処分となりました。

 さらに、経験が明らかに足りない教諭まで参加させていた実態もありました。死亡した高校教諭・毛塚優甫さん(29)。本来の専門は剣道ですが、1年前から山岳部の顧問も任され、掛け持ちになっていました。

 「(優甫さんは登山について)経験のない全くの素人といってもいいかもしれません。若い教諭を配置するという学校の配置の仕方、部活動の指導者の配置の仕方も疑問を持っています」(毛塚辰幸さん)

 事故があった栃木県でも教員の雪山研修を来年度から始める予定です。毛塚教諭の父・辰幸さんは、事故の教訓をしっかりと語り継いでほしいと訴えています。

 「あとの人に伝えていくということが、8名の命を無駄にしないということの1つ」(毛塚辰幸さん)
関連記事
[ 2018年03月27日 11:35 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

八ケ岳で7人滑落か、意識不明者の情報も 県警が救助中

 春山は恐いですね。どんなに登山技術を磨き、経験を積んでも一瞬のミスですべてがやられる。日本の山は気温較差が大きい。特に春山は日照時間がながく、行動時間が増えるので優位だが、雪解けと凍結をくりかえすから厄介である。私の先輩や知人のアルピニストらもほとんどは春山で遭難死している。海外の難峰を成功させる力があるのになぜ日本の山で遭難するのか。
 戦前にヒマラヤ遠征を遂げた登山家は北アルプスの登山でも夜が明ける前に行動している。山スキーで有名な金沢市の医師も夜明け前に滑降している記録を読んだことがある。技術は当然として用心に用心を重ねて雪が凍結している間に行動するくらいでないと成功しない。日本の雪山の不安定さを熟知している。運もあるとは思うが。

八ケ岳で7人滑落か、意識不明者の情報も 県警が救助中
 25日午前8時35分ごろ、長野県の八ケ岳連峰阿弥陀岳南稜(なんりょう)付近で、登山者が滑落したと、他の登山者から通報があった。県警茅野署によると、滑落したのは登山者7人で、意識不明の遭難者もいるという。7人は立場岳から阿弥陀岳に向かう途中だった。県警ヘリコプターなどが救助している。

 八ケ岳連峰は長野、山梨の両県にまたがり、主峰の赤岳(標高2899メートル)を中心に山々が連なる。阿弥陀岳(2805メートル)では2017年2月に早稲田大学の登山パーティーが遭難し、学生1人が死亡。このほかにも16年3月に雪崩で1人、15年2月に2人が死亡するなど事故が相次いでいる。

・・・・気温が高くなり、南稜だとブロックされていた雪が解けて支点が抜けたのだろうか。一刻も早い救助を祈りたい。

関連記事
[ 2018年03月25日 12:05 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

藤原岳~多志田山(たしたやま)を往復

3/24(土)孫太尾根は初めてでした。
Pは地元三重、名古屋、山梨、岐阜、滋賀、京都、奈良、その他県ナンバーが多数。大人気です。
登山口8時40分出発、多志田山(たしたやま)までで、3時間30分もかかってしまい、着いたのは12時10分になり藤原岳はパス。往路を引き返しました。キツツキのドラミングが聞こえ、蝶々が飛び交い春山らしい雰囲気は味わいました。花は丸山付近に多かったが他では見なかった。フクジュソウも終わっていた。イチリンソウはこれからのようです。下山してきた人に聞くと藤原岳の直下が急でかつ泥んこだらけで大変だったそうです。
 今回のルートチエックで大鉢山があると知った。青川峡から取り付き遠足尾根にのぼり竜ヶ岳に行けるようです。さらに静ヶ岳、銚子岳、藤原岳とかけて周回する記録をいくつか見ました。今まで山麓から静ヶ岳とばかり思っていた山は大鉢山だったんですね。次の機会にトレースしてみます。西山

詳細は小屋番の山日記藤原岳孫太尾根を歩く
関連記事
[ 2018年03月25日 09:44 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

下山届 竜ヶ岳&静ヶ岳

201803242022369ca (1)
3/24(土) 竜ヶ岳無事下山しました。静ヶ岳まで足を延ばしました。
初めて登りました。これで鈴鹿セブンマウンテンをコンプリート。
お天気に恵まれて眺望が素晴らしく、白山、北アルプス、乗鞍、御嶽、中央アルプスの眺めが楽しめました。
残念ながら、南アは雲の中でした。
今回は6時半過ぎに宇賀渓の駐車場を歩き出して、戻ったのは3時半過ぎ、9時間も行動しました。
とっても疲れました。銚子岳まで行くつもりでしたが、私の歩行速度ではとても無理。時間切れで諦めました。
竜ヶ岳はすっかり雪が溶けています。雪ではなく、霜が溶けて登山道は泥んこ道になってます。ズボンも靴も泥だらけです。
静ヶ岳は一部雪が残っていて、雪渓歩きが楽しめました。
静ヶ岳山頂で会った若い男の子は、孫太尾根から藤原岳に登り、この後竜ヶ岳まで行き、遠足尾根の途中から
青川渓の方へ下ると言ってました。藤原、銚子、静、竜を一日で周回、すごいですねー。
彼は、静ヶ岳山頂は1m以上雪がつくと言ってましたので、私も来シーズンは登ってみたいです。         報告 I
関連記事
[ 2018年03月25日 09:28 ] 鈴鹿山脈 | TB(0) | CM(0)

山岳遭難と凍傷

 奥多摩の山の遭難事故の登山者の中には凍傷を負われた人もいました。凍傷というと標高の高い北アルプス、八ヶ岳などの山でのみ起きそうですが、低い山でも装備が不完全であればなります。
 まずは日本山岳救助機構のHPにある記事を転載します。
ソース:http://www.sangakujro.com/%E6%95%91%E6%80%A5%E6%B3%95%EF%BC%9A%E5%87%8D%E5%82%B7/
「低温の影響により、手足の動脈が縮んで血液の循環が悪くなったり、組織そのものが凍結して細胞が破壊されたりする局所的な障害を凍傷という。

2001年の正月、北アルプス一帯では1週間以上もの悪天候が続き、その間に計21件もの遭難事故が発生したが、結果的に命を助けられた者の多くは 凍傷を負っており、なかには余儀なく手足の切断を強いられた者もいた。また、2006年3月には八ヶ岳の阿弥陀岳を下山中の3人パーティが「凍傷にかかっ て動けない」と救助を要請してきたが、救助のヘリコプターが駆けつけたときにはすでに3人とも力つきていた。

凍傷の障害の程度は、表のように第Ⅰ度、第Ⅱ度、第Ⅲ度の3段階に分けることができるが、実質的には比較的軽症な「表在性凍傷」と、外科処置が必要 となる「深部性凍傷」のふたつに分けられている。表在性凍傷は、病変が表皮どまりか一部真皮にまで及び、これに発赤、浮腫、腫れ、水疱がともなう。皮膚は ウエットな状態で、淡白色、淡赤色、あるいは紫色に変わる。水疱はしだいに乾燥し、表皮は黒褐色になって剥離し、下から新しいピンク色の薄い表皮が顔をの ぞかせる。適切な治療を行なえば、約3週間で治癒する。

もう一方の深部性凍傷は、病変が真皮から皮下組織、骨にまで達成するもの。患部全体が萎縮してしわを形成し、皮膚は黒紫色化または白ろう化する。その後、黒くて硬い乾燥壊死状態(ミイラ化)に進行し、切断手術を要することになる。

凍傷になりやすい体の部位は、手足の指先、耳や鼻、顔面など。とくに雪山では、濡れた手袋や靴下をつけたまま行動したり、肌の露出部が冷たい風に長 時間さらされたりすることによって起こるケースがほとんどである。靴ひもやアイゼンバンドの締めすぎ、靴のサイズが小さいなどの理由で血行障害が起こって いる場合にもかかりやすい。

もし行動中に手足の指や耳たぶなどが痒くなったりじんじんと痛んできたりしたら、それは凍傷の初期症状だと思っていい。指先を動かす、手でこすってマッサージするなどして血行の促進に努めよう。手袋や靴下が濡れていたら、できるだけ早いタイミングで取り替えたい。

痛みが消えて感覚がなくなる、皮膚が真っ白になるなど、症状が第Ⅱ度以上になってしまったときは、コッヘルなどに40度前後のお湯を沸かし、患部全 体を浸して温める。温める時間は40~50分。湯の温度を保ちながら温めること。患部は感覚がなくなっているので、火傷しないように注意する。マッサージ は組織を破壊してしまうので行なってはならない。水疱が生じているときは、絶対に破らないように処置を行なうことだ。

融解させた患部は滅菌ガーゼで覆い、動かさないようにして保温に努め、下山後に病院で治療を受ける。ただし、行動中に凍傷にかかってしまい、下山す るまでにまだ数時間以上行動しなければならない場合には、前記の処置を行なわずに行動を続け、下山してから治療してもらうこと。一度融解した組織は非常に もろく、動かすことによってますます損傷をひどくしてしまうからだ。」程度の表は略。ソースにアクセスすること。
以上
 記事のように凍傷の程度がひどいと手指、足指の切断もある怖い怪我です。
雪山登山には低温下の行動に対する充分な知識と対応策が必要になります。
撤退の判断力を備えずに今回のような不用意な登山を続けるのは無謀です。
下界での人間社会では事故があっても誰かの責任に転嫁することができます。自然の下では自己責任になります。そしてやり直しができないのです。ですから想像力が重要になります。
1 充分な食料と水は持ったか
2 その山に対応する暖かい衣料と登山靴を着たか
3 その山のルートの研究はしたか。メンバーの力量に合うか
4 事前に気象状況は把握したか。途中でも悪くなったら撤退すると伝えたか
5 いざというときに備えてツエルト、ヤッケ、コンロ、非常食は持ったか
6 万一の事故に備えて遭難に対応する保険に加入したか
7 万一に備えて登山計画書を提出したか。捜索する方はこれがないとできない
最悪は命を落とすことになります。痛い目に合わないために準備と学習が必要です。

近年、捜索救助の費用は自分持ちということで一部の自治体で有料化になりました。
保険に加入して、突然の思いがけない多額の出費に備えておく必要があります。
雪山の遭難は捜索も長期化することがあり、出費がかさみます。
山岳会に入っていない人は
日本山岳救助機構
山岳会に入りたくないが保険には加入したい人は東京都岳連等各県の岳連に個人加盟して
日本山岳・スポーツクライミング協会の山岳保険に加入することもできます。
山岳保険おすすめ10選!登山の時は必ず加入しよう
           
関連記事
[ 2018年03月23日 14:56 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

南岸低気圧(台湾坊主)の怖さを知る

実況天気図(2018年03月20日)
南岸低気圧
南岸低気圧(なんがんていきあつ)とは、日本列島南岸を発達しながら東に進んでいく低気圧のこと。冬から春(概ね毎年1月から4月にかけて)にかけてよく発生する。暖気を運んでくる日本海低気圧とは対照的に、日本に寒気を運ぶことが多い。また、日本列島の太平洋側に大雪や大雨を降らせることが多く、特に東京を含む関東地方南部における大雪のほとんどは南岸低気圧によるものと言われている。
台湾坊主
台湾坊主とは、日本列島南岸で発達しながら東に進んでいく低気圧のことで、南岸低気圧(なんがんていきあつ)ともいう。台湾沖で発生し、天気図状では低気圧の周辺の等圧線の形が坊主の頭に似ていることから、昔は台湾坊主と呼ばれていた。

2月~3月に発生することが多く、日本列島に寒気をもたらす。南岸低気圧は日本列島南岸付近で最盛力になり、進行方向の東側では温暖前線、西側に寒冷前線が形成される。温暖前線付近では強い南風に伴う気温上昇と雨をもたらし、寒冷前線付近では強い北風に伴う気温低下とまとまった雨をもたらす。太平洋側に大雪を降らせ、時には季節外れの降雪をもたらすのはこの低気圧が原因である。

この低気圧は時には、台風並みの勢力になり、日本列島に被害をもたらすこともある。1970年には、中部から北海道にかけて暴風・大雨・波浪を発生させ、各地に大災害をもたらし、死者・行方不明者25人、住宅被害5000棟以上、船舶293隻の被害が出ている。この低気圧はさらに発達し、爆弾低気圧になっている。

※奥多摩で大雪につかまって、下山できないとの連絡があった。3/22朝までに全員無事救助されました。大雪と予想できれば登山に向わなかったと思います。今回の気象は南岸低気圧とよばれているもので、多くの登山者を死なせたりしてきました。
 リーダーは天気図を見て想像力を働かせ、判断力を養いたいものです。登山中でもエスケープ=緊急避難する決断力も必要です。とにかく、天気図に低気圧が出たら警戒したいものです。低気圧が日本海と太平洋側に南北に出たら二つ玉低気圧といって山は大荒れになります。
関連記事
[ 2018年03月22日 00:23 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

奥多摩で登山の13人「雪で下山できず」捜索

奥多摩で登山の13人「雪で下山できず」捜索
3月21日 23時37分

21日夜、東京・奥多摩町で登山をしていた男女13人が雪で下山できなくなり、警察や消防が救助に向かっています。

東京消防庁によりますと21日午後7時50分ごろ、東京・奥多摩町河内で登山をしていた人から「雪で下山できない」という通報が消防に寄せられました。

下山できなくなっているのは、通報者を含めた男女13人で、消防によりますと通報は登山者の携帯電話を使って行われ、通報があった時点ではけがをした人の情報はなかったということです。

警察によりますと13人の中には外国人がいるという情報もあるということです。

通報者の話などから、13人は東京と山梨にまたがる三頭山とヌカザス山の間の登山道にいると見られますが、詳しい場所はわかっておらず警察や消防が捜索に当たっています。

三頭山とは
三頭山は、東京・奥多摩町や檜原村、それに山梨県上野原市などにまたがる標高1531メートルの山です。
東京の都心からも日帰りで出かけられるアクセスのよさや初心者でも楽しめる登山道が整備されていることから年間を通じて多くの登山者が訪れる山として知られています。
奥多摩町は一時 大雪警報
東京・奥多摩町では、気象庁が21日午後1時19分に大雪警報を出し、12時間で最大20センチの降雪が予想されるとして、警戒を呼びかけていました。その後、大雪警報は午後4時25分に大雪注意報に切り替えられていました。
中腹の山荘「朝からずっと雪」
三頭山の中腹で山荘を経営している男性は「きょうは朝から雪がずっと降り続いていて、山荘の付近でも20センチほど雪が積もっている状況です。山の周辺の道路も積雪のため通行止めになっていて、よほど山登りに慣れていないと登るのは厳しいと思います」と話していました。

3/22朝の続報です。
「雪で13人下山できず」奥多摩の登山者全員を発見
21日夜、東京・奥多摩町で登山をしていた男女13人が雪で下山できなくなりましたが、22日の未明になって消防隊員が全員を発見しました。全員意識はあるということで現在、救助活動が行われています。以下略。
※全員が無事救助されて良かったです。
※3/22夜までに病院へ搬送されて凍傷や骨折などの手当てを受けているようです。パーティは中国人10人と日本人3人、15歳から48歳の見ず知らずの集団でした。中国のSNSでメンバーを募って登ったようです。主催者は降雪で危険と思ったが止められなかったとか。最悪の天気に山に向かうなんて人騒がせな遭難事件でした。
関連記事
[ 2018年03月22日 00:12 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)

『第16回東海岳人写真展」開催のお知らせ

『第16回東海岳人写真展」開催のお知らせ
日本山岳会東海支部では、「第16回東海岳人写真展」を3月に開催します。

東海支部の支部員、支部友会員、猿投の森つくり会員が撮影した、山と自然の写真87点を展示します。

是非ご来場して、作品をご鑑賞ください。

また、期間中には多くの支部員、支部友会員、猿投の森つくり会員が会場を訪れます。

写真を鑑賞しながら、 仲間との交流もお楽しみください。

展示会名:「第16回東海岳人写真展」 ー山と自然のパフォーマンスー

開催日時:2018年3月20日(火)~3月25日(日)9時30分から18時(最終日は17時)

開催場所:名古屋市民ギャラリー栄 

名古屋市中区栄4-1-8 中区役所朝日生命共同ビル7階

                地下鉄栄駅12番出口が便利です。

共  催:日本山岳会東海支部・中日新聞社

後  援:愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、NHK名古屋放送局、CBCテレビ

特別出展:皇太子殿下作品

展示作品:日本山岳会東海支部 支部員、支部友会員、猿投の森つくりの会会員の撮影した写真87点

国内の写真 57点 (北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、北海道から九州の山まで)

海外の写真 30点 (アラスカ、北、南アメリカ、ヨーロッパ、ネパール、中国、アフリカなど)

写真の内容は、山岳、高山植物、野草、動物など
関連記事
[ 2018年03月21日 08:35 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

白川村で遭難か、金沢の55歳男性行方不明 

白川村で遭難か、金沢の55歳男性行方不明 
 18日午後8時45分ごろ、岐阜県白川村の野谷荘司山(1、797メートル)を訪れていた金沢市玉鉾の男性(55)と連絡が取れないと、妻(42)から金沢市内の警察署に通報があった。

 岐阜県警高山署によると、男性は同日朝「白川村へ山スキーに行く」と妻に話していた。登山口のポストには男性の登山届が入っていた。県警山岳警備隊が19日朝から、5人態勢で捜索する。 (中日新聞)
中京TVニュース 続報・・・遺体発見
1人で山スキーの男性遭難か 白川村
 1人で山スキーに出かけ、行方不明になったとみられる男性の遺体が19日、発見された。
 警察によると、石川県金沢市の男性(55)が18日、岐阜県白川村の山に出かけたまま行方不明となっている。登山道入り口で男性の車が見つかり、届けには「野谷荘司山で山スキー」となっていた。
 19日午後1時半ごろ、近くの谷底で男性とみられる遺体が発見されたが、天候が悪く雪崩が起きやすい場所のため、遺体の収容は20日以降になる見通し。

過去の雪崩事故の記事
野谷荘司山で遭難死
白川村:雪崩事故への注意喚起の警告記事
冬山登山等による雪崩遭難の注意について(2015年2月2日記事を再掲)

2018年3月17日の記録がヒット「TOKIOの山で遊ぼう!」
野谷荘司山へ
動画を見るとウインドクラストしてエッジングも良く、切れは良かったみたいですね。皆さん熟達者揃いでチームワークもよく快適に滑っています。
18日に事故に遭われた人は白谷側だったのでしょうか。
「白谷は昼からも馬狩荘司山側から雪庇が崩落し下まで新たに雪崩れていました。白谷はもうカリカリとデブリで危険地帯でした。」だそうです。このパーティは山頂から赤頭山(1602m)間は鶴平新道を滑降。その南側の1324mに派生する東谷または東尾根を滑降したようです。1月13日に東尾根を偵察された記録があります。危険は回避する慎重なルート選びです。
関連記事
[ 2018年03月19日 19:56 ] 雪崩・落石 | TB(0) | CM(0)

美濃俣丸・・・写真編

山頂にてWさんとFさん
DSC_2998.jpg
Fさん ブナと白銀と青い空
道中ずっと良い眺めの中歩いて行けました。
DSC_3013.jpg
美濃俣丸1253m山頂から三周ヶ岳、黒壁方面
素晴らしい眺めを堪能しました。

関連記事
[ 2018年03月19日 18:00 ] 福井県の山 | TB(0) | CM(0)

美濃俣丸下山

3月18日の日曜日に、福井県の広野ダムから美濃俣丸(福井県と岐阜県の県境の山)に登りたいと思います。
広野ダムの奥の日野川と鈴谷川を分ける美濃俣丸に続く尾根に取り付いて尾根づたいに往復する予定です。

メンバー W会長、Iさん、F

日程
3月17日 19時 県庁 西庁舎駐車場集合  W会長の車で広野ダムへ
テント泊  3月18日 美濃俣丸 登山
広野ダムの奥は今日現在除雪されていないとのことです。

無事下山しました。
天候も良く山頂からは両白山地の山並みがとても美しく3人で魅入りました。山頂直下は急峻で緊張感ありましたが何とか登ることができました。取り急ぎの報告ですので後日写真記載します。別のページで公開。
メンバー:W、F、報告:I

 今回の山行は3月の月例会終了後F氏と話していてトントンと話がまとまった。
この山を知って10年近くの月日が流れていたがこんな形で登山が決まりそれも山スキーでなくスノーシュウを購入して行くなんて私自身想像もしなかった展開だった。3人で立った山頂は懐かしい山そして更に憧れる山々大パノラマでした。
3/17 19時 県庁西庁舎集合
 一宮ICより今庄へ向かう。ナビの活躍よろしく暗闇でも広野ダムまでスムーズに着き、満天の星空の下、トイレ手前の高台の公園にテントを張った。いっぱい山の話もしたいのでちょっとだけ食材を用意して宴を持った。日付が変わりそうになって寝ることとした。
3/18 4:30起床
 車はこの先除雪されていないのでトイレ脇に止めて6時出発 
日野川出合6:35 二ツ屋導水施設6:50 すぐ上流で鈴谷川右岸に渡る、鈴谷橋7:00 1本取って今後を協議する。取り付きたい尾根を仰ぐ地点であるが急斜面で雪もないのでしばらく尾根に絡む林道を進み標高500の林道がヘアピンカーブするところから尾根言取り付くこととした。ここでもF氏のガーミーが威力を発揮した。7:40ヘアピンから急斜面を藪に摑まりながらひと登りで尾根に立つ、やがて雪が付いてスノーシュウで快適に高度を上げ、開けてくると912mが近い9:05 尾根筋は明瞭、快適な登り、目指す美濃又丸も視界にある絶好の登山というこのタイミングで情けなや、また脚がつり始めた。本当にダメかと思い先行する二人に頂上を目指して行動していただくように告げる場面もありましたがなぜか復活していった。振り返ると眼下に広野ダムが常に有り、あそこから登って来たの感賞に浸る。10:15 1115mの雪の平に上がると右手の三周・黒壁が立派だ。
 1150からの登りは南側に回り込んで急斜面を行くが1ピッチ分だが冷えてカチカチだったらピッケル・アイゼンが欲しいかもしれない箇所がある。ここを抜ければ頂上へひと登り、霧氷の落ちた斜面を登り切ると広い美濃又丸山頂である。11:10
北側は私の山知識でははっきりと山が断定しにくかったが東と南はよくわかる。
 何と言っても三周・黒壁の存在感、そして烏帽子、蕎麦粒山はずんぐりと、ならば見えているはずと目を凝らすと天狗山が確認できた、左は先回も未登で終わった黒津山だ。この二つは先回の登山中に同じ方角から眺めていたから形がしっかり分かって間違いない。今こうして山並みを思い返すとあんなに眺めていたのにもかかわらずもっと見ておけば良かったと後悔している。11:30下山、
 上部は固めなのでキックステップが快適だった。スノーシュウは滑らないスキーを付けている様で怖くて履かずに下ってきた。登った道をそのまま下り林道に降り立ち、雪の林道を広野ダムへと向かった。私はこの林道がしんどかったな~。15:50広野ダム着
3人で登れてよかった! 憧れの美濃又丸はやっぱり素晴らしい山でした。報告:W

          
関連記事
[ 2018年03月19日 08:10 ] 福井県の山 | TB(0) | CM(0)

曽良山(鶴岡山、西山)を歩く

 猿投山を登り終えるとまだ10時過ぎだった。帰名するには早過ぎるので、入湯と兼ねて曽良山へ向った。曽良山は愛知県側は西山と呼ぶ2等三角点の山。西三河では最高峰になる。岐阜県側も昔はまだ整備されず、測量櫓の建つ素朴な山頂であった。
 R419に戻り、岐阜県を目指す。途中県道354に左折。県境で県道11号になり、R363に合流。バーデンパークはすぐだ。曽木公園を右へ右折し、大草の山里にある曽良山の道標に従って山道を走ると舗装路の終点になる。先も走れそうだが未舗装で路面が荒れているので畑仕事の人に断ってここに置く。
 11:55に出発。林道を道なりに歩くと3人連れとすれ違った。30人パーティだが足の故障で引き返したとの話。林道から分かれて広い山道を登る。途中で林道に3か所位寸断されている。山道が沢沿いの道になれば道標であと20分とか10分と出てくる。鞍部を経て右へ緩やかに登ると12:30.山頂だ。
 眺望は左から猿投山、折平山、アンテナの林立する三国山である。12:45.休んだら元の道を戻った。バーデンパークに入湯して帰名した。


愛知県の山であるが、岐阜県側からの方が登山道がよく整備されている。また2本もあって変化に富む。温泉に入れることも良いので岐阜県の山として扱った。ガイドブックは『分県登山ガイド 愛知県の山』に収録されている。


 
関連記事
[ 2018年03月18日 21:15 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

猿投山 豊田市北一色町の尾根から登る


 地形図に破線のない豊田市北一色町の尾根を踏破してみた。1本は最高点の632mから北東に伸びる尾根を登りにとった。もう1本は最高点と三角点の間にある630mのピークから北東に伸びる尾根を下った。
 北一色町へはR419から県道に左折。飯野川の手前で左折するとあとは1本道になる。奥深くまで走ると舗装が切れる。そこが終点になっているが、まだ未舗装の林道が二手に分かれる。
 8:04.標高300mの地点にクルマを止めて向って右(南西)へ歩きだす。5分で林道が分かれるが左へ進む。8:11.すぐの終点に山の神の石碑が建っている。ここから渡渉して尾根に取り付く。しばらくはジグザグの急登が続く。8:17.450mの等高線の尾根に着く。ここからは薄い踏み跡をたどる。枝道があるが尾根通しに登る。周囲は桧の植林であるが常緑樹が混じり日がささず若干薄暗い。8:40.我慢して登るうちに先回の分岐に着いた。直進すれば分岐で左折して最高点になる。
 今日は先回と反対に東尾根への巻道を歩いた。9:01.東尾根分岐に着く。左は東の宮の道標あり、東尾根を直進する。するとすぐに右へマーキングが目立つように見える。このルートが最高点への踏み跡だった。9:15登頂。下から約1時間強かかった。すぐに東の宮に下り、東海自然歩道を三角点に向う。地形図で630mの等高線の無名のピークに登る。良い踏み跡が続く。9:36.山頂にはベンチが設置されて展望台になっている。遠望は恵那山、左へ中ア、御嶽が並ぶらしい。
 踏み跡は北東へ細々と続き赤テープやペンキなどのマーキングに助けられて沢の右岸に下った。堰堤工事のための林道の廃道を下った。地形図には水線も実線も描かれていないが堰堤の記号はある。実線のある林道と交わると右折。しばらくで車止めだった。10:15だった。
関連記事
[ 2018年03月18日 20:39 ] 愛知県の山 | TB(0) | CM(0)

沼津アルプス下山しました

沼津アルプス 無事に予定の山を歩き下山し帰名の途についてます。

富士山も またまた見えましたし
うぐいすの初鳴きを聴きながらの
アルプス縦走 急なアップ ダウンの連続
服 一枚でも 暑かったです。

 沼津市のHPから転載
 「沼津アルプスとは香貫山から南へ横山、徳倉山、志下山、小鷲頭山、鷲頭山、大平山と続く山稜線を地元の愛好会が整備し、名づけたもの。標高は一番高い鷲頭山でも392mと低山ではあるが、起伏が激しく鎖を伝って歩くところもあるので、登山用の装備が必要だ。
 沼津アルプスはなんといっても、眺望が素晴らしい。山稜線まで登ると眼下に駿河湾を見下ろし、北には富士山がそびえる。まさに大パノラマだ。また、春は桜、秋は紅葉も楽しめ、何度も来てみたくなる。
香貫山から大平山まで踏破すると約6時間30分かかるが、各峠に逃げ道もあるので、自分の体力と相談しながら、距離を調整するのもよいだろう。
※公衆トイレは香貫山に2箇所、大平御前帰に1箇所の計3箇所。
※ハイキングをされる際は、落石や切り株がありますので、足元にご注意下さい。
※横山峠西側登り口付近にて、砂防ダム建設工事にため、大型車両が通行します。ご注意下さい。」
関連記事
[ 2018年03月18日 19:45 ] 静岡県の山 | TB(0) | CM(0)

南八ヶ岳 赤岳

日時 3/14(水) 3/15(木) メンバー I
ルート 
3/14(水) 名古屋⇔諏訪南インター⇔美濃戸口駐車⇔美濃戸⇔北沢⇔赤岳鉱泉(泊)
3/15(木) 赤岳鉱泉⇔行者小屋⇔地蔵尾根⇔赤岳展望荘⇔赤岳山頂⇔文三郎道⇔行者小屋⇔南沢⇔美濃戸⇔美濃戸口⇔諏訪南インター⇔名古屋
3/14(水) 15(木) 赤岳無事下山しました。
とても暖かでした。素手でアイゼンの脱着をしても平気、全然冷たくないです。
初日の美濃戸口から美濃戸、赤岳鉱泉までの間は、暑いので上半身は半袖Tシャツ1枚で歩きました。
雪は少なめでした。一昨年に訪れた時は、文三郎道からの山頂直下のハシゴ2本は雪の下でしたが、
今回は出ていました。雪に覆われている方が簡単に登れて楽ですね。
雲はそこそこありましたが、360度の眺望に恵まれ、富士山、御嶽、乗鞍、南、中央、北アルプスのすべての山々が見渡せました。赤岳からはいくつの百名山が望めるのでしょう?
とても楽しい山行でした。     報告  I
20180316160601f47.jpg


関連記事
[ 2018年03月18日 19:30 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

伴野嶺(6歳)ちゃん 山梨百名山を踏破した保育園児

(ひと)伴野嶺ちゃん 山梨百名山を踏破した保育園児

「山梨百名山」の踏破を先月、成し遂げた。100座目となった杓子(しゃくし)山(1598メートル)の山頂。富士山を見渡しながら「着いた!」と跳びはねた。山ではいつも記念写真を求められる人気者だ。

 挑戦は4歳から。山好きの母、直美さん(43)が、思い出をつくりながら娘の自立心を育もうと始めた。行きつけの飲食店の登山イベントで県が選んだ山梨百名山を知り、嶺ちゃんも興味を持った。足がすくわれる川渡り以外はおぶったり、手を引いたりしない。垂直に近い岩場では、登山ガイドとロープで体を結び、自力で鎖をつかんでよじ登っていく。

 北岳(3193メートル)を軽い足取りで下った時のこと。すれ違った若い登山者に「マジか! 俺、心を入れ替えるわ」と驚かれた。地元山岳連盟の大ベテランも「体のバランスと登り下りの足の着地がしっかりしている」と太鼓判を押す。「怖いと思うから怖くなる」「ゴール手前が一番危ない」。気持ちのコントロールも忘れない。

 瑞牆(みずがき)山など、難しい山の名も読める。お薦めの山は、568メートルの白鳥山。「階段のぼって15分」。ちゃめっけも、たっぷりだ。

 近く、日本三百名山への挑戦を始める。将来の夢は「エベレストのふもとで、じまんやき(大判焼き)」。世界最高峰に挑戦しながら、登山者に温かい大判焼きを振る舞うことらしい。

 (文・写真 平畑玄洋)



 山梨県は名山の宝庫である。それだけにガイドブックも多数ある。山梨百名山は入門編になる。4歳から山を教える親の熱意も大変なものです。嶺(れい)ちゃんという名前も将来は登山をする子に育てようと命名されたみたいに思える。
関連記事
[ 2018年03月15日 16:29 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

猿投山~広沢西尾根から最高点へ、車道を歩く

 広沢天神の傍の白梅が咲いて春を告げる。
 Pは朝8時5分に出発。慎ましい祠を左に見やりながら植林の道に入る。良く踏まれた山道であるので不安なく歩ける。里山にふさわしく微地形の尾根のアップダウンをくりかえす。有志らが整備したんだろう。小さなコブには巻道もついて丁寧なことだ。45分も歩いただろうか。三等三角点猿投2(加納山)309.4mに着いた。若干は見晴らしがある。ここからもやや細い尾根をくねくね曲がりアップダウンをくりかえす。周囲の植生は人工林からいつの間にか自然林に変わっていた。南向きの尾根にはシダ類が繁茂し、照葉樹林がびっしり生えている。冬でも緑緑している。但し、落葉樹の林と違い何も見通せない。落葉も肉厚である。滑落しないように踏みしめて歩く。
 標高が350m、400mとあがると植生がしっかりしてきた。日がささないから林床は地肌が見えている。尾根も太くなり、道幅も広がった。1台のマウンテンバイクとすれ違った。遠くからはモクロスバイクの爆音が聞こえてくる。松の木が増えたと思ったらちょっとしたピークに立った。この手前に右手に分かれる踏み跡もあったが、左へ振った。ピークからは左へ振った。踏み跡があるにはあるのだが踏まれていない。今までと突然違うので引き返し、ピークに立って真下に林道が見えた。先程の分岐で右へ振っても良いが直進して強引に林道に降り立った。林道を右へ戻ると踏み跡が尾根へ続いている。ようやくの想いで豊田市と瀬戸市の市界(尾三国境)に着いた。大きな鉄塔が立っている。しばらくで赤猿峠だった。
 マンサクの花が咲き、遅い春を告げている。
 ちょっと休んで最後の登りになった。さっきまでの道と違い、断然ハイカーが増えた。いつ来ても多い。山頂まで一気に登って昼食。また歩き出す。尾根への踏み跡があったので登ってみるとただのピークで見晴らしが良かった。なおも踏み跡が続いたが北一色に下るので山腹の踏み跡を東海自然歩道に戻った。最高点への正しい踏み跡をたどるとすぐに632mへ登った。先週の逆である。
 最高点からはすぐに東の宮に下った。せっかくなので参拝した。社殿の屋根を仰ぐと千木が交錯する。この千木は内削ぎであった。すなわち女神の意味である。本宮の猿投神社の主祭神はオオウスノミコト、景行天皇、垂仁天皇でみな男神である。謎が残る。
 東の宮を後にして自然観察路を下って西の宮に向った。杉の喬木もあって中々に自然が濃い。途中御舟石があり、かえる岩からの道が合流する。西の宮に着いた。この社殿の千木は外削ぎで男神である。オオウスノミコトは男性である。これは理解できた。長い急な石段を下ると車道であった。今日は武田道はパスして車道を下った。武田道とは武田信玄のつくった道???と誤解していたが武田王がいる。ヤマトタケルの皇子というが良く分からない。
 東の宮、西の宮はともに南西に位置する伊勢神宮の方向を向いているように建てられていると思った。その延長線上にアマテラスの胞を埋めたという恵那山がある。ほぼ一直線になる。
 広沢川は花崗岩の美しい沢だった。ただ魚影はない。魚のいない川は淋しいのでニジマスでも放流して欲しい。途中に武田道という大きな看板のある道標を見た。これが入り口らしい。長い林道を歩いてやっと広沢天神に戻った。約7時間超の長い山歩きを満喫した。
 
関連記事
[ 2018年03月11日 23:55 ] 愛知県の山 | TB(0) | CM(0)

北海道の8人遭難死、不起訴 元社長ら、09年トムラウシ山

北海道の8人遭難死、不起訴 元社長ら、09年トムラウシ山
2009年7月に北海道・大雪山系トムラウシ山(2141メートル)でツアー客7人とガイド1人の計8人が死亡した遭難事故で、釧路地検は9日、業務上過失致死傷容疑で書類送検された旅行会社の当時の社長(58)とガイド2人の男性計3人を、嫌疑不十分で不起訴とした。ツアーのリーダーで、死亡した男性ガイド=当時(61)=も被疑者死亡で不起訴とした。

 地検は社長の処分理由を「ツアーの安全対策は、同業他社と比べて一定の合理性があった」と説明。生還したガイド2人については「リーダーへの助言義務を尽くしていなかったとまでは認めがたい」とした。
以上
NHKニュース(動画あり)
トムラウシ遭難 ガイドら不起訴
9年前、大雪山系のトムラウシ山で登山ツアーのグループが遭難して8人が死亡した事故で、釧路地方検察庁は、業務上過失致死傷の疑いで書類送検されていた山岳ガイド3人と、ツアーを企画した旅行会社の元社長の合わせて4人について、全員を不起訴にしました。
9年前の平成21年7月、大雪山系のトムラウシ山で、東京の旅行会社の登山ツアーに参加した中高年の登山客など18人が悪天候のため遭難し、ツアーリーダーの山岳ガイド1人を含む男女8人が低体温症で死亡しました。
警察は天候の悪化が予想されたのに登山を強行したことが事故につながったなどとして死亡したツアーリーダーなど山岳ガイド3人と旅行会社の50代の元社長の合わせて4人を、去年12月に業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。
これを受けて釧路地方検察庁は、ツアーを中止するかどうかを最終的に判断する責任はツアーリーダーにあったとしたうえで、同行していたガイド2人と元社長について、起訴するだけの証拠がないとして不起訴としました。
ツアーリーダーは死亡しているため不起訴となりました。
以上
 ツアー会社の引率による登山の遭難は自己責任、プロの登山ガイドの引率での遭難は登山ガイドに責任がある。山岳会や仲良しグループで登山する場合も自己責任になる。
 どちらも判断一つである。
 リーダー1人当りの登山客はツアー会社が多い。当然コストを安く、旅費を節減するためである。単独でもやれる力のある人がツアーの企画に乗るということだ。ツアー登山のリーダーを横目に見たがこれだけ多数じゃ全員に責任は持てないと思った。
 一方で、プロガイドを依頼するのは単独で登山乃至登攀する力が無いと自覚する人が雇うのである。リーダーを少人数で独占する分、割高になるのは仕方ない。性格が全然違う。
 不起訴とはいえ、会社は民事責任は果たしていると思われる。
 ツアー会社の年齢制限も70歳までになったそうだ。それでいい。お客として扱えばわがままになる。必要なものすら持参しないお客もいると聞く。水源のない山上小屋で入浴を希望したりする非常識なお客を締め出すいい機会である。
 またプロガイドといえども100%正しい判断はできない。間接的な知人のプロガイドは3月の台湾坊主いわゆる二つだま低気圧を回避できずに北アルプスの稜線でつかまり、お客2名を守るために必死で雪洞を掘った。お客は無事だったがガイドは死んだ。美談というより無惨である。お客様であっても悪天候は容赦なく襲う。やっぱり、やばいぞ、と思えば引き返すことだろう。
関連記事
[ 2018年03月10日 00:13 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

蔵王山の読み方併記認める

蔵王山の読み方併記認める
7日から地理院HP記載
 白石市は6日、宮城、山形の両県にまたがる蔵王山の呼称で、「ざおうざん」と「ざおうさん」の併記を求めた国土地理院への申請が認められたと発表した。
 同市と蔵王、川崎、七ヶ宿の3町、山形県の山形、上山市の計6市町が2月8日に山形市内で開いた「蔵王サミット」での合意に基づき、同院に地名訂正申請書を提出していた。同院の地図では従来、「ざおうざん」と記載されているが、同市民の間では「ざおうさん」の呼び方に慣れ親しんでおり、同市側が両県の関係市町に、呼称の変更を要望していた。


 同院は公式ウェブサイトできょう7日から併記し、刊行物については刷新する際に併記する予定だ。
8日に3年ぶり蔵王サミット 山形、6市町が呼称など協議
・・・・わずかな違いとはいえ、呼称の混乱は災害時に困るとの見解。
そうだ、木曽の御嶽山も、表記が御嶽、御岳、御岳山、御嶽山などがあって混乱していたが2014年の噴火で統一されたと記憶している。この他にも山をさん、またはやまと呼称する。或いは御在所と御在所で結ぶ混乱もある。
関連記事
[ 2018年03月09日 22:54 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

富士山でスラッシュ雪崩が発生


富士山でスラッシュ雪崩が発生
5日に降った大雨の影響で、同日午後3時50分ごろから4時すぎにかけて、富士山西側の通称「大沢崩れ」付近で大規模なスラッシュ雪崩が発生していたことが分かった。国土交通省富士砂防事務所(静岡県富士宮市)が大沢川の標高2200メートルと同1500メートル付近に設置している監視カメラに映像が記録されていた。

 同事務所によると、スラッシュ雪崩は、降り積もった雪が多量の降雨によって水を含んだシャーベット状になり、地面の土砂とともに沢などを滑り落ちる現象。気温が急激に上昇してまとまった雨が降ると発生しやすくなり、富士山では毎年1~2回ほど起きているという。

 発生現場は富士山中腹のため、人家への影響は考えにくいというが、同事務所では「念のため渓流などには近づかないで」と登山者らに呼び掛けている。

スラッシュ雪崩の定義
関連記事
[ 2018年03月06日 22:48 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

大川入山 無事下山

3/4(日) 大川入山 無事下山しました。
三人ともスノーシューを履いて、あららぎ高原スキー場を8時45分頃出発。
とても暖かく、雪は少し少なめですが、何とかスノーシューで歩ける量はあります。
恩田大川入山と大川入山の分岐に着く頃には、濃いガスがかかって来ました。
大川入山の方へは踏み跡がありません。
このガスの中では、私の技術では方向を失いそうで大川入山は断念。
踏み跡もあり、尾根の通りに行けば良い恩田大川入山を目指すことに。
しかし、進むにつれて増々ガスは濃くなり、恩田も断念。
引き返しました。残念です。
I川さん、K本さん、どうもありがとうございました。      報告 I

関連記事
[ 2018年03月04日 22:02 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

猿投山~東尾根から武田道周回

 朝8時、猿投神社登山口の駐車場を出発。車道を若干歩いて猿投川の支流にかかる橋を渡って右折。しばらくで左の尾根へと導く目印を見て一歩を踏み出す。尾根は277mへ登り、小さなアップダウンをくりかえす。途中、春の鳥が盛んに鳴いた林があった。暖かいので鳥も勘違いしただろう。植生は若い桧の植林に下生えの照葉樹林が混じる。尾根は猿投川の左岸に沿いながら徐々に高度をあげる。360m付近で一旦車道に出てすぐにまた尾根に戻る。傾斜がきつくなり山道は左右に分かれる。左は東宮へ、右は最高点の直下で550mの等高線を巻くように続いている。最高点の北東尾根に達した。左右に赤い印があるが左折する。右折すると北東尾根を北一色へ下る。やがて三叉路に着く。北一色への標識が立つ。左折するとまもなくで最高点632mだった。10時30分だった。良い道が下っていくので見てみると屋根が見えたので東宮であろう。最高点からはもう1つ赤テープの踏み跡があった。これは藪がからみ行き先は不明であるが550m付近の巻道に合うだろう。
 最高点を踏んで三叉路に戻り左折。東海自然歩道に出た。一等三角点の山頂へ向かった。11時登頂。山は霞んで遠くは見えない。いつもの大勢のハイカーでにぎわっていた。小休止の後、水南沢へ5分の標識に従い下ってみた。確かに大岩から湧水があった。そこからの山道は沢で荒れていたが下流で右岸の良い道があった。モトクロスバイクのタイヤ痕があった。荒れ気味の山道をどんどん下って林道に着いた。林道からさらに広沢川の源流に沿う崩壊した林道に合流。血洗いの滝などを眺めながら三叉路に着いた。ここでもまだ11時45分。
 車道を登りながら西の宮の前を通る。今日は参拝をパス。少し登って武田道につながる山道を登った。風化花崗岩の道は崩れ気味である。一旦車道に降りてすぐに登り返す。ここからはほぼ1本道になる。たまたま同じ道を歩いていた人が精通者で城ヶ峰展望台を経て駐車場のすぐ近くの車道に下れた。東尾根の入り口もすぐで周回したことになった。14時過ぎにクルマに戻った。いい汗をかいた。花は東尾根で咲きかけの椿を一か所みただけ、武田道では蝶々を見た。早春の猿投山であった。

関連記事
[ 2018年03月04日 21:55 ] 愛知県の山 | TB(0) | CM(0)

圏外でもOK! 無料で使える登山の“命綱”

圏外でもOK! 無料で使える登山の“命綱”
 山登りを楽しむ人が増えていますが、一方で高齢者を中心に遭難事故があとを絶たず、社会問題にもなっています。事故を防いで楽しい登山をーーーこんな思いをかなえるツールとして人気が高まっているのが、スマートフォンで無料で使える地図アプリです。「YAMAP(ヤマップ)」と名付けられたこのサービス、携帯電話の電波が届かない場所でもGPSの電波を受信して現在地を確認できます。このサービスを手がける福岡のベンチャー企業を経営する春山慶彦さん(37)に、事業に込めた思いや無料のサービスで経営が成り立つ理由を聞きました。(経済部記者 加藤誠)

“登山愛好家の1割が利用”
スマホがあれば、圏外でも自分の居場所がわかる登山用の地図アプリ。誤差は10メートル程度。ことしの末に準天頂衛星「みちびき」の本格運用が始まると、その誤差はわずか30センチまで向上するといいます。

特徴の1つは、機能の大半を無料で使えること。手軽さが人気を博し、5年前のサービス開始以降、ダウンロード数は累計77万件に達しました。日本生産性本部の「レジャー白書」によりますと、日本の登山人口はおよそ650万人。その1割を超える計算です。

ノーアイデア 最初は熱い思いだけ
このアプリを運営しているのは福岡市のITベンチャー。創業者の春山慶彦さんは東京の旅行会社の出版部門に勤めていましたが、「社会の役に立つ事業を地元の福岡から始めたい」という強い思いだけを持って、2010年に退職しました。

しかし、この時点で地図アプリのアイデアはありませんでした。ひとまず、サラリーマン時代の経験を生かして会社案内の作成などの仕事をしていた春山さんに、1年後、転機が訪れます。

趣味の山登りをしていた時、たまたま携帯電話の地図アプリに目をやったところ、圏外で地図が真っ白になってもGPSで自分の軌跡だけは見られる状態を見て、「雷に打たれたような衝撃」を受けたと言います。春山さんは会社を設立。国土地理院から提供を受けたデータをもとに、日本百名山を含む200の山の地図データを作成し、無料で使えるサービスを始めました。

記者: なぜサービスを無料にしたのでしょうか?

春山氏: 日本は山間部が多く、国土全体でみると4分の1程度しか携帯電話の電波が届きません。それまで山登りを楽しむ人は、紙の地図を広げて登ったり、上級者は3万円から10万円する専用のGPS端末を利用したりしていました。これを誰でも気軽に使えるサービスにすれば、登山のハードルが下がり、誰でも大自然のすばらしさを感じられる環境を作れると考えました。

人さえ集まれば…
サービス開始から7か月後には、投資会社の出資も受けて事業を拡大。今では社員20人、地図データを掲載した山の数は4000以上に増えました。

多くの支持を集める地図アプリ。しかし、無料でサービスを提供しているだけでは経営は成り立ちません。春山さんが立てた戦略は「登山愛好家向けのSNS」を同時に運営すること。地図アプリが支持を得られれば、SNSに人が集まり、その広告収入で収益が得られるというわけです。
利用者はSNSに、自分で登った山のルートや所要時間、崖崩れなどの情報やヒヤリとした経験を写真とともに掲載。利用者から寄せられた最新の情報は、地図アプリにも反映されます。こうした情報には、初心者の参考になるものも多いということです。地図アプリのユーザーがSNSを通じて、さらに地図アプリを充実させていくーーーこうした連鎖が生まれています。
記者: SNSの今後の戦略は?

春山氏: アプリを無料にできるのは、SNSの広告収入が支えているということもあり、さらに充実させていきたいです。去年は、入山予定日やルートなど登山計画を簡単に作成でき、家族や知人と共有できる機能を追加し、ことしの夏には、全国の山のレベルを数値化して簡単に把握できる機能も導入する方針です。今後は、オフラインへのコミュニティーの波及が重要だと考えていて、ユーザーの近くにいる登山ガイドを見つけられるマッチング機能を追加したり会社主催のオフ会も増やしたりしていきます。
SNSの閲覧数は月間延べ9600万件。登山愛好者の間に支持が広がったことが、新たなビジネスにもつながっています。保険会社とは、遭難の捜索費用などに充てる登山専用の保険商品を共同開発。食品メーカーとは、登山用のフリーズドライみそ汁を開発しました。将来的には、登山に関わるあらゆる商品やサービスを視野に入れて成長の可能性を探っていきたいということです。

思いを形に 広がる可能性
携帯電話が圏外になっても地図が使えるという特徴に、各地の自治体も注目しています。福岡市や噴火があった鹿児島県の口永良部島には、避難所などがわかる防災マップの提供を始めました。8年前、「社会の役に立つ事業を」と地元に帰った時の思いを、見事に実現させた春山さんの今後の動きに期待です。
以上
猿投山で検索すると
ヤマレコの記事が多数ヒットするが、ヤマップとの違いは何だろう。
YAMAPの例
猿投山・物見山2018/02/24(土) 19:51 更新愛知
サービスで謳う無料アプリとはいうが、必ずしも完全に無料というわけではない。サービスが濃厚になれば2段階で有料になる。世の中にうまい話は絶対にない。

YAMAPは要するにスマホ全盛時代の今、若い登山愛好者をSNSで囲い込んで行こうという新手のビジネスである。

従来からの山岳会はもはや若い人を取り込めなくなった現在、上部団体の日本山岳協会も日本山岳・スポーツクライミング協会に変更せざるを得なくなった。高校生クラスの若い子らはウォールクライミングにはとても興味を持っているからだ。
SNSで簡単に仲間を募って山に行くのが今風のスタイルである。集会もなく、会報発行もない、デジタル上、インターネット上で完結する。あるいはクウウドクラブとでも言えよう。
仮想通貨が雨後のタケノコのように発生して話題になったが、正式な通貨とされる円だって不換紙幣なのだ。政府の信用で流通している。山好きな人間同士の交流が紙や対面から仮想に変質したのである。ヤマップは仮想山岳会である。情報以外にもオフ会を催してつながりを強める。
関連記事
[ 2018年03月02日 12:34 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

「沖縄で増える山岳遭難 背景と対策は」



シリーズ「深掘り!まちの疑問」。今回のテーマは山の遭難についてです。
本土と比較すると、沖縄は高い山がないので遭難することはないと思いがちですが、実は去年から今年にかけて県内では山での遭難事故が増えているんです。
増加する背景と、対策について取材しました。



やんばる遭難 最多 「ガイドなし登山やめて」 国立指定で入山増
 【北部】ことし8月以降、北部地域で発生した遭難事故が6件で過去最多となった。国頭、大宜味、東のやんばる3村の一部が昨年9月に国立公園に指定されてから軽装やガイドなしで山に入る人が後を絶たないのが要因だ。3村は来夏の世界自然遺産登録を目指しており、登録後はさらなる観光客増が見込まれる。遭難者の捜索にあたる国頭地区行政事務組合消防本部は、入山する際の危険性を訴え、注意を呼び掛けている。
■過去最悪ペース
 国頭消防本部によると、8月20日から10月14日までで6件の遭難事故が発生し、捜索活動が行われた。8月20日、国頭村奥間の大国林道で本島中部から水をくみに来た70代の男性が行方不明になった。家族と離れて山の中に山菜を採りに行ったところ、帰り道が分からなくなり、山を越えて反対側の国頭村安波で見つかった。米軍北部訓練場内をさまよっていたとみられる。

山の中に入って遭難したフランス人の捜索から一夜明けて朝から捜索に向かう国頭消防本部の隊員ら=7日、国頭村
 日をまたいで発見される場合もある。25日は本島南部から訪れた70代男性が国頭村奥の細道を散歩中、行方不明となった。夕暮れ時から捜索を始めたが見つからず、午前0時近くにいったん打ち切られた。翌朝午前8時から捜索を再開し、11時に発見された。右手に切り傷を負っていた。

 10月6日には20代のフランス人男性2人が国頭村比地の山中で道に迷った。夜間の捜索は二次被害の危険があるため、午後11時半に打ち切られたが、翌朝に発見された。指揮本部から救助された場所まで救助隊が歩いて約1時間かかった。

 国頭消防本部の辺土名朝英消防長は「今までこんなに発生したことはない。昨年はほぼなかった。過去最多だ」と指摘する。やんばるの森は広く深い。携帯電話の電波がつながらない場所もある。「いったん入ると自分たちでも迷う。夜になると暗闇で見えなく、崖も川もあり危険だ。ガイドなしの山登りはやめてほしい」と訴える。
■地元も対応苦慮

 国頭村観光協会は、個人での入山を勧めない。協会の金城元樹さんは「道は整備されていないしアップダウンも激しい。行き止まりも多く地図を持っていても道は分かりづらい」と話す。「下調べもなくあやふやな知識で山に入ると事故につながる。事前に協会に連絡してくれれば、ガイドを手配できる」と呼び掛ける。奥では集落の住民も一緒になって地域総掛かりで捜索したケースもある。奥の糸満盛也区長は「夜は遅くまで朝は早くからで大変だった。山に慣れていない人は、絶対に道は分からない。入山記録をつけるなど、3村でルールを作っていかないといけない」と話した。(阪口彩子)
与那覇岳-沖縄県の山

以上
 地形図やコンパスを持たずに入山すれば迷う。迷った人は何も調べていないのかな。ルートファインディングは低い山ほど難しいものです。標高で難易度を考えたらまちがい。実際千葉県の房総半島の山でもちょくちょく道迷いが起きている。地形図を見て方向をチエックしながら歩くこと。踏み跡がしっかりしてても自分の顔に枝葉がひんぱんに当ったら道間違いを疑うこと。けもの道や使われていない作業道かも知れません。間違った人が間違いに気づいて戻るから踏み跡は濃くなる。それがまた道迷いを誘うことになる。
関連記事
[ 2018年03月01日 18:19 ] 道迷い | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR