FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
東海白樺山岳会ブログ TOP  >  長野県の山

下山届 麦草岳

2 日時 11月13日(金)

3 山名   麦草岳
  登山口  木曽駒高原より往復(福島Bコース)
  行動予定  11月13日(金)  7:00木曽駒高原登山口→11:00七合目避難小屋→11:50麦草岳 山頂
                     12:30 山頂出発→13:00七合目避難小屋→15:40木曽駒高原登山口
  (登山道の状況によっては、途中で引き返すこともあり。また、12時30分時点で山頂に到着できなかったときは、その場から下山を開始します。)
***********************************************
 麦草岳より下山しました。林道から登山道に入るところにある渡渉点は、最近雨が降っていないおかげで、登山靴のまま渡れました。以前雨天の翌日に登った方は、水量が多く「登山靴を脱いで、素足で渡った」そうです。駐車場から山頂までの所要時間は3時間半ほどでした。ただ、最後の麦草岳への登りは、空腹も手伝ってヘロヘロでした。登山道は、登山口から七合目小屋までは、しっかりしていました。小屋から麦草岳山頂までは、通る人か少ないようで、周りの植物がかぶさってきていました。頂上付近のみ、うっすらと雪がありました。視界は良好で、御岳,乗鞍、穂高,木曽駒,宝剣などよく見えていました。

スポンサーサイト



[ 2020年11月13日 21:58 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

山行試歩第二弾

本日(11/5木曜日)午後、中房温泉登山口から合戦尾根を第一ベンチまでピストンして参ります。予定を一日早めました。標高差200mですが、急坂が続きます。気を付けて行って参ります(M)。
***************************************************
第一ベンチから中房温泉登山口に14:10無事下山しました。登り12:30発、第一ベンチに16:20着、不思議にほぼコースタイム通りでした。途中から早くも笹の下に雪、でも、登山道は大丈夫でした。下山途中の登山者に聞いたところ、合戦小屋までは大丈夫だそうです。これから有明荘の露天風呂にゆっくり浸かりたいと思います(M)。
[ 2020年11月05日 21:08 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 越百山

越百山下山しました。車は伊奈川ダムの手前1km辺りの橋に車止めがあるので、その辺りで停めて、歩きました。紅葉がきれいです。越百山には10人ぐらい登っていました。小屋の手前から越百山の頂上までは雪もありましたが、特に問題はなかったです。今日は快晴で遠くまで見えました。富士山、穂高岳、南アルプスの山々と素晴らしい眺めを味わうことができました。F
[ 2020年10月31日 22:31 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

中ア・烏帽子ヶ岳

日時 10月25日(日)
山名   烏帽子ヶ岳    登山口  鳩打峠より往復
8:00鳩打峠→9:00小八郎岳→12:00烏帽子ヶ岳 山頂12:30烏帽子ヶ岳 山頂→14:20小八郎岳まき道→15:10鳩打峠
***********************************************
烏帽子ヶ岳より下山しました。山頂付近には、少しだけ雪がありました。中央アルプスの南駒ケ岳方面にも薄っすらと雪が積もっていました。天候が良かったので,八ヶ岳,南アルプスもよく見えました。20年ほど前にも登ったことがあったのですが、そのときはみぞれが降っていて何も見えなかったので、今回はしっかりリベンジできました。山頂から見る中央アルプス南部の景色は素晴らしかったです。登山道は、飯島町からの道との合流点以降が急登で、けっこうきつかったです。S
[ 2020年10月25日 20:20 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

蓼科周辺散策報告

10/18 AM6:00自宅発
 天気は良好、小牧⇒中央道と進む中央アルプスも白くなってるなあ~と走っていたが恵那山トンネルを抜け南アルプスが望めるようになるとその白さにドキッとした。数日前の冷え込みで雪となったのであろう。目指す諏訪に近づくに従い天気は曇り何も見えなくなった。10:00友人と蓼科にて合流した。
天候を考え今日のうちにロープウェイで上がって横岳周辺を散策したいという。 
「よし、それでいこう!」
ロープウェイで上がると雪景色であった。11:00我々は軽登山靴でトコトコ登り始めたが行交う登山者は軽アイゼン・ストックの方々であった。「帰りは踏み固められた雪で滑るぞ!」と言いながら横岳山頂12:40 高曇りであるが360°の展望であった。
風が冷たいがひとしきり山を眺め写真も撮り久しぶりの再会も相まってハイテンションな自分であった。
厳しさは無いが雪山気分であった。

北横岳ヒュッテに戻り昼食とした13:20~13:50腰の具合は良いが絶対コケないぞ!と最近は思って歩くようになった。
坪庭付近では観光客も多く街靴の方も多いが皆楽しそうだ。そんな方々と言葉をかわしなから降りてきた。14:45ロープウェイ下車
買い出し、入浴を済ませ宴を始めた所でこのところの疲れが出たか頭痛でそのまま寝込んだ。「友よ、許しておくれ!」
10/19 天気は下り坂というものの持ちこたえて山は見えている。
トレッキングコースで八子ヶ峰に上がり周遊するコースを提案してくれた。
片付けを済ませ登り始める7:00 別荘を見ながら高度を上げると先週の御岳周辺の森と木々の違いからか全く違う雰囲気の森を感じて幸せな気分となった。美濃とも違う、蓼科高原の森なんだろうと思った。
八子ヶ峰到着10:00 空は曇っているが山は良く見えていた

すぐそばまで北側のスキー場からリフトが上がって来ているのが興ざめではあるもののパノラマは素晴らしい。
たぶん平なのは美ヶ原でそこに頭だけ見えているのは鹿島槍と爺ヶ岳だ。その右に白馬三山も確認できる。
初冬を思わせるチーンと冷たい空気の中展望を楽しんだ後再び森の中へと下って行った。所々紅葉に足を止めては本当にここに来て良かったと思って歩いていた。別荘が見えだすといよいよ終わりが近い。最後はGPSを使ってショートカットして目的地に到達。12:10 楽しいハイクであった。
風呂に入り、持って行った山の本を広げて今度はどこへ?の談話の後散会した。
有り難い友の存在を感じつつ高速に乗り帰名した。トイレ休憩で立ち寄った座光寺PAから見た南アルプスの高嶺は一瞬綺麗なピンク色に染めたがすぐに色を変えた。
素晴らしい2日間であった。 時間をくれた友には感謝の言葉しかない。  ありがとう!

下山後こうしてゆっくりと山行を振り返ると「もっと違う森にも行ってみたいものだ!」ふつふつとそんな事を思う。
[ 2020年10月21日 20:09 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

木曽山脈・大平峠・夏焼山1503.3m

10月18日(日)大平峠・夏焼山に行ってきました。ルートは1292m登山口よりスポーツ登山道。9:25出発。この登山道は中央広場への分岐までは、時折クマザサが邪魔をする登山道。分岐からは遊歩道らしく切り開かれていた。奥石山への稜線は藪なので、県民の森の周回に。茶色のブナ、赤のもみじ、葉が落ちたカラマツを見ながらの紅葉は50%かな?と言っているうちに夏焼山に着く。(13:00)。そこには巡視員の方がいましたね。「今日はとてもきれいに見える。冠雪した御嶽、乗鞍、穂高連峰。」反対側にはこれも雪のある南アルプス。久しぶりの雪山を見て、「登山をしている」という思いになる。この頂上では2組の登山客に会う。初秋のハイキングでした。(14:00 1292mに無事に着く) メンバー:T、K、E、S、他2名
[ 2020年10月21日 13:06 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

阿寺山脈(裏木曽)・小秀山(1981.7m)

***  東濃・王滝→小秀山(1981.7m)登山計画書  ***
実施日  2020・10/11(日) 10日夜発
参加者  W、M
集 合  2020 10/10(土) 国際センタービル前  21時 
コース  10/10
楠線・東片端―小牧IC=中津川IC―19号―元橋―御岳湖―王滝川ダム―白川―白川林道小秀山登山口
10/11
登山口(1300m)―1536m―フクロウ岩1520m付近―小秀山―往路を下山―白川林道小秀山登山口
*登山口付近でテント泊を予定していますが台風の影響が残る時は道の駅(三岳)も考慮。
*下山後 御嶽温泉王滝の湯:0264-48-2454 に立ち寄れればと思っています

個人 装備  秋山登山の服装・登山靴・雨具・行動食・ツエルト・赤布・地図

コースタイム 
白川林道小秀山登山口→小秀山1981.7m :2時間半   
小秀山→白川林道小秀山登山口     :2時間
**************************************************
王滝←→小秀山 無事下山しました。

10/10(土) 台風の影響が心配でしたが現地の道路状況も問題なく遅くなりましたが名古屋発24時ごろ三岳道の駅に着き、テントを張って泊りました。
10/11(日) 6時ゆっくりめの起床で更に奥地へ約1時間走り小秀山から東南東に伸びる尾根の末端の登山口に着く
 車は6台ぐらい駐車出来るスペースがあった。8:20出発
 急な登りから始まり高度があがると高時山・恵那山と見えだす。天気は快晴で陽が当たる所は少し辛いぐらいであった。
 樹木から受ける空気感がたまらなく心地良い。道はしっかりと刈られ随所にある岩には名前は付けられている。
 「御岳遠望」の札を見る所で振り返ると紅葉の奥に御岳がどっしりと構え思わず声が出た。
 緑の山肌に真っ赤に点在する紅葉は山に花が咲いたようだ。
 10:35 小秀山山頂着 
 山頂から御岳よりのコヒゼ岩からの展望は点在する紅葉と御岳の大パノラマを一人占めである。
 山頂横にある綺麗にしてある小屋に上がり込み食事とした。ヒノキの香りが嬉しい。
 靴を脱いでまで上がる方は少なく我々二人で貸切状態でした。晴れていますが御岳は我々が山頂に到着したのを最後に山頂部 を雲で隠してしまいました。小屋の掃除を済ませ12:00下山開始
 下山時も木々に包まれると上手く表現できないが空気が美味くやはり嬉しい
 13:50 駐車地点  「森きちオートキャンプ場」に立ち寄りアイスを食べながら雑談、散策して帰路に着く
 入浴を予定していた「大滝の湯」は閉めてしまったようだ。
 御岳のすそ野は自然がすばらしいが活火山御岳のイメージからか?観光に歯止めがかかっているように思えるがそれも時代の 流れかのかもしれない。
 野尻のフォレストスパに入湯して帰名。
 のんびりと紅葉散策ハイクの山でした。
 M氏とは1年越しの小秀山となったが良い日に登れて楽しかった。
 有難うございました。
[ 2020年10月12日 11:43 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

御嶽山

田ノ原に居ます。
御嶽山に登ってきます。志水、他1名
**********************************************
御嶽山から下山して自宅にかえりました。
報告です。
[ 2020年10月11日 22:50 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 高妻山

本日、戸隠キャンプ場から高妻山に登ろうと思います。F
*************************************
高妻山下山しました。戸隠キャンプ場から弥勒新道で往復しました。雨にあいましたが、ひどくはなく、普通に歩けました。山の景色は見えませんでしたが、森は素晴らしく、立派なブナがたくさんありました。100名山なので、あいにくの天気でしたが、登山者は10人以上いました。F

参考
高妻山・弥勒尾根新道について
高妻山(弥勒新道周回)
[ 2020年09月26日 19:04 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

木曽前岳(三角点「金懸」まで) 下山

7/30午後から7/31にかけて木曽駒登山道のクラシックルートである上松尾根に遊んだ。
名古屋は昼過ぎに出発、中津川で買い出しを済ませて寝覚ノ床で豊田市から来るメンバーと合流。アルプス山荘を経て砂防公園に向かった。この先が工事中で平日なので大型ダンプが行きかう。17時前にダンプの運転手さんに敬神の滝小屋まで行くのでと断って現場の道路を走った。
小屋の玄関扉は施錠されていなかった。テント泊と車中泊で一晩を過ごすはずが、小屋泊まりになり喜んだ。
夕食は簡素に弁当で済ませる。薄暗くなるまで話してまったりした山小屋の時間を楽しむ。
7時過ぎにシュラフを持ち込んで就寝。小用で2回起きたが、3時に起きた人が外は大雨と告げた。うわっ、登山はダメかと思ったが明るくなると雨は上がった。朝食を済ませ、パッキングをすると6時に出発。
登山道は森林の中を縫うように続く。雨上がりの森は湿潤で風がなく暑いので汗がたらたら出る。ついに合羽も脱いで軽装にしたがまだ暑い。
よろよろと登りながら高度を稼ぐ。4合目、4合目半などと目安を数えながら大休みする。そして金懸小屋の手前のがけ崩れに遭遇し、慎重に突破すると小屋だった。やれやれである。地形図を見ると登山道はわざわざ尾根を外してがけのある沢の横断をするように設計してある。これは水を確保するためだろう。水を得た沢の近くに避難小屋を作った。長大な尾根道ではどうしても水が不足するから危険だが必要なことだった。
10時になり、木曽前岳の予定は大幅カットして、せめて三角点「金懸」だけでもタッチして行こうと、ふたたび重い腰を上げた。三角点はこれまで何度も通過したが見たことはないので少し離れた場所と見当し、GPSでもっとも近いところから登山道を離れて探ると5分ほどで見つかった。展望はないが樹林越しに麦草岳は見えた。ここで上松尾根の三分の一くらいになり切り上げて下山した。2時前に小屋に着いた。出会った登山者3人パーティ、単独の2パーティ4人だけだった。夏山シーズンだがここは森閑として三密の心配はない。下山後は寝覚めのホテルで一浴びした。JAF割引で450円也。
111112725_2991982317572901_1822658870613771937_n (2)


  
[ 2020年08月01日 10:56 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

南アルプス前衛・清田山

88077736_2599641060140364_4740273143086579712_n (2)

<青木林道からの中央アルプス。右(北)から空木岳、赤梛(なぎ)岳、南駒ケ岳、仙涯嶺、越百山。>
 
 名古屋の自宅は7時25分発。大鹿村には10時に着いた。マイカーは標高1300mのヘアピン付近にデポ。10時50分出発。積雪はなし。但し鋭角の落石がありタイヤのバーストに留意しデポした。1364mの分岐まで30分かかる。入り口には青木林道の表示があった。上部へ行くほどに路面は良くなった。清田山の真西に1台トヨタのハリアーが置いてあった。1640mの鞍部には1時間かかった。登山口の表示はなく、登り始めたので高度計でチエックすると行き過ぎたと分かり、赤いテープから林内に入る。鞍部から山頂に続く登山道はないがヤブもないので歩ける。南のコブを乗り越し、鞍部から比高50m登れば山頂だった。12時30分。3等三角点がある。点名は鳶巣山。実は栂村山の3等三角点の点名が清田山。
 眺望は北側に開けている。鳥倉山の左の白い山は仙丈ヶ岳か。他は前山に重なって見えない。樹木の向こうに荒川岳赤石岳が見えているがしっかり同定はできない。植生はカラマツの植林、アカマツは自生だろうか。原生林は栂の大木が多い。休憩は寒いので休みもそこそこに13時に下山開始、林道へ直行を試みたが急傾斜なので鞍部まで戻り、林道が見えた辺りからで直行した。下りは40分程度。
 
[ 2020年02月24日 21:08 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 大川入山

日時  2/8(土)
場所  大川入山
メンバー   S,I
ルート   治部坂登山口より⇔横岳⇔大川入山⇔恩田大川入山分岐⇔旧あららぎスキー場登山口

大川入山には、治部坂スキー場側と旧あららぎスキー場側、2か所に登山口があります。
今回は、各登山口に車を停めて、治部坂登山口から登り、下山は旧あららぎスキー場登山口へ。
*雪が多い場合、踏み跡がないと大川入山山頂から恩田大川入山分岐へ向かうルートがわかり難い。
しかし、今回雪がないので難しくないと予想します。
GPSがないので、ガスったりしたら無理はしません。
***************************************
202002091957197ec.jpg

2/8(土)  大川入山無事下山しました。
大川入山は登山道が2つあります。
山頂から南へ下ると治部坂スキー場へ、山頂から北へ下って行くと旧あららぎスキー場へと下ります。
この2つの登山道をつなげて縦走したいのですが、2つの登山口は7~8km離れています。
下山後にR153をトボトボ歩くのは危険です。トンネルもあります。
今回はSさんの車を治部坂スキー場に、Iの車を旧あららぎスキー場に停めて、あららぎ側から縦走開始しました。

旧あららぎスキー場には全く雪がありません。登山道だけに雪が残っていますが、周りの笹は青々と茂り、夏と同じ状態です。
ツボ足+ストックで快適に進みます。恩田大川入山との分岐も夏と同じす。雪に埋もれてるはずの赤テープも露出してます。
登山道にだけ雪が残ってますので、ルートが分り易く、迷うことなくツインピークの一つ、北峰山頂に着きました。
振り返ると、台形ではなく、三角の尖り山の恵那山が見えます。東には南アルプスの山々も見事な姿を見せてくれました。
山頂標識のある南峰から南向きの登山道を下りますが、日当たりが良いのか雪はありません。
治部坂からのルートは雪はないのかと油断していたら、樹林帯の中へ入ると登山道だけ雪が出て来ました。
微妙な雪に悩まされ、慎重に歩きましたが、何回も転倒しました。
最後は嫌になってIだけアイゼンをつけましたが、その直後20m程で雪が無くなりました。ハハハ‥‥。
やっぱり雪は沢山あった方が安全、安心ですね。

Sさん、お付き合いいただきありがとうございました。
楽しい山行が出来ました。また行きましょうねー。

   報告 I
[ 2020年02月10日 10:20 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 有明山

本日、有明荘側から有明山に登ろうと思っています。
有明山下山しました。三角点の頂上からは雲海に浮かぶ山々、八ヶ岳と甲斐駒ヶ岳の間には富士山も見えました。燕岳から大天井岳の稜線は雪で白く輝いていました。紅葉も綺麗でした。F本
[ 2019年10月26日 23:04 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 烏帽子岳

明日の9月28日(土)に、烏帽子岳に高瀬ダムから登り、烏帽子小屋に泊まる予定です。F本
*************************************************
烏帽子岳高瀬ダムから往復しました。烏帽子小屋に泊まりました。客は私ひとりでした。少し雨模様の天気でしたが、久しぶりに北アルプスに行けて満足です。烏帽子岳の頂上近くはなかなか険しく、ビールは稜線に戻ってから飲みました。烏帽子岳の北側の四十八池も見事でした。
[ 2019年09月29日 15:22 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

唐松岳にいってきました。

やっと唐松岳に行けました。黒菱ラインから往復。低高度のほうがガスガスでした。M岡k9_CMt04.jpg
[ 2019年09月13日 21:36 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

糸瀬山下山報告

8月17日、K本さんと、糸瀬山へ行きます。
コースは「東海周辺、週末の山登りベスト120」のとおり。
気を付けて行って来ます。
*************************************************
糸瀬山、予定どおり登り、下山しました。

ショゥブ平登山口への車での行き方ですが、「東海周辺週末の山登りベスト120」のとおり、国道19号線から、須原駅1km先の林道を入って行きましたが、途中の橋が壊れていて通行不可でした。
結局、須原駅まで戻り、越坂林道を使って登山口まで入りました。
越坂林道は、未舗装のため結構ダートで、そして草木が時々道にはみ出していて、仲々の道でした。
[ 2019年08月18日 11:15 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

穂高連峰縦走(西穂から天狗のコルまで)

 8/11の朝3時、相棒はもう起床していた。売店へ移動して朝食代わりの弁当をとるがあまり食欲はなくおにぎり1個のみ食べた。早いパーティは2時半に出発、続々とヘッドランプが続いていた。山荘前の賑わいが途絶えたところでようやくこちらロートル組は4時30分に出発した。もちろんまだヘッドランプが要る。早目に出たいがどこかでもたついて邪魔になることへの忖度もある。
 丸山、西穂独標、西穂までは一般登山道を行く。山頂が近づくと登山者の往来が増えてきた。鎖場では登攀と下降組で譲り合いになる。登山者が多いとそういうことになる。団子になってゆくともっともたつくだろう。
 さて、約3時間で西穂に到達すると、すぐに下降が始まる。ストックを畳んでパックする。鎖場になるのでスピーディには行かない。慎重に下降する。間ノ岳、天狗岩、天狗の頭を登攀したり、下降したりを繰り返す。緊張で喉がカラカラになるのでしばし休憩を入れて水を飲む。カメラ撮影は余裕がなく1枚も撮れなかった。
 我々は天狗岩付近から奥穂の遭難者を救助体制にあるヘリを見ています。
 岩稜の連続のみならず、脆弱な岩質、へつり、垂直の鎖場、ナイフリッジ、直射日光をまともに受けながら、緊張で乾いた喉を飴でごまかすがかえってねばついて飴が溶けなかった。
 それでも60代後半のロートル組2人は天狗のコルまでは辿り着けた。ここでは初めてルートの選択ができる。前進か、エスケープか。12時過ぎであり、ジャンにはガスが立ちこめる。遭難者の救助でホバリング中のヘリもガスが晴れないとみて引き返していった。結果、奥穂の小屋まで後4時間というか、午後5時になってでも行くか、どうか。2人で検討した結果、岳沢小屋へ下る方を選択した。相棒がかつて岳沢小屋から往復した経験がことがあったことも心強い。
 前途変更を決心するともう気楽な気分になり1時まで大休止。どんどんガスが湧いてくる。13時過ぎ、左手の倒壊したコンクリートで補強した小さな避難小屋を見た。がれきの急斜面を下降する。地図上では廃道で破線路は削除されているが、白いペンキの〇印と矢印でしっかり残っている。とはいえ、浮石の連続で歩きにくい。岩雪崩を起こさないようにゆっくり踏みながら下降する。下部では傾斜も緩んで道型が出てきた。ガスは少しぽつりと来たが降雨ということではない。幸い雷雲の活動は収まっている。
 意外にも前から2人パーティーとすれ違う。クライミングだろう。やがて草付きの尾根上の斜面に乗りストックを出してペースを上げる。地形図では間ノ沢と天狗沢の間のわずかな盛り上がりに見える。草付きになるとシモツケ、フウロソウ、キンバイ、トリカブト、アザミなど多彩な高山植物の群落になった。そしてまた意外にも後方から軽装のクライマー2人に抜かれた。聞くとジャンから下ってきたという。
 草付きの緩斜面から天狗沢を横切り、無名の小沢を横切る。そして長い草付きの斜面をたどると岳沢小屋が見えてきた。 (多分)、コブ沢を横切ると小屋に着いた。約3時間で16時を回った。小屋ではまず缶チューハイ1本を仰ぐように飲み干す。そして静かな山荘の生活になじんでいく。とても良いロケーションの小屋である。乗鞍岳が素敵な姿で見える。近くには六百山を従えた霞沢岳がやたらに大きくそびえる。背後は西穂からジャン、奥穂、前穂、明神の岩峰の大伽藍である。

今回は踏破できなかったコース
ジャンダルム攻略『ナイフエッジ "馬の背"』西穂高→奥穂高方向
[ 2019年08月13日 22:49 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

御嶽山下山

7月21日御岳山に行きます。
メンバーはS水とS山(会員外)です。
黒沢口から登ります。
登山口8時発で山頂11時半の予定です。
下山は17時を予定しています。
雨が降ったら中止します。
********************************************
7月21日午後8時、御嶽山を下山して解散。
自宅に戻りました。
登山中9合目の手前で首筋の裏に違和感を感じ、左手の指がしびれ感覚がなくなって来ました。
生欠伸も出てきたので一寸ヤバイかなと感じて、9合目石室小屋で汁粉を食べて(食べたかった1品)登山を中断。
相方には、もう40分位で山頂につくので行くように話し睡眠休憩。待機中も改善しないので戻るのを待って
下山しました。首筋の違和感は消えませんでしたが、指先の感覚も戻り寝覚めホテルで温泉に浸かり帰宅しました。
[ 2019年07月21日 23:01 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

唐松岳中止しました!

IMG_20190710_093405-391x391.jpg~写真は今朝の唐松岳

友人と連絡をとって唐松岳考えてましたが、今のところ雪渓ありアイゼン必要ということと天気崩れそうということで今日のところは中止しました。山小屋から年輩者も登るので雪渓とアイゼンは告知しているそうです。今朝は晴れて雲海みれたみたいですね。

[ 2019年07月10日 11:23 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 岩菅山

岩菅山下山しました。一の瀬の先、アライタ沢へ下る林道を車で進んだ駐車場から用水路に上がり裏岩菅山を往復しました。ノッキリから先、岩菅山と裏岩菅山の間は、花がたくさん咲いていました。ほぼ曇りの天気でしたが、稜線では風が吹いていて、時々雲が取れて、北アルプスや妙高山が見えたりしました。久しぶりに山で寒さを体感しました。ずっと登りたかった山に行けて満足です。F
[ 2019年07月07日 14:18 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR