FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

御嶽山噴火3年 息子の死を風化させない

ソース:御嶽山噴火3年 息子の死を風化させない
ニュース画像
WEB特集 御嶽山噴火3年 息子の死を風化させない
9月27日 19時50分
死者・行方不明者63人。「戦後最悪の火山災害」となった御嶽山の噴火から27日で3年がたちました。御嶽山の火山活動は低下し、ことし8月、噴火警戒レベルは2から噴火前と同じ1へと引き下げられました。
今月、噴火で最愛の息子を亡くした母親が御嶽山を見渡せる山に初めて登り、祈りを捧げました。「息子を奪ったあの災害を決して風化させない」。そう決意し山に登った母親の思いを報告します。(長野放送局記者 山田友明)
3年前の9月27日午前11時52分、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が突如噴火しました。古くから山岳信仰の対象となってきた御嶽山ですが、ロープウエーで7合目まで行けるため「初心者でも登れる山」として全国各地の登山者の人気を集めてきました。 当時、御嶽山の紅葉は真っ盛り。土曜日のお昼時とあって、山頂付近では大勢の登山者が景色を眺めたり昼食をとったりして休日を楽しんでいました。 突然の噴火で、山頂付近を中心に登山者58人が噴石に当たるなどして死亡。今も5人が行方不明のままで、長崎県の雲仙・普賢岳の大火砕流の災害を超える「戦後最悪の火山災害」となりました。
以下略。ソースにアクセスすると残りの文と写真が見られます。

*御岳山は今後、大規模な開発をやめるべきだろう。
以下はスキー場開発と噴火や地震を時系列にならべた。
スキー場を開発すると、樹齢何百年の原生林を伐採するだけでなく、根っこをダイナマイトで吹き飛ばす。(以上は地元の猟師から聞いた話)地面に大きな振動を与える。それとともに、普段から水が大地にしみ込むスピードも速くなる。これが水蒸気爆発につながる。
因果関係を学問的に立証するのは難しいが、死火山とされた御岳山が、観光開発が盛んになってから火山活動が活発化している。そして今は活火山だなんて。
 1961年のおんたけスキー場開設から23年後に長野県西部地震が起きた。1984年に同スキー場ゲレンデを標高2256mの三笠山まで拡大して、25年後にこの度の大噴火が起きた。猟師から拡張工事の様子を聞いたのはこの時期である。三笠山までは大径木の原生林が密植していたエリアだった。山スキーで登りには原生林をぬって登ったが、滑降は道路を下った。あの密林をきれいに伐採しゲレンデに均すためにダイナマイトを大量に使って根っこを掘りだす。この時に地面に亀裂が入るかも知れません。
 三笠山と田の原は火口の跡ですから至近距離にある斜面に刺激を与えたに違いない。対策としてはゲレンデを閉鎖して、元あった針葉樹の植林を行うことだ。ゴンドラも撤去した方が良い。
 この度の火山災害は長野県の過度な観光開発競争の犠牲になったのだと思う。
2014年に大噴火  58人死亡5人不明
2007年小規模な噴火
1998年チャオ御岳スキー場開設
1996年御岳高原マイアスキー場開設
1991年小規模な噴火
1989年おんたけスキー場ゴンドラリフト設置
1989年御岳ロープウェイスキー場開設
1984年長野県西部地震
1979年に水蒸気爆発
1961年おんたけスキー場開設
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017年09月27日 23:37 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

中央アルプス・ 西駒山荘で初氷 例年よりやや遅め

 ソース:西駒山荘で初氷 例年よりやや遅め

 中央アルプス・将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)直下の西駒山荘で21日朝、初氷が確認された。管理人の宮下拓也さん(40)によると、例年よりやや遅めで、昨年より20日ほど早い。一帯は紅葉が徐々に進み、秋が深まりつつある。

 21日午前5時ごろの気温は2度。山荘の外に幾つもあるドラム缶の上にたまった雨水が凍った。東の方角には、朝焼けに染まる八ケ岳連峰を望むことができたという。

 山荘は10月9日まで営業予定。宮下さんは「前日からの東風が刺さるように冷たかった。さまざまな草が色づく『草紅葉(もみじ)』が見られる時季から木々の紅葉にぼちぼち移りつつあります」と話している。
 写真説明:西駒山荘のドラム缶上で凍った雨水=21日午前5時45分(宮下拓也さん撮影)
以上
 中央アルプスの2700m級はすでに晩秋から初冬ですねえ。
 登山の装備も防寒、防風に備えることは必須になりました。
 一方で、そろそろ富士山の初冠雪がニュースで流れるころです。
富士山で今秋初の氷点下に。初冠雪はいつ頃?
関連記事
[ 2017年09月26日 10:09 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

鉢盛山下山しました

 鉢盛山、朝日村から登りました。一等三角点の頂上から少し北に行くと見晴らしがよい場所があり、雲に隠れた穂高岳、ちらっと見えた槍ヶ岳、ずっと見えていたが余り見なかった乗鞍岳と展望を楽しみました。林道は道が悪く北折さんの車で有り難かったです。いっしょに登ってくださった皆さんに感謝です。 F
関連記事
[ 2017年09月25日 10:29 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

西濃・池田山下山

 9/23、名神高速の一宮IC付近で3重衝突の事故が発生。その影響で1時間30分遅れて10時30分出発になった。登山口は2年前に開通した大津谷登山口である。登山道の取り付きは急な尾根の一歩から始まる。植林の中の疎林をジグザグを切りながらぐんぐん高度をあげる。たちまち汗がふきだす。しかし、風があるため汗がすぐ冷えて爽やかだ。
 20分したところで小休止。又歩き出すと4等三角点に着く。さらに急登が続く。やれやれの思いで林道の端に着いた。林道を登ると霞間ヶ渓からの車道と合流してこの登山道2.84kmに一区切り。ここからは傾斜もゆるみ稜線伝いになった。宮標石があった。
 車道と並行しながら山頂に向うと車道の終点に有人の売店があった。売店から山頂へもひと登りあった。20分ほどで13時前に山頂に着いた。老夫婦の先着と入れ代ると静寂な山頂になった。展望台は周囲の樹木が伸びて台無しだ。13時15分、早々に下山した。
 大津谷登山道との合流地から霞間ヶ渓へ下山。車道とからみながら下る。途中からは車道と離れて静かな道になった。登山口には15時過ぎに着いた。少ししゃべっているうちに15時30分になり、大津谷登山口に向って車道を歩き始めた。やや登り気味で3km、約30分ほどでマイカーに戻った。
 池田町内に戻って池田恒興・元助父子の墓を探すが見つからず。龍徳寺も墓の案内板も見いだせなかった。あまり力を入れていないのだろうか。池田温泉に入湯して帰名する。
関連記事
[ 2017年09月25日 10:24 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

view 主峰守る難所のドーム 北アルプス・ジャンダルム

ソース:view 主峰守る難所のドーム 北アルプス・ジャンダルム
 降り続く雨。深い霧。稜線(りようせん)に吹き上げる強風。標高3000メートルを超える北アルプス(北ア)は、夏場とは思えない寒さが続いた。

 写真:ジャンダルムへのアクセスが便利な穂高岳山荘。後方は涸沢岳がそびえる =長野、岐阜県境(桐山弘太撮影)

 「ジャンダルム」という欧風の響きに、幼少時からあこがれ、念願の山岳取材に向かった。ジャンダルム(3163メートル)は仏語で「憲兵」の意味。奥穂高岳の南西約400メートルにあり、主峰を護衛するかのようにそびえ立つ。

 崩れやすい岩場が続く縦走路にある難所で、ドームにような形が特徴的な北アのシンボル的な存在。攻略には高い技術と体力が必要とされる。

 山岳事故が多く、平成21年9月には遭難者の救助に向かった岐阜県防災ヘリが濃霧の影響で墜落、乗員3人が死亡した二次災害も起きた。

 山小屋で3日間待って訪れた好天だった。眼前に現れた巨大な岩稜の荒々しさに息をのんだ。


 縦走路の左右は断崖絶壁で、肩幅程度しかない足場に膝が震えた。その上、飛騨側から吹きつける強風で体があおられ、恐怖を感じたため、登頂は断念した。

 穂高岳山荘で20年以上働く中林裕二支配人(45)は「ジャン(ダルム)は見る場所によって形が変わるのが魅力。山荘を1時間ほど下り眺めるギザギザした姿もかっこいいですよ」と教えてくれた。

 下山途中に振り返り見上げると徐々に姿を変えていった。次は自分の足で登頂したい。ジャンダルムへのあこがれが一層強くなった。
(写真報道局 桐山弘太)

以上
ジャンダルムへ行きたし。命は惜しし。数あるバリエーションの中でも難コースである。私もまだ登っていない。西穂から奥穂への縦走でトレースする。確かに事故は聞く。但し、技術のない人は最初から行かない。ちょっとした不注意らしい。例えば、ザックの端っこを岩にひっかけて、転落するとか。鎖,はしごはないので細心の注意を払うことになる。
関連記事
[ 2017年09月17日 21:23 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

県境の能郷白山、欠かせぬチームワーク 山岳警備隊救助訓練同行ルポ

ソース:県境の能郷白山、欠かせぬチームワーク 山岳警備隊救助訓練同行ルポ
北方、揖斐の両署員で構成する県警山岳警備隊の能郷白山方面隊による山岳遭難者の救助訓練が、岐阜、福井県境の能郷白山(標高一六一七メートル)であった。大勢の人が登山を楽しむと予想される秋の行楽シーズンを前に、厳しい訓練に取り組む隊員に同行した。

[写真:山頂で衛星電話の操作法や通信状況を確認する隊員ら=岐阜、福井県境の能郷白山で]はソースにアクセス

 見上げると、垂直に切り立っているようにも感じる急斜面が続く。足を胸の高さまで上げたり、時には両手で岩をつかんでよじ登ったり。十三日の訓練には、方面隊員に加え県警本部地域課で山岳警備隊の指導員も務める逢坂宏裕樹さん(53)ら十一人が参加した。

 県境の温見峠の登山口から山に入った。五分もたたず、呼吸が荒くなる。前日の雨でぬかるむ登山道。三十分登っては休憩を繰り返し、山頂を目指した。途中も、ヘリによる救助が可能な場所をチェックするなど余念がなかった。

 三時間で山頂に到着。休むことなく隊員たちは、衛星電話の操作方法や通信状況を確認した。昼食後に下山開始。救助用の道具を使って、負傷者役の隊員を背負って下山する訓練が始まった。体力を消耗しないように、隊員が全員で交代して背負う。一度も地面に下ろさずに下山することがポイントだという。

 負傷者役の体重は六〇キロ余り。背負わせてもらったが、重くて、まともに立てなかった。進もうと思っても、身体がよろめいた。勾配の険しい道では、ザイルを使い、負傷者役を背負って下りる訓練も。逢坂さんは「誘導やザイルを緩めるなどサポートをする隊員の役割も大切。山岳救助にはチームワークが欠かせない」と話す。(秋田佐和子)
<県警山岳警備隊> 高山、飛騨、下呂の3署でつくる「飛騨方面隊」、北方、揖斐の2署でつくる「能郷白山方面隊」、中津川署でつくる「恵那山方面隊」の3方面隊などで組織する。飛騨方面隊は月に1度、ほかの2方面隊は3カ月に1度程度の頻度で、管内で山岳救助訓練を実施している。

以上
秋山は日が短い。岐阜県の奥深く位置する登山口へはアクセスが長い上に、つづら折れの山道を走ることになるからよほど早く出発して早く下山する必要がある。
関連記事
[ 2017年09月15日 21:51 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

秋田駒ケ岳で火山性地震、4時間に129回 推移に注意呼び掛け

秋田駒ケ岳で火山性地震、4時間に129回 推移に注意呼び掛け
仙台管区気象台は14日、秋田、岩手両県境にある秋田駒ケ岳で火山性地震が通常時より増え、午前8時から正午までの4時間に129回発生したと発表した。他のデータに特段の変化はなく、噴火警戒レベルは「活火山であることに留意」を示す「レベル1」で変わらないが、今後の推移に注意を呼び掛けている。

 マグマや熱水の移動を示すとされる火山性微動は観測されず、地殻変動にも変化はみられない。女岳(めだけ)では14日、高さ10メートルの噴気を観測しているが、これまでと比べて大きな変化はないという。気象庁は15日に火山機動観測班を派遣して調査を行う。

 秋田駒ケ岳では昭和45~46年に中規模のマグマ噴火が起こり、溶岩流が流れた。
以上


 中部では御嶽山や焼岳の火山活動、関東では箱根の火山性ガスが話題になった。東北でも安達太良山の火山性ガスの毒性が知られる。北海道から九州まで日本は活火山とともにある。登山や観光の対象になっている。秋田駒でも活動期にある。名山だけに被害者が居ないことを祈る。
関連記事
[ 2017年09月14日 19:29 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

南アルプス・鋸岳下山届

鋸岳、予定どおり登り下山しました。
戸台に駐車し、最初は戸台川にそって、角兵衛沢出合いまで、
河原や林の中を歩いたりして行きますが、歩きだしてしばらくで三回、
出合いで二回、渡渉が有りますが、覚悟を決めて登山靴のまま飛び移ります。
角兵衛沢の歩行は、今回登山の一番キ―で、ネットを見ても落石を・・・・
の記事で、非常に緊張して入りました。
最初は樹林の中の登山道を行く、次に大きな岩を伝って行く道。
その内に足を置くと、ズルズルと下がって行くガラガラの登山道。
やっぱり角兵衛沢コース、テゴワイ。
角兵衛沢のコルから鋸岳までは、ルンルンの岩を登るコース。
天気に恵まれ、鋸岳、楽しんで来ました。

以上
他に、北アルプスの奥又白池、奥美濃の大日ヶ岳などの報告あり。
関連記事
[ 2017年09月13日 12:58 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

NHK「ゆる山へGO!」は奥三河の宇連山です。

動画は→ゆる山へGO!
5月13日の寧比曽岳に続く愛知県の第2回は東栄町、設楽町、新城市の宇連山になりました。9月9日に放映されました。録画山行は8月21日でした。残暑厳しい時期でしたので数ある滝のうち、棚山の滝を紹介する内容になりました。あとはきのこ、瀬戸岩、ホソバシャクナゲなどを道々紹介しております。
関連記事
[ 2017年09月12日 09:01 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

検証記事:幌尻岳遭難から1週間 川増水「渡れる状態じゃない」

ソース:幌尻岳遭難から1週間 川増水「渡れる状態じゃない」
【平取】日高山脈の最高峰、日高管内平取町の幌尻岳(ぽろしりだけ)(2052メートル)を登山していた広島、山口両県の60~70代男女8人のグループのうち、男性3人が増水した額平(ぬかびら)川で流され、溺死してから5日で1週間。幌尻岳は「日本百名山」の一つで人気の山だが、2人以上が死亡する遭難事故は過去10年、例がなかった。何が起きたのか。登山者の多い紅葉シーズンを控え、関係者の証言から遭難時の状況を検証した。

 事故が起きたのは8月29日午前7時すぎ。平取消防署などの救助活動に同行し、約5時間後に現場に着いた地元山岳ガイドの船越光次さん(69)は「とても渡れる状態じゃない」と直感した。「川は濁っていて(ふだんは見える)底の石が見えなかった」と振り返る。

 幌尻岳登山は「額平川」「新冠」の主に2コースある。いずれも行程が長く、今回事故のあった平取側の額平川コースは中腹の幌尻山荘で1泊するのが一般的。川沿いの道で途中、川を十数回渡る必要があり、上級者でも慎重な判断が必要とされる難易度の高いコースだ。

 一行は前日登頂して山荘に泊まり、下山する途中だった。事故当時、遭難場所の川幅は約10メートルと通常の2倍になっていたという。両岸にロープを張り、体に巻き付けたひもを命綱にして川を渡ろうとした。ロープは両岸の樹木に結ばれ、水の流れになるべく逆らわないよう上流から下流へ斜めに張られた。一行は順番に川を渡ろうとしたが、1人が足を滑らせて水中に没し、助けようとして川に入った3人のうち2人も水にのまれた。

 現場を見た船越さんは「ロープが緩み、たわんでいたのが気になった」と言う。緩むと人が渡る際、水流で下流へ押しやられ、V字形に伸びやすくなる=図=。「川に張るロープはビーンと強く張らないと駄目だ。(緩んでいると渡りの後半で水流に逆らって進む形になり)水圧をもろに受けたのではないか」と推測する。

 一方、川の水深も2倍になっていた。通常は50センチ前後だが、当時は約1メートル。水深が膝上になると、体にかかる水圧は急に増す。額平川コースから50回以上登頂している山岳ガイドの横須賀邦子さん(66)=江別市在住=は「水の力を甘く見てはいけない。水深がへその上になると足が浮き始め、極めて危険だ」と指摘する。死亡した3人と一緒に登山していた60代男性は、警察の事情聴取後、「前日の往路で渡っており、この日の流れは速かったが、大丈夫だと思った」と言葉少なに話した。

 額平川は渓谷が深く刻まれた地形のため、雨が降ると一気に増水しやすい。地元の登山者は悪天候時に、そもそも登らないという。幌尻岳周辺は、この日未明から雨が降っていた。関係者によると、グループは29日早朝、山荘で「とどまろうか」との慎重意見も出たが、最終的に全員の総意で出発したという。

 登山計画書では30日に予備日を設けており、出発してからも山荘へ引き返す判断はできた。グループは昨夏も登頂を目指したが台風に阻まれ、今回2度目の挑戦だった。一行は全員が日本山岳会所属でベテランが多かった。前日に念願の登頂を果たし、その達成感が判断を鈍らせたのか。

 静内山岳会の梅庭裕事務局長(59)は「下山を途中でやめる勇気を持つべきだった」と残念がる。(静内支局 升田一憲、加藤祐輔)
以上
図はソースにアクセスすると見られる。
どんなシューズを履いていたのか、個人のロープはどうなのか、など記事では分からない。
ある山岳関係者がトムラウシの死亡事故を個人別に着衣、装備、死因を調査したら警察に個人情報を理由に取材させてもらえなかったそうだ。遭難事故とは登山のミスである。記事ではパーティーの判断のミスに傾いているが、原因調査をしっかりするべきだろう。
関連記事
[ 2017年09月07日 21:44 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

木曽水系岩倉川 本流無事下山

木曽水系岩倉川 本流無事下山しました。
1回目、2回目と雨で増水したこの沢に恐れをなして引き返したが、通い続けた甲斐あってやっと登れました。
通ってみるもんだなぁ~!  素晴らしい天気に恵まれて「過去の敗退も無駄にはなっていない!」そんな1日でした。

花崗岩の綺麗な沢でキラキラ流れる水、エメラルドグリーンの淵に酔いしれながら要所でロープを出し、
シャワークライムや小さな泳ぎを楽しんで参りました。
沢を終え毎回入る柿其温泉に足を運びましたが湯船から眺めた秋の空は青く高かったです。
     沢登りは楽し!

以上
管理人も膝痛をかかえながら2年ぶりの沢登りに参加しました。何とか無事に遡行を終えました。大腿筋の鍛錬でここまで復活できました。65歳くらいから急速な筋力の衰えがあった訳ですが、膝痛を体重増が原因と考えて無理な減食と減量をした結果、5月半ばに発病し、4日ほどですが緊急入院のはめに陥りました。その後、反省して、3日に1回のポタリングで往復15kmから30kmを走って大腿筋の鍛錬に努めた結果、見事な成果を見ることができた。
登山で流す汗は気持ちの良いものです。
関連記事
[ 2017年09月04日 10:05 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR