FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

役所の防災ヘリ有料化は是か非か? 無謀な登山の歯止めになるのか

役所の防災ヘリ有料化は是か非か? 無謀な登山の歯止めになるのか
 埼玉県が全国に先駆けて決めた県防災ヘリコプターによる山岳遭難救助の有料化が議論を呼んでいる。3月に成立し、来年1月1日に施行される改正条例は「受益者負担」を明確に打ち出すことで無謀な登山の抑止を狙うが、登山客らを迎える地元関係者からは「まずは遭難させない工夫をすべきだ」などと反発の声も上がる。運用に当たっては多くの課題が残されているとの指摘もある。

 改正条例は、埼玉県内の山岳で遭難し、県防災ヘリの救助を受けた登山者などに手数料を求める。改正案では、手数料は燃料費を基に算出、おおむね5万円程度(1時間当たり)と想定された。現在は県が、実際の運用規則の検討に入っている。

 改正案の検討は、平成22年7月に秩父市の山中で起きた県防災ヘリの墜落が契機となった。事故は遭難者の救助活動中に発生、乗員5人が死亡した。

 改正案作成に深く関わった自民党県議団の田村琢実政調会長は、「危険が潜む山に挑むのは自己責任の側面が大きい。遭難して救助されたのなら受益者負担が基本だ」と指摘。登山者の中には、立ち入り禁止区域に入って事故に遭うなど、モラルやマナーが問われるケースもあるといい、「有料化によって無謀な登山の抑止につながる」と力を込める。

 有料化は登山計画書の提出や山岳保険加入を促す狙いもあるという。
                           ×××

 一方、反論もある。

 共産党県議団の村岡正嗣幹事長は県内の山岳遭難の原因は「道迷い」が多いと説明。「まずは、案内板や標識の設置などを進めることが実態に即した遭難防止策だ」と主張する。

 登山客を迎える地元関係者からは、複雑な思いも漏れる。秩父山岳連盟の清水武司会長は「有料化というが、まずは登山道の整備を含め、秩父の山に来てくれた登山者を遭難させないように工夫するのが、受け入れる側の責任ではないのか」と憤る。

 登山道の一部では、木の階段が朽ち果てていたり、岩場に付けられた滑り止めの鎖が更新時期を迎えたりしているという。「仮に、ヘリが県境付近で遭難者を見つけた場合、救出場所の特定などで現場の混乱も予想される。救助されたのが、他県なら無料だが、埼玉県内だから有料といわれたら、救助された側も困惑する。納得は得られるのか」(清水氏)

                       ×××

 防災ヘリの有料化をめぐってはこれまで、他県でも議論されてきた。だが、課題が多いなどとして話はまとまっておらず、埼玉県の取り組みに対する注目度は高い。

 長野県も有料化を検討した過去を持つが、「山岳救助は複数人を助けなければいけない事態も発生する。そういった場合、長野では消防と県警のヘリの連携が欠かせないが、一方だけが有料となれば不公平感が生じることも考えられた」と同県の担当者。
同県防災ヘリの山岳救助の出動件数は平成28年は66件に上っているが、「(仮に有料化されれば)滞納者の対応を含めて、徴収業務が相当大変になることなども予想された」(担当者)といい、多くの課題があったことをうかがわせる。

 山梨県でも今年4月、有料化を検討するかどうかについて議論されたが、「課題が多い」などとして話は進まなかったという。

 「有料化で本当に救助の必要な人が要請を躊躇(ちゅうちょ)するといった問題が生じてはいけない。埼玉県の取り組みなどを通じ『有料化は無謀な登山の抑止になるか』といった実効性を注意深く見極めていく必要がある」と山梨県の担当者は話す。

                       ×××

 専門家はどうみるのか。

 静岡大学教育学部の村越真教授(山岳リスクマネジメント)はこう語る。

 「リスクの伴う登山は本来、自己責任の下で行うべきだが、山岳救助の現場では安易な救助要請も散見される。山岳救助における防災ヘリの有料化は『登山者の負うべき責任』を考える一つの材料になり得る。有料化を機に、登山者が自己の安全をどう守るかを考えてほしい。ただ、山岳事故には不可抗力が原因で起きるものがあるのも事実だ。有料化だけでなく、山岳事故、山岳遭難を防ぐための啓発活動を同時に行っていくことも非常に重要といえる」
 山岳遭難に詳しい関西大学名誉教授の青山千彰氏(危機情報論)は、有料化に懸念を抱いている。

 「確かに、擦りむいた程度のけがで救助を求めるといった『ずさんな実態』がないわけではないが、こうしたケースはごく一部だ。多くの登山者はアクシデントに見舞われても『なんとか自力で下山しよう』と救助要請をためらう。登山事故の中には外見から疲労などの症状の判断が難しく、休憩中に命を落とす事例もあり、安易な要請であったかの判断は実は難しい。有料化が本当に救助が必要な人の行動にブレーキをかけ、命を危険にさらすことにならないか懸念が残る」

 有料化は是か非か。議論が続いている。
以上
 隊員が実際に救助に行くと、要請した覚えはないと、拒絶されるケースもあるという。登山のリスクについての啓蒙活動が必要と思われる。これは自治体では無理だ。各県の山岳連盟や組織的に大きな山岳団体と組んで行くといいのではないか。
 また、遭難を分析して、安易な登山道開削や林道開放が原因になっていないか、検討するがよい。観光施設も登山者には利用させないようにして、不便にすることで安易な登山者を締めだせる。
 また、厳冬期の北アルプス、冬富士などのバリエーションは救助の必要はない。沢登り、岩登りも同じで、救助に行く方が危険だ。
 そもそも埼玉県の有料化は救助ヘリの墜落事故がきっかけとなった。
奥秩父4重遭難の残酷
この記事を読むと埼玉県側のショックは遭難者側よりも大きいと思う。遭難者は自己責任だが、埼玉県の救助ヘリは仕事である。
救助活動になれたチームならいざ知らず、出来合いのチームで訓練もしていないから事故になった。殉職したパイロットらのためにも山岳遭難に歯止めを入れたい意思が感じられる。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017年07月31日 13:28 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

登山中の遭難死原因で多い「心臓病」のナゼ 無自覚の「隠れ心臓病」から突然発症

登山中の遭難死原因で多い「心臓病」のナゼ 無自覚の「隠れ心臓病」から突然発症

梅雨が明ければ、夏の登山シーズンが到来。登山中に起こりやすい病気の1つに「心臓病」がある。40歳以上の人は、自覚のないまま動脈硬化が進んでいる場合があるからだ。山に登る予定があれば、事前の対策、検診をしっかりやっておこう。

 【健常でも血圧上昇】

 登山中の遭難死の原因として、心筋梗塞などの「心臓病」は「外傷」「低体温症」に次いで多い。なぜ、発症しやすくなるのか。藤寿会佐藤病院(東京都荒川区)で登山者検診を担当する川本雅司医師(日本登山医学会認定山岳医、帝京大学医学部教授)が説明する。

 「国内北アルプスの診療所のデータでは、40歳以上の人は入山1~2日で正常血圧者でも47%が高血圧になり、もともと高血圧の人では75%が血圧コントロール不良になると報告されています」

 血圧が上がれば、心臓への負担が増え、ついには心臓自体の酸欠(狭心症や心筋梗塞)を招くという。

 【夜行バス登山は注意】

 国内の別の研究では、登山開始から6時間以内の発症が多いという報告もある。登り始めて体が慣れてくると、疲労や苦痛を感じにくい「クライマーズハイ」の状態になる。そこに脱水が加わることで、狭心症や心筋梗塞を発症しやすくなる。

 「特に夜行バスで行く登山は要注意です。睡眠不足だと、交感神経が優位になって心臓に負担をかける上、登山開始前から脱水になっている可能性もあるからです」

 いずれにしても、自分は健康だと思っている中高年者は注意。いつ狭心症や心筋梗塞になってもおかしくない無自覚の「隠れ心臓病」の人が突然発症するのだという。
「登山中に胸や肩、首が痛くなり、心臓病の疑いがあれば無理に動かず、警察に通報して救助ヘリを呼ぶしかありません。携帯電話が不通なら周囲の登山者にも協力を求めてください」

 【対策は運動習慣】

 登山中の心臓病を防ぐには、事前に普段から運動をしておくことが大切という。隠れ心臓病の人は、この時点で発見につながる。

 「バックパックの登山の運動強度は7メッツ。これはジョギングなら10分以上、スイミングではクロールと同程度です。ウオーキングの運動習慣では足りません」

 ちなみに本格的な登山では8メッツ以上。ランニングでいえば、1時間で8キロ走るのに相当する。生活習慣病のある人は登山前に主治医に相談することも大切。主治医のいない人は登山者検診を行っている医療機関で検査を受けておこう。

 「心臓病の持病があっても登山ができないわけではありません。主治医の指導にしたがって管理をきちんとすれば、ある程度の登山は可能です」

 《登山時の注意ポイント》

 ★睡眠不足での登山はNG

 ★登山中は30分おきに200~250ミリリットルの水分補給を(できれば登山開始前に500ミリリットルくらい水分をとる)

 ★歩く速さは、会話しながら登れるペースを目安に(一番遅い人のペースに合わせるのが鉄則)
以上
登山中の発病は遭難ではない。以前、愛知岳連で山岳医の大城和恵氏を招いて講演を聞いた。その際、心筋梗塞を防止するために、年間14回の登山が有効と伺った覚えがある。
「小屋番の山日記」から
愛知岳連・第17回遭難を考える講演会ー救える命を救いたいー大城和恵氏


日本山岳会のHPから「山での突然死を考える」   野口 いずみ
山での突然死を考える
関連記事
[ 2017年07月21日 20:08 ] 他(傷病、熊、噴火等) | TB(0) | CM(0)

低い山でも遭難多発…準備不足、滑落で死者も

低い山でも遭難多発…準備不足、滑落で死者も
登山ブームの中、首都圏近郊の標高が低い山で重大事故が目立っている。

 いずれも気軽に山を楽しめる「観光地」だが、それ故の準備不足も目立つ。山岳救助のプロは「低い山だからと甘く見てはいけない」と警鐘を鳴らす。

 ◆昨年首都圏で34人死亡

 警察庁によると、昨年の山岳遭難は2495件、2929人と、共に過去2番目に多く、死者・行方不明者は319人。低山が多い首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)に限ると、件数、遭難者数とも5年連続増で、昨年は34人が死亡。今年も遭難は多発しており、最高峰が400メートル強しかない千葉県でも、5月末までに3人が死亡した。

 千葉県富津市の観光地・鋸(のこぎり)山(329メートル)では3月11日、東京都内の男女(いずれも71歳)が滑落死した。富津署によると、2人は正午前に入山。足元の悪い難コース(頂上まで1時間35分)を歩き、午後4時頃に山頂近くで目撃された際は、疲労で足元がおぼつかない様子だった。
以上
首都圏の話とは思えない。全体的に高齢化が進んでいることが原因だろう。赤字で示した事例をみると、わざわざ難コースを選んでいるから初心者ではないはず。昔取った杵柄タイプだろうか。若いころは槍だ穂高だと元気に登山していた人が加齢しても元気に登山を楽しもうということだろう。ところが体は思うに動かず、下山時に滑落した。
関連記事
[ 2017年07月18日 07:32 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

氏乗山下山しました

7月8日の氏乗山の報告です。
鬼ヶ城山の登山口まで車が入れました。鬼ヶ城山までは登山道があり、かなり急登でした。鬼ヶ城山から氏乗山へ続く尾根を辿りました。鬼ヶ城山からいったん下り、下りきった鞍部は両側とも岩の壁で、北側から巻いて通過しました。他に危険なところはありませんでしたが、テープなどの目印はほとんどありませんでした。尾根の変曲点にはKさんが赤布を付けてくれました。籔はありませんでしたが、結構急な登りもあり、苦労しました。念願の氏乗山に会の皆さんと登れました。同行してくださった皆様に感謝しております。F

以上
 非常に渋い山に登れて良かったですねえ。
 1日で2座ゲットしたのも嬉しいじゃないですか。
 平成6年に拙書『ひと味違う名古屋からの山旅』の曽山の項で、こう書いた。
 曽山は「なかなか渋い山頂である。以前、先輩たちが酒を飲むと「曽山」は良かったなあ、詠嘆していたのを思い出した」中略。曽山の展望は「東西・北に得られる。西は雪の中央アルプス全景、北は氏乗山である。ひとくせありそうな山だ。この山も先輩たちの手にかかり、酒のサカナにされている。鈍頂だが、重厚に見える。いつかは登りたい山である。」
 いつかは登りたいと思いながら中々登り難い氏乗山である。しかし、渋山好きのつわものどもは当然に登っている。奥美濃が文献攻めに会い、情報が氾濫する中でも、この山域はまだ静寂を保っている。そっとしておきたい山である。
 名古屋からも日帰りができるとはいえ、高速道路頼みだ。関東からは尚遠い。いつかリニア新幹線が開通すると飯田市にも駅ができる。するとこの山も簡単に日帰り可能になる。静寂を楽しめるのも今のうちである。
関連記事
[ 2017年07月10日 16:18 ] 山行報告 | TB(0) | CM(0)

長野の山岳遭難、上半期は2割増加 夏山シーズンに向け注意呼びかけ

ソース:長野の山岳遭難、上半期は2割増加 夏山シーズンに向け注意呼びかけ(THE PAGE)

 長野県内の今年前半の山岳遭難が増加傾向を見せており、梅雨明けの夏山本番に向け関係者は警鐘を鳴らしています。年明け6か月の遭難件数は前年に比べ20%以上増え、その多くは不十分な装備や技量不足が原因。登山の専門家は「気軽に行けるからという動機だけの登山は危険を招く」と、しっかりした情報収集など周到な準備を求めています。

 遭難は「出発前」の自宅から始まっている?

遭難者は23人増加の126人
長野県内の今年1月1日から6月18日まで約半年間の遭難は、長野県警の調べで106件に上り、前年同期(85件)比で21件の増加。死者17人(前年同期比1人増)、行方不明5人(同4人増)、負傷者59人(同13人増)、無事救出45人(同5人増)で、遭難者の合計は126人、23人の増加でした。

 長野県警が毎週公表している山岳遭難発生状況の「週報」によると、6月11日から18日までの間の遭難は長野県小谷村(おたりむら)と新潟県糸魚川市の境にある雨飾山(あまかざりやま)で夫婦が道に迷い翌日救出、白馬鑓ケ岳の下山途中の滑落・負傷、戸隠山の滑落・死亡、白馬大雪渓の滑落・負傷など9件あり、遭難者は10人。最高齢は82歳でした。

 さらに6月18日から24日までの遭難は再び戸隠連峰西岳で滑落・死亡、北穂高岳から縦走途中の滑落・負傷など6件あり、3人が死亡、1人が行方不明。この中には山菜採りなどで入山しての遭難・死亡が2人います。遭難者6人のうち50~70代が4人を占めました。

原因は転落・滑落が4割弱

 1~6月期の遭難106件の山域別は「槍・穂高」「後立山」など北アルプス関係が45%を占め、八ケ岳連峰は11%でし[写真](上)6月中に滑落など5件の遭難が相次いだ白馬鑓ケ岳(はくばやりがたけ)の現場付近、(下)6月21日、単独登山で滑落・死亡した戸隠山西岳の現場付近(写真はともに長野県警提供)た。

 1~6月期の原因別では、「転・滑落」が最も多い36%。「道迷い」の24%、「転倒」17%と続きます。浮き石に乗り滑落(6月14日・須坂市の山林)、雪上でスリップ・滑落(6月16日・白馬鑓ケ岳)、下山に必要な装備品を紛失、行動不能に(同日・白馬鑓ケ岳)といったケースが多く、県警は遭難統計に添えて「雪渓上の滑落事故では装備品や技量の不足に原因があるものが見受けられた」と指摘しています。

 年齢別では遭難した男性94人のうち40代~70以上の中高年が59人、62%と過半数を閉め、女性の遭難者でも32人のうち40代~70以上は24人、75%と大半でした。

 これまでの遭難でも指摘されてきた疲労などによる「つまづき」や「転倒」などが遭難につながることや、登山者の高齢化傾向があらためて浮き彫りになり、遭難の増加とともに夏山シーズンへの不安な兆候となっています。

登山前の甘い見通しは厳禁

 山岳遭難の対策に取り組んできた長野県山岳遭難防止対策協会講師(ニュージーランド山岳会会員)の丸山晴弘氏(長野市)は、「登山の実力、体力、技術が伴わないのに時間とお金があるから山へ行こうというところに危険が潜んでいます。トレーニングしなくても歩いて行けるからという考え方もあるかと思いますが、登山はまず目的の山や気象の知識、そして事前のトレーニングが大切です」と指摘します。

 かねて「遭難は出発前の自宅から始まっている」と警鐘を鳴らしてきた丸山さんは、無計画や、甘い計画、間違った装備、自分の健康状態や行こうとする山のレベルが問題ないかといった事前の十分な検討を抜きにした状態を「すでに遭難が始まっている」としてきました。
 山岳関係者によると今年の梅雨は雨が少ないため入山者が増えており、7月下旬の梅雨明けで始まる夏山シーズンのにぎわいが早くも予想されています。長野県警は遭難情報とともにネット上で「今シーズンは春先の降雪と、梅雨の時期の少雨が重なって北アルプスは例年よりも残雪が多め。事前の情報収集を行った上でアイゼンやピッケルなどの装備の携行を」と「夏でも雪がある山岳地帯」への十分な準備と心構えを訴えています。

 長野県はこれまで山岳遭難にも出動していた県の消防防災ヘリを3月に事故で失っており、県内の救難態勢は隣接県の支援も必要とするなど困難に直面しています。山岳遭難の増加はさらに厳しい状況を招きかねず、遭難を避ける計画的な登山が期待されています。
■高越良一(たかごし・りょういち) 信濃毎日新聞記者・編集者、長野市民新聞編集者からライター。この間2年地元TVでニュース解説
以上
 観光立県で行くしかない長野県は様々なインフラを整備してきた。標高の高いところまでギリギリに道路を建設して、登山者の利便性を高めた。北アルプスの山小屋は結構多く、インフラ整備は稜線に位置する山小屋を繁栄させる。その一方で、力量のない登山者も急増する。登山者にいくら警告を発しても遭難が増加するばかりならば、いっそ、登山口をもっと下げて、体力のない登山者を締めだしたらどうか、と思う。
 長野県が観光収入を増やしたい都合で遭難者が増えているのか、登山者が本当にレベルが低いのか、それがはっきりする。不便になれば登山者も気を引き締めるだろう。今のように観光登山の延長で奥深い稜線に行けてしまえば気楽に行くことだろう。それが遭難増加につながっているなら哀しいことである。
関連記事
[ 2017年07月07日 13:37 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

那須・雪崩検証 教員の知識不足が指弾された

ソース:那須・雪崩検証 教員の知識不足が指弾された

雪山登山のリスクを軽視した代償は、あまりにも大きかった。

 栃木県那須町で3月、高校生らが雪崩に巻きこまれ、8人が死亡した事故で、県教委の検証委員会が中間報告書を公表した。

 関係者への聴取と現地調査により、事故当日の状況はほぼ解明された。真摯(しんし)に教訓をくみ取る姿勢が関係者に求められよう。

 事故は、県高校体育連盟主催の「春山安全登山講習会」で起きた。前夜からの降雪のため、予定の登山を中止して、雪上を進む訓練に切り替えていた。引率教員3人による判断だった。

 この計画変更について、報告書は「雪山登山の危険性を十分に認識したうえで決定した形跡は認められない」と批判する。教員のうち2人は、大雪に関する気象情報も把握していなかったという。

 雪上訓練は、5班に分かれて行われた。目的や行動範囲は明示されず、ルート選定は各班に任されていた。場当たり的な対応だったと言わざるを得ない。

 報告書は、犠牲者を出した1班の事故直前の行動を、引率教員の証言に基づいて再現している。

 1班は、登ってきた樹林帯を抜けて雪面に出た。教員は、やや急な斜面の手前で「危ないので戻ろう」と指示したが、さらに上方に進みたいとの生徒の希望を聞き入れたという。雪崩に襲われたのは、この約3分後である。

 講習会の趣旨を考えれば、はやる生徒を説得し、安全最優先の行動を取らせることが、指導者の務めだったのではないか。報告書が「毅然きぜんとした態度」を教員に求めたのは、もっともである。

 報告書は、教員らの「雪崩に関する知識が不十分だった」ことも問題視している。

 現場責任者だった教員は、事故後の記者会見で、「経験則から絶対に安全だと思った」と述べた。正しい知見に基づかない経験頼みの判断は、極めて危うい。惨事の重い教訓である。

 報告書は、7年前の講習会の際に発生した雪崩にも言及している。けが人はなかったが、教員や生徒が50~60メートルも流された。

 この事実は、県教委や県高体連に報告されなかった。安全対策を現場任せにしてきた高体連などの姿勢も問われよう。

 スポーツ庁によると、昨年度に雪のある山で登山などを実施した高校・高専は約400校に上る。危険性を認識し、万一の際の備えを十分に講じているか。全国の指導者は自問すべきだ。
以上
関係者の努力でようやく雪崩事故の経緯が見えてきた。
判断力がすべてである。
登山では事故を経験してからでは遅い。
雪崩に遭遇してからではもう命はなくなっているから、経験は役に立たない。
「経験則から絶対に安全だと思った」というが雪崩に遭遇した経験があったわけではないだろう。
この事例も雪山の危険を意識することはなく、漠然と山頂に向かった結果である。
経験も含めて知識を総動員して判断する力が再認識された。

6月20日の愛知岳連でも3件の事故について報告があった。
中でも剣岳で死亡者を出したN山岳会のO会長の報告は苦渋に満ちた内容になった。
現場での判断力の甘さを認識していた。
体力や登攀技術に優れていても判断力がないと、悲惨な結果を招くのである。

但し、N会会員のような百戦錬磨の登山家が遭難死するのは自己責任で済むが、判断力のない生徒を死に招いた今回の事故は猛省してもらわねばなるまい。
関連記事
[ 2017年07月02日 10:20 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR