FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  愛知県山岳連盟

第23回 遭難を考える講演会

画像 042
スポンサーサイト



[ 2019年11月29日 14:23 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

自然保護観察会

5月18日•19日の池之原湿原観察会は参加者数40数名と大勢の参加のもとで楽しい二日間を過ごして無事に終わりました! Y田
会場:国立乗鞍青少年交流の家
講師:小野木三郎先生
   





[ 2019年05月20日 10:10 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

愛知県山岳連盟 第22回遭難を考える講演会

2014年9月27日に大噴火した御嶽山。3日後に高時山に登って撮影した。講師の小川氏も生き地獄さながらの山上の出来事をお伝えいただく。そして今も行方不明者が5名もいて捜索が続けられている。その時どう動くのか。聞いてみたい。
083.jpg

愛知県山岳連盟 第22回遭難を考える講演会
御嶽山噴火
-生還者の証言 噴火災害から登山者は何を学ぶのか-


講師:小川さゆり 氏 (山岳ガイド)
2018 年 11 月 30 日(金)19:20~20:40
愛知県スポーツ会館 大会議室
参加費 無料

概要:2014 年 9 月 27 日午前 11 時 52 分、紅葉でにぎわう晴天の土曜日、そしてお昼、もっとも登山者でにぎわう最悪のタイミングで御嶽山は突然噴火した。山頂周辺は火砕流であっという間に闇となり、爆発とともに空に舞い上がった無数の噴石が登山者を襲った。犠牲者 58 名、行方不明者 5 名。あの日、噴石が激しく飛び交った山頂周辺には150人程の登山者がいたといわれている。この噴火の最中に,生死を分けたのは何か。生還者のひとりとして、自らが学んだ教訓を、伝え継ぎ生かしたい。

講師紹介:小川さゆり 長野県駒ヶ根市出身。南信州山岳ガイド協会所属。信州登山案内人、日本山岳ガイド協会登山ガイド、中央アルプス地区遭対協救助隊員。噴火当日、単独でガイドの下見中、山頂直下で噴火に遭う。


愛知県スポーツ会館アクセス
 小屋番の山日記から
高時山を歩く
[ 2018年11月12日 12:58 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

H29年度 冬山遭難対策会議開催について(通知)

愛知県山岳連盟 各会理事様
       
 平素は愛知県山岳連盟の活動に対して格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて下記の通り、平成29年度 冬山遭難対策会議を開催いたします。チーフリーダーまたは登山計画書の説明ができる方の出席をお願いします。また当日は、年末年始の気象予報を実施します。
 遭難事故後の対策よりも、登山者の基本技術習得および遭難を発生させないリスク管理が基本となります。
現地での状況判断を誤ると、遭難死亡事故を招きます。チーフリーダーは、各メンバーの力量を把握したうえで計画書の作製をお
こない、安全登山に努めてください。

           記

場所:愛知県スポーツ会館/大会議室

日時:平成29年12月19日(火) 19時00分~20時50分

注意事項 ・冬山 山行計画届は、12月16日(土)必着にて、上記の連絡先にお送りください(mailが望ましいです)
・遭難対策会議に出席される方は、当日に計画書を10部程度ご持参ください。
・遭難対策会議に欠席される方は、登山計画書を遭難対策委員長/有冨に送ってください。
・遭難対策会議に欠席した場合の下山報告は、遭難対策委員長/有冨です。
・冬山 山行計画届の受付対応期間は、12月26日~1月3日です。

[ 2017年11月30日 06:32 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

講演会 雪崩の実態に迫る! 最新の科学による雪崩の解析  ーその構造と運動ー

雪崩の実態に迫る! 最新の科学による雪崩の解析 ーその構造と運動ー
愛知県山岳連盟     
第21回遭難を考える講演会
     雪崩の実態に迫る!
    最新の科学による雪崩の解析
      ーその構造と運動ー
講師:西村 浩一 先生 (名古屋大学)
2017 年 11 月 24 日(金)19:20~20:40
愛知県スポーツ会館 大会議室
参加費 無料
概要:猛烈なパワーで迫ってくる雪崩,その雪崩の中って,何が起きているのだろうか?
 そんな疑問に答えるために,最新の科学を駆使した実験や計算で,雪崩の実態に迫ります.冬シーズンを前に,雪崩の事故を防ぐために,だろうか?」という雪崩のことがを勉強する機会を設けました。
 その雪崩を長年にわたり科学的な解明に取り組み,強烈な爆風タイプの雪崩や大規模な雪崩で起きている複雑な雪の動きや雪煙の舞い方,雪崩の速度や圧力のすごさを分かりやすく解説いたします.この機会に皆さんと一緒に,雪崩のことを考え,山登りでの雪崩の事故を防止することに役立てられれば,幸いです。
ぜひ,お誘い合わせの上,多くの方にご参集くださいますよう,お願いいたします。
講師紹介:名古屋大学 大学院 環境学研究科
          教授 西村 浩一先生
黒部峡谷志合谷での雪崩観測にチャレンジ,またノルウェーでの人工爆破による本物の雪崩実験では秒速 60 メートルの大規模雪崩について,その内部構造,舞い上がる雪煙の構造を明らかにし,スキージャンプ台を利用した雪崩の模擬実験やコンピューターシミュレーションも駆使して,より防災に役立つ実用的な雪崩の運動モデルの開発に取り組んでいる。
アクセス
①地下鉄名城線「名城公園」
下車 1 番出口から西へ徒歩約7分
②名古屋高速道路楠線「黒川出口」
西へ約1km
[ 2017年11月08日 21:32 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

冬山登山の事故防止に関する緊急通知について (通知)

28教 保 第 1483号
                          平 成 29年 3月 28日
愛知県山岳連盟
会長 安藤 武典 様
                         愛知県教育委員会教育長
                            (公 印省略)
       冬山登山の事故防止に関する緊急通知について(通知)
 このことについて、別添写しのとおリスポーツ庁次長から緊急通知がありました。愛知県教育委員会としましては、スポーツ庁からの通知を受け、「冬 山登山の事故防止について」 (平成 28年 12月 9日付け通知)により、関係機関に対して、安全登山の趣旨の周知徹底と事故防止に万全を期すように通知したところですが、今回の事故を重く受 け止め、再度事故防止に万全を期すように周知徹底をお願 いします。
                      担当 保健体育スポーツ課
                      スポーツグループ (兵藤)
                     電話 052-954-6797(ダ イヤルイン)

************************************************************
                              28ス庁第741号
                              平成29年3月27日
各都道府県知事
各都道府県教育委員会教育長
各国立大学法人学長
各公私立大学長殿
各公私立短期大学長
各国立大学法人附属高等学校長
各国公私立高等専門学校長
                               スポーツ庁次長
                                高 橋 道和
       冬山登山の事故防止に関する緊急通知について(通知)
 本日3月27日、栃木県那須温泉ファミリ‐スキー場の付近で雪崩が発生し、栃木県高等学校体育連盟主催の春山安全登山講習会に参加していた栃木県内の高等学校の生徒及び教員が巻き込まれるという痛ましい事故が発生しました。
 冬山登山は、自然現象の影響を受けやすく、しばしば悲惨な事故を招いており、事故防止について万全の措置が必要です。まだ積雪が残るこれからの時期は最新の気象状況を適切に把握し対応するなど、特に雪崩の発生に対する注意喚起をお願いします。
 また、「冬山登山の事故防止について(通知)」(平成28年11月28日付け28ス庁第422号)で周知しているように、高校生及び高等専門学校生(1年生から3年生まで).以下については、原則として冬山登山は行わないよう改めて御指導願います。
 なお、各都道府県知事におかれては、域内の市区町村及び所轄の私立高等学校に、各都道府県教育委員会教育長におかれては、域内の市区町村教育委員会、所轄の公立高等学校及び都道府県山岳団体に対して周知されるよう御配意願います。
 さらに、各都道府県及び各都道府県教育委員会におかれては、登山活動に関連する部局・課に周知されるとともに、市区町村及び市区町村教育委員会に通知する際に、市区町村の関連各課にも,周知が徹底するよう御配意願います。
                        担当 健康スポーツ課
                        電話 03ー 525ー4111(内線3939)
以上
 愛知岳連は高校生の登山の指導にあたるためにこのような通知になりました。昨日の理事会では、愛知県は冬山登山はやらない旨の条例があるとのことで安心してください、と説明がありました。
 また、北村理事長から今年の立山・室堂における2月の平均気温がマイナス10℃まで上昇していたそうです。例年はマイナス20℃だから温暖化の影響があると報告されました。
 4月から5月にかけて立山方面に行かれる計画中の人もいるかに思いますが、念頭に置いて行動するように注意喚起します。(岳連理事・西山)
追記
那須町のスキー場の春山訓練でもこんな雪崩は初めてのことらしい。
これから検証されると思います。過去の経験則だけでは登山の安全は守れないと思う次第です。しかし、直感は大切にしたいです。雪山なのに、こんな時期なのに手袋もいらないほど暖かいとか、雪解けが早すぎるなど異変を感じたら立ち止まって引き返すことも大切です。今年は山麓は雪消しても稜線には多いと聞きます。
 なるだけ朝早く(今は午前5時30分に日の出、18時に日の入)出発し、雪が固まっているうちに行動し、午後は早目に下山するようにしてください。稜線にはまだ雪庇が出ています。これが日の出で気温が上昇して崩落するのは午前9時ころか。ブロック(凍結)されていた浮石も雪が緩むと落石になります。谷筋のルートは避けたいです。
 降雪中、降雪直後はなるだけ中止してください。知己だけを数えても5名は雪崩で亡くなっています。
[ 2017年03月29日 16:35 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

平成28年度第4回理事会

平成28年度第4回理事会
安藤会長のあいさつにつづき、報告の筆頭はこの年末年始の冬山登山で起きた遭難事故から始まった。
事故が起きた会はN山岳会とO山岳会の2団体。
要旨
1 N山岳会
日時は1月1日
場所は南アルプスの農鳥小屋と西農鳥岳の間の稜線を50m滑落後沢に向かったところで自然停止した
入会して1年目の会員であること
滑落中に片足のアイゼンが外れる
農鳥小屋で善後策を相談した結果、北岳山荘冬期小屋で宿泊
1月2日登山靴がはけないほど腫れているので山梨県警に救助要請
原因分析
入会1年目で雪上歩行に慣れていない
バランスを崩して転倒、滑落
緊張後の気の緩み
ロープ確保はしていなかった
反省
滑落停止訓練の充実
その前の雪上歩行訓練の充実こそ大切
遭難事故は危険な箇所よりもなんでもない箇所で起きる
要所での声掛けの必要
出席者からの質疑
登山技術の不足の懸念がある
アイゼンが外れた事実を以って、ひざを曲げて滑落停止する必要がある。骨折を防ぐために。
以上
2 O山岳会
場所は赤石岳周辺
日時は1月2日
状況は小赤石岳から下降中に足を引っ掛けて大聖寺平側に150m滑落
左右肋骨1本にヒビ、各部打撲
状況
滑落時、咄嗟にピッケルを離す
数度跳ね飛ばされて体は回転し、緩斜面になった際、離したピッケルが落ちて来たのでつかんで滑落停止した。
アイゼンは外れていた
アウターはボロボロになった
静岡県警に救助依頼、後の気象状況もあり、全員救助される
原因
当事者は岩場が好みで、8時間程度以内の登山が多く、体力が劣っていた
当事者は指導員の資格はあるが夏山縦走の長丁場の経験に乏しい
冬山経験も乏しく、目の前の荒川岳に気を取られ、足元の雪面の状態判断を誤った
自主トレーニングが十分ではなかった
反省
気の緩みから起きたので気を引き締めるように注意
雪の状況を見てルートの判断する
以上
総括:どの山岳会も滑落停止訓練は十分やった
事故のあった場所では不要と判断してザイルを出していない
ハーネスなし、スリングで対応する態勢だった

北村理事長から総括的な注意があった
・何気なく危険地帯に入らないこと
・リーダーの役目はメンバーに注意喚起を促す
・声をかけるためにも立ち止まる技術が要る
・滑り出すと止まらない
・南ア、富士山で多発した滑落事故はクリスマス前後の雨が凍結し、その後の降雪で氷雪が隠れてしまう
・アイゼンが効かなかった指摘にたいして・・・・・アイスクライミングではやすりを持つことが常識であるが縦走では持たないこと。
以上
コメント
死亡事故がなかったのが不幸中の幸いでした。
今年は天気が良かったために多くの登山隊が入山できたが、滑落事故が相次いだ。
その原因は年末の降雨が氷結し、その上の降雪と客観的には分析していた。
個々の事例からはアイゼンが2件とも外れたことから凄い勢いで滑落したことが分かる
つまり、当たり前だが滑落してはいけないのである。
そのためにはアイゼンとピッケルの手入れに細心の注意が要る
北村先生のヤスリの持参は眼から鱗の指摘であった。
縦走中でもアイゼンの先端が鈍ったら研磨せよ、ということ。
十分な滑落停止訓練はされたらしいがアイゼンのコンディションは使いっぱなしだった可能性がある。
私の山スキー用の板も滑走面が傷むと、メンテナンスに出して、エッジを研いでもらう。
アイスバーンで不安なく滑走するための保険である。
南極の最高峰・ビンソンマシフ4897mを滑走した三浦雄一郎氏がスキーのエッジを研ぐ写真を見たことがある。
南極の氷結した雪面ならではの対策であろう。
アイゼンならば何でも良いというわけではない。鋭角に保って氷結面に刺さることが必要である。
綿密な計画、慎重な行動、十分な体力と技術をもってしても、それでも事故が起きる。
ちょっとした油断、危険に対する想像力の欠如、何年やっても登山は難しい。




[ 2017年01月24日 20:56 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

第20回遭難を考える講演会

              記

       第20回遭難を考える講演会

演 題: 「北アルプスにおける山岳遭難の実態~北アルプスの遭難救助現場から~」

講 師: 川地 昌秀 (岐阜県警航空隊・山岳警備隊)

日 時: 2016年11月25日(金) 19:20~20:30(18:30より入場できます)

場 所: 愛知県スポーツ会館 大会議室

概要:
愛知県からも多くの登山者が岐阜県の山を訪れ,不幸にも遭難事故となる例も増えております。そこで岐阜県では,日本で初めて夏山も含めた山岳条例が制定され,行政面からも遭難事故防止への活動が進められています.本講演では、岐阜県における山岳遭難の救助現場で指揮し,山岳救助隊の指導をされている現役の警察官の方から遭難の実態を生々しくお伝えいただき,山岳遭難事例に学ぶことや遭難防止に必要なことを一緒に考えたいと思います.ぜひ,お誘い合わせの上,多くの方にご参集くださいますよう,お願いいたします。


*山岳救助の現場で活躍されている岐阜県警航空隊所属の「川地昌秀」氏をお招きして、遭難の実態を生々しくお伝えいただき、安全登山を考える講演会となるよう企画しました。
各会代表・理事の皆様にはぜひ会員をお誘いの上、ご参加をお願いいたします。
 一般の方も入場できます。
 皆様のお知り合いにもPRしていただきますようご協力をお願いします。

アクセス
①地下鉄名城線「名城公園」
下車 1 番出口から西へ徒歩約7分 ②名古屋高速道路楠線「黒川出口」  西へ約1km
愛知県スポーツ会館
[ 2016年11月05日 07:48 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

百万人の山と自然~安全のための知識と技術~公開講座

山の日制定記念
百万人の山と自然~安全のための知識と技術~公開講座

日時:10月11日(火) PM6:30開場 PM7:00~8:30
場所:刈谷産業振興センター小ホール

先着300名様入場無料

1秋山登山の楽しみと難しさ     講師:角谷道弘

2山の自然と危険~気象遭難    講師:飯田 肇

3トークセッション~登山の安全と楽しみを考える
司会:磯野剛太
飯田肇
角谷光弘

主催:日本山岳ガイド協会
http://www.jfmga.com/kokaikoza.html
お問い合わせ先
主管:日本プロガイド協会
 090-9023-9790(火・水を除く11:00~19:00)
[ 2016年09月09日 00:11 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

平成28年度第1回理事会

6/22(火)19:00~21:00  県スポ
要旨
2、安藤会長のあいさつに加えて各種報告
日本山岳協会の総会の報告
・東京五輪を見据えて日本山岳協会の名称変更で揺れているとのこと。
東京五輪に競技名称「スポーツクライミング」の種目が追加されると、それに対応する団体名として現状は不適切というので「日本山岳・スポーツクライミング協会」に変更する案が浮上しているが、絶対反対の役員もいて決定までには紆余曲折があるという。
・スポーツクライミングに特化した事業部を立ち上げる構想がある。そこへ専門家を集め広報戦略を練る。
・仲間意識を持とうと呼びかけた。
・山岳共済保険の状況
会員数56032名  請求件数608件
 
年代別請求状況
70歳以上 37% 
60歳以上 40%  小計77%←ここ重要

50歳以上 11%
50歳未満 12%
 合計  100%

後遺症    3件
死亡     12件
捜索     21件
通院    414件  68%
入院    136件  22%  小計90%←高齢者の転倒や滑落による怪我でしょうか?

損害賠償  22件
 合計   608件
総額1億円以上

3、8/11の「山の日」のキャンペーンが行われる。
   8/6に「山の日」の歌が発表される。←どんな歌が出るか楽しみです♪
   演歌部門は北島三郎と鳥羽一郎が歌唱する
   ポップス部門は加藤登紀子が歌唱する
4、熊本大地震の義捐金の募集
寄付先は『登山月報』に掲載。希望で寄付金(税額控除)控除を受けられる。←同じ寄付するなら公益社団法人なので税法上、有利です。
*国税庁のHP
(3) 公益社団法人等寄附金特別控除は次の算式で計算します。
(その年中に支出した公益社団法人等に対する寄附金(一定の要件を満たすもの)の額の合計額-2千円)×40%=(公益社団法人等寄附金特別控除額)  ◎100円未満切捨て
5、SUN YOU倶楽部が新規加盟承認
6、個人会員が6名入会承認
[ 2016年06月22日 07:51 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

第19回遭難を考える会のご案内

今年度の「遭難を考える会」が下記のとおり開催されますので、各会会員の皆様にも周知をお願いいたします。
一般の方も聴講可能です。

        記

題 名: 第19回遭難を考える会

副 題: 誰がどんな態様で遭難するのか?山岳遭難のリスクを分析する

概要: 中高年の遭難が多い,道迷いが多いなどといわれている山岳遭難だが,警察が集計する元資料を分析すると,登山関係者が十分意識していないリスク要因が見えてくる.本講演では、遭難とその態様に影響する要因を明らかにするとともに,道迷い遭難を事例として,減山岳遭難に向けて登山 者に何ができるかを考える。道迷い遭難のリスクを高める要因や遭難のダメージを減少する方法について,リスクマネジメントの枠組みでの参加者参加型の演習で考えを深める.

日 時: 2015年11月27日(金) 19:15~20:45

場 所: 愛知県スポーツ会館 大会議室
地図
 
講 師: 村越 真 氏

参加費: 無料

講師紹介:日本におけるオリエンテーリングの第一人者(日本選手権15連覇(1980-1994),通算 22 勝).静岡大学教授,静岡大学教育学部附属静岡小学校校長.専門はスポーツ心理学、認知心理学.(社)日本オリエンテーリング協会業務執行理事,国立登山研修所専門調査委員,日本体育協会評議員,日本オリンピック委員会総務委員など.現在読図とナヴィゲーション技術の習得を通して登山とアウトドアの安全を確保するための NPO 法人 Map,navigation, and orienteering promotion を 2005年に設立.

詳細は 岳連HP に掲載いたしますが、一般の方の聴講も出来ますので

山仲間の方にもご案内ください。

ただし、会議室の定員が150名ですので、立ち見となる場合もあります。
[ 2015年11月27日 08:30 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

愛知県山岳連盟 「読図講習会」

開催日:平成27年11月15日10:00~15:00
場所:大高緑地公園   
★持ち物
各 自:コンパス、地図をのせる板(決済板等)、弁当、カッパ、傘(雨天時)、地図防水用ビニール袋
主催者:資料(地図)、ポスト、メジャー
★集合場所
第7、第8駐車場のトイレ付近
第7、第8駐車場は国道1号線からでないと入れません
★参加費
1,000円
 ★参加資格
愛知県山岳連盟加入者
★講習内容
【練習1】 100mの歩測をしよう
1.実際に100mを歩いてもらいます。
2.歩測は、複歩(左足又は右足だけで数えます)で行います。5で割れる覚えやすい数字で覚えましょう。
【練習2】 地図を整置しよう
●コンパスを使って地図の向きと地形を正しく合わせることを「整置」といいます。
1.コンパスを地図の上に置く。
2.磁針の北と磁北線を合わせる。(コンパスのリングを回す必要はありません)
【初級編】 コンパスの使い方 を学ぼう
☆ コンパス123(ワン・ツー・スリー)
●コンパスを使ってこれから進む方向を示すことを「コンパス123(ワン・ツー・スリー)」といいます。
1.地図上で自分の現在位置と次に向かう位置にコンパスの左辺(右辺)を合わします。
2.コンパスのリング内にある矢印を磁北線と平行に合わす。
3.地図とコンパスを一緒に持ち、体を回して(又は地図を回して)磁針の北と針の下の矢印が重なる位置まで動かします。この時に左辺(右辺)が指している方向が自分が行きたい方向となります。
【中級1】 コンパスの使い方+歩測 を学ぼう ≪中級編≫
☆ 見はらしのよいところにポストが設置してあるので、ポストまで正確に行けるだろうか
1.スタート地点から、ポストの地図位置までの距離を定規で測る。
2.コンパス123で方向を決める。
3.歩測しポストへ行く。
【練習1】 コンパスの使い方+歩測 を学ぼう ≪中級編以上≫
☆ 林の中に、実際にポストが設置してあるので、ポストまで正確に行けるだろうか
1.見はらしの悪い、林の中にポストが設置してあるので、コンパスと歩測を信じよう。
2.斜面での歩測の誤差が生じるが、体で覚えよう。
【練習2】 地図の情報がなくてもコンパスを信じてポストを探そう ≪中級編以上≫
☆ コンパス技術の向上が狙いです。コンパスを信じてポストを探せるだろうか
1.方向と距離と直進技術が必要です。
2.道に迷ったかもしれないという心理との戦い。
【練習3】 正確に、速くポストまで行こう ≪スペシャル≫
☆ 多くのポストを速く、回ろう
1.タイムを計ってみよう。(自己申告)
2.ポストまで正確に進もう。
【注意】 道に迷ったら・・・
  今回の講習会は、道に迷うことが予想されます。(やや難しい講習内容です)
  慌てず、低いところへ下って下さい。道に囲まれているので確実に脱出できます。
募集締め切り11月6日
★その他
1.雨天決行ですが、警報が出た場合中止又は順延とします
[ 2015年10月14日 12:01 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

中高年安全登山指導者講習会 のお知らせ

下記のとおり 今年も講習会が行われますので、会員の皆様にご連絡ください。

               記

平成27年度 中高年安全登山指導者講習会「東部地区」

期 日:平成27年9月11日(金)~13日(日)

会 場: 東京都八王子市川町55 「高尾の森わくわくビレッジ」

主 催: 国立登山研修所、日本山岳協会(後援 文部科学省)

主 旨: 中高年の体力等に応じた登山の知識や技能について修得する、中高年登山指導者の養成

講 習: 当岳連 理事長 北村憲彦氏、気象予報士 猪熊隆之氏、医学博士 橋本しおり氏、元警視庁山岳救助隊 金 邦夫氏が講師として机上および現地講習を行います。

詳細については( http://www.jpnsport.go.jp/tozanken/ ) よりダウンロードしてください。
[ 2015年07月10日 22:15 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

「愛知県民登山教室2015」のお知らせ

下記のとおり参加者を募集いたしますので、各会会員に周知をお願いいたします。

              記

机上勉強会 

日 時 : 9月8日(火) 19:30~20:30

場 所 : 愛知県スポーツ会館 第一会議室
 
参加費: 無料

募 集 : 岳連会員、一般 事前申し込み不要 


実践教室 1

日 時 : 9月26日(土) 9:00~14:00

場 所 : 豊田 猿投山

参加費 : ¥2,000 (保険料含む)

募 集 : 岳連会員、一般

* 申し込み締め切り 9月12日


実践教室 2

日 時 : 10月17日(土)
 
場 所 : 鈴鹿 朝明渓谷周辺

参加費:¥4,000 (保険料含む)

募 集 : 岳連会員、一般

以上 詳細、申し込み方法は岳連HPに掲載していますので、ご覧ください。
[ 2015年06月10日 19:45 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

気象遭難対策講習会2015参加者募集のお知らせ

                  記

件  名: 気象遭難対策講習会2015参加者募集のお知らせ

会  場: 愛知県スポーツ会館 大会議室

参加資格: 岳連会員、一般

参加費: 岳連会員 ¥1000
      一般    ¥2000

募集定員: 120名(先着順)

講  師: NPO法人 ウェザーフロンティア東海

       気象予報士 大矢康裕 氏

内  容: 気象の基礎と天気の仕組み

       天気図の読み方

       気象情報の活用

       気象遭難から学ぶ

       夏山直前の気象情報

以上 詳しく解説がありますので、多数の参加をお願いいたします。

申し込み用紙は 岳連HPに載せてありますので、お使いください。
[ 2015年06月10日 19:43 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

愛知岳連総会開催

4/18(土)14:00~16:00まで愛知県スポーツ会館で開催
総会は愛知県内各地の加盟団体が集結する1年で最大のイベント。
今回も社会人山岳会に混じって、東海地方の特色たる職域の山岳会
も多数出席を見た。
安藤会長のご挨拶に始まり、各委員会の事業報告が行われた。
その後、会計報告、役員案が審議され、満場一致で閉会となった。
総会の前後の時間を利用して、拙書『東海版 週末の山登りベスト120』
の頒布をした。安藤会長始め、多くの加盟山岳会の理事さんに購入して
いただき23冊を完売。完売後も求められる人が多数あり、もっと持参した
かった。好評につき、6月の理事会にも持参する旨話した。
[ 2015年04月18日 11:20 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

岳連報告

3/17(火)愛知県スポーツ会館において開催
要旨
2/15に日山協代表者会議が開催された。報告は安藤会長から
①2016年から8月11日が国民の祝日「山の日」に制定された。まだ浸透していないので対策を考える
ふるさとの山に登ろう、という企画を東海4県で立ち上げる

②全日本登山大会は宮城県で開催。被災地の現在もみてもらうように市町村の協力を取り付ける。10月中。

③山岳共済はジローが伸びている。
日本山岳救助機構合同会社

④岳連の加盟の認定は個人別会員制度が20県で実施

⑤日山協もアッピールしないと集客できない。
 ・地図を読む技術講座に人気がある。

⑥山岳共済に日常のケガの補償が必要かの是非
 一般の障害保険に山岳の特約をつける形で設計されたので(山岳のみに特化できない)除外できない。
 
2/28から3/1に大日ヶ岳で雪山講習会を実施。受講生5名、指導員7名。

4/29に第36回 自然観察会 木曽福島の城山 会費1000円。木曽福島駅9時集合

北村氏から遭難対策資金口の件、夏山フェスタの紹介の件、低体温症についての話があった。
特に重要な話。雪山等で雪崩に遭って救出されたが、・・・・
①丁寧に扱う。暖めようとして
・体をさすらないこと
・叩かない
・心臓のマッサージをしない
・揉まない
そっとしておく。
②心臓が止まっていても搬送が優先。
③アフタードロップ?心臓停止 待機する
を強調された。

また低体温症にならないための対策
①食べること エネルギーの補給に努める
②隔離する 風、濡れ、雪などから離れる、防ぐこと
③保温 シュラフをかぶせる
④加温 ペットポトルなどで湯たんぽを作る。胸、腹に当てる
他、報告、審議など。
[ 2015年03月18日 00:58 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

平成27年度愛知県山岳連盟総会の開催

さて、本年度も年度末となり、H27年度の総会を下記のとおり開催いたしますので、
ご出席をお願いいたします。

        記
平成26年度愛知県山岳連盟総会の開催

日 時:平成27年4月18日(土) 午後2時~
場 所:愛知県スポーツ会館 大会議室
出席者:愛知県山岳連盟顧問  参与  会長  副会長  議長  監事
    理事長  副理事長  常任理事  各会理事  事務局

*総会当日平成27年度分の会費を納入される団体は 
 1団体¥10,000  個人1名¥1,000X会員数 をご用意ください。
 同時に会員名簿の提出もお願いいたします。
*なお、当日欠席される方は別紙委任状の提出をお願いいたします。
[ 2015年03月04日 14:27 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)

岳連報告

2月4日の報告が中途で終わりましたので、まとめて整理しました。

平成26年度題回理事会の報告など
1 第3回鈴鹿山系連絡協議会   四日市西警察署から鈴鹿でもヘルメットの着用が要請された。低山でも頭を打って死亡する事故が多発しているとのことが背景にある。対して安藤岳連会長は鈴鹿山系では大げさすぎると反論。

2 愛知県遭難対策協議会 休眠状態だった当会が御嶽の噴火と遭難事故の多数の死者を出したことから急遽、復活した。愛知県の山でも登山届けを義務付ける案がでたが、岳連は登山者全体の1%しかいない、と反論。

3 冬山遭難対策会議 愛知岳連は年末年始に46隊129名が入山。多雪で入山できない隊もあった。

4 2/28~3/1 大日ヶ岳で雪山講習会を開催

5 愛知岳連総会は4月18日(土) 県スポ。

6 特別会計(遭難対策資金口)について
  岳連のアンナプルナ派遣の遭難では全体で1500万円かかった。内、ヘリコプター代は600万円だった。国内の山岳遭難の救助活動でも自治体のヘリ出動は無料であるが、民間ヘリは1時間当り50万円かかる。車のようにすぐには飛べず、30分は暖気運転するので2時間が見ておくと100万円かかる。又、地上での捜索も地元に依頼すると1人当り1日3万円かかる。30人ならば90万円になる。しかも現金がいる。
 こうした状況を鑑みて、日本山岳協会の共済保険が下りることを「担保」に一時的に現金を用立てる制度の案である。したがって、保険未加入は利用できず、全額自己負担になる。また、これは遭難であって、山の中の病気は保険では救済されない。
報告は以上。

長野県で遭難すると大抵は民間ヘリに切り替わり、有料と言われる。その境目は急な悪天候、自然の災害など客観的に自己責任ではないケースと思われる。

そういうわけで山岳遭難とは何か、という定義が必要のようです。保険が適用される、されない、という基準も知りたい。今後、議題にあげて議論されると思います。

[ 2015年02月05日 01:57 ] 愛知県山岳連盟 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR