FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  長野県の山

下山届 烏帽子岳

明日の9月28日(土)に、烏帽子岳に高瀬ダムから登り、烏帽子小屋に泊まる予定です。F本
*************************************************
烏帽子岳高瀬ダムから往復しました。烏帽子小屋に泊まりました。客は私ひとりでした。少し雨模様の天気でしたが、久しぶりに北アルプスに行けて満足です。烏帽子岳の頂上近くはなかなか険しく、ビールは稜線に戻ってから飲みました。烏帽子岳の北側の四十八池も見事でした。
スポンサーサイト



[ 2019年09月29日 15:22 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

唐松岳にいってきました。

やっと唐松岳に行けました。黒菱ラインから往復。低高度のほうがガスガスでした。M岡k9_CMt04.jpg
[ 2019年09月13日 21:36 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

糸瀬山下山報告

8月17日、K本さんと、糸瀬山へ行きます。
コースは「東海周辺、週末の山登りベスト120」のとおり。
気を付けて行って来ます。
*************************************************
糸瀬山、予定どおり登り、下山しました。

ショゥブ平登山口への車での行き方ですが、「東海周辺週末の山登りベスト120」のとおり、国道19号線から、須原駅1km先の林道を入って行きましたが、途中の橋が壊れていて通行不可でした。
結局、須原駅まで戻り、越坂林道を使って登山口まで入りました。
越坂林道は、未舗装のため結構ダートで、そして草木が時々道にはみ出していて、仲々の道でした。
[ 2019年08月18日 11:15 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

穂高連峰縦走(西穂から天狗のコルまで)

 8/11の朝3時、相棒はもう起床していた。売店へ移動して朝食代わりの弁当をとるがあまり食欲はなくおにぎり1個のみ食べた。早いパーティは2時半に出発、続々とヘッドランプが続いていた。山荘前の賑わいが途絶えたところでようやくこちらロートル組は4時30分に出発した。もちろんまだヘッドランプが要る。早目に出たいがどこかでもたついて邪魔になることへの忖度もある。
 丸山、西穂独標、西穂までは一般登山道を行く。山頂が近づくと登山者の往来が増えてきた。鎖場では登攀と下降組で譲り合いになる。登山者が多いとそういうことになる。団子になってゆくともっともたつくだろう。
 さて、約3時間で西穂に到達すると、すぐに下降が始まる。ストックを畳んでパックする。鎖場になるのでスピーディには行かない。慎重に下降する。間ノ岳、天狗岩、天狗の頭を登攀したり、下降したりを繰り返す。緊張で喉がカラカラになるのでしばし休憩を入れて水を飲む。カメラ撮影は余裕がなく1枚も撮れなかった。
 我々は天狗岩付近から奥穂の遭難者を救助体制にあるヘリを見ています。
 岩稜の連続のみならず、脆弱な岩質、へつり、垂直の鎖場、ナイフリッジ、直射日光をまともに受けながら、緊張で乾いた喉を飴でごまかすがかえってねばついて飴が溶けなかった。
 それでも60代後半のロートル組2人は天狗のコルまでは辿り着けた。ここでは初めてルートの選択ができる。前進か、エスケープか。12時過ぎであり、ジャンにはガスが立ちこめる。遭難者の救助でホバリング中のヘリもガスが晴れないとみて引き返していった。結果、奥穂の小屋まで後4時間というか、午後5時になってでも行くか、どうか。2人で検討した結果、岳沢小屋へ下る方を選択した。相棒がかつて岳沢小屋から往復した経験がことがあったことも心強い。
 前途変更を決心するともう気楽な気分になり1時まで大休止。どんどんガスが湧いてくる。13時過ぎ、左手の倒壊したコンクリートで補強した小さな避難小屋を見た。がれきの急斜面を下降する。地図上では廃道で破線路は削除されているが、白いペンキの〇印と矢印でしっかり残っている。とはいえ、浮石の連続で歩きにくい。岩雪崩を起こさないようにゆっくり踏みながら下降する。下部では傾斜も緩んで道型が出てきた。ガスは少しぽつりと来たが降雨ということではない。幸い雷雲の活動は収まっている。
 意外にも前から2人パーティーとすれ違う。クライミングだろう。やがて草付きの尾根上の斜面に乗りストックを出してペースを上げる。地形図では間ノ沢と天狗沢の間のわずかな盛り上がりに見える。草付きになるとシモツケ、フウロソウ、キンバイ、トリカブト、アザミなど多彩な高山植物の群落になった。そしてまた意外にも後方から軽装のクライマー2人に抜かれた。聞くとジャンから下ってきたという。
 草付きの緩斜面から天狗沢を横切り、無名の小沢を横切る。そして長い草付きの斜面をたどると岳沢小屋が見えてきた。 (多分)、コブ沢を横切ると小屋に着いた。約3時間で16時を回った。小屋ではまず缶チューハイ1本を仰ぐように飲み干す。そして静かな山荘の生活になじんでいく。とても良いロケーションの小屋である。乗鞍岳が素敵な姿で見える。近くには六百山を従えた霞沢岳がやたらに大きくそびえる。背後は西穂からジャン、奥穂、前穂、明神の岩峰の大伽藍である。

今回は踏破できなかったコース
ジャンダルム攻略『ナイフエッジ "馬の背"』西穂高→奥穂高方向
[ 2019年08月13日 22:49 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

御嶽山下山

7月21日御岳山に行きます。
メンバーはS水とS山(会員外)です。
黒沢口から登ります。
登山口8時発で山頂11時半の予定です。
下山は17時を予定しています。
雨が降ったら中止します。
********************************************
7月21日午後8時、御嶽山を下山して解散。
自宅に戻りました。
登山中9合目の手前で首筋の裏に違和感を感じ、左手の指がしびれ感覚がなくなって来ました。
生欠伸も出てきたので一寸ヤバイかなと感じて、9合目石室小屋で汁粉を食べて(食べたかった1品)登山を中断。
相方には、もう40分位で山頂につくので行くように話し睡眠休憩。待機中も改善しないので戻るのを待って
下山しました。首筋の違和感は消えませんでしたが、指先の感覚も戻り寝覚めホテルで温泉に浸かり帰宅しました。
[ 2019年07月21日 23:01 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

唐松岳中止しました!

IMG_20190710_093405-391x391.jpg~写真は今朝の唐松岳

友人と連絡をとって唐松岳考えてましたが、今のところ雪渓ありアイゼン必要ということと天気崩れそうということで今日のところは中止しました。山小屋から年輩者も登るので雪渓とアイゼンは告知しているそうです。今朝は晴れて雲海みれたみたいですね。

[ 2019年07月10日 11:23 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 岩菅山

岩菅山下山しました。一の瀬の先、アライタ沢へ下る林道を車で進んだ駐車場から用水路に上がり裏岩菅山を往復しました。ノッキリから先、岩菅山と裏岩菅山の間は、花がたくさん咲いていました。ほぼ曇りの天気でしたが、稜線では風が吹いていて、時々雲が取れて、北アルプスや妙高山が見えたりしました。久しぶりに山で寒さを体感しました。ずっと登りたかった山に行けて満足です。F
[ 2019年07月07日 14:18 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 甲武信岳(奥秩父の山)

甲武信ヶ岳下山しました。雨が少し降っていてカッパを着て毛木平(長野県側登山口)から甲武信ヶ岳を往復しました。山の景色はありませんでしたが、ほとんど雨にも降られずに山を歩けて満足です。
[ 2019年06月22日 23:36 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

木曽風越山下山届

26日、栗本さんと、木曽風越山へ行って来ます。
コースは「東海北陸200秀山下」のとおり。
気を付けて行って来ます。
****************************************
木曽風越山、予定どおりのコースで登り、下山しました。
登る時は、雪をかぶった御岳、乗鞍岳を背に、頂上展望台では、三の沢岳を真ん前に、中ア核心部の大展望を堪能出来ました。

 
[ 2019年05月27日 20:18 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

南八ヶ岳 赤岳 下山届


日時 4月3日(水)~4日(木)   
場所  南八ヶ岳 赤岳
メンバー  単独
ルート  4月3日(水) 美濃戸口・駐車⇔美濃戸⇔北沢⇔赤岳鉱泉・宿泊
     4月4日(木) 赤岳鉱泉⇔行者小屋⇔文三郎道⇔赤岳⇔地蔵尾根⇔行者小屋⇔南沢⇔
            美濃戸⇔美濃戸口⇔中央道⇔名古屋
**********************************************************
4月3日(水)~4日(木) 赤岳無事下山しました。 
美濃戸からの北沢、南沢ともに雪はしっかりとありました。
赤岳鉱泉は宿泊客が私を入れて3名。広い小屋の中は人の気配もなく、かなり寒く感じました。
夕食はいつものステーキですが、広い食堂で3人だけの食事はなんだか寂しい。
今回は、山頂まで文三郎尾根を往復しました。
快晴に恵まれ、今までで一番風が穏やかでした。
写真の赤岳山頂でも、ユニクロの薄手のダウンを上から羽織るだけで何時間でもいられるくらい。
ほとんど風が吹いていません。それでも、グローブを外すと一瞬で指の感覚がなくなります。
ところで初めて赤岳を登った時は、簡単な雪山だ、楽勝だと思ったのですが、今回は『いっぱいいっぱい』でした。
快晴、無風、条件は最高だったのにねぇ。
自分の年齢を考えると、そろそろ潮時なのかな…。

おまけ
今回の山行に合わせて、新しいアックスを買いました。
ピックが薄く、氷にも良く刺さりそうです。赤岳鉱泉のアイスキャンディも登れそう。
でも、石や岩をたたくと一発で丸くなりそうで怖い。雪の少ない岩場では使いたくないです。

おまけその2
冬靴の前コバが摩耗しました。
地面が露出した場所を歩いたのは、八ヶ岳の美濃戸口から美濃戸まで。
今回で合計5回歩いたことになります。それ以外は雪上しか歩いてません。
ワンタッチアイゼンをつける時に、靴を突っ込んだだけでは前コバにかからず、手ではめないとダメになって
摩耗に気付きました。未使用新品と並べて見ると、ずいぶん減っているのが分かります。
『教訓』
前コバの冬靴は地面を歩いてはダメ、雪上オンリーで。
美濃戸口⇔美濃戸 を往復するだけで、かなりのダメージを受けます。

[ 2019年04月07日 17:44 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

夏焼山無事下山

年末に行って登れなかったので再挑戦です。

***  東濃・兀岳(はげ岳)1636m・夏焼山1503m山行計画書  ***
 
実施日  2019・01/20(日) 朝発

参加者  W,K,T,S

集 合  2019 01/20(日)地下鉄 本陣駅  AM6:30 

コース    地下鉄 本陣駅―一宮IC=中津川IC―19号―256号―県道8号―ゲート---*

     *ゲートから先は歩きとなる。雪の状態で2つの頂上が無理の場合は夏焼山1503mを優先して行動します。
     *行動範囲は大平峠・兀岳(はげ岳)1636m・夏焼山1503m・夏焼山から西南西に下る尾根に限る。
 
個人 装備  冬登山の服装・ワカン(スノーシュウ)・行動食・ツエルト・赤布・地図
 
コースタイム(夏)     
      大平峠←→兀岳(はげ岳)1636m :2時間   
       大平峠←→夏焼山1503m     :1時間

*この用紙を登山届といたします。
***********************************************************
リベンジ夏焼山無事下山しました。1ヶ月の時を経て登頂して参りました。
6:30に本陣発 現地に向かい始めると雨となった。中津川を過ぎると雪に変わった。
せめて雪であって欲しいと祈った1日であった。
9:30 920mにあるゲートに駐車してトボトボ林道の雪を踏んで歩き出す。道路脇のカーブを示す標識が60台の数字だが0となる大平峠までは先が長い。11:00 1180m大平峠に直接向かう道を分けるが先回の山行でこの道は先で道が崩れている事が分かっているためそのまま林道を進み1270mのパノラマコースの合流点でワカンを付けた。この辺りまで来ると止まっての作業が寒くて応える。12:30やっと大平峠、温かい食べ物を口にして直ぐに出発した。階段が雪の下で邪魔をしてワカンを付けての登りが面倒な箇所もある。道は迷う事はないが笹に積もった雪で腕が濡れた。13:30 夏焼山三角点到着、 展望の良い所であるが雪で視界は無く写真を撮って下山としたが素直にリベンジ出来てすごく嬉しかった。パノラマコースへの下山も考えていたが笹に積もった雪でさらに濡れそうなので往路を大平峠へと下った。14:15 大平峠着 長~い林道歩きが残っているがゲートを目指してひたすら歩いた。16:15ゲート着
濡れた腕が冷え切ってスッパッツを外したりする作業が辛い。各自山道具を収め、アララギの湯へ直行!冷えた体に温泉が沁みた。こんな時本当に温泉は有り難い。
帰路は眠くなる事が心配だったが女性陣のマシンガントークで助かった。それにしても皆元気だ!
こうして、冬の寒さを味わった夏焼山、なんてことは無い山行何だろうが私はとても満足している。
ありがとうございました。
[ 2019年01月25日 11:09 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

木曽・大平峠

*木曽・兀岳(はげ岳)1636m・夏焼山1503m山行計画書  ***
 
実施日  2018・12/23(日) 朝発

参加者  W, S,E,A
集 合  2018 12/23(日)県庁西庁舎  AM7:00時 

コース  県庁西庁舎―小牧IC=中津川IC―19号―256号―県道8号―大平峠---兀岳(はげ岳)1636m---大平峠---夏焼山1503m---大平峠―帰名
    
個人 装備  登山の服装・ヘルメット・行動食・ツエルト・赤布・地図
 
コースタイム     
      大平峠←→兀岳(はげ岳)1636m :2時間   
      大平峠←→夏焼山1503m     :1時間
****************************************************************
木曽・兀岳・夏焼山は大平峠まで車で行けず940m地点のゲートで車を駐車して小雨の中をトボトボ歩くことになりました。
何とか雪の積もった大平峠までで時間となり結構濡れて帰って参りました。
帰りにアララギの湯で暖まって帰名しました。
雨だけど山に入り楽しい1日でした。


[ 2018年12月25日 01:47 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

北八ヶ岳みどり池下山報告

12/21から12/22
参加:N.S水.Y田
集合場所:金山駅北口朝7時
小屋泊:しらびそ小屋
冬一般装備
1日日:稲子湯登山口→しらびそ小屋
2日目:しらびそ小屋→ニュウ→しらびそ小屋→稲子湯登山口
***********************************************************
12月21日・22日の北八ヶ岳(ニュウ)は下山しました。
初日、しらびそ小屋まで山麓の雪山を楽しんで来ました。
2日目は朝から雨のため山行は中止して下山をしました。
午後8時金山で解散しました。S水

小屋番の山日記から
北八ヶ岳のしらびそ小屋に泊る
   
[ 2018年12月23日 11:19 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 荒船山

荒船山、下山しました。内山峠から荒船山(行塚山)を往復しました。駐車場はいっぱいでした。群馬県側の車道に停めました。凄い人でした。天気が良く、紅葉もきれいでした。浅間山がくっきりと見えましたが、煙は見えなかったです。帰りに牧水というお酒を買いました。今晩、楽しみです。F本

・・・・銘酒「牧水」ですか。酒の大好きな歌人の若山牧水からとった命名ですね。”白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり”
[ 2018年10月28日 22:15 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

四阿山転じて冠着山へ

計画は10/11~10/13まで西穂高から奥穂高岳縦走でしたが、天候不順のため中止にしました。
代わって、
10月11日の前日発日帰り山行に変更
JR金山駅前集合16時出発→上田市20時30分着(上田西洋旅籠館泊)温泉付き
10月12日
午前8時、ホテル発→午前9時、登山口は群馬県嬬恋村のパルコールつま恋ゴンドラから四阿山への予定でしたが、ゴンドラは2日前に休業に入っていた。雨雲が厚いこともあり登山は中止、真田町の歴史館で施設見学の観光に切り替えました。12時過ぎから青空が見え始めたので、観光を中止し、筑北三山の1座である冠着山(かむりきやま、俗称は姨捨山(おばすてやま・うばすてやま)に転戦しました。
 上田市からR18をたどり、途中から千曲川右岸の地方道へ。上田山温泉街の西に聳える冠着山への車道を登った。一本松峠に行く車道の途中から山道が開かれている。新しい案内板を確認すると山頂まで1100mの登山道を歩いて登頂。約25分でした。山頂には冠着神社、高浜虚子の句碑、方位盤等がある。あいにく高曇りで高い山々は雲に隠れたが、長野盆地(善光寺平)は俯瞰できた。黄葉の色はまだ早い感じがした。
 帰りは一本松峠を経てR403へ走り、篠ノ井線、長野道と混じりながら、麻績村、筑北村を抜けてR19に合流、安曇野へ出た。
参加;西山、S水、Y田

   
[ 2018年10月12日 21:44 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

権現ヅルネ下山届け

7、8日で、K本さんと、権現ヅルネへ行きます。
伊奈スキーリゾートから西駒山荘の往復です。
気を付けて行って来ます。
*****************************************************************
権現ヅルネ予定どおり登り、下山しました。
権現山までは通常の登山道ですが、そこから先はヤブが背丈程伸び、登山道が見えない位のヤブと化していました。
ヤブとの格闘は、後半になるとその内倒木が参加して、一層の闘いになります。
倒木はまだ最近の物と見え、枝と葉がしっかりついていて、乗り越えたり、くぐったりする事が出来ず、そのたび大きく迂回してヤブの中へ突入。
そんな事をしながら、体力を消耗しきって、バテバテで西駒山荘着。
山荘管理人、宮下さんによると、今まで登山道のヤブを苅っていた方が、やれなくなって、このようなヤブと倒木の登山道になってしまい危惧されていて、行政にお願いされているとの事でした。
この先このヤブが、ネットで情報が広がり、登山者が敬遠すると、ますますヤブが┅┅
西駒山荘、今日の泊まりをもって、今年の営業は終了です。

[ 2018年10月12日 21:00 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

北アルプス燕岳、大天井岳下山届

北アルプスの燕岳、大天井岳、予定どおり登り下山しました。
三連休の初日で、登山口の中房温泉、登山者用の駐車場、3つあるがどこも
超満車。諦め掛けた時に帰る人がいて一台分空きラッキー。
燕岳への登山者は、ツアーの人がいたりして、ものすごい人。さすが人気のある山です。
登山道、燕山荘近くになると、紅葉がベストでした。
今年は、結構秋が早いかなという感じです。
燕岳から大天井岳の登山道からは、大展望でした。
北アルプスの中で見えない山が無い位の感じ。
立山、剱岳、鹿島槍ヶ岳から、槍ヶ岳、穂高岳、笠ケ岳、常念岳と、そして遠くに富士山、浅間山、南ア、八ツといつまでも飽きる事がない山座同定が楽しめました。
[ 2018年09月25日 11:10 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

焼岳 無事下山しました。

焼岳 中の湯より少し上に車を運良く止める事ができたので 8時に出発できました。
天気も良く気持ちの良い日で これなら富士山も見えるかと 期しましたが 残念ながら(*´ー`*)
山頂に着いたのは昼少し前 360度の展望にのんびりとして降りてきました、
車へは 4時半頃につき 温泉に入り
今 帰路についてます!
[ 2018年09月24日 18:35 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 安平路山

安平路山無事下山しました。摺古木山休憩舎がある林道の終点まで車が入れました。プリウスでもなんとか行けました。摺古木山から安平路小屋までは笹が刈ってありました。今日も摺古木山から安平路小屋の間の倒木を切ることを飯田市から委託された4人の方が仕事をしていました。安平路小屋から先は笹藪でした。ほとんどガスの中を歩いて展望はあまりありませんでしたが、気になっていた山に登ることができ満足です。F
[ 2018年09月17日 19:01 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 美ヶ原

本日、扉峠から王ヶ頭、王ヶ鼻を往復します。
***********************************************
扉峠の駐車場に車を停め、茶臼山、塩くれ場、王ヶ頭、王ヶ鼻まで歩き、同じ道を往復しました。風が強く、雨も降ってきて、見通しはほとんどない、行のような登山でした。王ヶ鼻の石仏を見ることができて良かったです。王ヶ頭ホテルで食事を取りましたが、美味しかったです。ほとんど最後の茶臼山から下だるあたりから少し晴れ間が現れ、荒船山が見えました。まだ登っていない百名山を歩くことができました。F本
[ 2018年08月26日 06:38 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR