FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

新刊!分県登山ガイド『愛知県の山』

 東海白樺山岳会の会員が多数取材執筆に参画しています。執筆者8名中6名が会員です。8名中4名は旧版からひきつづき担当してもらいました。新たな4名が加わりました。旧版では11名が分担しましたが退会、死去、高齢化で入れ代りを余儀なくされました。
 2005年の旧版から12年経過し、再度取材して内容を改めました。採用する山座数を減らして主要山岳のバリエーションコースのガイドを増やしています。ページ数は減っていません。これまで登った山でも別のルートから、季節を違えて登りたい向きには便利になったと思います。
 交通アクセスは新東名が開通して奥三河の山々の利便性が増しています。特に県外からの登山者には便利になったと思います。
 6月23日から書店の店頭に並んでいると思います。一度は手にとってご覧ください。
 旧版にも増して愛用されるように祈ります。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2017年06月24日 10:53 ] ガイドブック | TB(0) | CM(0)

奥美濃・上谷山(うえんたにやま)を歩く

 徳山会館から上谷山に登り下山しました。
 徳山会館に車をとめさせてもらい、少し先に手すりのついた歩く道があり、登って行くと碑がありました。徳山ダムに沈んだ村の記憶を刻んだ碑でした。その奥にも手すりのついた歩く道があり、それを登って行くと上谷山へと続く尾根へあがれました。
 ピンクのテープがけっこうあり、踏み跡もはっきりして、迷うところはほとんどありませんでした。頂上に近づくと籔っぽくなりますがそれほどではありません。
 頂上には二等三角点があり、温度計もありました。人には合いませんでした。木に熊の皮はぎの爪痕があったり、熊のフンもあり、熊鈴をしっかり鳴らし歩きました。ほとんど展望はありませんでしたが、ブナの木を眺め気持ちのいい山歩きでした。F

*上谷山と書いて「うえんたにやま」という。福井・滋賀県境のは「かみたにやま」という。
関連記事
[ 2017年06月19日 15:48 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

「クライミング講習会」浜松スクエアークライミングジム報告

グリグリの操作説明をする志水さん

Sさん、ご指導ありがとうございました。
Nさん、車を出していただきありがとうございました。
参加された皆様、お疲れさまでした。とても楽しい一日が過ごせました。また登りましょうねー。     I 報告 

管理人から
わざわざ名古屋から行くだけの価値のあるジムではありましたね。特に高さが約20mくらいはありますから高度感がある。1回終わるとのどがカラカラになったのは緊張感を伴った証拠です。
関連記事
[ 2017年06月11日 20:56 ] 岩登り・クライミング | TB(0) | CM(0)

小川路峠下山届

小川路峠下山しました。
登山道は最初は広くて歩き易かったが、「汗馬沢」を過ぎてからは、崩壊箇所が随所に出て来て、一箇所登山道が大きく高巻きに着け替えられていた。
歴史のある秋葉街道が、歩く人がどんどん少なくなって、荒れて行くのが、ちょっと淋しい感じです。


管理人から
地元では年に1回、「小川路峠へ登ってみよう」の大会が実施されている。私も2014年に参加させてもらった。
紅葉と焼き肉で苦しさ忘れた小川路峠 10/23
この時ばかりは賑わうが後は好きな人しか登らない静寂峡になる。登山口付近は山の動物が里へ下りて来れないように金網で防護柵を張ってあり物々しい。もう少しオープンにやれないものかと思う。
関連記事
[ 2017年06月10日 21:13 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

奥秩父・鶏冠山(とさか)下山届

鶏冠山下山しました。
鶏冠山の登山口は西沢渓谷で、ほとんどが観光客と思われ、その中でも登山者と見える人でも、甲武信ケ岳を目指していて、
鶏冠山はかなり少数派です(この日は数組でした)。
最初の難関、東沢の渡渉は丸太の橋が掛っており、難なくクリア。
取り付いた尾根は、広くて非常に歩きやすい登山道が続き、この時は、何か簡単な山だなーという感じでした。
その内、登山道は急こう配、木の根を掴んで身体を持ちあげる。
チンネのコルから、稜線に出て、岩場の歩き。 トサカの意味が分かる、凄いアップダウンが始まり、
「クサリが欲しいよ」と云う場所やら、クサリがあっても半端で「もう少し長いのをー」
途中の第三高点は、クサリが無くほとんど垂直の壁、僕の技術ではとても無理、迂回路があるのでそれを利用。
(第三高点の頂上には山梨百名山の標柱があるが間違い)
もう少し先に本当な鶏冠山の山頂。何とか、登頂する事が出来ました。
さすが、『山梨百名山』の中でも屈指の難しさ、と言われる山でした。

*山梨県には二つの鶏冠山があります。掲載の山は山梨市にあり、もう1つは甲州市の鶏冠山があります。1716mで黒川山とも言います。こちらの読み方はけいかんざんと言うそうです。どちらも山梨百名山に入る名山です。
関連記事
[ 2017年06月05日 14:18 ] 山梨県の山 | TB(0) | CM(0)

鈴鹿・元越谷 無事下山

元越谷 無事下山しました。
不摂生で体のケアが出来ていないのを考えさせながら下って参りましたが
素晴らしい天気に恵まれて爽やかな空気に触れたこと大満足しています。

前夜発でビヴァーク体験も兼ねて出かけましたが出発が遅くなりました。元越谷のゲートには
沢山の山屋さんが前夜の宴会でこの場所を選ばれたみたいでその車の多さに焦りました。
ツエルトを張りゴソゴソやって眠りに付いたのは12時を回っていました。

翌朝5時起床。 結構冷えました。練習と朝から焚火してました。
S氏は新聞紙で幼い頃の経験から一発でちゃんとした焚火を仕上げました。
おかげで暖かい飲み物ありつけました。
ツエルト泊・焚火と全て絶好の条件ではありましたが久しぶりにやって楽しかったです。
あんなにあった車は何処へ、我々以外1台となっていました。
7時発、7:20入渓、水は冷たく感じました。
元越谷はほぼ毎年沢始めで入渓するので、どこを歩くなど「勝手が分かり過ぎているのもダメかな~」と
この時は思いました。大釜は右からへつり、チョット緊張して、「ウンウン!この岩の感触が沢やな~」。
大滝の手前は右から倒木が有り大滝の景観変わって見えました。
この先、いつもは元越谷の美しさに酔う所でありますが、今回は倒木が多くそれをやり過ごすたびに「あちゃ~!」。
我々はこれら倒木は今年の雪の仕業として進んで行きました。  つづく・・


関連記事
[ 2017年06月05日 14:13 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

南アルプス前衛・入野谷山(いりのややま)

入野谷山(いりのややま)下山し帰りました。
登山口の分杭峠は、ゼロ磁場とかパワースポットで有名で、今日も観光客が大勢でした。
そして、分杭峠は駐車場所が確保出来ないと云う事で、少し手前に駐車してシャトルバスで行きます。
入野谷山は南アの枝尾根にあって、その為、中アの展望は良く、今日も好天気で、
越母から木曽駒にかけての、中アの大展望でした。
参考 伊那市公式サイト
新緑の入野谷山へお出かけください
関連記事
[ 2017年06月01日 00:05 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR