FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

<八甲田山>高倉健主演の名作、4Kリマスター版初放送 名匠・木村大作が思いを語る

<八甲田山>高倉健主演の名作、4Kリマスター版初放送 名匠・木村大作が思いを語る
高倉健さんや北大路欣也さんらオールスターキャストで1977年に公開され、記録的なヒットとなった映画「八甲田山」(森谷司郎監督)の4Kデジタルリマスター版が2日、日本映画+時代劇4Kと日本映画専門チャンネルで初放送される。同作で撮影監督を務めた木村大作さんが41年間、“悲願”としていたリマスターを監修、同日付の毎日新聞朝刊の特集記事で「表情や芝居を浮き出すことができた」と思いを語っている。

【写真特集】あの名作が4Kで美しくよみがえる!

 映画は、日露戦争開戦目前の1901年、青森県の八甲田山での陸軍の雪中行軍で約200人が犠牲になった史上最悪の山岳遭難をベースにした新田次郎の小説を、高倉さんや加山雄三さん、三國連太郎さんらオールスターキャストで映画化。興行収入25億円を突破し、当時の日本映画として「日本沈没」の記録を塗り替える大ヒットとなり、北大路さんの「天は我々を見放した」は当時、流行語となった。

 今回、12月から4K放送をスタートさせる「日本映画+時代劇4K」の開局を記念し、4K 化された。当時35歳だった木村さんは、森谷監督から撮影監督に抜てきされたが、「DVDやブルーレイディスクが出るたびに、映像の質が気になって仕方なかった」といい、今回の4K化の依頼を受け、半年をかけてフィルムから一コマ一コマ、映像の修復、再構築に取り組んだ。

 木村さんは「象徴的だったのは、加山雄三の表情や芝居を浮き出すことができたこと。ライティングで感情を引き出し、ドラマの意味合いが大きく変わった」と語る。さらに「吹雪の質感も、解像度が上がったので、一粒一粒が分かれて見える。フィルムで撮ったものを4K化したのが大きい」と評価している。

 3年間かけて、体感温度マイナス35度の雪の八甲田山で行われた撮影について、木村さんは「雪は呼吸する。吹雪でも待っていれば必ずやむ。背景の山々が見えなければいけないシーンは一気に撮影した」と振り返る。「カメラマンや監督としての人生は『八甲田山』がなければあり得なかった」と映画「剱岳 天の記」などを監督した木村さんの“映画人としての原点”だったと振り返る。

 特集では、フィルムのチェックから、スキャンしてほこり傷を取り去るレストアなどの4K化の作業も紹介される。映画の放送は午後9時から。同8時からは4K化の作業に密着、関係者のインタビューで4Kの可能性を語るオリジナル番組「フィルム・ミーツ・デジタル」も放送される。

【関連記事】
冬といえばあの作品! 印象に残った、冬映画ランキング
3位 八甲田山
1977年の公開、実話を元にした、冬の八甲田山が舞台の映画。高倉健さん主演。

大自然の怖さや、登山史における世界最大級の山岳遭難事故の悲劇を、組織の不条理な部分を絡めて描かれました。

▼皆さんの印象コメント

「吹雪の中でバタバタと倒れ、雪に埋もれてゆく雪中行軍、怖すぎます。何年か前、大雪で電車が止まり、吹雪の中を真っ白になりながら歩くサラリーマンたちの列を見て、雪中行軍を思い出しました。」

「小さいときに見たがいつまでたっても忘れません。「天は我らを見放した!」は名ゼリフ。」

「雪国育ちとしては、本当に切なくて恐ろしい映画。」
  

スポンサーサイト



[ 2018年12月03日 19:59 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

井上靖原作映画『氷壁』

 管理人のブログ「小屋番の山日記」の2007年8月28日から転載。石岡繁雄氏は2018年1月で生誕100年になる。
 今日は昨年8月15日に亡くなられた登山家石岡繁雄氏の一周忌の集会であった。娘の石岡あづみさんがあいさつに立たれた。父親に瓜二つの横顔が故人を彷彿させた。その後昭和30年に起きたナイロンザイル事件の顛末をO氏が解説された。
 何といっても蒲郡で行われたザイル強度の公開実験でザイルが切断されなかったことが石岡氏の運命を狂わせた。原因は岩角を面取りしたからであった。切断されなかったその事実をおかしいと思った仲間のK氏がこっそり実験に使われた櫓に登って確かめると面取りしてあったという。企業の卑劣な隠蔽工作であった。
 作家の井上靖はこの事件を社会的な広がりのある小説に仕立てた。それが「氷壁」である。朝日新聞連載後昭和32年に発刊された。
 井上靖が石岡さんの「屏風岩登攀記」の書評に寄せた言葉がある。「石岡さんは名アルピニストであると共に、志を持った数少ない登山家の一人である。私は氏の実弟の遭難事件をモデルにして『氷壁』という小説を書いているが、私に『氷壁』の筆を執らしめたものは、事件そのものよりも、寧ろその悲劇を大きく登山界にプラスするものであらしめようとする氏の志に他ならなかったと思う。」と述べている。
 続いて昭和33年には映画化もされた。大映制作。増村保造監督。脚本は新藤兼人。主演は菅原謙二、山本富士子、野添ひとみ、山茶花究、川崎敬三、上原謙と豪華。
山本富士子

ただし映画ではザイル事件を織り交ぜてはあるがシリアスなメロドラマ仕立てである。しかし映画の中の風景は懐かしい。私は同時代ではないがキスリングといい、カンダハーのスキーといい、トヨペットクラウンの観音開きといい事件の起きた時代をそのままリアルに切り取っている。
 別の北鎌尾根登攀中に凍死した松濤明と芳田三枝子の恋愛も絡ませて複雑にしてあるのはドラマに深みを増す試みであろう。ザイル事件の真相究明とか社会問題とまでは発展させていない。そこが物足りない。が山茶花究扮する魚津恭太の勤務先の上司がさしずめ井上靖の代弁者であろうか。中々いい台詞を吐いていた。
 小津安二郎は世の中のことは大抵は単純なことでもみんなでよってたかって複雑にしているんだ、という。この件にしても企業が謝罪して使用上の注意義務を喚起すればよかったが隠蔽したことでより複雑になった。その後も相次いでザイル切断による死亡事故が起きたからだった。
 ザイル事件の語り部を自認するO氏は一番の犠牲者はザイルの強度実験を指導した篠田軍司氏ではなかったかと思いやるのである。篠田氏は阪大の教授にして登山道具の改良で数々の功績があったそうだ。関西支部長を歴任。その功績も霞んでしまった。九仞の功を一簣に虧くとはこのことである。
 石岡氏は汚名を晴らし、登山用具の改良にも努められた。現在のPL法の先駆的な法律も成立させた。メーカーに対し損害賠償を求めるどころか私財を投げ打って研究改良に挑まれた人生であった。井上靖の言葉の通りであった。
*当時は無かったDVDが2016年12月22日に発売された。ツタヤレンタルは未確認。
ドラマの舞台になった前穂高岳の地形図



[ 2018年01月07日 03:01 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

松本清張原作映画『黒い画集 ある遭難』

 山男に悪人は居ないと聞いた松本清張はいやそんなことはあるまいと清張らしい不倫をネタに仕組んで山岳遭難のドラマにしてしまった。スクリーンには若き美人女優の香川京子が花を添える。
 原作は1959年、映画化は1961年と古いために今では姿を消したキスリング、長いウッドシャフトのピッケル、ベレー帽などが登場する。遺体の回収も梱包してザイルで引きあげている。現地の河原で荼毘にふすシーンもある。今ならヘリコプターで一っ飛びですが。夜行寝台車、山岳情報誌『岳人』も登場する。すべてが懐かしい。本格的な現地ロケ、シリアスな山岳サスペンス。89分、白黒。
香川京子
30歳頃の香川京子
 ドラマの設定では冷池小屋に一泊後、キレット小屋まで向ったが悪天候で引き返す。鹿島槍の北峰から南峰を越えて布引山に向っているはずだった。ところが登山道がおかしいと気付いた。実は布引山と思ったが牛首山だったのだ。午後5時になって、3人のうち1人が疲労と雨に濡れた冷えで低体温症になる。寒いにもかかわらず衣服を脱ぎ棄てる。そして黒部の断崖から転落する。楽しい職場仲間の山行は遭難事故で暗転した。
 後は観てのお楽しみです。ツタヤでレンタル。
映画の舞台になった鹿島槍ヶ岳の地形図。牛首山は南峰の左に伸びる尾根、布引山は南に伸びる。視界が悪いと道迷いに陥りやすい地形である。






[ 2018年01月07日 02:07 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

映画『サバイバルファミリー』2/11公開

 山の映画ではありません。しかしちょっとは関係がありそうです。主題はサバイバル生活です。電気に浸りきった文明生活への警告のようです。
 地域で防災訓練をしていますが物資に恵まれていることが前提です。きれいな水、強力なガスバーナーとコンロ、大きな鍋、その他の備品です。場所は小学校の倉庫に保管されています。体育館で避難生活をしますがそこでも電気は欠かせません。
 しかし、電気が無くなったらどうするか。ガスもない。ここから登山者のサバイバル技術が少しは役に立つことがありそうです。昨年も沢登りの研修で、焚火の練習をしてもらいました。一発で着火させることができました。ちょっとしたコツがあります。以前はメタを何本も使ってもそれでも着火に失敗していました。知識ではなく、知恵が大切と悟らされました。
 また、登山用ガスコンロを使いましたが、10人分、2kgの米を普通の大きめの鍋で焚いてもらいました。標高700mくらいでしたが、こげもなく、芯もなく炊けました。これもコツがあって、米に十分な浸水をすることです。ところが最近の登山者は佐藤のパック米で良いとか、フリーズドライが今ではうまくなったとか言い抵抗します。特殊な商品は高いし、供給がなくなったら終わりです。どんな鍋でもご飯が炊けるようにしておきたいものです。生米さえあれば、山はきれいな水は豊富にあるので何とか生き延びれそうです。参加者の皆さんには文明に浸りきった生活から離れてわざわざ不便な生活をしてみましょうと呼びかけています。
 この映画が示すテーマへの一番近いところに私ども登山者はいると思います。原始的登山への希求を忘れてはいけないなと思います。
 さて、この映画はどんな展開になるのでしょうか。
映画『サバイバルファミリー』
[ 2017年01月24日 11:47 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

山岳映画「雪の立山、針の木峠越え」


「相続学校なごや」のHPの雪山映画誕生の感想文から再度転載(2015.9.3に開催された高山市民文化会館の上映会で配布された紹介文と見られる」
富山県立山博物館の作品紹介を転載。
「雪の立山、針ノ木越え」(1923年3月)「雪の薬師、槍越え」1923-24(大正12-13)年、伊藤孝一隊撮影。構成・編集:羽田栄治、ナレーシヨン:児玉清。
「伊藤孝一は、大正12年11月から翌13年の4月にかけて3度の雪山行を企て、上ノ岳冬期初登頂、薬師岳厳冬期初登頂を果たし、越中から奥黒部領域を踏破して黒部五郎・三俣蓮華・鷲羽の頂を踏み、槍ケ岳に到達する(積雪期初縦走)。
この山行の映画記録は未編集のまま信州有明の赤沼家に残置されたが、昭和40年に名古屋の報道カメラマン上田竹三(筆者注:大阪毎日新聞社名古屋支局写真部長、中京山岳会会員)によって見出される。
フイルムには、雪の北アルプスを目指した男たちのパイオニアワーク、それを支えた山案内人たちの活躍、当時の服装や装備、やがて湖底に沈む僻村有峰の風景などが写し込まれ、日本近現代登山史に欠くべからざる資料となる。平成12(2000)年、資料調査に基づいて富山県[立山博物館]が作品化。」

伊藤孝一の伝記小説


小屋番の山日記から
希代の登山家・伊藤孝一こぼれ話

映画に登場する親友の赤沼千尋、百瀬慎太郎の関係情報
百瀬慎太郎の伝記小説
  
早稲田大学 岳友会 山小屋カルチャーから
石原きくよ氏の講演録「北アルプス開拓の先駆者 百瀬慎太郎」
[ 2017年01月08日 22:01 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

映画『ロング・トレイル』7/30公開



 このところ、エベレストをテーマにした映画の公開が相次いでいた。『ビヨンド・ザ・エッジ・・・歴史を変えたエベレスト初登頂』は堪能させてもらった。その後も続々公開されているがもういいと思う。登頂ではなく、ヒマラヤの遭難がテーマになっているからだ。悲劇は成功者や貴族、金持ち、地位の高いものが没落するから興味深く見られる。登り難い山だから遭難は当然のように起こりうる。そこを登頂するからこそ面白い。
 趣向の変わった映画はないか探していたら『ロング・トレイル』が公開予定と知った。予告編だけではさわりしか分からない。しかし、良い映画になっているな、と思わせる。かつての『アドベンチャー・ファミリー』(1975年)のようなアメリカ的な明るさと深さを予感する。日本でもロングトレイルは流行の兆しがある。あちこちにコースが整備されてきている。この映画は3000kmというとてつもない長距離を踏破するというのだ。どんな映画にしあがっているのか楽しみである。

ブログ「Lucky Now・・・映画を見る前に知っておきたいこと」
再会の3,500km、友と森を歩くと人生が変わる!ビル・ブライソンのユーモア溢れる旅行記を基にロバート・レッドフォードが主演・製作を務めたコメディ・ドラマ。
紀行作家ビル・ブライソンは長年暮らした英国から故郷のアメリカに戻り、平穏だがどこか物足りない日々を送っていた。そこで思い立ったのが全長3,500kmの自然歩道“アパラチアン・トレイル”­踏破だった。そして、やっと見つかったパートナーは40年ぶりに再会した悪友。見た目も性格も正反対のシニアコンビ。長い旅路はビルに人生のヒントを与えてくれる。
人生はベストを尽くせばそれでいい!(以下はブログで。)

日本でも普及に向けた動きはあるが、私のブログ小屋番の山日記から引くと
加藤則芳『ロングトレイルという冒険』を読む


ガイドブックとしては加藤芳樹『関西周辺 週末の山登り ベスト120』(山と渓谷社)の一部に紹介がある。


日本には古くから東海自然歩道があった。何度もガイドブックが発刊されているが最新の本は

[ 2016年07月13日 09:40 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

DVD『郡上一揆』



有名な郡上一揆を映画化したものです。
信長や秀吉、徳川様などの歴史の勝者を描いたのではなく、むしろ封建社会の中で、
農民が一致団結して時の権力に訴え、首と引き換えに実現した物語です。
世にいう宝歴騒動ともいわれ、各地に記念碑や墓があります。
しらとりの湯の屋根も傘連判状をかたどったもので、この地方の人々の心に今も
しっかり根付いているのです。

郡上地方のフツーの人らが一体となってエキストラ出演して映画を盛り上げています。
白鳥町長、岐阜県知事も出演しています。

このビデオはアマゾンで見ると中古品でもプレミアムがついていますが、去る11/3に白鳥町の白山文化博物館
に見学に行った際、見つかりました。新品でも3990円のところ、3500円で入手しました。宝物です。
[ 2014年11月09日 00:03 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

映画『春を背負って』公開

「春を背負って」公式サイト

ぴあ映画生活から
『劔岳 点の記』に続く木村監督の第2作で、笹本稜平の同名小説を立山連峰を舞台に映画化。父の後を継いで、標高3000メートルに位置する山小屋の経営を始めた青年が自然と向き合い、仲間に助けられながら父の遺した想いを受け止めていく姿を描き出す。

大音声で自信満々に自作をアピールする姿がおなじみの木村監督だが、この日は「これまで47都道府県で行われた試写会を自家用車で回ってきましたが、試写会は試写会。(ついに公開となる)今日という日は僕にとって…」と語ったところで、込み上げてくる想いをこらえきれず、言葉を詰まらせる。そして、客席に深く一礼し「今日は、本当にありがとうございました」と言葉をしぼりだした。

これまで、監督が見せることがなかった姿に、キャスト陣は深く心を打たれたよう。蒼井は「やっぱり、この方についてきてよかったなと思います」と笑顔を見せ、豊川も「長く映画の仕事をやっていますが、監督といるとここまで自分は映画を愛しているのか? と自問自答してしまった」と改めて監督の映画に対する情熱への敬意を口にする。

松山は「悔しいけど感動します」と素直な思いを吐露。劇中、山小屋でのごく短いシーンで木村監督が出演していることを明かし「そのちょっとの出番での監督の笑顔にやられました。まっすぐな人はまっすぐ心に刺さってくると感じ、役者として悔しかった。まっすぐ映画や人と向き合ってきたからこそ、出てきたものだと心が震えました」としみじみと語る。

舞台挨拶の最後に改めて締めの挨拶を求められた木村監督は、マイクを使わずに地声で「映画を長くやってきて、この作品ほど、スタッフとキャストと山の人が一緒に家族のように撮影した経験は知りません!」と本作への特別な思いを口にし、会場は温かい拍手に包まれた。

『春を背負って』
公開中
以上
 面白そうな映画でしょうね。雨になれば観に行きたい。
 ただ、いくら立山連峰のロケーションが良くても『剱岳 点の記』を見た人には既視感があるかも。
原作は奥秩父だそうですが、森林限界を抜ける山がないために登山道は森の中だけに終始します。
この点、立山連峰ならOKか。古い映画ですが、井上靖原作『通夜の客』でも原作は中国山地ですが、
ロケは長野県の麻績村になり、映画の背景には北アルプスの常念山脈があります。
 奥秩父や奥多摩は樹林のもつ癒し効果で人間との融和がある。岩と雪の北アルプスでは隔絶しかない。
ただただ美しい絵を撮影するだけだったら失敗に終わる。原作と乖離していないことを祈る。
[ 2014年06月15日 15:32 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)

ふるさと [DVD]

ふるさと [DVD]ふるさと [DVD]
(2013/12/06)
加藤嘉、長門裕之 他

商品詳細を見る


奥美濃ファンにとびきりの情報である。映画「ふるさと」がDVDになった!
昨日、フェイスブックである人が紹介していたので私もすぐアマゾンに注文した。
荷はまだ来ないが待望久しいDVD化は昨年の12月だった。
PR用のユーチューブを貼り付ける。映画のさわりが見られる。
故加藤嘉の名演技が冴える。
不朽の名作「ふるさと」



赤谷を歩く
徳山村を巡る思い出の山旅
梅雨晴れの冠山を歩く
徳山富士に登る

山葵会編『奥美濃』
[ 2014年02月09日 08:20 ] 山の映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR