FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

北方領土の最高峰 国後島・爺々岳に登る

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014年08月29日 16:29 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

~多様化する登山スタイルが鮮明に~

昭文社のWEBサイトから(JACだより)
アンケート結果からは現代の登山者像が浮かぶ。数字は正直である。
以下のソースにアクセスするとグラフも出るので、一層良く理解できる。
呼べども来ない山岳会会員募集である。男性5%、女性8%ではねえ。
若い人に呼びかけると登山のやり方、入門の仕方が分からない、という。
それにしても登山の資料として、私も昭文社のガイド地図をよく買ってきた。
それも今後はアプリに趨勢が変わりつつあるようだ。
登山も世につれて変わる。
世の中が変わっても変わらないものもある。
社会的に無知なものは出世できず、お金で苦労し、人間関係も破綻する。
それでも死ぬことは無い。
自然を相手にする登山は無知ではいられない。
無知なままでは、それが危険な行動という自覚がないと、死ぬこともある。
37%も占める、1人で楽しんでいる若い男性登山者諸賢よ、
山岳会に入って、登山を学びませんか。

ソース登山に関するアンケート結果を発表

株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、「山と高原地図50周年キャンペーン」で登山に関するアンケートを実施しましたので、その結果をお知らせいたします。

 国民の健康志向を背景に、団塊世代のリタイヤ、ここ数年の山ガール現象、そして2016年8月11日より「山の日」施行が決定するなど、近年は登山ブームを後押しする状況が続いております。おかげさまで当社の登山用地図シリーズ『山と高原地図』も、今年で50周年を迎えることができました。
 そこでこのたび「山と高原地図50周年キャンペーン」を行い、登山に関するアンケートを実施いたしました。結果、8,000人を超える多くの登山ファンのかたからご回答をいただくことができました。
 アンケート結果からは、登山の楽しみ方が多様化しており、男女によっても楽しみ方に差があることがわかりました。また、スマートフォンの普及により、登山中もスマートフォンやアプリを活用している方が多くなっていることも浮かび上がってきました。

 当社は今後も、さまざまな年代、スタイルのかたに、登山用地図を使った安心で安全な登山を楽しんでいただけるよう、取り組んでまいります。

●男性は1人で、女性は友人グループで登山を楽しむ傾向がくっきり
yamachizuchosa_keitai.jpg
 「どんなグループで登山をすることが多いですか?」という質問では、男女で回答が分かれました。
男性は、3人に1人以上が「一人」で登山をすることが多いと回答したのに対し、ほぼ同割合の女性は「友人」と登山をすると回答しました。女性は「家族」と答えた人も含めると、約70%以上がグループで登山を楽しんでいるようです。

●約20%がスマートフォンアプリを活用。安全のためには紙の地図との併用を
yamachizuchosa_app1.jpg yamachizuchosa_chizu.jpg
 「登山の際、よく持っていく地図は何ですか?」という質問では、約30%以上の方が『山と高原地図』を持っていくと回答した一方、約20%の方が当社の「山と高原地図アプリ」やその他の登山地図アプリをご利用になっていることが分かりました。当社の「山と高原地図アプリ」は、GPSによる現在地確認や山行ログの取得、SNSでの共有が可能な、登山をより楽しんでいただくための登山用スマートフォンアプリです。スマートフォンの急速な普及にともなって、登山の際にスマートフォンアプリを活用する新しい登山スタイルも浮かび上がってきています。
 ※登山用地図としてスマートフォンアプリを活用される場合は、バッテリーの問題などから、紙の地図を必ず併用されることを、お願いしております。

■アンケート概要
【詳細URL】http://yamachizu.mapple.net/50th/
【回答者数】8090人(男女比、年齢層は下記)
【調査方法】WEBアンケート 【調査期間】2014年3月10日~6月30日
yamachizuchosa_kose.jpg
以上

関連記事
[ 2014年08月21日 07:52 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

斜面染める2万本 オオキツネノカミソリ

WEB版中日新聞から
豊田市稲武町の大栗山で、オオキツネノカミソリが斜面一帯にオレンジ色の花を咲かせている。ヒガンバナ科の多年草。高さ三十センチほどの先に、キツネを思わせるオレンジ色の花を三~五輪咲かせる。そり曲がった細い花びらが特徴だ。
 群生地の保全活動に取り組む城ケ山景を愛する会の佐合猛さん(68)によると、明治期に大栗山に住み着いた木地師が、球根をすりつぶしたものが傷薬になるとしてオオキツネノカミソリを栽培したとされる。現在は約一万平方メートルに二万本が自生し、全国有数の群生地になっている。
 現在五分咲きで、今月末まで花を楽しめる。稲武観光協会で、群生地への地図を配布している。(問)同観光協会=電0565(83)3200
(作山哲平)
大栗山は城ヶ山の東の915mの無名のピーク
斜面染める2万本 オオキツネノカミソリ
小さな旅●稲武大栗山に咲く橙色の花 オオキツネノカミソリ
関連記事
[ 2014年08月16日 07:18 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

大山登山の韓国人「届けがないと登れません!?」…鳥取県が旅行者増加で異例の申請求める

産経ニュースWEST WEBから
 中国地方最高峰の鳥取県の大山(1729メートル)に登る韓国人旅行者が増えていることを受け、同県が韓国の旅行会社に対し、登山届の提出をツアー客に徹底するよう求める文書を送っていたことが11日、分かった。山岳関係者によると、全国的にも珍しい取り組み。

 鳥取県・境港と韓国・東海を結ぶ定期貨客船が平成21年6月に就航してから、大山を訪れる韓国人客が増加。日帰り登山ができてツアー客に人気がある一方、準備不足のまま入山するケースが後を絶たず、県内の山岳関係者は事故防止に腐心している。今年7月には新たに貨客船内に注意喚起の文書を貼りだした。

 鳥取県観光戦略課の担当者は「登山届を書くことで事前の準備につながる。安全に楽しんでもらうことも受け入れる側の責任だ」と話している。
以上
 北アルプスの剱岳に登山した際も、韓国語の道標があって、ここにも多くの韓国人登山客が来ていると知った。もっと驚いたのは、昨年登った長野県飯田市と大鹿村の界にある奥茶臼山への道中にもハングル文字の山名板があったことだ。まさか、彼らが日本三百名山踏破をやっているとは思えない。こんな踏み跡程度の深い山なので渡航して登山するのではなく、登山の好きな在日韓国人らの工作だろうか。
 地形図では無名であるが、岩本沢が突き上げるので岩本山と日本語に併記してあったかに記憶している。岩本姓は帰化した韓国人に多いので特に親しみを感じているのだろうか。かつて、JACの会合で隣り合った会員と名刺を交換したら、朴姓だったので、韓国からですか、と聞いたら、いいえ、帰化しました、と返事された。
 潜在的には登山が好きな人たちであろう。日本国内の事情に通じた人ならばいいが、渡航してくる人には登山届け、研修、ガイド付き添い、といった措置が必要だろう。日本人でさえ多い道迷い事故は地理勘のない外国人には致命的である。そうかといってハングルの道標だらけの山も困る。とりあえず、広報に力を入れてもらいたい。昨年の中央アルプスでの痛ましい遭難事故もあったことだし。自己責任は日本社会だけのルールで、外国人には通じない。山もグローバルの時代かって?そうなってしまったね。
 余談だが、
 もっと古い時代、例えば駒ヶ岳の駒は、高麗に由来するとか。山梨県北巨摩群の巨摩も高麗という音に似ている。他にも多々ある。朝鮮文化に由来する日本の地名を書いた本を読んだことがある。高麗を朝鮮文化と呼んでいいのか疑問はある。
 本居宣長はこうした漢心(からごころ)即ち、当時の中国からの朱子学という輸入文化を嫌い、日本古来の古事記を研究した人だった。何かと騒がしい東アジアの動向を見ていると、私もナショナリズムに目覚めつつある。だから日本の山に外国の文字を書かないで欲しいですね。えっ、漢字はシナ文明からの伝播だろって。そりゃそうです。そういういう問題でない。文化の違う異民族が大挙して日本の山に来たら、どうなるのか、想像できない。
関連記事
[ 2014年08月11日 23:59 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

祝!8年ぶりに鉢盛山、晴れて登山再開(朝日村ルート)

信毎WEBから
07月28日(月) 鉢盛山、晴れて登山再開 朝日村06年豪雨後に新ルート
初めての「信州山の日」を迎えた27日、2006年7月の豪雨災害で長野県東筑摩郡朝日村側から登ることができなくなっていた鉢盛山(2447メートル)への記念登山があった。村がボランティアの協力を得て、村内からの新しい登山道を整備し、今月、登山が可能になったことを記念した。初めて登る孫を連れた人、故郷の山に登ろうと帰省した人など、約30人がそれぞれの思いを抱いて頂上を目指した。

 鉢盛山は朝日村と松本市、木曽郡木祖村にまたがる。朝日村朝日小学校の校歌には「そびえるそびえる鉢盛に」の一節もあり、村のシンボルとして親しまれてきた。

 06年7月の豪雨では、登山道入り口につながる林道が崩落。朝日村から登れなくなった。村は12年度にボランティア約20人を募ってササや雑木を刈り、崩落箇所を迂回(うかい)する長さ約1・5キロの新登山道を整備。13年度は落石などがあった林道斜面の改修を終え、登山できるようになった。

 一行はこの日、午前8時半に出発した。踏み固められていない新登山道は、刈られたササなどが積もって軟らかい感触。大人の背丈ほどのササが両側に迫っていた。一時、激しい雨に見舞われながらも約3時間で山頂に到着。木祖村側から登ってきた約20人と出会い、一緒に「信州山の日」を祝った。

 朝日村古見の渡辺好子さん(70)は初めての鉢盛山登山という孫3人を連れ、「故郷の山の魅力を肌で感じてもらいたかった」。孫で朝日小5年の太田晶(あきら)さん(10)は「急な山道は大変だけど、達成感がある」と話した。

 東京都新宿区の会社役員水沢千秋さん(66)は松本市波田(旧波田町)出身。これまで鉢盛山に登る機会がなく、信州山の日制定をきっかけに「一度登ってみたい」と参加した。「登山道を整備する人がいるから山を楽しめることを忘れてはいけないと思った」と語った。

 記念登山のガイドを務めた県公認山岳ガイド「信州登山案内人」の農林業高橋鉄則さん(54)=朝日村西洗馬=も、登山道整備に携わった。幅広い世代と新しい登山道を踏み締め、「信州山の日を一過性の盛り上がりで終わらせず、山に関わる人材を育てる息の長い取り組みが必要だ」。

 朝日村の面積約70平方キロメートルの87%は山林が占める。高橋さんは「山と住民の関わりを見つめ直すことが、地域の将来像を考えることになる」とも話していた。
林道の通行許可が必要

鉢盛山に登る
快望の鉢盛山に登る
関連記事
[ 2014年08月03日 16:26 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)

祝!中央アルプス西駒山荘 営業再開

信毎WEBから
中央アルプス西駒山荘 営業再開 新宿泊棟 伊那を一望
08月02日(土)

中央アルプス将棊頭(しょうぎがしら)山(2730メートル)直下に長野県伊那市が所有する「西駒山荘」の改築が終わり、1日、営業を再開した。新築した2階建ての宿泊棟は内装に木目を生かし、東側の窓から同市を一望できる。中ア駒ケ岳を目指した学校登山で11人が死亡した1913(大正2)年8月の遭難を教訓に2年後に造られた石室(いしむろ)は、小上がりを設けるなど当時の姿に近づけて改修した。

 竣工(しゅんこう)式には、ロープウエー経由の千畳敷ルートなどで伊那市や山岳、工事関係者ら約60人が集まった。白鳥孝市長は「いろいろな方々の思いの結晶がこの小屋。次の100年へとバトンタッチしていきたい」とあいさつ。工事を請け負った西武建工(伊那市)の春日貞秋社長は「雪かきなど山の仲間の協力が本当にありがたかった」と感謝した。

 式後、宿泊棟の食堂と石室で西駒名物カレーライスの昼食。管理人の宮下拓也さん(37)が、水を節約するため皿がきれいになるよう食べて紙で拭く作法を説明した。宮下さんは「石室は99年前に築いた皆さんの苦労がより分かるようになり、学習にもいい場になった」と話していた。

 改築は昨年8月に着工し、総事業費は8500万円余。各地から約710万円の寄付があった。山荘は定員40人で、営業は10月の体育の日(今年は13日)まで。1泊2食8500円、素泊まり6千円。


ついに完成しました。
8月中に行きます。
権現づるねをトレースしたい。
関連記事
[ 2014年08月02日 14:22 ] 山岳ニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR