FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

忘年山行&新人歓迎会

今年は入会者が多く、既に、名古屋市内で1回やりましたが、忘年山行を兼ねてもう1回開催します。
新人歓迎会 ※忘年山行を兼ねます。
日時:11月28日(土)29日(日)
    会場(宿泊):朝明山荘
山行予定
28日(土)→北鈴鹿・茶野、ミノガ峠、大見晴、万野
参考サイト
茶野~大見晴
29日(日)→南鈴鹿・仙ヶ岳から野登山周遊
参考サイト
小岐須渓谷から野登山~仙ヶ岳周遊

 
スポンサーサイト



[ 2015年11月05日 07:32 ] 連絡事項 | TB(0) | CM(0)

夏の北海道の山へ行く人のために

会員のうち、今夏、北海道のトムラウシへツアー登山に参加する人からビバーク体験山行の希望がありました。
北海道の山で遭難する愛知県の登山者は結構多いです。それは現地の気候について無知なためと思われます。
一例をあげると、大雪山系の避難小屋で、名古屋の中高年の山の会会員の60歳代の女性2人が凍死しているのが発見されました。単純にいえば鈴鹿辺りの感覚で入山されたものと思います。軽装で、本州の3000m級の小屋で眠るのと同じです。これでは低体温症も必至です。このためこんな警告が発信されています。

ソース  大雪山データ
大雪山を訪れる登山者へ(特に本州の方)
2002年7月のトムラウシ遭難事故(2名死亡)のときに掲載したものを、整理して転載します。
気象条件 北海道の二千メートル級の山は、本州の北アルプスと同等かそれ以上の厳しい気象条件です。荒天やオホーツク高気圧の影響を受けるときは、盛夏でも0℃前後の気温になることがあり、寒さ対策の装備は一年を通して必携と言えます。好天だからといって、雨具、防寒着などを持たずに入山する人を見かけますが、山の天気は変わりやすく非常に危険です。気象条件には関係なく、非常装備は持つように心がけて下さい。
◆夏でも凍死
2002年6月の十勝岳(みぞれ)、同7月のトムラウシ(台風接近)の遭難死亡事故は、いずれも低体温症(凍死)でした。通常は雨具や防寒具により防ぐことができますが、今回のような暴風雨では役に立たなかったかもしれません。ずぶ濡れになった体に風が叩きつけることで、一気に体温が奪われ、やがては歩行困難・意識障害に陥ります。衣類が濡れた状態で風に吹かれることは非常に危険で、「何とかなるだろう」と荒天の中に身を投ずるのは自殺行為です。

迷いやすい地形・・・天候により状況が一変 広大な台地状の地形になっている大雪山。いったん山懐に入れば、切り立った尾根道や辛いアップダウンが少なく、ハイキング気分で歩けます。でもそれは天候に恵まれた時のことで、荒天になれば状況は一変してしまいます。
明瞭な尾根道ではないだけに、逆に視界が悪い時は迷いやすく、登山道に雪渓が残る時期やロックガーデンではルートを見失わないよう注意が必要です。標識も、破損してたり読み取れないものがあります。それ以前に、設置の数自体が少ないかもしれません。地形図を頼りにと思っても、平坦で特徴が少ない地形のため、高度な読図能力が要求されます。本州の山とは異なり、大雪山は明瞭な標識や登山道が登山者を案内してくれるわけではありません。
強風にも注意が必要です。火山灰台地の平坦な稜線を歩くコースが多く、そのような所ではハイマツや岩などの身を隠せるような場所がほとんどありません。

山中の宿泊はテント泊が原則 大雪山の山中にある小屋は、ほとんどが無人の避難小屋(キャンプ地併設)です。内部は狭く、収容人数は数十人規模。傷みが酷くて居心地の悪い小屋もあります。一部を除き予約も受け付けていませんし、食事や寝具などもありません。
ところが本州からの登山者の中には、本州の営業小屋のように食事・寝具等が提供されると思い込み、軽装で入山する方がいるようです。北海道の山では、テント・寝袋・食料等は、全て自分で担いで登らなければなりません。くれぐれもご注意を…。 (白雲小屋と黒岳石室は6~9月管理人常駐。黒岳石室のみ予約可、自炊用の食料品販売有。)。
そんな状態の避難小屋にも拘らず、夏山シーズンの週末や紅葉の時期は、登山者が殺到して入れない事態が発生しています。ツアーや団体が利用しているという話も耳にします。本来は、荒天や体調不良などのトラブルが発生した時、空いてる時、などに利用するのが避難小屋です。テントを担いで訪れ、空いていれば小屋利用、混んでいればテントを設営する。宿泊にはテント持参が原則です。
避難小屋泊を前提とした縦走も、利用目的に反します。テントが無ければキャンプ地泊や緊急時のビバークができず、大変危険です。登山口から小屋、小屋から小屋の距離が離れている大雪山では、要所にはキャンプ指定地が設置されています。できるだけテントを担ぎ、余裕を持って行動してください。

経験とは・・・ 経験についても然りです。本州でいくら登山経験を積んでも、それが営業小屋を頼りに軽装で歩いただけでは、初心者と何ら変わりません。重装備が不安になり必要なもの(テントや防寒具など)まで省いて小屋泊にしてしまったり、逆に慣れない重装備で疲れ果て、予定の時間で歩けない登山者もいるようです。
ツアーや団体でしか登山経験がない方も同じです。自分で下調べをし、自分の判断とペースで歩いたことがない方は経験者とは言えません。
天候に恵まれれば何の問題も起きないかもしれませんが、荒天になれば経験の差がハッキリ出ます。自分の力量を冷静に判断し、過信、慢心することなく山行に望まれるようお願いします。

甘い停滞・撤退・中止の判断 遭難事故の背景には、本州からの登山者(特に中高年)の心理が少なからず影響しているようです。
北海道は遠くて頻繁には来れない、旅費も費やしてる、やっと取れた休暇なので日程は目いっぱい、この機会を逃したら二度と登れないかも→だから荒天でも登る。ツアーの場合はガイドや添乗員に無理を強いる。
多くの登山者が、北海道に着いた時点で、正常な判断はできなくなっているような気がします。特に百名山を目指す人に多く、短期間に一つでも多く登ろうと必死になっているようです。
集団登山における個人の判断にも問題があります。迷惑をかけまいと無理をしたり、体調が悪くなってもなかなか言い出せなかったり・・・。団体行動においても各自がリスクを認識し、危機回避について決断する勇気が必要です。小さな迷惑で済むうちにを心掛けましょう。決して無理せず、撤退も念頭に、余裕を持って行動して下さるようお願いします。
以上
本州の登山者の弱点を言い尽くしています。参考にしましょう。
7月初旬に、ビバーク体験、避難小屋での生活技術体験を含むトレーニング山行を「専用ブログ」にアップしました。
[ 2015年05月20日 03:31 ] 連絡事項 | TB(0) | CM(0)

変更のお知らせ

 登山届けのシステムを変更しました。これまではヤフーの掲示板を利用してきました。このサービスは5/28をもって廃止の運びとなります。対応策として、アクセス制限を会員に限定した専用ブログを開設し、自由にログインして書き込めるようにしました。管理者も一々、アクセス制限のチエックをいれなくとも良い。登山届け以外にも、内部情報は専用ブログに移管しました。これまではヤフーメールから当ブログにコピペしてきましたが、今後は中止しました。

 ヤフーは全員がヤフーにアカウントを設ける必要があり、ネットに弱い人には敷居のたかいシステムでした。新設のブログは各会員はアカウント開設の必要はない。会員にパスワードを公開して、ログイン画面から管理画面に入り、投稿できる。これも敷居の高いシステムには違いないが、他にない。欠点はヤフーは投稿しなくともメールを受信できるが、これはログインしないと新情報があるかないか、不明という点。新しく投稿された時点でメールが届くシステムがあれば尚良い。

 
[ 2014年04月10日 21:01 ] 連絡事項 | TB(0) | CM(0)

平成26年度春山遭難対策会議開催について(通知)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年03月30日 22:28 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

平成26年度 愛知県山岳連盟定時総会

日頃は岳連行事にご協力いただき、ありがとうございます。

さて、

平成26年度愛知県山岳連盟総会を次の通り開催いたしますので、

関係者の皆様にはご出席いただきます様お願い致します。

 新年度になり、岳連理事様が変更になった会もある事と思われますので、

この案内を新理事様に伝えていただきます様お願い致します。

          記

   平成26年度 愛知県山岳連盟定時総会

日 時:平成26年4月19日(土)午後2時~

場 所:愛知県スポーツ会館(名城公園内) 大会議室

    ℡ 052-991-9151


*なお 当日都合により欠席される場合は、

 添付の委任状を提出していただきます様お願い致します。

 添付書類が開けない、取り出せない場合はお知らせください。

 郵送またはメール便でお送りしますので、FAXで返信して下さい。

※ 岳連理事の西山が出席します。
[ 2014年03月30日 17:07 ] 連絡事項 | TB(0) | CM(0)

総会&例会

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年03月29日 23:22 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

3月例会議事録&総会の案内

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年03月05日 20:37 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

愛知岳連主催「雪山講習会」開催のお知らせ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年02月20日 07:56 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

例会議事録

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年02月05日 14:17 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

新年会参加者

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年01月11日 14:13 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

例会議事録

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2014年01月08日 19:39 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(-)

お知らせ

1)例会
 日時:平成26年1月7日(火)PM5時から中生涯学習センターロビーで会報「秋」号の編集作業。7時から例会

2月の例会は4日(火)です。

2)新年会
 日時:平成26年1月16日(木) PM6:30~ 於「よ志や」予算4000円
 ※1月の例会で最終確認をします。
 現時点での参加者:10名
[ 2014年01月06日 15:04 ] 連絡事項 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR