FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  転倒・転落
カテゴリー  [ 転倒・転落 ]

十勝岳連峰で行方不明になった73歳男性 入山9日目に発見も死亡確認…当時は悪天候 登山中に"転倒"か

十勝岳連峰で行方不明になった73歳男性 入山9日目に発見も死亡確認…当時は悪天候 登山中に"転倒"か
 北海道の十勝岳連峰に登山に入り行方がわからなくなっていた70代の男性が10月20日、富良野岳で発見されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 死亡が確認されたのは、千歳市の無職・瀬戸口孝年(73)さんです。

 瀬戸口さんは10月12日午前7時半ごろ、1人で上富良野町の凌雲閣登山口から十勝岳連峰に入り、その後行方がわからなくなっていました。

 警察と消防は、「帰ってこない」と家族から通報を受けた翌日の14日から行方を捜索していましたが見つからず、15日で大規模な捜索は打ち切っていました。

 19日夜、富良野岳の南側から登山をしていた人から「雪に埋もれたタオルを見つけた。遭難している瀬戸口さんと関係あるのでは」と連絡があり、20日に山岳救助隊が捜索したところ、午前9時20分ごろ、富良野岳山頂から南西に約800メートルの登山道付近の斜面で、うつ伏せに倒れている瀬戸口さんが見つかりました。

 瀬戸口さんは北海道警のヘリコプターで病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

 瀬戸口さんの顔には打撲のような痕があり、警察は瀬戸口さんが登山中に何らかの原因で転倒したとみて死因などを調べています。

 瀬戸口さんが入山した12日は雨風が強く、引き返す登山客もいたということです。

スポンサーサイト



[ 2020年10月21日 00:24 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

山岳遭難の発生 御在所岳登山道

山岳遭難の発生
 9月19日昼頃、三重郡菰野町大字菰野の御在所岳登山道において、男性(66)が橋から川原に転落し、怪我をする山岳遭難が発生した。(四日市西署)
・・・登山道で橋から落ちるといえば、藤内小屋の手前にあるこの辺りか。
[ 2020年09月24日 20:02 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

北アルプスで山岳事故相次ぐ、男女2人を救助 命に別条なし

北アルプスで山岳事故相次ぐ、男女2人を救助 命に別条なし
 高山署は21日、北アルプスで登山中にけがをした男女2人を救助したと発表した。いずれも命に別条はない。

 署によると、岐阜県高山市上宝町金木戸の黒部五郎岳(2840メートル)で同日午前、岡山県倉敷市の男性会社員(43)が標高2千メートル付近の沢で2メートルほど下に転落した。左脚を骨折したとみられる。つかんだ直径1メートルの岩がぐらついて一緒に落ち、脚に当たった。

黒部五郎岳への登山道で2000m付近はないので、金木戸川の遡行中かと思われます。


 近くの双六岳(2860メートル)では同日午前、東京都国立市の女性会社員(54)が標高2600メートル付近で転び、左足首の骨を折った。仲間と共にそばの山小屋へ自力でたどり着いた。


参考
九郎右衛門谷
[ 2020年09月21日 22:45 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

赤岳で転落か 女性死亡

赤岳で転落か 女性死亡
15日午後、八ヶ岳連峰の赤岳西側の斜面で女性が心肺停止の状態で見つかり、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されました。
警察が身元の特定を進めるとともに、女性が岩場を登る途中に何らかの理由で転落したとみて詳しく調べています。

15日午後1時すぎ、赤岳近くの尾根を歩いていた登山者から「人が転落したようだ」と警察に通報がありました。
警察がヘリコプターで周辺を捜索したところ、15日午後2時半ごろ標高およそ2500メートルの斜面で成人の女性が心肺停止の状態で倒れているのを見つけました。
女性は茅野市内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。
警察によりますと女性はひとりで登山をしていたということです。
現場には岩場を登るロープが残っていたことから、女性が岩場をクライミング中に何らかの理由で転落したとみて、身元の確認を進めるとともに当時の状況を詳しく調べています。

八ヶ岳連峰赤岳で滑落 単独登山の女性が死亡 長野・・・・の報道によると「標高2500メートル付近で横浜市の会社員=小玉徹子さん・71歳が心肺停止状態で見つかり、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。小玉さんはおとといから1人で赤岳に入山していて、登山中に150メートルほど滑落したとみられています。」とのことです。71歳で単独しかも女性と知って驚きました。FBには多くのお悔やみのコメントが寄せられていました。この方も多分、ステイホームで筋力低下、バランス力の低下だったのだろうか。いや、そうとしか思えない。コメントを読むと相当なクライマーだったらしい。過去の経験がいかに豊かでも過信してはならないのだと思う。
[ 2020年09月16日 08:23 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

黒部峡谷で学生転落し不明

続報
黒部峡谷の水平歩道 転落の大学生を遺体で発見 父親と入山
14日午後、北アルプス黒部峡谷の志合谷付近で21歳の大学生が水平歩道から転落し行方が分からなくなっていましたが、15日、遺体で発見されました。

遺体で発見されたのは千葉県習志野市の大学生、三木康生さん(21)です。
14日午後2時50分ごろ、北アルプス黒部峡谷の標高920メートル、志合谷付近で水平歩道を歩いていた三木さんが足を滑らせておよそ100メートル下まで転落したと、一緒に登山をしていた父親から警察に通報がありました。
三木さんは14日、父親と入山し、2人で欅平駅から阿曽原キャンプ場に向かう途中でした。
父親からの救助要請を受け、14日に続き15日も捜索が行われ、午前8時ごろ三木さんを発見し死亡が確認されたということです。
三木さんが転落した水平歩道は岩壁を削ってつくられている道で、当時は霧がかかっていて視界が悪かったということです。
・・・お悔み申し上げます。あの登山道はほんとに危険だ。しかし、トレーニングしたら行けるというものでもない。体調でも悪かったのだろうか。

第一報
黒部峡谷で学生転落し不明
 14日午後2時50分ごろ、北アルプス・黒部峡谷の志合谷付近(標高約920メートル)で千葉県習志野市の大学生(21)が登山道から転落した。黒部署によると、約100メートル下に転落した可能性があるという。長野県警のヘリが日没まで捜索したが、見つからなかった。15日朝から同県警ヘリと富山県警山岳警備隊が捜索する。

 同署によると、大学生は父親と2人で14日に入山。黒部峡谷鉄道の欅平駅から阿曽原キャンプ場に向かう途中、水平歩道から落ちた。父親が携帯電話で110番した。歩道は岩壁を削って造られている。

[ 2020年09月15日 08:11 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

奥穂高岳で転落、京都の男性重傷 県警救助

奥穂高岳で転落、京都の男性重傷 県警救助
 岐阜県警高山署は20日、京都府宇治市の無職の男性(72)が、高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)の岩場で転落し、頸椎(けいつい)を損傷したと発表した。意識はあり命に別状はない。

 署によると、現場は標高3千メートル付近。岩場にかかるはしごを降りる途中で足を滑らせたとみられる。19日午後2時40分ごろ、近くの山荘から「男性が転落し、頭を打ったようだ」と署に通報があり、県警が救助した。
[ 2020年08月21日 17:01 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

"山の日"に事故が…「川に流された」沢登り中の20代男性が川に転落 意識不明 もう1人は無事救助 (20/08/10 12:15)

"山の日"に事故が…「川に流された」沢登り中の20代男性が川に転落 意識不明 もう1人は無事救助 (20/08/10 12:15)
3連休最終日の8月10日は「山の日」ですが、北海道の上川町の層雲峡で、沢登りをしていた男性2人のうち1人が川に流され、まもなく救助されましたが"意識がない状態"だということです。

 荒川 健太郎 記者:「午前9時前です。川に流されたとみられる男性らが、いま救助されました」

 8月9日午後9時過ぎ、上川町層雲峡の荒井川で、沢登りをしていた20代の男性から「一緒に登っていた 男性が川に流された」「自分も身動き取れない」と警察に通報がありました。

 警察と消防が未明から捜索を始めたところ、午前4時半すぎに国道から1キロほど離れた地点で、通報した男性を発見、ヘリコプターで救助しました。男性は会話ができる状態だということです。

 一方、流された20代の男性は"川に沈んだ状態"で見つかり、救助されましたが意識はないということです。

 2人は北海道外に住む知人同士とみられ、9日一緒に沢登りをしていて、夕方ごろ1人が川に流されたということです。

 警察が、詳しい状況を調べています。

[ 2020年08月10日 15:22 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

近畿・徳島県で水難事故相次ぐ

近畿・徳島県で水難事故相次ぐ
9日は近畿各地や徳島県で、水難事故が相次ぎました。

奈良県の釈迦ヶ岳付近では沢登りに来ていた女性が滝つぼに落ち、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
警察によると8日午後6時半ごろ、沢登りにきていた男性から「友人が滝から落ちて引き上げたが、意識が戻らない」と通報があり、翌朝から捜索隊が釈迦ヶ岳に入ったところ、近くを流れる前鬼川の川岸で女性が倒れていたということです。
女性は大阪市内に住む73歳の介護士で、滝を渡る際に足を滑らせ高さ10メートルある滝つぼに落ちたとみられています。

奈良県では東吉野村にある高見川でも29歳の男性が溺れ、死亡する事故がありました。

徳島市の小松海岸では、16歳の男子高校生が沖合で溺れ、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。
警察によると男子生徒は友人2人と小松海岸に海水浴に来ていて、午後6時ごろ、溺れた場所から30メートルほど離れた沖合の海底に沈んでいるのを発見されたということです。
徳島市は新型コロナウイルスの影響で、ことしは小松海岸の海水浴場の設置を中止しています。

また京都府京丹後市の海水浴場では46歳の男性が沖合に流され、遺体で発見されました。
[ 2020年08月10日 15:14 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

北アで転倒し骨折 富山県警ヘリ救助

2020.8.9 中日新聞朝刊から
イメージ (14)



[ 2020年08月09日 21:14 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

姶良(あいら)市の蔵王嶽 登山中の女性が崖下に転落し死亡

姶良市の蔵王嶽 登山中の女性が崖下に転落し死亡
姶良市の蔵王嶽で23日、登山をしていた女性(78)が崖の下に転落し死亡しているのが見つかった。
 死亡したのは、霧島市隼人町内に住む池田さえ子さん(78)。警察によると、池田さんは23日午後1時ごろから姶良市加治木町日木山にある蔵王嶽で息子(50代)と登山をしていた。2人は、8合目付近で道に迷い、息子が道を探していたところ、池田さんの行方が分からなくなった。その後、息子が警察に通報。消防と警察が捜索ていたところ、午後7時頃、行方不明となった場所の近くの崖か約15メートル下で池田さんがうつぶせで倒れているのが見つかった。池田さんは、全身を強く打っていて、その場で死亡が確認された。警察は、池田さんが誤って転落した可能性があるとみて調べている。
 蔵王岳は、標高164メートルで、登山道はあるものの、急な坂道が続いているという。

[ 2020年05月24日 19:59 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

81歳男性を滝つぼで発見、死亡確認 滋賀の山中で行方不明 

81歳男性を滝つぼで発見、死亡確認 滋賀の山中で行方不明 
 25日午後2時ごろ、滋賀県米原市上丹生の霊仙山で、行方不明になっていた岐阜市の男性(81)が中腹にある漆ケ滝の滝つぼに浮いているのを、米原消防署などの捜索隊が見つけた。男性は滋賀県の防災ヘリコプターで病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 滋賀県警米原署によると、登山中に遭難したとみられる。滝つぼは通行禁止になっている谷山谷ルートにあり、登山道から約10~15メートル下。男性は「霊仙山に行く」と24日朝に書き置きを残して自宅を出ており、妻が同日夜に岐阜県警岐阜南署に捜索願を出していた。


本件事故に関するヤフーニュースのコメント欄から
第一報
①教職員関係とか会社の幹部クラスだった高齢者は絶対に人の指示には従わない頑固者が多いからどうする事も出来ない。そのくせ何かあると直ぐに助けろと大騒ぎする特殊な人間が多い・・・。
返信:皆が自粛して頑張っているこの有事に登山なんて馬鹿を通り越して鬼畜。
「山岳救助医療機構」から
救助隊や医療スタッフの感染防止の為に
「今は登山はやめましょう️️」
とお願いの声明が出ていたのに!

こんな身勝手な登山者は捜索も救助もする必用全く無し。
②昨日24日は午後から天候が崩れ雷も伴うと天気予報で行ってたのにもかかわらず登った事がすでに無謀としか言えない。
もう登山も自粛してくれ言われてんだから大人しくしてなよ。
山は逃げないんだから!
返信:自分から入っていっただけでしょ?
姥捨山へ。

手間掛からなくて良かったじゃん?
探す必要なんて皆無。
③捜索すれば密接になる、保護すれば密接になる、何やっても人と人とが近づくと密接になる。経験や年齢を棚に上げての無謀な登山は周りの迷惑になるだけ。
米原市の醒ヶ井養鱒場あたりからと多賀町の河内の風穴あたりからの登山者は途絶えなく歩き続けてますよ。減ることはありません。
三日月知事の遅い呼び掛けで湖岸道路の駐車場を閉鎖されたみたいですが琵琶湖だけでは無いんです滋賀県の各登山口は隙な人だらけで溢れてます。普段とくに趣味では無い方々もリュック背負って慣れない靴を履いてトコトコと歩いてます。何の挑戦なんでしょうか?外出を自粛してる今やらなくても良いはずです。
返信:そう言う方に何か有っても今は放置するようにしましょう。医療関係者は忙しいので
④こんな時に高齢者が単独で登山なんて、絶対あり得ない。
警察にしても迷惑な話だと思う。
自分が好きでやっているんだから、遭難しようと放っておけば?
⑤登山に行きたいのに我慢してます。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために。
今日なんて絶好の登山日和。
腹立たしさを感じるのは私だけでしょうか。
⑥怪我とか遭難して警察や医療関係の人たちの負担になるかもしれないって考えたら登山はできないよね。
実際に今は自粛してる。
⑦登山自粛要請された矢先にこれですか。
しかも越県とか一番やっちゃいけない事をやってくれちゃいました。
登山で一番大切な事はモラルだと思ってますので、地元の初心者コース低山登山でもモラルを守って行かないと登山自粛してる登山愛好者ですが、顔に泥を塗られた気持ちです。
ご家族は免許返納させられなかったんですかね。
聞く耳なかったのかもしれませんね。
⑧この時期。無駄に元気な年寄りほど扱いの困るものはない。
⑨よほど山が好きだったんだろうなぁ
とはならない。

⑩ごめんなさい。
極悪非道かもしれませんがこのような時期に勝手な行動する人のおかげで消防や警察などの手を借りなければならなくなる。怪我でもしてたら更にその手は多くなる。
家族が助けに行けば良いと思う。
もう無理だよ、こういう人は。

病気の人、不慮の事故の人を助けてあげて欲しい
⑪山で逝く。
本望なのでは。

無謀な登山者は捜索しない。救助しない。
そんな決めがあってもいいのでは。
1人のわがままな行動で、警察や消防、その家族が巻き添えになることは避けなければ。



第二報
①亡くなった方には悪いけど、なんで自粛してくれないのか。
残された家族も気の毒だけど、絶対に止めないと。
②日本山岳会からも
登山の自粛要請出てたのに…
本当に山を愛している登山家なら
今は我慢して欲しかったなぁ。
③自粛と言っているのに、この有様。
自分だけならいい、山なら大丈夫、そういう考えは捨てるべきです。
④16時過ぎくらいに防災ヘリが赤十字病院に向かって飛んでいくのが見えたので、この時期に急病人?コロナは関係あるのかな?と不思議に思ってました。でもまさかまさか、81歳にもなられたお隣の県のご老人がわざわざ滋賀の山まで来て遭難されたとは夢にも思わず。
コロナで大変な時期、捜索に関わる沢山のみなさん、さらに防災ヘリや病院にまで迷惑をかけまくりお亡くなりになったとは、呆れて物も言えません。
多大な迷惑をかけられた皆さま、本当に大変でしたね。ご苦労をお察しします。
こんなすっちゃかめっちゃかな老人がやりたい放題やってる高齢者優遇の世の中、おかしくないですか?とっても疑問に思う私です。
⑤時期的にも年齢的にも
迷惑です
以上

・・・・コメントは匿名ですから言いたいことを率直に語っています。
およそ60歳を過ぎたら老害なんですよ。まるで消耗品扱いです。
終わった人だから優遇するなと、大概にしてくれ、と思いますが本音でしょう。
この自粛の要請の中で登山を決行するとは度胸の据わった人だと思います。
81歳ですから若いころは槍だの穂高だのでならしたつもりの自信家だと思われる。
50歳代からのレートビギナーは登山しないでしょう。
登山者にとって大切な心得は謙虚ですかねえ。
自分に不都合なことは起きない、と考えるか、この時期に限って起きて欲しくないことが起きてしまうか。
私のJACの知人らでヒマラヤ級の山々を踏破してきた会員はみな山で遭難死しています。
つまりベテランだから、登山技術はしっかりしているから、などは全然関係ない。
谷山谷登山道は崩落で廃道になっている。そこを無理して行ったんでしょうか。
滝つぼに落ちるほどの高巻き道は進退窮まると思うが足に自信があるとえーい、行っちゃえ、となったか。
改めて登山における死を考えたい。

谷山谷道の記録などもアップしてこう。
霊仙山の肝 旧道谷山谷コース
2019.4.28時点で相当悪い様子だ。
「漆ヶ滝から先は以前より危険だと言われている。滝の上部をトラバースするのだがとにかく足場が悪いのである。しかしその場所さえクリアすればあとは楽勝。
とりあえずロープを使って上昇。足場悪い急斜面を登る。
しかしすぐに状況が以前と違う事に気づいた。
ロープははってあるものの高所なのに足場が無いに等しく危険極まりない。
以前はここまで酷くなかった。そしてこの辺りになるとピンクのテープなどは全く無くなっている。これ以上は行くなという事か。
しかし踏み跡は確かにある。誰かは突破してるのだ。
常にロープを握りしめ登りながら時折横に移動してまた登って・・・
すでに手足はドロドロである。
そうこうしているうちにいつものトラバース箇所に到達。
アンカーはずれてぶら下がってるしロープは緩い・・・
足場を作りながらゆっくりゆっくり時に手の指を土の中に突っ込みながら通過。
その後も新しい崩壊箇所などがあったがなんとか滝の上部に到着。
真下にお地蔵さんがあるといわれるこの場所で無事に危険箇所をクリアできた事に感謝し手をあわせた。
がそんな時間も束の間これから先もロープ、トラバース地獄であった。
新たにはられていたロープの上に大木が落ちて来ていたり普通に通れる感じではない。不安になる。引き返そうか・・・
しかし今の道を戻るのは非常に危険でとにかく進むしかないのである。
典型的事故パターンである。泣きたくなった。
体力にまだ余裕があるのだけが救いだったが。」




[ 2020年04月26日 23:14 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

白山で遭難の男性 遺体で発見

白山で遭難の男性 遺体で発見
五泉市の白山で遭難して行方が分からなくなっていた新潟市の68歳の男性が7日午前、山の中の滝つぼで遺体で見つかりました。

遺体で見つかったのは、新潟市西区の古俣龍三さん(68)です。
警察によりますと、古俣さんは5日、親せきから「連絡が取れなくなっている」と相談があってから行方が分からなくなっていて、白山の登山口近くの駐車場で古俣さんの車が見つかったほか、山の中の沢で携帯電話やカメラなどが入った古俣さんのリュックサックが見つかったことから、警察と消防は登山中に遭難したものとみて捜索を続けていました。
そして7日午前9時50分ごろ、リュックサックが見つかった沢から数メートル離れた滝つぼで古俣さんが浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
警察は、古俣さんが沢に流されたか、誤って滝に転落した可能性があるとみて、当時の状況や死因について詳しく調べています。
白山は五泉市の南端にある、標高1000メートルを超える山で、ことしは5日に山開きしたばかりでした。
・・・・お悔み申し上げます。4/4には裏妙義の滝で10m落ちて骨折で助かった71歳の人がいた。この人も数メートル落ちて亡くなった。運不運としか思えない。
[ 2020年04月07日 23:41 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳で遭難… 愛知の60代男性の遺体発見 標高2700m付近で転落か 北アルプス・唐松岳では60代男性が行方不明

八ヶ岳で遭難… 愛知の60代男性の遺体発見 標高2700m付近で転落か 北アルプス・唐松岳では60代男性が行方不明
 長野県内の山岳で遭難が相次いでいます。八ヶ岳では愛知県の男性が遺体で発見されました。また、北アルプスでは松本市の男性が行方不明です。

 八ヶ岳では、おととい3日、1人で茅野市の美濃戸口から入山したと見られる愛知県半田市の63歳の男性会社員が昨夜になっても帰らず、家族から届け出がありました。警察などが、けさから捜索にあたっていましたが、午後2時半頃、標高2700メートルの「中岳のコル」付近で転落したと見られる男性を発見、県警ヘリで収容しましたが、死亡が確認されました。警察によりますと、美濃戸口の駐車場に男性の車がありましたが、登山届は出ておらず、家族にも行き先を告げていなかったということです。


 また、北アルプスでは、きのう日帰りの予定で1人で八方尾根から入山した松本市の67歳の男性会社員が夜になっても帰らず、家族が警察に届け出ました。登山届によると、唐松岳に登頂後、沢をバックカントリースキーで下りる予定だったと見られています。きょうの北アルプスは吹雪でヘリコプターが飛べず、地上から想定される下山ルートを捜索したものの、視界が悪く、あす、再開することになりました。

[ 2020年04月06日 02:19 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

北アルプス・下ノ廊下で遭難相次ぐ

秋山シーズンいっそうの注意を(動画)

山岳緊急情報 黒部峡谷下ノ廊下で死亡事故連続発生
10月に入ってから黒部峡谷で事故が連続しています。10月20日現在、下ノ廊下で4件の死亡事故が発生しています。
下ノ廊下での死亡事故
10月10日(木)東谷吊橋付近 女性・転落
10月19日(土)十字峡付近  男性・河原で発見
10月20日(日)蜆谷     男性・滑落
10月20日(日)白竜峡付近  男性・河原で発見

[ 2019年10月23日 22:55 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

火打山登山中に転倒し右肩けが 警察と消防が62歳男性を救助

火打山登山中に転倒し右肩けが 警察と消防が62歳男性を救助
妙高警察署によると2019年8月17日午前8時30分過ぎ、新潟県新潟市西区の62歳男性が単独で火打山を登山中に転倒。男性は歩行困難となったことから警察と消防が出動した。男性の命に別条はないが右肩を脱臼している模様。

発表などによると男性は山頂を目指し登山中、高谷池ヒュッテ付近で足を滑らせ転倒し、右肩を負傷した。歩行困難となったことから同ヒュッテに避難し、ヒュッテの従業員が同署に救助要請したという。

救助のため、同署山岳遭難救助隊2名と頸南消防署員2名が出動。同日午後2時30分過ぎ、男性の右肩のけがの応急処置などが行われた後、男性は署員らと自力で下山し、市内の病院に搬送された。
[ 2019年08月18日 18:10 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

県内北ア 救助要請相次ぐ 男女3人けが

県内北ア 救助要請相次ぐ 男女3人けが
県内の北アルプスで5日、登山客の救助要請が3件相次いだ。富山南署と入善署によると、50〜60代の男女3人が登山道で転倒し、女性2人が足の骨を折る重傷を負った。男性1人は悪天候のため救助できなかった。
 午前5時ごろ、黒部川源流部にある雲ノ平の登山道(標高約2450メートル)で、富山市月岡東緑町、無職、坂井尚美さん(64)がぬれた木道で足を滑らせて転倒。同7時15分ごろには、薬師岳の太郎平小屋から薬師沢小屋へ向かう登山道(同約2050メートル)を歩いていた兵庫県姫路市、介護士、中島真由美さん(53)が木道で転んだ。
 2人は県警ヘリでそれぞれ富山西総合病院と富山市民病院に運ばれたが、坂井さんは左足首、中島さんは右すねの骨を折る重傷。
 朝日町山崎の朝日岳では同7時50分ごろ、山頂から白馬岳に向かう登山道(同約2250メートル)で、東京都調布市、会社員、峯勝洋さん(60)が浮き石で転んで右足首を負傷。この日は県消防防災ヘリが悪天候のため現場に近づけなかった。
 6日朝に山小屋で待機している峯さんの救助に向かう。
[ 2019年08月07日 00:15 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

山梨県丹波山村 沢登りの女性が転落

山梨県丹波山村 沢登りの女性が転落
7月21日、丹波山村の大菩薩嶺で沢登りに来ていた千葉県の女性1人が川に落ち、警察では天候が回復し次第、捜索することにしています。
午後8時頃、丹波山村にある大菩薩嶺の小室川で千葉県の60代の女性が川に流されたと一緒に沢登りをしていた仲間から警察に通報がありました。
警察によりますと女性は仲間3人と沢登りをしていましたが足を滑らせて川に転落しました。
仲間3人が女性を引き上げましたがすでに意識はなく、3人は警察に連絡するため女性をその場に残して下山したということです。
警察は、3人から状況を聴くと共に天候の回復を待って捜索を行う予定です。




小室川で流された女性の死亡を確認
[ 2019年07月23日 07:29 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

北設楽郡設楽町荒尾(あろう)で遭難


 
 6/19の朝のNHKラジオで愛知県北設楽郡設楽町荒尾(あろう)で遭難事故があったと報じられた。具体的な山名は出なかったがWEB上の地形図からは岩古谷山から南の岩稜地帯からの転落かと想像する。事故に遭われた登山者は新城市の病院に運ばれたがその後死亡されたとのこと。名古屋市緑区の人らしい。

 6/20の朝刊で、名古屋市緑区の広川敏彦(66)さんと報じられた。死因は肺挫傷。事故は6/18の午後3時ごろ、背中を打って動けないと本人から110番があった。近くの沢で発見されたらしいが記事からは詳細は不明。道迷いから沢を下ることはよく聞くが、道のない沢は絶対に下ってはいけない。滝、断崖、絶壁などの障害があり下降はかえって難しい。

 愛知県の山岳遭難は地域でのみ報じられて名古屋では知る機会が少ない。どんなに低い山でも転落や道迷いの事故はありうるので留意したい。
 愛知県警設楽警察署のHPにあった北設楽登山安全マップを貼り付ける。意外なほど事故が発生している。北設楽登山安全マップに上がったのは平成19年から平成30年までで25件ほどで、鈴鹿山系の年間50件に比較すると少ない。内訳は道迷い11件と滑落事故4件、滑落死亡事故は7件あった。長野県に近い山ではクマ出没で咬まれた事故も2件あった。
 安全対策としては
1 北設楽郡北部の山ではクマ除けの鈴を鳴らすこと。
2 滑落事故に対しては足元をよく見て慎重に歩くこと。
・仲間内で歩くと話をしながら、つい余所見することがあり、足元が悪いことに気が付くのが遅れる。
・登山中は登山に集中すること。植物を見つけた時、景色の良いところに来たときは立ち止まって楽しむ。
・特に岩場の下りでバランスを崩すと転落し頭を打って死亡乃至重大事故につながる。
・岩場を歩く山の登山靴はゴム底でビブラム底を選びたい。底の柔らかい素材の靴は不安定でバランスを崩しやすい。
3 道迷い対策としては地形図を必ず持ち、コンパスで自分の位置確認を怠らないこと。
・愛知の山には植林の道が多い。植林山は下草が少ないのでどこでも歩ける。
・登山道も植林用の山道を利用することがあり、枝道が多くなる。
・また、高圧電線の鉄塔の保守路も一部登山に利用することがある。道迷いしやすい条件は揃っている。
・迷ったと思ったら分かるところまで引き返す。
4 何といっても大切なことはネット情報を鵜呑みにしないで、ガイドブックをしっかり読んで登る山を把握したい。
・ネット情報は発信者の力量が分からない。登山に関する正しい知識、経験の有無、技術などは不明。
・ネット情報は誇張もある。
5 単独登山はなるだけ控えたい。登る仲間を作るか、山岳会、サークルに入会することも安全対策になる。
・パーティ登山であってもリーダーは必ず決めておく。
・付和雷同するメンバーは危険この上ない。
6 山のことをよく知った経験豊富なリーダーを確保したい。これが一番の安全対策になる。
7 低山であってもヘルメットを着用すると負傷しても致命傷に至らずに済むことがある。
・北アルプスではヘルメットの着用が義務付けされたエリアがある。岩の稜線から転落して全身骨折しても頭部がヘルメットで保護されていたために救助された事例があった。
 いくつかをアップしておく。価格は2000円台から10000円超まで様々。品質も様々だが耐久性は表面的には不明。着用して居ないよりはまし。実際には頭にあったサイズを選ぶために登山用具店でチエックしたい。実店舗の価格が高すぎるならサイズが分かってからネットで購入しても良い。


女性向け登山用ヘルメットが「FLUQUE」
【女性の服装】登山用ヘルメットの必要性とおすすめの選び方
[ 2019年06月19日 11:13 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

登山中に滑落か 沢で男性を発見も死亡を確認 阿賀町

登山中に滑落か 沢で男性を発見も死亡を確認 阿賀町
登山に行ったとみられる新潟県長岡市の男性が行方不明になり、警察などが捜索していたところ、阿賀町の沢で男性が倒れてるのが見つかり死亡が確認されました。警察は身元の確認を急いでいます。
行方不明の届け出があったのは、長岡市栃尾原町の嶋幸雄さん(68)です。警察によりますと、28日に嶋さんの家族から「山登りに行くとのメモを残したまま帰らない」と、届け出がありました。嶋さんは今月25日の夜から26日の朝にかけて、自宅を出たとみられます。嶋さんが残したメモには「飯豊山」との記載があり、津川署が捜索していたところ、29日に御神楽岳の蝉ヶ平ルート登山口駐車場で、嶋さんの車を見つけました。30日も早朝から捜索したところ、午前9時20分ごろ県警のヘリが沢で倒れている男性を発見しました。男性はすでに死亡していて、遺体や現場の状況から滑落したとみられます。警察は身元の確認を急いでいます。


ヤマレコの記録では危険個所が多いとのことです。
御神楽岳(蝉ヶ平登山口よりピストン)
[ 2019年05月31日 17:41 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

富士山富士宮口、救助要請相次ぐ

富士山富士宮口、救助要請相次ぐ
 富士山富士宮口で18日、救助要請が相次いだ。午前7時5分ごろ、8合目付近で愛知県の会社員男性(45)が意識を失ったと8合目の富士山衛生センターから9合目に常駐する県警山岳遭難救助隊に通報があった。隊員が男性を救助し、ブルドーザーで下山して5合目で待機していた救急車に引き継いだ。富士宮署によると、男性は意識を回復したという。
 元祖7合目付近では午前10時35分ごろ、東京都の会社員男性(61)が転倒して動けなくなったと、男性が参加していた登山ツアーのガイドが同隊に通報した。同隊と同署山岳遭難救助隊が救助し、5合目まで搬送した。男性は軽傷。
 午後2時15分ごろにも、8合目から9合目付近で神奈川県の会社員男性(54)が転倒して動けなくなったと一緒に登山していた友人から同センターに通報があった。県警山岳遭難救助隊が救助し、御殿場口5合目まで搬送した。同署によると、男性は右足を骨折したもよう。
[ 2018年08月19日 18:42 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR