FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。
カテゴリー  [ 基本情報 ]

長野 上高地 地震直後に雪崩が発生か【動画】

長野 上高地 地震直後に雪崩が発生か【動画】
2020年5月19日 18時16分

19日午後1時13分ごろ岐阜県で震度4の揺れを観測する地震がありました。

この地震で、震度3を観測した長野県松本市の上高地に設置したNHKのカメラの映像では、地震の直後、観光名所の河童橋の奥にみえる奥穂高岳に近い斜面で大量の雪がまとまって斜面を勢いよく滑り落ち、大規模な雪崩のようなものが起きている様子が確認できます。

映像では、雪けむりのようなものも見えます。

そして、それからおよそ40秒後、カメラが再び横に揺れます。その直後には、画面の中央から左側にある少なくとも2か所の沢でも雪崩のようなものが発生し、まとまった雪が斜面をゆっくりと滑り落ちていく様子が確認できます。

奥穂高岳では雪崩も
震度3を観測した長野県松本市の上高地で野鳥を撮影していた男性が地震直後に撮った映像です。

正面に見える奧穂高岳に近い斜面では、少なくとも4か所で大量の雪がまとまって滑り落ちる様子が見られます。

また、撮影している途中で映像が揺れているのが分かります。

男性によりますと、地震の揺れを感じてから1分足らずの間に撮影しましたが、その直前まで土ぼこりが舞っていて一部の斜面が見えなかったということです。

男性は「縦や横に大きな揺れが1分ほど続きました。土ぼこりが見えたので雪解けではなく地震によるものだと思います。観光客が訪れる地域に雪崩の被害はありませんが、もし登山客がいたらと思うと怖いです」と話していました。
山小屋の管理人「揺れは相当強く 敷地外の石垣も一部崩れる」
雪崩が起きたとみられる場所に近い山小屋「岳沢小屋」を管理している、坂本龍志さんは、地震が起きた時、山小屋にいて強い揺れを感じたといいます。

坂本さんは「先月からこの付近では地震が続いていますが、今回の揺れは相当強く、小屋の棚の物が落ちたり、閉めていた扉が開いたりしたほか、敷地外の石垣も一部が崩れてしまいました」と話していました。

坂本さんによりますと、周辺の山では複数の場所で急斜面につもっていた分厚い雪が地震の直後に崩れ、山小屋の近くにも雪の塊が迫ってきていたということです。

坂本さんによりますと、この時期は例年、雪山の登山者でにぎわいますが、ことしは新型コロナウイルスの影響で登山の自粛が呼びかけられており、人の足跡もみられないため雪崩が起きた周辺で登山をしている人はいないとみられるということです。

坂本さんは「岳沢の歴史は雪崩の歴史でもある」とも話し、雪崩自体は珍しくないとしながらも、地震によってこれほど大きな雪崩が起きたことはなかったとして「揺れが続いているのが心配です。これ以上、大きな地震が起きないよう願います」と不安をのぞかせました。

「小屋番の山日記」から
飛騨地方で地震が集中的に発生

地震情報 13時13分のデータ
スポンサーサイト



暖冬シーズンでも、冬山では雪崩に対する注意を十分に行うように

暖冬シーズンでも、冬山では雪崩に対する注意を十分に行うように
重複は省略

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス
2月5週は4件の遭難が発生しました。28日に発生した栂池高原の雪崩遭難はスノーボードで滑走中に、雪崩に巻き込まれたものです。発生当初、遭難者は雪崩に埋没し、同行者や他のパーティの懸命な捜索により発見されました。
この遭難を含め今シーズン、県内では、バックカントリー中の雪崩遭難が3件(死者1名、負傷者2名)発生しています。
記録的な少雪と言われていますが、標高の高い山域では断続的にまとまった降雪が観測されており、今後も入山する際は、雪崩などに十分な注意が必要です。入山に際しては、ビーコン、スコップ、プローブ、雪崩エアバックなどの装備品の携行はもちろんのこと、いざという時に適切に取り出し、使いこなせるよう、行動前、行動中の動作確認を行いましょう。
また、滑走前に積雪状況を注意深く観察し、慎重な行動を心掛けましょう。

3月1週は0件、2週は5件の遭難が発生し、北アルプスでバックカントリー中の遭難が3件発生しました。
3月15日に発生した栂池高原の雪崩遭難は仲間と滑走中に男性が雪崩に巻き込まれ、自力で脱出はしましたが、足首の骨折により行動不能となり救助されたものです。今シーズンは雪崩による遭難が既に4件発生し、4名が死傷(死者1名負傷3名)しています。
これから春に向けて標高の高い山域でも日中の寒暖差がますます大きくなり、それに伴い積雪が不安定になる傾向にあります。ビーコン、エアバック等の雪崩対策装備の携行はもちろんのこと、入山前の天候状況や当日の積雪状態の確認は、誰もが心がけていなければならないことです。
滑る楽しさばかりに気をとらわれて大切なことを見落とさないように、今一度、自分自身や仲間の安全対策を見直しましょう。

「冬の八ヶ岳登山」の危険性をしっかりと認識して慎重な判断と行動を

「冬の八ヶ岳登山」の危険性をしっかりと認識して慎重な判断と行動を
長野県では県内で起きた山岳遭難事例について「島崎三歩の山岳通信」として情報発信している。第179・180号では、八ヶ岳連峰での遭難事故が多いことについて言及し、気象や自然環境を十分に認識しておくことの大切さを説明している。

・2月10日、八ヶ岳連峰赤岳で、仲間と5人で入山した53歳の男性が、赤岳の山頂付近で疲労及び体調不良により行動不能となる山岳遭難が発生。男性は山小屋職員により救助された。

・2月11日、浅間連峰黒斑山で、単独で入山した61歳の男性が、黒斑山から下山中に道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。男性は小諸署山岳高原パトロール隊及び浅間連峰山岳遭難防止対策協会救助隊により救助された。

・2月14日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で、家族と2人で入山した51歳の男性が、摩利支天沢をアイスクライミング中に滑落して負傷する山岳遭難が発生。男性は静岡県警ヘリで救助された。

・2月15日、飯山市鍋倉山で、仲間とバックカントリーをスキーで滑走していた78歳の男性が、滑走中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

・2月15日、北アルプス八方尾根で、ガイドらとバックカントリーをスキーで滑走していた43歳の男性が、滑走中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

・2月16日、八ヶ岳連峰赤岳で、仲間と2人で入山していた60歳の男性が、地蔵尾根を下山中に転倒して滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は茅野警察署山岳遭難救助隊及び諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊により救助された。

「冬の八ヶ岳登山」の危険性をしっかりと認識して慎重な判断と行動を
下高井郡毛無山の遭難現場の様子/長野県警察本部ホームページ山岳遭難発生状況(週報)2月25日付
・2月17日、八ヶ岳連峰赤岳で、仲間と2人で入山した47歳の女性が、北沢を登山中に足を滑らせて転倒・滑落して負傷し、行動不能となる山岳遭難が発生。女性は茅野警察署山岳遭難救助隊、諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊、諏訪広域消防本部救助隊により救助された。

・2月19日、下高井郡毛無山で、34歳および35歳の女性2人がスキー場外/バックカントリーを滑走中に、道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。女性2人は県警ヘリで救助された。

・2月20日、北アルプス八方尾根で、仲間7人とスキー場外/バックカントリーをスキー滑走をしていた29歳の男性が、滑走中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。男性は大町警察署山岳遭難救助隊により救助された。

・2月22日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で、仲間と2人とアイスクライミングのために入山した59歳の男性が、クライミング中にバランスを崩して滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は茅野警察署山岳遭難救助隊、諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊により救助された。

・2月22日、北アルプス栂池高原で、夫婦で入山した46歳の男性と36歳の女性が、バックカントリーを滑走中に沢へ転落して行動不能となる山岳遭難が発生。2人は大町警察署山岳遭難救助隊、北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会小谷班救助隊により救助された。

・2月24日、八ヶ岳連峰天狗岳で、単独で入山した53歳の女性が、唐沢鉱泉から天狗岳へ向けて登山中に行方がわからなくなる山岳遭難が発生。茅野警察署山岳遭難救助隊および県警ヘリで捜索した結果、25日に女性を発見し県警ヘリで収容したものの、死亡が確認された。

・2月24日、八ヶ岳連峰赤岳で、28歳の女性が宿泊中の山小屋で体調不良を訴え、行動不能となる山岳遭難が発生。女性は県警ヘリにより救助された。
長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス
2月第3週は6件の遭難が発生しました。うち3件は八ヶ岳で発生しています。冬季の八ヶ岳連峰は、営業している山小屋があることや、麓からアクセスが良いことなどから、登山者に人気がありますが、冬期間は非常に気温が低く、また、西から常に強風が吹き付ける山域です。このため、稜線での低体温症による行動不能、歩行中及びクライミング中の転滑落などの遭難が毎年多発しています。過去には降雪直後に度々、大規模な雪崩が発生し、多数の登山者が死傷しています。
予定しているコースや山域にどのような危険があるのか、過去にどんな遭難が発生しているのか、これらをしっかりと下調べをして必要な準備を整えてから入山しましょう。また、先週はスキー場内の非圧雪エリア等でも2件の死亡事故が発生しています。スキー場内の滑走も十分注意をしましょう。

また、2月第4週は7件の遭難が発生しました。7件中4件は八ヶ岳連峰で発生し、今シーズン、既に八ヶ岳では9件の遭難が発生しています。アイスクライミング中の転落が3件、登山中の転倒・滑落が3件発生し、週末には単独の女性登山者が死亡となっています。
冬季の八ヶ岳は強風と寒冷な環境で知られていますが、特に日本付近を低気圧が通過し、冬型の気圧配置となった場合は、晴れていても稜線付近は強烈な風が吹き荒れます。このような条件の中で行動すると、低体温症による行動不能や視界不良による道迷いの危険性が非常に高くなります。また、稜線に限らず、樹林帯の中の登山道も至る所が凍結しているため、常に転倒、滑落の危険性があります。
これから登山を予定されている方は、冬の八ヶ岳登山の危険性をしっかりと認識して、慎重な判断と行動をお願いします。

八甲田ローカルルールについて

八甲田ローカルルールについて
 2018-2019シーズンより、【Mt.八甲田ローカルルール】が八甲田山岳スキー安全対策協議会により制定されております。

 八甲田山においてスキー・スノーボード、また登山をされる方々におかれましては以下の【Mt.八甲田ローカルルール】をご確認の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。
4eedaa6bba8f0fb66a73e292df3d45a4.png

八甲田で山岳事故多発 関係者で対策を協議21日12:25
多くのスキー客で賑わう八甲田での遭難事故が相次いでいることを受け、20日に青森県青森市で臨時の会議が開かれました。会議には、八甲田山岳スキー安全対策協議会の関係者が参加し、今後の対策を意見を交わしました。八甲田では近年、整備されたコース外での遭難が相次いでいて、昨シーズンから捜索や救助に伴う費用を遭難者に負担してもらう八甲田ルールを導入しています。しかし、今シーズンもコース外での遭難が依然として後を絶たず、会議では注意を呼びかけるチラシの表現をより厳しいものにすべきといった意見が出されました。協議会では今後、作成したチラシを配布して注意を呼びかける方針です。

「JAPOW」人気 ルール作り急務 バックカントリースキーで相次ぐ遭難

【深層リポート】「JAPOW」人気 ルール作り急務 バックカントリースキーで相次ぐ遭難
 自然の雪山を滑るバックカントリー(BC)スキー中の雪崩遭難が1月末から、北海道で相次いだ。犠牲者はいずれも外国人だ。日本のBCは「JAPOW」と呼ばれる上質なパウダースノーが楽しめるため、外国人に人気だが、雪崩や滑落の危険もある。訪日客のさらなる増加が見込まれる中、事故防止は急務だ。

外国人2人死亡

 1月30日、北海道占冠(しむかっぷ)村中トマムの山中で、BCスキーをしていたフランス人8人のうち、38歳の男性1人が雪崩に巻き込まれた。翌朝、北海道警山岳救助隊が心肺停止状態の男性を発見。その後、死亡が確認された。

 道警富良野(ふらの)署によると、8人は富良野市内のホテルをレンタカーで出発し、現場近くのスキー場のリフトを使うなどして登ったという。スキー場関係者は「コース外というだけでなく、安全なスキー場管理区域の外へ、柵を越えて出ていった」と苦渋の表情を浮かべた。

 2月1日には、中頓別(なかとんべつ)町のスキー場のない山でも、BCスキー中の34歳の英国人男性が雪崩で亡くなった。

 2件の現場を調査した日本雪氷学会北海道支部の雪氷災害調査チームは、積雪中の弱い層が壊れて広範囲で一斉に雪が崩れる表層雪崩と判断。6日付で「今シーズンは少雪が続いていたが、ここに来てまとまった降雪があり、弱層の上に雪が載った不安定な状況と予想される」と注意を呼び掛けた。

パウダースノー求め

 BCでは雪山登山の知識や備えが必要だが、スキー場の管理区域外のため明確な決まりはない。スキー場から気軽に雪山へ出て道に迷うなどの遭難が後を絶たず、救助活動には二次災害の恐れもある。だが、外国人が求めるのは圧雪されていないBCのパウダースノーだ。

 道警によると、冬山シーズン(11月~翌年3月)の山岳遭難は平成26年度から急増した。主因はBCでのスキーやスノーボードだ。昨シーズンは62件計86人中、BCが56件計78人。このうち外国人遭難者は41人と過半数に上り、ほとんどがリフトなどを使ってBCに出ていた。
 訪日スキー客らが集まるニセコ地域(ニセコ町、倶知安(くっちゃん)町)では、事故防止対策との両立を目指し、BCでの滑降を条件付きで認める「ニセコルール」を13年度に設けた。スキー場が管理するゲートを通じてBCに出ることなどを明記し、雪崩情報を英語でも発信。こうした取り組みがニセコの評価を高めてきた。

 ルール創設の背景について、地域のスキー場などでつくる協議会の事務局では「昭和の頃からスキーを持参して雪山に登る人がいたが、リフトが山頂近くへ延びて区域外に出やすくなり、雪崩事故も起きやすくなった」と話す。

 今回の雪崩事故を受け、道山岳遭難防止対策協議会は5日、道や道警などの実務会議を招集した。道警は「これまで遭難の多かった地域に属さない所で起きた。BCスキーが広がっているのではないか」と指摘した。

 国は訪日客を増やそうと、国際競争力のあるスノーリゾートの整備を推進する方針で、青森県や秋田県などでモデル事業を実施している。だが、BCに誘客するなら事故防止策や救助態勢の整備が不可欠だ。

 ■JAPOW(ジャパウ) ジャパンとパウダースノーを組み合わせた造語。パウダースノーは、水分が少ないため握っても固まらないほどさらさらとした粉雪。日本の雪質は世界のスキーヤーやスノーボーダーから高く評価されている。雪煙を巻き上げながら新雪を滑降する動画や画像がウェブ上に多数掲載され、評判を呼んだ。北海道のニセコ地域や長野県の白馬地域をはじめ各地で訪日スキー客らが急増。地方での長期滞在と消費拡大が期待されている。

 【記者の独り言】 トマム山中で見つかった男性が山から下ろされるまで、雪の降る中で4時間近く待った。北海道警富良野署によると、救助隊は雪崩の危険があるため慎重に下ったという。圧雪していない山では雪崩が起きる。山スキーには冬山の知識が求められ、ビーコン(電波送受信機)※1が必携だが、いまどきのバックカントリーは雪に慣れないアジア系観光客も多いそうだ。ガイド付きや雪上車で穴場へ行くツアーもある。スキー事情の変貌ぶりに驚かされた。(寺田理恵)

・・・・産経新聞の女性記者からこんな記事が発信されるとは驚いた。イメージでは大阪と東京くらいしか拠点はないだろうに、多分出張して取材されたんだろう。おそらく自身も山岳会に所属した上で、山スキー、スノーボードなどバックカントリーの経験者かも知れません。取材には現地はマイナス10℃前後にはなるから旅行ではなく冬山装備だって必須です。
 日本人でも冬山に無知なBC愛好家らの雪崩遭難や行方不明が続出中です。外国人への周知はさらに困難です。しかし、手をこまねいていると、行政はなにも動かないのか、との誹りを免れない。もはや自己責任の言い草を転換するしかないのかと思います。行政が何らかの形で民間人の自由な遊びに介入するということです。例えば、昨夜は一晩で10センチ以上積もったので場外へのBCスキーヤーは発見次第、ペナルティーを課す、など。場外でスキーをする人は救助を要求しない、要求しても行かない、などの行政の免責事項を承諾させる誓約書をリフト券購入の際に全員求めるとか。次は八甲田ルールを見てみましょう。
※1雪崩ビーコン必携とあるが、ビーコンは雪崩で埋まった登山者を15分以内に掘り出すための電波発信機に過ぎない。これを雪面に掲げて、埋設場所を探し当てる。さらにゾンデ棒で上から突いて登山者に当たることで探し出すというもの。したがって単独では意味がない。グループでも実際に訓練しないとだめだ。15分以内というのは窒息しないまでも15分以上埋設したままだと脳に障害が残るからである。だから持って居れば良いというものではない。最悪遺体収容にはなるかも知れません。
 ですから雪山の常識を知ることになる。斜面に降って積もった雪は雪崩れるのである。とくに短時間に大量に降ったら雪崩れる。自分らが横切ることで雪崩れる場合もある。スキーでもボードでも同じように雪面を切るからだ。外国人が求めるパウダースノーは沢筋に積もりやすい。ふきだまる地形なので沢の流れも埋まるし、振り子沢といって快適なゾーンになる。尾根のように立木はないし、雪庇も無いから安全に思う人もいるだろう。
 ある年の1月末、山スキー仲間が3名で北アルプスの村尾根に入った。一晩で1mも積もった地域である。尾根のままなら良かったかも知れないが、前年の4月にA沢を滑降した経験があったのでパウダーをねらってA沢に入った。そして行方不明になったのである。5月下旬に遠見尾根からの沢の合流地点付近で埋まっていいるところを発見された。こうなるとビーコンなど何の役にも立たない。大規模な雪崩現場では使えないだろう。
 パウダーは怖いものとして回避することが登山者の知恵であろう。ビーコンの前に雪崩へのリテラシーを磨きたいものである。氷壁登攀、スキー、ボードなどは体力がありゲレンデでトレーニングをすればだれでも一定水準まではレベルアップする。しかし、雪崩は別だ。私の仲間内でも5人は雪崩で死んだ。しかも名うてのアルピニストばかりだ。

バックカントリーのシーズン到来、改めて注意点の確認を!

バックカントリーのシーズン到来、改めて注意点の確認を!
「バックカントリーのシーズン到来、改めて注意点の確認を! 島崎三歩の「山岳通信」 第177号 島崎三歩の「山岳通信」」から

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年2月7日に配信された第177号では、期間中に起きた遭難事故4件のうち3件がバックカントリースキーだったことに言及し、改めてバックカントリーでの注意点について指摘している。

2月7日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第177号では、1月30日~2月2日に起きた4件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

1月30日、八ヶ岳連峰赤岳で、単独で入山した51歳の男性が地蔵尾根を下山中に滑落し負傷する山岳遭難が発生。男性は茅野警察署山岳遭難救助隊及び諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊により救助された。

2月1日、北アルプス乗鞍岳で、仲間と3人でバックカントリーを滑走するために入山した47歳の男性が、スノーボードで滑走中に雪崩に巻き込まれる山岳遭難が発生。男性は山梨県消防防災ヘリで救助されたものの、死亡が確認された。

2月2日、北アルプス八方尾根で、ガイドらと入山した52歳の女性が、バックカントリーを滑走中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。
2月2日、志賀高原焼額山で、仲間とスキーに訪れた59歳の男性が、スキー場のコース外を滑走していたところ、疲労のため行動不能となりコースに戻れなくなる山岳遭難が発生。男性は中野署員により救助された。

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス
1月末から2月初頭にかけて、4件の遭難が発生しました。うち3件はバックカントリー中の遭難でした。乗鞍岳ではバックカントリー目的のスノーボーダーが雪崩に巻き込まれ亡くなっています。
バックカントリーは管理されたスキー場とは違い、自然の斜面を登ったり滑ったりするため、自らリスクを判断して行動しなければなりません。警察本部ではバックカントリー中の注意点をまとめた動画「バックカントリーで遭難しないために」をYouTubeサイト上に掲載しています(下記動画)。動画を参考に安全にバックカントリーを楽しんでください。

冬山で滑落・雪崩…どう対応? 北アで44人学ぶ

冬山で滑落・雪崩…どう対応? 北アで44人学ぶ
 北アルプス西穂高岳の西穂山荘(標高2367メートル)周辺などで10日まで3日間、開かれた「冬山安全登山講習会」。参加者44人は、講師の北ア南部地区山岳遭難防止対策協会のメンバーらから、滑落や雪崩に巻き込まれた場合の対処法などを学んだ。

 滑落停止の訓練では、滑り落ちながらピッケルを雪面に突き刺した。雪中に刺して行方不明者を捜すプローブ(ゾンデ棒)や電波を受発信するビーコンを使った捜索訓練もあった。

 西穂山荘内での講習では、雪崩に巻き込まれた際に大きく膨らむことで、雪の下に埋まるのを防いだり、顔の周りに呼吸できる空間を作ったりする「エアバッグ」が紹介された。

 主催した西穂山荘支配人の粟沢徹さん(57)は「学んだことを山の仲間にも伝えてもらい、遭難などを減らしてほしい」と話していた。

写真説明:雪崩の際、膨らむことで埋まるのを防ぐ「エアバッグ」=8日、西穂山荘

山は雪崩のリスクが高まる

一晩で20cmの積雪増加 休日のゲレンデに新雪
2020/02/11 05:50 ウェザーニュース

昨夜から今日11日(火)朝にかけて寒気を伴った低気圧が通過し、長野県や群馬県、新潟県の山沿いで雪がまとまりました。5時までの12時間で新たに降った雪の量は、長野県野沢温泉で25cm、群馬県藤原で26cm、新潟県湯沢で23cmなど、多い所で20cmを超えています。

すでに雪のピークは過ぎ、天気は回復に向かう見込みです。休日のゲレンデは新雪が期待でき、午後は青空の下で滑りを楽しむ所が増えてきます。
山は雪崩のリスクが高まる
一方で、8日(土)~9日(日)にまとまって降った雪が固く締まった上に、新たな雪が降ったため、整備されていない雪山は雪崩の危険性が増します。

バックカントリーのスキーやスノーボードを検討している方は十分にリスクを理解し、地元のガイドの指示に従うなど安全な行動を心がけてください。

長野で大雪のおそれ 雪山ではなだれに注意

長野で大雪のおそれ 雪山ではなだれに注意
2020/02/10 17:24 ウェザーニュース

今日10日(月)は、日本海から北陸地方に近づいている低気圧の影響で甲信地方で雪が降り、強く降っているところもあります。

夕方には長野県の長野市やその周辺地域に大雪警報が出ました。明日11日(火)の朝にかけて山沿いを中心に大雪に警戒が必要です。
このエリアでは、週末に一気にたくさんの雪が降ってすでに積雪が多くなっているうえに、昨夜から今朝にかけて雪が固くしまっていて、その上にさらに大雪が予想されているため、なだれの危険性が高くなっています。
明日11日(火)は祝日で、天気も回復していくことからレジャー日和になります。
しかし、雪山でバックカントリーのスキーやスノーボードを予定している方はなだれの危険性がとても高くなっていますので、地元のガイドの指示に従うなど安全な行動を心がけてください。

【1/4 15時更新】中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ並びにホテル千畳敷営業休止のお知らせ

【1/4 15時更新】中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ並びにホテル千畳敷営業休止のお知らせ
中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ並びにホテル千畳敷 営業休止のお知らせ

日頃より中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイを御愛顧いただき、誠にありがとうございます。

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、2020年1月3日メーカーの点検により、ロープウェイ支柱下部において、一部部材の変形を確認いたしました。継続的な安全運行を確保するため、修繕工事が必要との判断にいたり、当面の間、運休とさせていただきます。

なお、冬季期間における作業となるため、工事開始及び完了の見通しは立っておりません。

あわせてロープウェイ運休のため、ホテル千畳敷の営業を休止いたします。

ロープウェイの運行再開につきましては状況がわかり次第ご案内させていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                     記

1.運休営業休止開始日

2020年1月4日より 中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ ホテル千畳敷

2.運休路線

中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ線 しらび平駅~千畳敷駅

※バス路線は駒ヶ根駅前~しらび平駅まで通常運行いたします。

3.お問い合わせ

中央アルプス観光株式会社 営業本部

TEL:0265-83-3107

FAX:0265-83-4537
以上

駒ヶ岳ロープウェイ当面運休 支柱にゆがみ 長野 駒ヶ根
中央アルプスの千畳敷カールに向かう「中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ」は支柱にゆがみが見つかり、長野県駒ヶ根市にある運行会社は当面運休することを決めました。

「中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ」は標高2600メートル余りの中央アルプスの千畳敷カールなどに向かうロープウエ-で、観光客や登山客など年間およそ20万人が利用します。

ロープウエーの運行会社によりますと、今月1日に行った点検でゴンドラの上部にある滑車の一部に傷が見つかり、その後、専門業者が調べた結果、6本ある支柱のうち1本にゆがみが見つかったということです。

このため運行会社ではロープウエーを運休し、山頂駅の近くにあるホテルも営業を休止しました。

運行会社によりますと支柱は雪崩などによる雪で変形した可能性があり、修復には雪がない状態で2か月ほどかかるということです。

今のところ再開のめどは立っておらず、会社では3月までの予約について取り消しの連絡を進めることにしています。

運行会社の中央アルプス観光は「安全を確保したうえで1日も早い再開に努めたい」としています。
・・・・木曽駒の冬山登山は昔の上松尾根か、駒ケ根からか。静かになる。

乗鞍岳の登山届の提出義務化について(12月1日より運用開始)

乗鞍岳の登山届の提出義務化について(12月1日より運用開始)
更新日  令和元年11月1日
令和元年12月1日より乗鞍岳の登山の際は、登山届の提出が義務化されます。

<登山届対象エリア>

乗鞍岳の想定火口域から4km以内の区域
乗鞍岳の噴火警戒レベル(気象庁)
(だだし畳平などの一部の区域は対象外)

※詳しくは岐阜県 危機管理政策課 山岳遭難・火山対策室までお問い合せください。

 058-272-1111(内線3347)

・・・・乗鞍岳の噴火警戒レベルに寄れば、権現池を中心に同心円を描いて、山頂付近は赤丸の想定火口域でレベル1、鶴ヶ池付近でレベル2、四ツ岳を含む範囲は火口から4kmのレベル3になる。これは乗鞍高原スキー場の位ヶ原を含むので山スキーエリアは事があれば登山禁止、入山規制が行われる。従って長野県側から乗鞍岳へスキー登山する場合は登山届けが必須になった。岐阜県側は四ッ岳付近がぎりぎりの範囲です。
 乗鞍岳周辺で大規模な森林伐採を含む巨大土木工事は見当たらない。したがって大きな負荷を与えているとは思えない。今回の措置は御嶽山の教訓を踏まえていると思われる。御嶽山は巨大土木工事(御岳スキー場のゴンドラ、御岳ロープウェイスキー場、開田高原マイアスキー場、日和田高原のチャオ御岳スノーリゾートなど)をやりすぎた結果と思われる。それでも真坂ということはあるので警戒しながら登山するにこしたことはない。登山届けはあくまで行政側が捜索救助行うための措置である。登山届未提出、虚偽の登山届は過料50000円が課されるとのこと。

冬の低山登山を安全に 中高年「低体温症」に注意

冬の低山登山を安全に 中高年「低体温症」に注意
 空気が澄んで見晴らしが良く、汗をかきにくい冬の低山を楽しむ人が増えている。岐阜市の最高峰・百々ケ峰(417・9メートル)など、積雪が少ない標高千メートル以下の低山は日帰り登山の人気スポット。初日の出を拝もうと、今から登山の計画を立てている人もいるはず。中高年が健康的に冬の低山を楽しむには、何に気を付けたらいいのだろうか。県医師会山岳JMAT隊員の加藤義弘医師(56)=可児市・ローズベルクリニック=に聞いた。

 加藤医師は、登山歴約30年。飛騨山脈奧穂高岳(標高3190メートル)の岐阜大医学部奥穂高診療所での診療経験もある。冬の低山登山で、最も気を付けることとして「低体温症」への注意を呼び掛ける。夏の熱中症と比べてあまり知られていないが、低山でも発症の恐れがあり、急に症状が悪化する特徴を持つ。

 低体温症は、気温の低下などで深部体温(体の内部の温度)が35度以下になると症状が現れる。山の気温は標高が100メートル上がるにつれて、およそ0・6度下がる。山頂付近は地上よりも気温が低いほか、天気も変わりやすい。さらに冬は日没時間が早く、晴れた日は昼夜の寒暖差が大きくなるため、低体温症になるリスクが高まる。

 「体温が低下すると震えが続いた後、筋肉が硬直して突然、歩けなくなる。日差しがあると暖かく感じて油断しやすい。防寒着を一枚余分に持参するぐらいでいい。水筒に温かい飲み物を入れていくと、水分補給と合わせて体温も維持できる」と加藤医師。特に、下山途中の日没には注意が必要といい、「冷えると体が動きにくくなるほか、薄暗く、疲労も重なって転倒などにつながりやすい。高齢になるほどバランス感覚の低下も影響する。両手は使える状態にしておくか、ストックを持って」と話す。

 12月は、午後5時前には日没を迎える。明るいうちに下山しようと、歩くペースを上げがちだが、加藤医師は「会話を楽しみながら歩けるペースが適切」とする。「急ぐと疲労で必ず動けなくなる。複数人で登る時は、体力のない人にペースを合わせること。メンバーは遠慮なく言い合える間柄がいい。それを踏まえてゆとりのある登山計画を。万が一のため、ヘッドライトもあるといい」

 高血圧などの持病がある人は、かかりつけ医に相談した上での登山を勧める。会話を楽しみながらのペースならリスクは低いが、苦しいと感じるペースで歩くと心拍数や血圧が上がり、心筋梗塞などを起こしやすくなる。同世代であっても、年を重ねるごとに個々の体力に差が出てくるため、日ごろから意識的に階段を使って上り下りするなど、体力づくりを心掛けておくことも、健康的に登山を楽しむ秘けつという。

 危険もある登山やハイキングだが「山に登るために健康を管理し、体力をつける。健康増進のきっかけとしては非常にいい活動」と加藤医師は勧める。

◆昨年の県内山岳遭難50代以上の12人死亡

 県によると、県内で昨年発生した山岳遭難件数・人数は61件・65人。内訳は死亡12人、行方不明2人、重傷13人、軽傷13人。中高年がほとんどで、40代9人、50代15人、60代15人、70代17人、80代以上4人。死亡の12人は全員が50代以上だった。原因は、滑落・転落と発病・疲労がそれぞれ16人、転倒14人。単独登山者が半数以上を占めた。


関連記事
矛盾脱衣
トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか 低体温症と事故の教訓
「身近にある遭難、低体温症を防ぐ」
【ゆっくり歴史解説】~八甲田雪中行軍遭難事件~”天”ではなく人災だった悲劇の行軍【明治時代】【軍事】
・・・・岐阜新聞の記事は重要ですが、1つ肝心なことが抜けている。それは低山であっても安全のためには良いリーダーを得ることです。経験豊富で的確な判断力を示せるリーダーの存在は生死を分けるほどです。
 最後に挙げた「八甲田山」の話は実際に企業でもリーダー研修に使われているそうです。組織に忠実だが雪山に無知なリーダーは多くの犠牲者を出した事例研究になっています。企業なら多くの負債を抱えて倒産というところです。あの会社、あそこも危ないなどと思い浮かびます。実際に倒産すれば多数の人員整理が行われます、が登山では死に至ることもあるわけです。
 高名な登山家であっても、有料の登山ガイドであっても何でもないところで遭難死する。過去の経歴だけでは見分けがつかない。低山での考え方を学んで山の怖さ、楽しさを知るしかない。自ずと随行できる良いリーダーかどうか分かってくるのではないか。
[ 2019年12月18日 00:16 ] 健康・医学・生理関連 | TB(0) | CM(0)

低体温症の話

11月29日の「遭難を考える講演会」の三浦裕先生の講演を拝聴してきました。
以下は断片的メモです
・序論として生物と酸素の生成から話が始まるが専門性が高く語彙の理解は消化不足
・低体温症は低酸素症
・低酸素→窒息→体温35℃で意識障害
・震え(レバリング)が起きる
・心静止≠心停止  体温35℃は不可逆的=正常な状態に改善しない 
・体重60kgの人は水60リットルの温度を3℃アップさせるための熱量は80キロカロリー
諦めないで→心臓を温める→マッサージする→心肺蘇生
・体温32℃以下でかえって熱く感じるので裸になる。 (ブログ主注:映画「八甲田山」のにも雪中の行軍中に発狂したかのように衣類を脱いで裸になる場面がある。)
・体ががたがたふるえている間はまだ良い。(体温32℃から35℃)
・若い人は早く震えがくる
高齢者は震えがくるのが遅い→年齢とともに寒さを感じる能力は落ちる(ブログ主注:そういえば最近は70歳代の登山者が山中で低体温症で死亡する例が多い)
年を取ると筋肉の量が減って熱を生めなくなる
・(ブログ主注:雪山、夏でも稜線の吹き曝しの中で)足(下半身)が冷えている時に動くと冷たい血液が心臓に還流して低体温症に近づく
・ツエルト内で体を温める。雪山では長く休憩しない。
・富山県警の指導で「ツエルト」をザックからすぐ出せるようにしておく。
・低体温症を回避するには稜線から逃げる。→低いところへ下る。
・稜線でツエルトをかぶるより低いところへ下ることが肝要
・ツエルトがなければ風を防げる這松の中へ逃げる
・ワンデイハイクでも1000mgのビタミンCのサプリメントを持参し摂取する。
話の概要は以上です。山岳医でもあり登山家でもあるのでエビデンスはあるのです。但し専門領域のボキャブラリーが理解不能です。したがって理解可能な範囲の話を必死でメモるのに精一杯でした。
ビタミンCが不足すると筋肉が減る 不足している高齢者で筋力低下 摂取すると回復


携帯には便利な錠剤
 

日常的には粉末の本品を歯茎からの出血時に服用しています。

※新聞、週刊誌、雑誌などからも健康情報はたくさん入ってきます。この情報は研究による根拠(エビデンス)がある。
[ 2019年12月02日 09:24 ] 健康・医学・生理関連 | TB(0) | CM(0)

令和元年度愛知県ツキノワグマ目撃情報

令和元年度愛知県ツキノワグマ目撃情報

クマに注意しましょう。

 クマの目撃情報が愛知県内でも多数寄せられております。
 次のことに注意し、「クマと遭わない」「クマを引き寄せない」ようにしましょう。

○山に入る時は、【鈴・笛・ラジオ】等で音を出して、クマに自分の存在をアピールしましょう。
○クマが人間の食べ物の味を覚えると、エサを求めて人里へ近づく原因になります。事故を防ぐためにも、お弁当等の残飯は、必ず持ち帰りましょう。

      最新の愛知県ツキノワグマ出没情報
     ※過去の出没状況は「あいちの環境」からご確認ください。

豊田市での出没が突出しています。豊田市だけの集計は以下の通り
令和元年度 豊田市ツキノワグマ情報 (平成31年4月1日~令和元年11月21日時点まで)
[ 2019年11月29日 11:47 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

台風19号による山岳関係道路の現況(10/16)(転載)

台風19号による山岳関係道路の現況(10/16)
関東の低山は省略。ソースにアクセスすること。
○雲取山

雲取山三峯神社登山口へは、二瀬ダムから三峯神社間の道路が土砂流出し通行止め。
三峯神社は、参拝を断る。

○武甲山

武甲山は大規模な崩落のため、主要な登山道はすべて通行止め、当面、登山禁止。

○西丹沢

中川温泉先は道路崩壊。車両も歩行者も通行止め。西丹沢ビジターセンターは臨時休業。
○筑波山

御幸ヶ原コース(表参道コース)は倒木や登山道の崩落などにより通行止め。

○甲武信ヶ岳

毛木平駐車条入口手前の砂利道の林道の山側が陥没。谷側より車1台分は通行可能だが、大型車など車幅のある車は通行不可。

千曲川源流碑までの登山道は数カ所道が崩れており、注意が必要。現在、修繕予定。

○八ヶ岳

しらびそ小屋~本沢温泉は土砂崩れが発生し通行止め。

国道299号が麦草峠から茅野側間が道路陥没の為、通行止め。

美濃戸口 美濃戸林道は橋の崩落で人も車両も通行止め。

○蓼科山

大河原峠から蓼科山七合目登山口間(自動車道)が土砂崩れにより通行止め。

○甲斐駒ヶ岳

黒戸尾根登山道、五合目のハシゴ下で登山道が大きく崩落,五合目より上の七丈小屋間の登山は出来ない状態。

七丈小屋によると11月中には復旧させたいとのこと。

○南アルプス

畑薙~椹島ロッヂ間の林道は台風被害のため送迎バスは運休。徒歩での通行も不可。そのため、椹島ロッヂの今シーズンの営業は終了。

奈良田~広河原は道路崩落、陥没などで今シーズンの開通はできない見通し。

北沢峠へ通じる林道は山梨県側・長野県側ともに被害甚大、通行不可。

台風19号による登山道の影響について(2019年10月17日現在/情報追加中)

台風19号による登山道の影響について(2019年10月17日現在/情報追加中)
2019年10月12日~13日にかけて日本列島を通過し、各地に甚大な被害をもたらせた台風19号。各地の被害についてはすでに報じられているとおりだが、登山道および登山道に通じるアクセス道にも大きな被害をもたらしている。

現在、編集部でわかっているもの、長期的に影響がありそうなものを以下に列挙する(随時更新中)。なお、下記の他にも、まだわかっていない・情報のない場所や、崩落などの可能性が高い登山道もあるので、登山に入る前には十分に情報収集を行ってほしい。
関東の低山は省略。ソースをアクセスすること。
南アルプス
・南アルプス南部

畑薙~椹島ロッヂ間の林道は台風被害のため送迎バスは運休、再開の目処は不明。徒歩での通行も不可。このため、椹島ロッヂの今シーズンの営業は終了。

⇒さわらじまロッヂ&登山小屋

・奈良田方面

奈良田~広河原は道路崩落、陥没などで今シーズンの開通は困難。奈良田~身延も崩落により奈良田は孤立状態。

⇒広河原山荘

・広河原~北岳方面

大樺沢の登山道は崩壊激しく通行不能、復旧には相当の時間がかかる見込み。尾根道、草すべりコースで入山すること。

⇒白根御池小屋

・北沢峠方面

北沢峠へ通じる林道は山梨県側・長野県側ともに被害甚大、アクセス不可。こもれび山荘と両俣小屋は今シーズンの営業終了。

⇒北沢峠こもれび山荘

・黒戸尾根

甲斐駒ヶ岳への登山道、黒戸尾根は5合目付近で登山道が崩落。当面は通行止めで再開には時間がかかる模様。

⇒甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

八ヶ岳
・麦草峠

国道299号が麦草峠から茅野側の6.5km間が道路陥没のため、通行止め。復旧には時間がかかる見込み。10月19日に通行可能予定。

⇒北八ヶ岳・高見石小屋

・蓼科山(七合目登山口)

大河原峠から蓼科山七合目登山口間(自動車道)が土砂崩れにより通行止め。復旧には時間がかかる見込み。

⇒北八ヶ岳・北横岳ヒュッテ

・しらびそ小屋~本沢温泉

しらびそ小屋~本沢温泉の登山道は土砂崩れが発生し通行止めとなっている。

⇒茅野観光ナビ

・美濃戸口

美濃戸林道は橋の崩落で人も車両も通行止め。10/18(金)に人のみの通行を目指している。

⇒赤岳鉱泉
南アルプス
・南アルプス南部

畑薙~椹島ロッヂ間の林道は台風被害のため送迎バスは運休、再開の目処は不明。徒歩での通行も不可。このため、椹島ロッヂの今シーズンの営業は終了。

⇒さわらじまロッヂ&登山小屋

・奈良田方面

奈良田~広河原は道路崩落、陥没などで今シーズンの開通は困難。奈良田~身延も崩落により奈良田は孤立状態。

⇒広河原山荘

・広河原~北岳方面

大樺沢の登山道は崩壊激しく通行不能、復旧には相当の時間がかかる見込み。尾根道、草すべりコースで入山すること。

⇒白根御池小屋

・北沢峠方面

北沢峠へ通じる林道は山梨県側・長野県側ともに被害甚大、アクセス不可。こもれび山荘と両俣小屋は今シーズンの営業終了。

⇒北沢峠こもれび山荘

・黒戸尾根

甲斐駒ヶ岳への登山道、黒戸尾根は5合目付近で登山道が崩落。当面は通行止めで再開には時間がかかる模様。

⇒甲斐駒ヶ岳 七丈小屋

八ヶ岳
・麦草峠

国道299号が麦草峠から茅野側の6.5km間が道路陥没のため、通行止め。復旧には時間がかかる見込み。10月19日に通行可能予定。

⇒北八ヶ岳・高見石小屋

・蓼科山(七合目登山口)

大河原峠から蓼科山七合目登山口間(自動車道)が土砂崩れにより通行止め。復旧には時間がかかる見込み。

⇒北八ヶ岳・北横岳ヒュッテ

・しらびそ小屋~本沢温泉

しらびそ小屋~本沢温泉の登山道は土砂崩れが発生し通行止めとなっている。

⇒茅野観光ナビ

・美濃戸口

美濃戸林道は橋の崩落で人も車両も通行止め。10/18(金)に人のみの通行を目指している。

⇒赤岳鉱泉

夏山真っ盛り、遭難や高山病を防ぐコツは 備えは万全に

夏山真っ盛り、遭難や高山病を防ぐコツは 備えは万全に
 8月11日は「山の日」です。夏山シーズンの真っ盛りですが、安全に歩き通してこその山登り。遭難事故や高山病を防ぎ、山を楽しむポイントをまとめました。

【特集】三浦雄一郎さんの南米最高峰への挑戦を振り返る
アコンカグアと装備の詳細に迫る
遭難はなぜ起きる? 最多は「道迷い」
山登りで最も大切なことは無事に下山して家に帰ることだと思います。でも、残念ながら事故は頻発しています。国内の山岳遭難の統計をまとめている警察庁は6月、2018年の発生状況を発表しました。

 1年間の遭難件数は2661件(前年比78件増)、遭難した人は3129人(同18人増)でした。いずれも統計の残る1961年以降で最多となりました。

 遭難した3129人のうち死者・行方不明者は342人(同12人減)でした。でも、2009年と比べると、件数は約6割増、遭難者は約5割増で、いずれも大幅に増えています。登山道具の機能や通信機器は発達してきたのに、痛ましい事故は減っていません。

 これらは「山が危険」ゆえに起きているのでしょうか。たしかに滑落などによる事故は相次いでいますが、状況別で最も多いのは「道迷い」の1187人で37・9%にのぼります。

 道迷いが多い傾向は近年続いています。地図を携帯する、確認しながら歩く、といった迷わないための行動・備えがあったのでしょうか。「迷う」ということは登山者のミスが絡んでいる可能性があると言えます。

 また、遭難者を世代別に分けると、60代と70代がそれぞれ約22%を占め、60歳以上は全体の半数にのぼります。登山は中高年世代に人気ですが、比例して遭難も多いことになります。

 5月下旬に富山・立山の登山の起点となる室堂(むろどう)に行くと、登山届を提出する窓口や最新の山の情報を伝える掲示板があり、遭難防止を呼びかけていました。改めて気を引き締めて山に臨みたいと思います。

高山病を防ぐには 専門家が伝授する四つのカギ
 標高の高い所に行くと、酸素は薄くなります。標高3千メートルで低山の8割弱になります。心配になるのは高山病です。北アルプスや富士山に登るときは注意が必要で、早い人では2千メートル前後で発症すると言われています。
防ぐポイントは、
①水分補給
②エネルギー補給
③ゆっくりとした行動
④意識的な呼吸の4点です。
※管理人から付言・1から4はみな体に酸素を取り込むことです。特に3と4です。速度が速いと息切れしやすくなります。
普段から登山の回数が少ない人はとくに心掛けたいこと。最近は心筋梗塞による山中での病死も増えている。
 そう助言するのは、プロスキー…
以上
管理人から付言
名古屋山岳会の創立者の跡部昌三氏の言葉
 「その五体を安全に守ってくれるのが、山の常識であり、山の技術である。知識だけではなく、ことにのぞんで反射的に行使されるまでに身についていなくてはならない。それは何も高度な技術を要求していない。要するに山での危険というものは、山にあるのではなくて登山者自身にのうちにある、ということを、はっきり知っておくことである。」
◎道迷いの原因は道があること
1 分岐のポイントで世間話をして注意喚起を怠った。往路を戻る場合でもときどき後ろを振り返って景色を見ておくこと。復路で見たことがない景色になったら迷ったわけです。世間話は転倒、転落、滑落の遠因にもなります。

2 登山道か獣道(踏み跡)かの違いは顔に当たる枝、藪、などの障害物の頻度です。獣の身長より人間の方が高いので踏み跡はしっかり見えても藪っぽくなります。

3 夜間、雨、霧の中の移動は迷いやすい。これも滑落、転落、転倒の遠因になります。

4 ちょくちょくあるのが水場でないところで登山道から沢に下ってそのまま戻れなくなった事例があります。

風邪は万病の元、道迷いは怪我の元です。
[ 2019年08月09日 17:18 ] 健康・医学・生理関連 | TB(0) | CM(0)

大型の台風9号 猛烈な勢力に発達

大型の台風9号 猛烈な勢力に発達
猛烈な勢力に発達
大型の台風9号は、きょう8日午後9時に「猛烈な」勢力になりました。午後9時現在、中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は毎秒55メートルで、石垣島の東約70kmを時速15kmで北西へ進んでいます。台風は勢力を維持したまま、9日の明け方にかけて石垣島など先島諸島に最も接近する見込みです。沖縄では先島諸島を中心に大荒れの恐れあり、暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要です。

高山病を防ぐ20の心得――。重症化を防ぐことが一番の高山病対策です!

高山病を防ぐ20の心得――。重症化を防ぐことが一番の高山病対策です!
こんにちは、登山ガイドの野中です。突然ですが、高山病になったことがありますか? 3000m級の登山経験がある人なら、軽い頭痛や頭が重くなる程度の経験はあるのではないかと思います。

また、眠れない・熟睡できないといった睡眠障害や、倦怠感を感じる、食欲が落ちる、などの不調も高山病の影響と考えられます。さらに症状が悪くなると、強い頭痛や吐き気、嘔吐で水分補給もままならなくなる場合もあります。

夏山シーズンは3000mを超える山々に登る人が増え、高山病になる人が増える季節です。今回は「歩行技術」の話題から少し離れて、私のガイド経験を踏まえた「高山病対策術」を紹介します。



酸素の薄さだけが高山病の原因?
高山病は一般的に3000m級の山で症状が現れますが、ごく稀に標高1500mから発症する人もいます。この標高では本来、「酸素が薄い」ことを実感しにくいことを考えると、高山病の症状の原因は必ずしも運動で体が「酸欠」になることだけではないようです。

中でも脱水は高山病に大きな影響を与えるようです。標高の低い場所では体に影響が起こらないレベルの脱水状態でも、標高が高い場所では体に大きな負担がかかります。私がガイド中に見てきた中では、高山病になった人は、「脱水」が原因の人と、登山前に服薬したことで「症状を後回し」にしていた人が、特に悪化させる傾向にありました。

このように、悪化すると怖い高山病を防ぎ、快適に登山を楽しむポイントを20項目にまとめました。

気圧の低い環境に慣れよう
①急激に高度を上げると身体に負担が大きくなるため、登山口へ車で移動する場合は途中で休憩を取りながら、ゆっくり移動しましょう。

②2000mを超えるような登山口では、行動前に1時間程度滞在して、標高に慣れてから歩き始めましょう。

③ハイペースで一気に標高を上げると高山病になりやすいため、3000m級登山の経験が浅い人は体力に自信があってもゆっくり登ることを心がけましょう。

④山小屋に到着した後は、すぐに休んだり、寝たりすると高山病になりやすくなります。到着後は整理体操をしたり、山小屋の周囲を散策したりして、30分から1時間程度体を動かして気圧に体を慣らしましょう。

・・・管理人から一言付言すると、ここは重要なので赤字で示した。7/21に御嶽山に登山した会員が途中で体調不良になり、そこで待機した。下山後の報告によれば同行者のペースが早くてあおられたらしい。若い時は良いが高齢になると酸素を取り込む能力が衰える。記事は高山病のテーマで書かれているが、当人はそんな意識はなかった。
 先日の当ブログの記事で病死した事例をアップした。死因からは高山病とは書かれていないが、頑張って登った結果死に至ったのであろう。高山病という言葉を名山病に訂正してはどうかと思う。

「酸欠」を防ごう
⑤気圧が低い場所では、鼻から吸って口をすぼめて強く吐く「口すぼめ呼吸」が有効です。歩行中に呼吸が乱れて「ハァハァ」と吐くのは効率の悪い呼吸になっているサインです。「フーフー」と息を吐いて歩きましょう。

⑥岩場や階段、急登などキツイ登りになると、「数分歩いては立ち止まる」という歩き方になりがちですが、これは歩行ペースに呼吸が追いつかず酸欠状態になっている証拠です。歩行ペースを落とすか、呼吸を深く・早くして、30分以上休まずに歩けように心がけましょう。

⑦就寝時は自然に呼吸が浅くなるため、酸欠になりやすくなります。そのため人間は防御本能として、高所では熟睡できず、眠りが浅くなるものです。眠れないことにも意味があるので、睡眠薬・睡眠導入剤の服用は避けましょう。

⑧眠ると息苦しくなる原因の1つは“広がり難くなる”ことです。仰向けが最も肺が広がりやすい姿勢となります。仰向けでも息苦しさを感じる場合は、上体を起こして背中を壁にもたれると呼吸が楽になります。

⑨眠ると息苦しくなるもう1つの原因は、熟睡すると舌根(舌の付け根の部分)が落ちて気道が狭くなることです。枕を首の下におき、顎を上げた姿勢で寝ましょう。人口呼吸時の気道確保法「下顎挙上(かがくきょじょう)」と同じ仕組みです。

⑩鼻が詰まりやすい人、鼻呼吸が苦手な人は、鼻腔拡張テープを使うと鼻呼吸がしやすくなり、睡眠時の酸欠を予防できます。

⑪夕方以降は気温が落ち、寒さを感じて毛細血管が収縮すると血流が悪くなり、全身に酸素が行き渡り難くなります。体を冷やさないように濡れた衣服を着替えたり、防寒着を羽織ったりしましょう
「脱水」を防止しよう
⑫登山中は 【必要水分量(ml)=体重+荷重(kg)×行動時間(H)×5(ml)】で計算して、必要量以上の水分を飲むようにしましょう。

⑬夏山は急激な発汗が起こります。重ね着を避けて暑さによる発汗を防ぎ、気温に合わせた衣服調整をしましょう。長袖・長ズボンよりも、半袖Tシャツとアームカバー、ジッパー分離式のズボンを着用していると、レインウェアを着ることになっても暑過ぎず快適です。

⑭急激に発汗する状況下では飲み物が素早く体に吸収される必要があります。市販されているスポーツドリンク(アイソトニック飲料)は糖分濃度が5~6%で体が吸収しにくいと言われているため、水で半分に薄めて飲みましょう。糖分濃度が2~3%のハイポトニック飲料は、そのまま飲んでも吸収しやすいそうです。

⑮行動中に補給が足りなかった分は、行動終了後に素早く補うようにしましょう。最初は水・ジュース・スポーツドリンク・炭酸飲料など好きなものを、その後はお茶やコーヒーなどカフェインを含んだ飲み物が疲労物質を排泄しやすい利尿効果があります。就寝前に飲むと眠りにくくなるので、夕食前に飲んでおきましょう。

⑯日常生活と同じ回数・同じ量の尿が出ない場合や、体に「むくみ」が出るのは脱水のサインです。トイレが気になって水分を控えがちになる女性は特に注意が必要です。 また子どもや高齢者も脱水状態になりやすいので注意が必要です。

⑰普段から水分補給量が少ない人は、登山中に頑張って飲もうと思っても水分補給ができません。日常生活から少しずつ水分補給量を増やしていきましょう。

⑱食欲が落ちている時は夕食を控えてください。食欲減退は脱水が原因であることが考えられます。胃腸にダメージがある時は無理して食べずに、たっぷり水分補給をすることが優先です。
体調管理の徹底
⑲風邪や睡眠不足の場合、高山病になりやすいとされています。直前の体調管理に注意し、前日にしっかり眠ってから登山に挑みましょう。風邪気味なのはもちろん、慢性鼻炎の人など鼻の粘膜が腫れている場合は「耳抜き(鼓膜内の気圧調整)」ができず、耳の痛みの原因になります。

⑳頭痛薬・酔い止め薬は頭痛や吐き気を抑えてくれますが、高山病を治すものではありません。症状が出る前に予防的に飲んで標高を上げることは危険です。薬を飲んだあとであれば、停滞して様子を見るか、下山することを推奨します。



重症化を防ぐことが一番の高山病対策
高山では頭痛と吐き気が出ることが多いため、薬でそれを防ぎたい気持ちはわかります。しかし、頭痛と吐き気を感じずに登ってしまうと、後になって急激に症状が現れ、行動不能になるほど酷い症状になることがあります。

薬を飲んでいなければ、もっと早く頭痛や吐き気を感じて、注意してゆっくりとしたペースで登ったり、途中で登山を断念していたりしたかもしれません。

高山病対策では、症状を抑えることよりも重症化しないことの方が重要です。意識を失ったり、最悪の場合は死亡するリスクもあります。日本国内の標高であれば、無理せずに適切に対応していれば、ほとんどのケースは重症化を防ぐことが可能です。

適切な高山病対策をとって、夏山登山を楽しんでください!
[ 2019年07月26日 12:44 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)

台風6号「ナーリー」発生

台風6号「ナーリー」発生
きょう7月26日9時、潮岬の南南東約430㎞で、台風6号「ナーリー」が発生しました。中心気圧1000hPa、中心付近の最大風速18m/s、最大瞬間風速25m/sとなっています。台風6号は今後、北上し、27日~28日に本州に接近、上陸の恐れがあります。

「ナーリー」は、韓国が用意した名前で、「百合」という意味です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

甲斐駒ヶ岳
七丈小屋
【注意喚起】今週末の天候につきまして
[ 2019年07月26日 12:14 ] 基本情報 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR