FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

ライチョウのヒナをニホンザルが捕食 北アの高山帯、国内で初確認

産経新聞から
ソース:ライチョウのヒナをニホンザルが捕食 北アの高山帯、国内で初確認
(写真はソースに多数掲載)
長野県は31日、絶滅の危機にひんしている国天然記念物のライチョウのヒナが、標高2800メートルの北アルプス東天井岳付近で、ニホンザルに捕食されているのを国内で初めて確認したと発表した。県の委託を受けてライチョウの生息実態を調査している中村浩志信州大名誉教授らが8月25日に撮影した。

 ニホンザルは本来、高山帯に生息する動物ではないが、近年は餌を求めて標高の高い地域に侵入し目撃される例が目立つ。ニホンザルがライチョウの親鳥を襲うのを目撃したという例は、登山者などにより報告されているが、研究者によって捕食の場面が確認されたのは初めて。

 中村教授らは「サルは肉食もするが、もともとは草食。まさかライチョウを襲うとは思っていなかったので驚いた。サルは群れで行動、学習する動物なので、他の山域のサルにライチョウの捕食が広がれば、大変なことになる」と危機感を募らせている。
以上
ショッキングなニュースです。猿が雷鳥の雛を咥えている写真はさらにショックです。
雷鳥は氷河期からの生き残りといわれます。
人間が近づいても逃げないし恐れないのです。
8/1.~8/2の薬師岳でもすぐ近くで見ましたが雛を2羽連れていました。
人や他の動物を恐れないから襲われる。
ほんとに簡単に捕まえられそうです。
そもそも猿がそんな高山帯に登ってくること自体が何かの異変の象徴かも知れません。
ひょっとしたら人間の造った車道や登山道かも知れません。
長野県は登山者から入山税を徴収する話がありました。
猿を高山や奥山に導かないためにもなるたけ観光開発をしないようにお願いする。
便利にしないことが防止対策になると思われます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015年08月31日 21:21 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

改訂版『一等三角点全国ガイド』刊行!

2015年5月15日刊行。ナカニシヤ出版。

 2011年3月11日は東北地方太平洋沖大地震が発生した日。初期の全国からの無償ボランティアの尽力で復興が進められた。その後政治や行政が本格的に復興に乗り出した。関係するニュースも無くなった。
 この大地震は地形的にも大きな変化をもたらした。緯度、経度、標高も動かしたことが分かった。本書は2011年に発刊された。大地震のあった年である。 それで、初版が売り切れた際に、単に増刷するわけには行かなかったのだ。一等三角点研究会の執筆メンバーはすぐに見直しに取り掛かった。初版以上に手間がかかったらしい。
 そして4年後の今、ようやく上梓となった。復興というのは壊れたものを片付けて土地を整備した上で建物や道路を作り直す。本書も初版を見直したうえで訂正しながら作成した。だから手間がかかったわけだ。改訂版ではなく、改訂新版というべきだろう。
 「発刊によせて」はJAC元会長の齋藤惇生氏が温かく理解のある言葉をお寄せいただいた。2005年の『新日本山岳誌』を編集・執筆していた頃、丁度、齋藤先生(京大医学部卒、産婦人科医)が会長だった。あいさつした際に「一等三角点研究会」の会員です、大槻さんらとも知己です、と自己紹介。東海支部といえばヒマラヤ志向になるが、一等三角点研究会なら三角点志向なのでむしろ「ああ、それなら(編集者として)大丈夫だね」と言われた。一等三角点愛好家の草分け的存在の今西錦司先生の後輩なので会のことは熟知しておられたのだ。
 そんなわけで初版を持っている人も改めて買いなおして欲しいものである。2014年暮から正月休みには南九州の一等三角点ばかり5座を踏んできたが本書(初版)が役にたったことは言うまでもない。
南九州一等三角点の山旅① 清見岳
関連記事
[ 2015年08月31日 09:13 ] ガイドブック | TB(0) | CM(0)

唐松岳~五竜岳縦走は中止


8/21夜、予定通り出発。テント場で仮眠。
翌朝までに降雨があり、山麓の喫茶店から八方尾根を仰ぐも雨雲が揚がって行く気配はないので現地判断で中止にしました。
その後は、北アルプス山麓の木地師村の山村をドライブ。姫川温泉の秘湯を楽しみました。
帰名するにもそのまま去るには名残り惜しくもあって、糸魚川経由でR8、富山経由でR41をドライブして帰名。
富山県の入善町の砂丘の景勝地で1等三角点の園家山17mに登頂してもらい慰めとしました。
その間、北アルプス方面を眺めると常時黒い雲におおわれていました。中止の判断で正解だったと思います。
五竜岳の中止はこれで3回目です。竜は雨や雪を降らせやすいのでしょうか。
教訓として、東シナ海に台風があると中止判断も躊躇なくできやすい。
21日に唐松山荘に電話して聞くと降雨中で当然岩場も濡れている。
太平洋にある段階では経験がなく、実施して様子見しました。
天気予報も毎日変わった。23日は曇り時々晴れなので期待を持たせる。
しかし、山上では降雨が現実だった。
どこでも天気図に台風があると高い山はすでに影響下にあると知りました。
いつかは登頂できると思いますのでこれに懲りずにまたお付き合いください。  N
関連記事
[ 2015年08月23日 14:43 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

西穂高岳

下山報告から

こんにちは。
先日は大変お世話になりました。
念願の西穂高岳に無事に登ることができました。
去年は2回独標に行きましたが、先に進むことができませんでした。
西穂岳の頂上の下りはロープを出していただき、安心して下りることができました。
9月の大キレットは不安ですが、今回の経験をいかすことができたらと思っています。
次回もよろしくお願いします。
以上
小屋番の山日記から
西穂高岳
関連記事
[ 2015年08月11日 17:02 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

「山の日」の歌制作で歌詞を一般募集

スポニチから
ソース:来年から8・11「山の日」 歌制作で歌詞を一般募集

来年から8月11日が「山の日」として祝日となるのを前に、自治体や公益団体などでつくる全国「山の日」協議会は、「山の日」の歌を制作する。「王将」などのヒット曲で知られる作曲家船村徹さんが総合プロデューサーを務め、歌詞を一般から募集する。

 応募は未発表作品に限り、800字以内。締め切りは今年末で、最優秀作と優秀作をそれぞれ2編選び、来春以降、楽曲として完成させる予定。

 はがきは不可。封書で郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記。宛先は〒100―8051。(住所不要)毎日新聞社「山の日の歌」募集係まで。応募フォームからも応募可能。
「山の日の歌」応募フォーム
[ 2015年8月11日 05:30 ]
以上
応募フォームはソースにアクセスする。
どんな歌が生まれるか興味深深です。
山の日は何も登山愛好者のために休日を増やすわけではありません。
「山の日」制定協議会のHPから趣意書をコピペすると
「――「山の日」をつくろう ――
全国「山の日」協議会 設立趣意書(抜粋)

日本は国土の7割近くを山地がしめる山の国です。日本人は、古くから山に畏敬
の念を抱き、森林の恵みに感謝し、自然とともに生きてきました。山の恵みは清流
を生み、田畑を潤してわが国を囲む海へと流れ、深く日常生活とかかわりながら、
豊かな心をも育んできました。

私たちは、愛する日本に、国民の祝日「山の日」を制定することを提案してまいり
ました。「山の日」は山の恵みに感謝するとともに、美しく豊かな自然を守り、
次の世代に引き継ぐことを銘記する日です。山々が身体の健康や心の健康に、欠く
ことのできない国民の財産であることを再確認し、山との深いかかわりを考える日
にしたいと思います。

全国「山の日」協議会 発起人一同」

遠く故郷を離れて都会で働く人にはふるさとの山は心のランドマークになりましょう。
都会生まれには自然の中で生きてゆくことを思い知る機会を与えてくれましょう。
ふるって応募しましょう。
関連記事
[ 2015年08月11日 07:58 ] 山の歌 | TB(0) | CM(0)

ヘルメット着用



昔はクライミングをやる人しか着用していなかったヘルメットですが、今は一般縦走路を歩く登山者でもかぶっているのを見かけます。危機意識が周知されるようになったのでしょう。
信濃毎日新聞から
ソース:危険への備え 広がるヘルメット着用
ヘルメット着用奨励のきっかけの一つになった遭難事故は昨年夏、穂高連峰で起きた。 「しまった」。そう思った時には手遅れだった。手足を乗せ体重を移した岩が丸ごとはがれ、体が宙に浮いた。7㍍ほど垂直に落ち、傾斜45度以上の急斜面を転がった。

 和歌山県橋本市の会社員室井岳男さん(48)は昨年8月27日、奥穂高岳(3190㍍)から西穂高岳(2909㍍)への切り立った岩場を歩いていた。北ア屈指の険しい縦走路だ。フランス語で衛兵を指す岩峰「ジャンダルム」を越えた先で道に迷った。戻るべきだったが、誤ったルートに踏み込み、浮き石に乗った。

 必死にもがいても体の回転が止まらない。ガツン、ガツン…。奥穂高岳の山頂であごひもをきつく締めたヘルメットに岩が当たる音が響く「死」という言葉が脳裏をよぎった。約150㍍転がり、岩の間に挟まり止まった。

 「生きているぞ!」。力いっばい叫んだ。右手は動かず、左脚は膝から首積に曲がっていた。同じルートを歩いでいた登山者が救助要請して、ヘリコブターで松本市内の病院に搬送。手足の靭帯を断裂、左肩や骨盤などの骨折、左膝脱臼の重傷を負った。だが頭のけがはなく、一命を取り留めた。

 高校山岳部から30年余の登山歴がある。「ヘルメットは重く」岩登りで着用するもの。縦走登山でかぶるのは格好悪い」と考えていた。しかし3年前、北穂高岳近くを登っていた時、すぐ前にいた登山者の頭を落石が直撃した事故を目撃して考えが変わった。

 今回は先輩からもらった軽量の新しいヘルメットを初めて着用していた。「これがなかったら死んでいた」。退院を間近に控え、治療を続ける堺市内の病院で振り返った。

 県警山岳遭難救助隊によると、2012年の夏山(7~8月)で遭難した117人のうち、30人(25・6%)が頭のけがをした。頭のけがは致命傷につながる。
以上
というわけで、当会でも北アルプスの一般縦走路ではあるがヘルメット着用を推奨することとしました。
採り上げたブランドは安いこと、コメントが抜群に多く、選択の判断を得やすいことです。

またもっと大切なことは、転落の原因になりそうな酒類を登山前から飲用しないことも申し合わせました。
山小屋でのビールは旨いのですが、ほどほどに楽しむ程度としたい。
関連記事
[ 2015年08月06日 13:30 ] 登山用具 | TB(0) | CM(0)

痙攣に効く「芍薬甘草湯」



 8/1から8/2は北アルプスの薬師岳に登ってきました。折立登山口から太郎坂のいきなりの急登は足にこたえます。今回も普段山慣れないメンバーが居たので、芍薬甘草湯を一箱購入。今回のは12包と少なめです。24包もあると余って薬効の期限までの消費に困ります。登山時に利用するには丁度良い分量です。太郎坂を登る途中で2人が足の痙攣を起こしたので早速飲んでもらいました。著効かつ即効性があるので喜ばれます。
関連記事
[ 2015年08月04日 00:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR