FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

白沢天狗山で山スキー中に…雪崩遭難の男性 死亡確認

長野放送から
白沢天狗山で山スキー中に…雪崩遭難の男性 死亡確認

残念ながら死亡が確認されたとのこと。お悔やみ申し上げる。
映像を見るとかなり急斜面を滑降中だったようだ。
新雪の下1mくらいのところに埋まっていたという。
同じルートでも、年によって成功することもあるが、降雪が多いと、雪崩れやすい。
今年は例年以上の降雪量があると思う。
豪雪は大体、15年から20年のサイクルでやってくる。
38豪雪、56豪雪、とまでカウントしてきたが、忘れたころに雪崩事故が多発する。
雪が思いのほか多すぎて、ラッセルに消耗することもある。
起きるべくして起きる雪崩と自ら起こしてしまう雪崩がある。
この山の地形を考えると、風下側なので雪崩れやすいとはいえる。
いわゆるアワだ。パウダーゾーンだと思って突っ込むとそこが雪崩れる。
スキー板は鋭利な刃物なので自ら起こさないようにしたい。
いま少し、雪面がしまるまで待とう。
雪崩れの知識を深めたい。
日本雪崩ネットワーク
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015年02月16日 11:09 ] 雪崩・落石 | TB(0) | CM(0)

北アルプスで山スキーの男性、雪崩で意識不明か


北アルプスで山スキーの男性、雪崩で意識不明か
相次ぐ北アルプス山系の雪崩事故。

TBS系(JNN) 2月14日(土)23時36分配信
 長野県の北アルプスで山スキーの男性が雪崩に巻き込まれ、意識不明のもようです。

 14日午後、大町市の北アルプス白沢天狗山で、山スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれたと仲間から警察に通報がありました。

 巻き込まれたのは長野県原村の会社員・加藤和貴さん(52)で、意識不明とみられています。

 警察などは15日、天候を見ながら救助に向かう予定です。(14日20:55)
関連記事
[ 2015年02月15日 04:08 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

浅春の貝月山スキー登山

AM]6:00 渡邊家 を出発
西に向かうほど曇って雨も降りだす空模様だ。ところが久瀬トンネルと抜けると雪に変わった
山スキー支度をしてリフトで取り付き地点に移動した。
AM9:00 いよいよ山スキーはじめである。
久しぶりだと道具の扱い・スキーの運びまでまごついている自分を感じる。
取り付き250mは急登で苦労するとはふんでいましたがシールもうまく付いていなくて正に美濃の山に洗礼を受けるという感じで登っていく。固くしまった雪の上に新しく10cm位つ積もった状態でどうにも藪をやり過ごせないときは私はスキーを脱いでしまった。キックステップの方が早いことは解っているとなると休みの日にこんなところまで来て何をやてるんだ!と言われそうだがゲレンデスキーよりこれがいい!11:00 850m   12:30 1018mにたどり着いた。
行く先、斜度の落ちた尾根筋は快適と思いきや2mぐらいの雪庇を作って波打っている。山頂へ行って帰ってくると時間と下部の急斜面の滑降を思うと「今日はここまでだ!」と思いN氏に下山したい事を告げた。 13:00 シールを外して下山開始!
なんだかんだ言いながらスキーは楽し! ちょこっと滑っちゃ喜んでいる。いよいよ急になり藪もやり過ごせないと判断してスキー持ってツボ足下り始める。スキー場を見下ろせばなかなかの高度感があり、「こんなとこよく登ってきたな~」と感心する。下で固く締まっているためそれは快適でヒョイヒョイ降りてきた。
以外に早く、14:16ゲレンデに下りつく。  今日の雪質ならきっとワカンなら登頂出来ただろう。 でも山スキーがいい!

下山後、チョット足をのばして「藤橋の湯」に浸かり、今日の山行と湯に満足して帰ってきた。

ありがとうございました!
関連記事
[ 2015年02月08日 23:19 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

岳連報告

2月4日の報告が中途で終わりましたので、まとめて整理しました。

平成26年度題回理事会の報告など
1 第3回鈴鹿山系連絡協議会   四日市西警察署から鈴鹿でもヘルメットの着用が要請された。低山でも頭を打って死亡する事故が多発しているとのことが背景にある。対して安藤岳連会長は鈴鹿山系では大げさすぎると反論。

2 愛知県遭難対策協議会 休眠状態だった当会が御嶽の噴火と遭難事故の多数の死者を出したことから急遽、復活した。愛知県の山でも登山届けを義務付ける案がでたが、岳連は登山者全体の1%しかいない、と反論。

3 冬山遭難対策会議 愛知岳連は年末年始に46隊129名が入山。多雪で入山できない隊もあった。

4 2/28~3/1 大日ヶ岳で雪山講習会を開催

5 愛知岳連総会は4月18日(土) 県スポ。

6 特別会計(遭難対策資金口)について
  岳連のアンナプルナ派遣の遭難では全体で1500万円かかった。内、ヘリコプター代は600万円だった。国内の山岳遭難の救助活動でも自治体のヘリ出動は無料であるが、民間ヘリは1時間当り50万円かかる。車のようにすぐには飛べず、30分は暖気運転するので2時間が見ておくと100万円かかる。又、地上での捜索も地元に依頼すると1人当り1日3万円かかる。30人ならば90万円になる。しかも現金がいる。
 こうした状況を鑑みて、日本山岳協会の共済保険が下りることを「担保」に一時的に現金を用立てる制度の案である。したがって、保険未加入は利用できず、全額自己負担になる。また、これは遭難であって、山の中の病気は保険では救済されない。
報告は以上。

長野県で遭難すると大抵は民間ヘリに切り替わり、有料と言われる。その境目は急な悪天候、自然の災害など客観的に自己責任ではないケースと思われる。

そういうわけで山岳遭難とは何か、という定義が必要のようです。保険が適用される、されない、という基準も知りたい。今後、議題にあげて議論されると思います。

関連記事
[ 2015年02月05日 01:57 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
QRコード
QR