FC2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

イマシリ!『相次ぐ遭難死 登山の注意点は?』 専門家「余裕ある“登山計画”を」

イマシリ!『相次ぐ遭難死 登山の注意点は?』 専門家「余裕ある“登山計画”を」
 今、知っておきたいことを分かりやすくお伝えする「イマシリ!」。きょうのキーワードは、『相次ぐ遭難死 登山の注意点は?』。

 今月、登山をしていた人が遭難し、死亡するケースが相次ぎました。

 愛媛と高知の県境にある石鎚山脈の西黒森で今月9日、神石高原町の67歳の女性が遺体で発見されました。女性は、5日に登山口から1人で出発し、行方不明になっていました。発見場所は山頂からおよそ300メートル離れた山の斜面で、女性は滑落したとみられています。

 熊本県阿蘇市の根子岳では24日、福岡市の56歳の男性が、心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。ほかの男性3人と登山をしていて、下山中に滑落したということです。

 全国の山で遭難した人の数をまとめたグラフです。増加傾向となっていて、去年の遭難者は2937人。このうちおよそ10%に当たる299人が亡くなるか、行方不明になっています。

 コロナ禍で屋内のレジャーを避けて、登山に出かける人も多いようです。安全に登山を楽しむにはどんなことに注意すればいいか、専門家に聞きました。

 登山の愛好家で作る団体「広島登山研究所」の今村みずほさん。今村さんは、日本山岳ガイド協会の認定ガイドです。

 「隣りの人と楽しくおしゃべりができるくらいのペースで、歩幅はいつものものよりも半分くらいにしていただいて、本当にせまくしていただくといい。」(広島登山研究所 今村みずほさん)

 ゆっくり歩くことが、けがを防ぐポイントだといいます。

 下山するときは…。

 「靴の全体をしっかり地面に全部つけてあげる。しっかり骨盤を立てていただいて、体幹を使って、ご自身の体をまっすぐ保っていただいて、降りていく。」(広島登山研究所 今村みずほさん)

 今村さんは、「日が短くなる今の時期に遭難する人が多い」として、余裕を持った「登山計画」を立ててほしいと強調します。

 「街よりも山の中はもっと早く暗くなる。できれば午前中に山登りが終わって、遅くとも午後2時くらいまでには山から出ている状態がいいかなと思う。必ず、ご家族の方だったり、信頼できる仲間の方だったりに、しっかりご自身の登山計画を伝えておくというのが、一番の遭難の予防になるかと思います。」(広島登山研究所 今村みずほさん)

 正確に計画を立てて、登るのに欠かせないのが地図と磁石です。

 「国土地理院の基本図というのをよく、われわれ登山者は使わせていただくんですが、GPSを使ったりとか、いろんないい機器も出ていますけれども、そういった機器を使うにしても、やっぱり地図読みができるというのは基本だと思うので。」(広島登山研究所 今村みずほさん)

 もう1つ大事なのが、水分補給。日帰りの軽めの登山でも最低1リットル以上のお茶か水を持参した方がいいといいます。

 そして、万が一、遭難した場合は…。

 「『あ、遭難しちゃった。迷っちゃった』っていうふうになると、パニックになると思いますので、まずは1回、深呼吸をしていただいて落ち着く。そこから自分がわかる所までいったん戻っていただくのが何より大事だと思います。」(広島登山研究所 今村みずほさん)

 
 ― 今村さんによりますと、服装も大事だということで、スタジオに準備しました。

 上着やインナーは、水分を吸収して肌が濡れることを防ぐため、なるべくコットン素材のものは避けたほうがいいそうです。冷えると体力が奪われます。

 また、レインコートは、ポンチョのような一体型だと動きにくいので、上下が分かれたものがいいそうです。

 そして、リュックサック。背中とリュックサックがぴったりくっつくと、軽く感じるそうです。

 また、靴は、やはりスニーカーよりは登山靴の方がおすすめです。靴底が固いので、でこぼこの道でも歩きやすく、疲れにくいそうです。

 しっかり準備をして、安全に登山を楽しんでください。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020年11月26日 20:55 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

続報 北アルプスで神奈川の49歳男性死亡 大天井岳の山頂付近 登山道から100メートルほど滑落か

続報
北アルプスで神奈川の49歳男性死亡 大天井岳の山頂付近 登山道から100メートルほど滑落か
3連休に長野県安曇野市から北アルプスに登ったまま行方がわからなくなっていた神奈川県の男性が、24日、大天井岳の山頂付近で遺体で発見されました。

遺体で発見されたのは、神奈川県鎌倉市の会社員の男性(49)です。

警察によりますと、男性は今月20日の夜に自宅を出て、21日から一泊二日の予定で、中房温泉から燕岳、大天井岳のコースを往復する予定でした。

21日の早朝に撮影した中房温泉の写真が携帯電話で家族に届いています。

しかし、22日の夜になっても連絡が無く、家族が神奈川県警に届け出ました。

長野県警は、23日に続いてヘリコプターで捜索し、24日午前10時前に大天井岳の山頂に近い北東斜面で倒れている男性を発見。収容しましたが既に死亡していました。

現場は登山道から100メートルほど下で、登山道は良く整備されていますが、何らかの理由で滑落した可能性もあり、警察が死因を調べています。
第一報
北アルプスで神奈川の49歳男性が行方不明 燕岳から大天井岳周辺 下山予定過ぎても連絡とれず 県警ヘリで捜索
3連休を利用して北アルプスに登ったと見られる神奈川県の男性と連絡が取れなくなり、長野県警が捜索しています。

行方がわからなくなっているのは、神奈川県鎌倉市の49歳男性です。警察によりますと、男性は今月20日の夜に自宅を出て、21日から一泊二日の予定で、安曇野市の中房温泉から燕岳、大天井岳のコースを往復する予定でした。21日の朝には登山口の中房温泉の写真が携帯電話から家族に届いています。下山予定を過ぎても連絡が無いことから22日夜遅く、家族が神奈川県警に届け出ました。連絡を受けた長野県警では遭難した可能性があると見て、23日午後からヘリコプターも出して捜索しています。

今シーズンの北アルプスはまだ雪が少なく、連休もおおむね天候に恵まれていました。

また、男性は中房温泉からの合戦尾根やその先の稜線も以前に歩いたことがあると見られています。
関連記事
[ 2020年11月24日 17:15 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

続報 <阿蘇山系>根子岳遭難 滑落した男性が死亡

続報
根子岳遭難 滑落した男性が死亡
阿蘇市の根子岳に23日登山し、滑落した56歳の男性が24日心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認されました。

23日午後3時半ごろ、阿蘇市一の宮町の根子岳で「男性が滑落した」と119番通報がありました。
警察によりますと、滑落したのは福岡市南区の教員山崎(表示できる文字に置き換えています)義典さん(56)で、23日の朝から他の男性3人と登山をしていて、下山中におよそ40メートル下に滑り落ちたということです。
警察と消防は24日午前6時半から捜索を再開しおよそ2時間後に心肺停止の状態の山崎(表示できる文字に置き換えています)さんを岩場で見つけヘリコプターで救助しましたが、その後、死亡が確認されました。
また、山崎(表示できる文字に置き換えています)さんと一緒に登山をしていた1人も遭難していましたが、けさ早く、救助され無事でした。
第一報
根子岳で登山中の男性滑落 阿蘇市 24日朝から捜索再開
 23日午後3時40分ごろ、熊本県阿蘇市一の宮町の根子岳で登山中の男性から「仲間の男性1人が滑落した」と119番通報があった。

 阿蘇広域消防本部と阿蘇署によると、滑落したのは福岡県からの登山客。男性4人で天狗岩付近を下山中、約40メートル下に落ちたらしい。容体は不明。

 2人が携帯電話のつながる位置まで降りて通報。もう1人が現場付近に残っているという。ヘリコプターで捜索したが、滑落した場所は特定できていない。24日朝から捜索を再開したが、1人が無事下山したという情報もある。


関連記事
[ 2020年11月24日 10:05 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

若狭駒ヶ岳下山しました

 5時起き、6時出発と好調にスタート。名2環に入り、一宮ICから関ヶ原ICで出てR365に。木之本から湖北、湖西へと走った。R161、R303から分かれてR367へ。朽木村までは山間の道だが朽木村の中心地からは安曇川に沿ういわゆる鯖街道である。
 注意しながら麻生川に沿う県道23号に入るともう一本道になる。しばらくはバイパスのような2車線の立派な道路である。この道が尽きると一気に1車線の狭い道になる。上を見ると電線と電話線が奥まで続いているので不安ながらも走り通した。川沿いには名残りの紅葉が美しい。バードウォッチャーが大勢で何かを見ていた。
 そのうち、池原山登山口を見つけた。まだ奥に山里がありそうなので行ってみた。バスの終点は木地山という。最奥の村に着いた。木地山でうろうろしていると福井ナンバー3人、徳島ナンバー5人のパーティも来て一気に人が増えた。登山口の表示はないが福井ナンバーの人らが橋を渡って対岸に消えていった。地形図で確認するとその通りである。予定では池原山から駒の池を経由であったが焼尾東谷から登り、山頂を往復後池原山経由で下山することにした。
 このルートは渡渉が多かった。踏み跡も明瞭ではなく、余り歩かれている様子はない。但しポイントには赤テープがあるし道標もあるにはある。沢沿いに歩けば道に迷うことはなかった。焼尾谷が二股になり奥に行くと杉の植林が無くなりブナの森が広がった。その中には名残りの紅葉もあり美しい。ブナの黄葉も見事であろうが今はすべて落葉してしまった。
 谷も立ってきた。そのうち徳島ナンバーのパーティが追い付いて来た。60歳代の男性1名と4名の女性らである。谷の詰めからは尾根に上がった。急登になった。そいて高島トレイルといわれる稜線にたどり着いた。ブナの疎林が広がる素晴らしい尾根である。ここでしばし休憩後、徳島隊は駒の池を見に行くという。私は山頂を目指した。
 ブナの巨木の風倒木に驚きながら馬の背のような広い尾根は歩きやすい。
 駒ヶ越という地点を過ぎた。五万図熊川には木地山(地形図には中小屋)とダム湖に沈んだ河内を結んでいた峠道があった名残りである。焼尾谷の西谷を源流まで詰めてここに上がり、駒ヶ岳寄りに登ってまた谷を下る破線路があった。森林公園との分岐があり、すぐに谷へ下ったのだろう。
 山頂はすぐだった。山頂はただ一人静寂に包まれていた。標高が低い割には自然は豊かである。山頂もブナの疎林で360度大展望ではない。しかし一部から琵琶湖も見える。ブナ越しに若狭湾も見えた。そうかここは日本中央分水嶺なのです。日本海と太平洋側への脊梁山脈でもある。
 12時ちょうどに下山開始、単独行に出会う。徳島隊にも出会った。高島トレイルは下りも快適である。30分で谷道の分岐も過ぎて駒の池に向かう。いい感じでブナ林が続く。駒ヶ池は今にも埋まりそうな感じであった。周辺は高島市側は杉の植林が迫り、小浜市側が辛うじてブナが残されていた。
 駒の池は美しい。いい雰囲気であるがポツリときた。今日は夜は降雨の予報であるが山は早くも時雨模様になりそうだ。池を半周する感じで踏み跡がある。これは地形図にもオームの記号のような破線路で表現されている。
 駒の池を過ぎると杉の植林との境界を歩く。これが高島トレイルかと思うような未整備状態になった。作業道が交差してくるので尾根を外して歩いてみた。すると744mの独立標高点を迂回するように池原山の枝尾根を寸断していた。但し赤テープが巻いてあり、尾根の下り口は何とか分かる。この尾根にも作業道が交差している。池原山へは作業道から赤テープで誘導するようにピークに向かった。三角点を確認できた。そこを下るとささやかながらブナ林に出た。道標が立っている。明確な登山道はないが赤テープが続く方向にくだった。地形図では尾根が二股になったところである。ここからは急降下になった。踏み跡も明瞭ではないが赤テープが頻繁にあるので迷うことはなかった。最後は横向きに下りながら車道に降り立った。
 休む間もなく、木地山に向かって歩き出した。約2kmはあり、40分の見込み。池の原というバス停があったが1軒あるだけ。木地山まであと10分というところで徳島隊の車が帰っていく。ちょっと挨拶したら木地山まで送ってやるというので親切に甘えた。マイカーまで戻れてやれやれだった。
 R367まで走り、朽木温泉に向かった。蛇谷ヶ峰という山の麓を開発したグリーンパークというリゾート地である。Pはほとんど埋まっていた。3連休のせいで大勢が集まった。入口では検温された。マスク着用も当然。700円払って奥へ。湯船でゆったりした。登山後の温泉は温まるので疲労回復に良い。
 R367沿いの道の駅で栃餅、鯖寿司を購入した。鯖街道だから良い土産になる。これで皆終わったので帰名するのみである。良い1日になった。

関連記事
[ 2020年11月23日 11:42 ] 滋賀県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 仙ノ倉山

仙ノ倉山下山しました。平標山の登山口のバス停の駐車場に車を停めて、松手山、平標山を経由して仙ノ倉山を往復しました。1800mを越えた辺りから雪でした。今日は風はけっこう強かったですが、遠くまで見晴らせて、素晴らしい眺めでした。
f 他1名
関連記事
[ 2020年11月23日 11:37 ] 新潟県の山 | TB(0) | CM(0)

御在所岳で遭難女性2人を救助 登山客に注意呼び掛け 三重

御在所岳で遭難女性2人を救助 登山客に注意呼び掛け 三重
 【三重郡】四日市西署は22日、鈴鹿市内の看護師女性2人が菰野町菰野の御在所岳の6合目付近で遭難したと発表した。2人は救助され、無事だった。同署は管内で今年に入ってから20件の山岳遭難事故が発生しているとして、注意を呼び掛けている。

 同署によると、遭難したのは同市白子町の女性(24)と同市南玉垣町の女性(24)の2人で、同じ病院で働く同僚。2人は21日午後1時ごろに登り始め、日の落ちた同5時ごろに下山を開始した。途中で帰り道が分からなくなり、110番した。

 同署は、2人には懐中電灯などの装備がなかったため、山中で一晩過ごしてもらったほうが安全と判断。翌22日に同署山岳警備隊が出動し、同日午前7時20分ごろ、登山道から外れた地点で遭難した2人と一緒に連れていたペットの犬を発見した。

 紅葉シーズンを迎えて登山者の遭難事故が頻発しているとして、同署は「気温が低く、日没も早い。昼までに下山できるスケジュールで計画し、登山靴や懐中電灯、雨具、食糧などを用意して山を登ってほしい」と登山客に万全の備えを求めている。
関連記事
[ 2020年11月23日 11:32 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

下山中に滑落 県警ヘリで救助も…愛知県の64歳男性死亡 仲間2人と南木曽岳に登山

下山中に滑落 県警ヘリで救助も…愛知県の64歳男性死亡 仲間2人と南木曽岳に登山
長野県の南木曽岳で21日、64歳の男性が登山道から滑落し、死亡しました。

死亡が確認されたのは、愛知県岡崎市の男性会社員64歳です。

警察によりますと、男性は21日、仲間2人と南木曽岳に入山、下山中だった午後2時50分頃、登山道から滑落したということです。

仲間が救助を要請し、およそ2時間後に県警ヘリで救助され、松本市内の病院に搬送されましたが、その後、多発性外傷により死亡が確認されました。

現場は標高1600メートルほどの場所で、登山道に積雪はなかったということです。

警察が滑落の状況などを調べています。
関連記事
[ 2020年11月22日 22:04 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

登山道でフラつかない、滑らないために――、安定して歩くために欠かせない「フラット歩行」

登山道でフラつかない、滑らないために――、安定して歩くために欠かせない「フラット歩行」
登・下山中に、足がズルズルとスリップしてしまう原因の1つは、斜めに加重がかかってしまうこと。「フラット歩行」を身に付けて、足裏全体で斜面に加重し、安定して疲れにくい歩き方を習得しよう!

 こんにちは、登山ガイドの野中です。前回は股関節が動くと重心移動がスムーズになり、疲れにくくなることを解説しました。今回は、股関節と合わせて、足首関節も連動させながら「フラット歩行」を行うことで、より安定した歩行が実現出来ることを解説していきます。
 「ベタ足歩行」という言葉は聞いたことがありませんか?
 私自身もどこで教わったか記憶が定かではありませんが、靴底全体で着地することを教わりました。まずは靴底全体で接地することで、靴底の摩擦力が最大限に発揮され滑りにくくなる効果があります。踵部分だけ、爪先部分だけで接地をしているのではスリップしやすいのです。

 また、スリップとは靴底が横滑りを起こす現象です。靴底の接地面に対して真上から体重がかかっていれば問題ありませんが、斜め方向に力が加わると横滑りが生じやすくなります(下記写真参照)。
※写真解説はソースへ
 スリップと聞くと下山時をイメージすると思いますが、滑りやすい場所であれば登りでも平地でも起こります。濡れた地面、崩れやすい砂地や雪面を歩いている際に、後ろ足をズルッと滑らせた経験を皆さんは誰しもあるではないでしょうか。
 
緩い下り斜面が練習に適していますので、次回登山をする際に試してみてください。

下りで踵着地になりやすい人は、爪先から着地するつもりで歩くとフラット着地がしやすくなります。また、下りの重心移動の記事でも解説しましたが、下山時は後ろ足が軸足となって体重を支えることで、ドスンと着地することを防げますので、後ろ足から体重を抜く直前まで踵を接地し続けられるように歩きます。

後ろ足の踵が早く上がってしまうと、それだけ前足の着地の衝撃が大きくなってしまいますので、後ろ足の動きに注意が必要です。

動画でも、動きの違いを確認してみましょう。

続いて登りのフラットフッティングを確認します。これも左がNG、右がGOODの様子です。
※写真解説はソースへ
登りについても段差の少ない緩い斜面で試してみてください。

フラットに着地するのは比較的簡単です、その分、後ろ足から体重を抜く「抜重」時が少し難しくなります。

特に登り斜面では推進力が必要なので、ついつい後ろ足で蹴りがちですが、大きな段差など反動が必要な特別な場面を除いては、後ろ足を蹴り出さずに、先に前足側に重心を移しておいて後ろ足は「抜く」ように歩きます。

後ろ足で蹴り出す動きに依存している方は、それだけ前足側に重心移動が出来ていない証拠でもあります。下記動画で、その様子を確認してみましょう。

まずは登りからフラット歩行を練習しよう
スリップや転倒のリスクが高いので、下りの方がフラット歩行の重要度は高い反面、一歩一歩の動きが早くなりフラット歩行の練習がしにくくなります。その点、登りの方がゆっくりと歩けるので比較的練習しやすいので、まずは登り斜面で優先的にフラット歩行を練習してみましょう。

抜重時に踵が上がると、後方を歩く人に自分自身の靴底が見えることになります。出来る限り靴底を見せないように、「踵を長く付けたまま歩く」イメージで歩いてください。そして、このような歩きをするためには、股関節を前後に開く柔軟性 と可動域 になります。

フラット歩行を試してみると分かりますが、大半の人は普段の町歩きの歩幅よりも少し小さくすることで、接地時も抜重時もフラット歩行がしやすくなります。股関節が柔らかい人は歩幅を小さくしなくても問題なくフラット歩行が出来ます。

これは股関節が硬いと小さな歩幅でしか安定して歩けず、股関節が柔らかいと多少歩幅が大きくなってもスリップを防いで歩けることを意味しています。前回は重心移動と疲れにくい歩行のために股関節の動きが関係していることに触れました。これに加えて、岩と岩の間隔が開いていたり、段差が大きい場所など、「小さい歩幅では歩けない」中級者向け以上の登山ルートでも安定して歩くためにも股関節の柔軟性は重要なのです。

あなたに最適な歩幅は股関節の柔軟性で決まります
説明してきた通り、股関節の柔軟性には個人差が大きいため、実は「このくらいの歩幅で歩きましょう」と具体的に示すことが出来ないのです。とても重要な点なのですが、「歩幅を小さくすればOK」ではなく、「自分がフラット歩行できる歩幅で歩く」ことが大切なのです。

また、後ろ足の動きは、歩行時に自分でチェックすることが出来ませんので、もし機会があれば、仲間に山を歩いている姿を真後ろから動画撮影してもらうことをオススメします。

町歩きでは前足を踵から着地し、後ろ足は爪先で蹴る形で歩くのが一般的です。このような舗装路の歩き方と、山歩きに適した歩き方「フラット歩行」はまったく異なりますので、意識的に歩き方を切り替える必要があります。

厳密に靴底全体で着地して抜重しようとすることよりも、「踵だけ」「爪先だけ」など、靴底の一部のみが地面に接する時間を極力減らして歩くことを目標にしてください。

登山に限らず、高齢になり歩けなくなる方や、転倒して怪我をする方は股関節が硬く、可動域が狭い傾向があります。健康に長く登山を楽しむためにも、股関節の柔軟性を維持出来るように体づくりを行って下さい。

股関節を上手に使えれば、下山時の着地衝撃が抑えられ、大腿四頭筋への負担が減ります。膝が痛みにくくなるだけではなく、足場を崩したり、スリップや転倒するリスクを減らすことが出来ます。岩場・岩稜歩きや、森林限界を超えた雪山登山、テント泊などの重装備登山など、安定した歩行を身につけておくことで、転倒や滑落を防いだ安全な登山が実現できることになります。

安定して歩ければ、疲れにくく、事故も起こしにくくなりますので、フラット歩行は是非とも身につけてほしい歩行技術です。


分かりにくかったことやご質問がありましたら是非、メッセ―ジをお寄せ頂ければと思っています。なお「山の歩き方講習会」を定期的に開催しています。詳しくはホームページをご覧ください。
関連記事
[ 2020年11月22日 02:33 ] 島崎山歩の山岳通信 | TB(0) | CM(0)

積雪や落葉で登山道が不明瞭になりやすい時期、道迷いに注意! 島崎三歩の「山岳通信」第207号

積雪や落葉で登山道が不明瞭になりやすい時期、道迷いに注意! 島崎三歩の「山岳通信」第207号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年11月18日に配信された第207号では、この時期は積雪や落葉で登山道が不明瞭になりやすいことについて言及している。

11月18日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第207号では、期間中に起きた2件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

10月上旬に54歳の男性が家族に蓼科山に登ると言って外出し、その後連絡が取れなくなっていた。しかし、11月10日に南佐久郡小海町内の登山口に男性の車が駐車されているのを発見されたことから、翌11日から県警山岳遭難救助隊員、佐久警察署山岳高原パトロール隊員などで男性を捜索している。

11月14日、浅間連峰の黒斑山で、8人パーティで入山した47歳と50歳の女性2人が、下山中に同行者とはぐれ、日没で行動できなくなる山岳遭難が発生。2人は小諸警察署員及び浅間連峰地区山岳遭難防止対策救助隊員により救助された。

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス
11月2週は2件の山岳遭難の発生があり、黒斑山では下山時に仲間とはぐれ、日没により行動不能となる遭難が発生しています。長野市では、平野部でも初雪が観測され、冬の訪れを感じさせるようになり、冷え込みが日増しに厳しくなっているほか、日没も早くなっています。

標高の高い山域では、登山道が積雪に覆われて見えなくなっていたり、里山でも落ち葉により、登山道が不明瞭になっていたりする場合もあります。特に下山時にルートを見落とす場合が多いことから、分岐点だけでなく、尾根や沢の変わり目では、地図やコンパスで確認するとともに、ヘッドライトなどの装備品をしっかりと携行して、時間にゆとりある日程を計画しましょう。
また、登山仲間は最後まで行動をともにするのが基本です。お互いに苦労と喜びを分かち合いながら登山を楽しみましょう。

県内では、の目撃や負傷事案が発生しています。行動中は鈴やラジオなどを携行し、テント場では、食料やゴミなどを外に放置しないようにしましょう。

長野県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「長野県内入山注意報」と、「登山者への5つのお願い」を発表しています。登山者の皆さんは、十分にレベルを落とした山域を選び、感染防止対策にご協力をお願いします。
関連記事
[ 2020年11月21日 17:31 ] 島崎山歩の山岳通信 | TB(0) | CM(0)

滑落防止のためのショートロープ

八風峠で遭難 山岳警備隊と下山途中に滑落し死亡 「適切な判断だった」と警察
 当初共同通信が配信して以来、名古屋のメディアに続き、19日は地元メディアも事の大きさを認識されたのか、三重TVが報じた。その中のコメントに「ショートロープ」での確保の云々があったので動画をアップした。
 以前から高齢者の登山下山でもショートロープで確保していたし、西穂高岳に登山するとプロガイドに引率された登山者がショートロープでつながっていたのを見たことがある。滑落防止というよりは滑落しても確保されておればロープの長さ以上には落ちないわけだ。先行させる場合と後続させる場合の動画がある。



関連記事
[ 2020年11月21日 00:40 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

「吹雪で動けない」風雪の中、遭難者救助 穂高岳山荘の2人表彰

「吹雪で動けない」風雪の中、遭難者救助 穂高岳山荘の2人表彰
 岐阜県警高山署は、北アルプスの遭難者を悪天候の中でも果敢に助けたとして、高山市奥飛騨温泉郷神坂にある穂高岳山荘の従業員2人に感謝状を贈った。

 表彰を受けたのは、谷口英輝さん(33)=飛騨市神岡町江馬町=と山本実さん(30)=高山市神明町。署によると、奥穂高岳(3190メートル)で10月、登山中の60代男性から「吹雪で道が分からず、動けない」と119番があった。県警は悪天候でヘリコプターによる救助ができないため、山荘に出動を依頼した。

 氷点下10度の体感温度と、目が開けづらいほどの風雪。山荘から1キロほど離れた山頂近くで午後4時前、身動きの取れない男性を見つけた。日没が迫る中、歩けない男性を交互に背負い、1時間半かけて岩場を下った。男性は回復し、翌日自力で下山した。

 谷口さんは「無事に連れて帰ることができて良かった」、山本さんも「安全に下山させようとの思いだった」と振り返った。田口慎治署長は「とてつもない危険を冒して助けてくれた」と活躍をたたえた。
・・・私も27歳の頃、10月下旬に奥穂高岳に登った。小屋で様子を聞いたら登山は制止されたが登りたい一心で登ってしまった。登頂はしたものの周囲はガスと風雪でなにも見えない。すぐに下山しかかったが、登った際は雪を踏みしめて足跡があったはずなのに跡形もなくなった。おろおろしていると、ピッケルとアイゼンに身を固め、ヘルメットをかぶった登山者2名が表れて思わず、小屋はどっちの方か、教えてくれと聞いたら、こっちを行けと指図してくれて助かった。小屋には謝罪して下山した。
 あれから反省して、こんな登山をしていたら命がいくつあっても足りないぞ、と山岳会探しを始めた。北アルプスの秋山登山はほんとうに怖い。何ら準備しないで登山するからである。先月も25日ごろの気象変化で北アルプスが荒れた。何人かの死者、遭難者が出た。この記事の遭難者もその中の1人であろう。
関連記事
[ 2020年11月20日 11:46 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

後ろめたいから?7割が登山届出さず…「お忍び」で低山登り、遭難相次ぐ

後ろめたいから?7割が登山届出さず…「お忍び」で低山登り、遭難相次ぐ
 今夏、富士山(3776メートル)や南アルプス山系など高山での遭難が減った反面、低山を無届けで登って遭難するケースが増えたことが、山梨県警への取材でわかった。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が求められ、「お忍び」で手頃な低山を楽しもうという人が多かったためとみられる。先月も遭難者は昨年並みに増えており、紅葉シーズンを迎える中、県警は注意を呼びかけている。(小山海風、鈴木経史)
■85%が首都圏から

 県警によると、今年7~8月の山岳遭難は20件で、昨年の48件から激減した。富士山は昨年の3件に対し0件、国内標高2位の北岳(3193メートル)などがある南アルプス山系は26件減って2件だった。コロナ対策のため、富士山や南アルプス山系で登山道の閉鎖や山小屋の休業などが相次いだためとみられる。

 一方、標高1000メートル級が連なり首都圏からも近い県東部の大菩薩・道志山系は9件で、昨年より5件増えた。県内での遭難は例年、富士山と南アルプス山系が半数以上を占めるが、今年は9割が日帰り登山中で、そのほとんどは低山で発生した。

 また、4~9月に遭難した45人中35人が県外からの登山客で、そのうち首都圏の登山客が約85%に上る。

■アプリからも提出可

 登山届の提出割合が低いのも今年の特徴だ。

 昨年(4~9月)は遭難者の45・8%が登山届を提出していたが、今年(同)は26・8%にとどまる。特に8月は17件の遭難が起きたが、提出があったのは2件だけだった。

 登山届はルートや日程、氏名、住所、緊急連絡先などを記入するもので、救助や安否確認で重要な手掛かりとなる。登山口に設置された専用ポストのほか、スマホの無料アプリ「コンパス」でも提出できる。

 県警幹部は「外出自粛が求められる中、登山をすることに後ろめたさを感じ、登山届を出しにくい心理が働くのかもしれない」と推測する。

■Go To影響か

 だが、10月の遭難は9月から11件増えて19件となり、昨年10月と並んだ。10月1日から政府の観光支援事業「Go To トラベル」に東京発着の旅行が追加されたことが背景にあるとみられる。

 甲州市の藤尾山(1606メートル)では都内の男性(71)が滑落して死亡するなど、10月は死者2人、重傷者4人となった。


 紅葉が見頃を迎えた今月、16日現在の遭難は19件で、昨年同期比で14件増加した。県警の担当者は「計画をしっかり練って自分の力量にあった山を選んでほしい」と話している。
関連記事
[ 2020年11月19日 12:06 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

<鈴鹿山系>警備隊と下山中、78歳が滑落死

警備隊と下山中、78歳が滑落死
 17日午後5時半ごろ、三重県菰野町の八風峠で、遭難した後に四日市西署の山岳警備隊とともに下山していた同県四日市市の無職佐藤一雄さん(78)が足を滑らせて滑落し、死亡した。同署は「必要な救助方法だったが、事故に至ったことは誠に残念」と話した。

 同署によると、同日午後2時40分ごろ、八風峠登山道周辺の山中で佐藤さんから「道に迷った」と110番通報があった。同5時ごろ、駆け付けた山岳警備隊員3人とともに下山を開始したが、約30分後、約20メートル下の岩場に滑落した。

 同署は、佐藤さんが登山経験が豊富で、周囲も暗くなっていなかったことから、下山できると判断した。


他の報道
遭難した78歳の男性が山岳警備隊と下山中に滑落して死亡 三重・菰野町(動画あり)

山岳警備隊と下山中の78歳男性が滑落死
・・・共同通信だがコメントが多数寄せられている。
今年は春からステイホームとコミュニケ-ションが断絶された。
感染拡大を防ぐためにはやむを得なかった。
ところが個々には体は鈍るし、対人関係から疎遠になると精神的にもおかしくなる。
佐藤さんもそんなお一人かと想像している。
あの古城山に消えた87歳の松茸採りの老人も裏庭みたいなものだった。
弟さんの話では、兄は独居であり、6月ごろからおかしかったと言っておられた。
妻は施設に入居し、茶飲み話の相手もいないから精神的にまいっていたのかと想像する。
この方も詳細は報じられないが同様に体はフレイル、精神は集中力を欠く状況かと。

亡くなられた登山者にはご冥福を祈ります。
関連記事
[ 2020年11月18日 10:16 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

日本山岳写真協会:東海支部写真展『山・自然との対話』

日本山岳写真協会は2019年に80周年を迎えた国内で最大級の山岳写真を専門とした団体です。
東京の本部と各地域に7つの支部があり、東海支部もその一つです。
本年度40周年を迎える東海支部は21名の個性溢れる支部員が在籍し、極限の撮影条件の中で、厳しくも美しい山岳風景を四季折々に撮影しております。(富士フィルムから)

創立40周年を迎えた、日本山岳写真協会東海支部。山の貴重な自然環境や厳しさ、一瞬見せる表情の美しさを逃さず捉え続けた40年の節目となる記念の作品展。所属会員が国内外を飛び回り、山と向き合って来た作品98点を展示する。日本山岳写真協会2021カレンダーを会場限定販売する。


期間   11月17日(火)〜23日(月)
     10時〜18時(金曜20時まで)

会場   愛知県美術館ギャラリーG
     TEL 052-971-5511
    (愛知県名古屋市東区桜一丁目13-2
     愛知芸術文化センター8階)
関連記事
[ 2020年11月17日 23:36 ] 山岳の各種イベント | TB(0) | CM(0)

山道から滑落か、兵庫の渓谷で86歳男性死亡 昨夏にも現場近くで女性死亡

山道から滑落か、兵庫の渓谷で86歳男性死亡 昨夏にも現場近くで女性死亡
 16日午後4時ごろ、兵庫県豊岡市日高町羽尻の阿瀬渓谷で、近くの男性(86)が山道の崖下に倒れているのを、男性を捜していた長男(54)が見つけた。男性はその場で死亡が確認された。
 県警豊岡南署によると、男性は同日朝、「山に行く」と言って出掛けたが、昼になっても戻らなかったため家族が捜していたという。山道から崖下に滑り落ちたような跡があったといい、同署は男性が滑落したとみている。

 阿瀬渓谷は「阿瀬四十八滝」とも呼ばれる滝の名所。昨年6月にも今回の現場近くで、岡山市の当時70代の女性が滑落し、死亡する事故が起きている。

<蘇武岳と妙見山に挟まれた阿瀬渓谷>
関連記事
[ 2020年11月17日 02:02 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

紅葉シーズン特に注意を 週末に山岳遭難相次ぐ 滑落した男性重体

紅葉シーズン特に注意を 週末に山岳遭難相次ぐ 滑落した男性重体
11月14日と15日は、山岳遭難が相次ぎ山梨県丹波山村の雲取山では約50メートル滑落した男性が意識不明の重体となっています。
警察によりますと14日と15日、山梨県内では6件の山岳遭難が起き、このうち4件が滑落や転倒などで2件が道迷いでした。
このうち丹波山村の雲取山では15日午後0時半頃登山クラブのメンバーと下山していた神奈川県の自営業日下聡さん63歳が倒木をくぐろうとした際、ザックが木に引っかかってバランスを崩し約150メートル滑落。
頭の骨を折るなど意識不明の重体となっています。
このほか、いずれも首都圏に住む5歳から65歳までの男女8人が遭難し2人が重傷を負いました。
警察では、紅葉シーズンのこの時期、落ち葉などで足元が滑りやすくなっているほか日没も早くなっているため登山計画をたてて安全で慎重な登山をするよう呼び掛けています。
関連記事
[ 2020年11月17日 01:55 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

奥三界岳無事下山

奥三界岳無事下山しました。

11/14(土)は仕事で出発が遅くなりました。
恵那SAで仮眠となりました。

朝起きるとSAには結構車がありました。湯を沸かしテルモスに詰めて出発。
登山口の夕森公園は紅葉が真っ盛りであった。こんなにも綺麗なのに車は2台だけ「もったいない!」と7時のチャイムを聞きながら出発した。林道歩きがある長めのコースだがリハビリにちょうどいい。
道も道標もしっかりしている。晴れていて誰にも会わず夕森山・行く手の笹の高嶺を眺めながらすすむ。
調子よく営林小屋までトコトコ上がって行った。と言うのも夕方に家族との約束があるからだ。
沢状の登山道になり登り詰めるところで一人の登山者が追い抜いて行った。山頂へとなだらかな道が始まるがぬかるみには木が置かれている。ここは大丈夫だろうと思った1歩が膝近くまで沈んで焦った。やっぱり資料にあった通りだと思った。先ほど私を抜いて頂上を踏んできた登山者に再び会ったが彼もまた膝までハマり込んだようで二人してえらく共感し合って別れた。
林道辺りの標高では晴れていたのに山頂は全く雲の中であった。(11:20山頂着)傷みかけた櫓に上がり写真だけ撮って下山開始。じきに2人の登山者にすれちがったがいずれにも「ぬかるみ注意!」の会話をした。
下ると雲から抜け出したのだろうか?夕森山や東の山並みが見えた。
下りで転まい!と注意を払っている自分に転倒・滑落も他人事ではないぞと思った。いや、最近は常にそう思う。
この日登頂したのは私を含めて4名だろうと思った。
朝は2台しかなかった駐車場は紅葉を求めて来られた観光客で満車の状態でした。
場違いの所に来てしまった感があり、杖代わりに持っていた枝もその辺りに置き去るのも気が引けてついに持ってきてしまった。
道がしっかりしていて要所では赤布も付けたがポカ~ンと歩いたまったり登山でした。
なかなか登れなかった岐阜100山でしたが行ってまいりました。
何度も言うが「今年は紅葉が綺麗!」
ありがとう御座いました。
関連記事
[ 2020年11月16日 19:23 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

古城山捜索行

 11/3の山行後に地元の集団(警察、地元民約50名)での捜索に参加、青波の林道から比較的手前の尾根を2時間ほど捜索した。11/8は自主的な捜索行でやはり青波から破線路の登山道を歩いて山頂直下の登山道に着いた。その後は曲輪群のある北西の尾根を下降して捜索した。ごみはいくつか発見して、青波の実弟に不明の兄のものか問うも違うだろうと否定された。
 本日も自主的に捜索してきました。今度ははじかみ林道の登山口から登り、メインルートに到達後は南西に歩き、伝「馬場」を経て、堀切に下る。ここからは確かに松の木が多い。期待半ばで踏み跡程度の道を歩いた。320mのコブを越える。しかし松の木が多いのは手前の鞍部までだった。ここからのルートは赤テープや道標の残骸まであったから古い登山道だったのだろう。杉坂峠はどこかは知らないが、地形的には292mの鞍部だろう。
 320mのコブからは桧の植林が優勢になる。それで青波最奥の谷へ下った。踏み跡はないので照葉樹林の灌木の藪を避けながら下る。最初は水がないが出てくると少し段差や岩場も出てきて悪くなるので右に巻いた。すると等高線が緩んで平地に見えるのは廃田だろう。登山道はないので獣道みたいな跡をたどって林道の分岐に着いた。
 林道を歩いて標高170辺りから11/8に下降した尾根の末端の踏み跡を探して登り返す。ここから370mのメインルートまで比高200mを登った。実際には少し手前で曲輪群の中を歩いた。下の方まで段々畑のように曲輪が見えた。メインルートにもっとも近づいたところで上がる。はじかみ林道への分岐はすぐだった。
 今日も何も得られなかった。獲物を追う猟師山を見ず、というように茸採り、山菜採りも自分が戻ることを想定せずに歩き回るから道迷いは必然ともいえる。それによく出る場所は親子でも言わないからどこへ行ったやらと思うばかりである。自主的な捜索行はこれで終わる。
関連記事
[ 2020年11月15日 22:43 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

男子高校生行方不明から半年 頂上から下山途中に…登山者に情報提供求める 北海道函館市恵山

男子高校生行方不明から半年 頂上から下山途中に…登山者に情報提供求める 北海道函館市恵山
 北海道函館市の恵山で男子高校生が行方不明になって半年が経過し、警察は登山者に情報提供を呼びかけました。

 函館市の高校1年生佐藤晶さん(16)は、2020年5月15日朝、姉2人と函館市の恵山に登り、下山中に行方不明となっています。

 水上孝一郎記者 : 「霧もなく見通しの良いきょうの恵山。捜索隊が手がかりを探しに山へ向かいます」

 警察は約30人態勢で捜索したほか登山口と道の駅で訪れた人にチラシを配り、情報提供を呼び掛けました。

 函館中央警察署 (0138-54-0110)では佐藤さんに関する情報提供を求めています。

当時の報道(元はリンク切れしています)
函館恵山で高校生行方不明 捜索
恵山で不明の高校生 捜索再開
行方不明高1の捜索続く 函館・恵山 道警など200人態勢で
関連記事
[ 2020年11月15日 22:32 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

下山届 伊勢山上

11月15日(日)伊勢山上行場山行、13時30分無事に終了いたしました。
8時45分飯福田寺到着。もみじの紅葉と谷川のせせらぎを五感で味わいながら、朝霜の乾くのを待ちつつゆっくり開始する。昨日今日の2連荘のS水さん。女性陣のためならとロープを担いで上がります。先行者は2組と見ましたが、我々の行く手には誰もいず、手足の置場を確かめながら上がりました。昨年の忘年山行より少しだけ進歩。抱付岩、小尻返しをクリヤー。但し、S田は所々で安全ロープで確保されてですが。岩のてっぺんで寝そべるS水さんは奥山で励む修行僧の夢でも見たでしょうか?11時20分。観光客の声が聞こえてきました。12時頃に一度寺に下り、昼食を済ませてから「裏行場」へ。2度目の汗をかいて修行は終了。S水さんは行場、行場の仏像に心を込めて無事をお祈りしていましたね。?  メンバー:S水、K、E、S田(4人) Mさん体調不良。
関連記事
[ 2020年11月15日 21:39 ] 三重県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 高峰山

高峰山、下山しました。高峰山の西側の古川に入る林道を歩き、後は谷を稜線まで登って高峰山に登りました。F
関連記事
[ 2020年11月15日 21:32 ] 三重県の山 | TB(0) | CM(0)

下山届 麦草岳

2 日時 11月13日(金)

3 山名   麦草岳
  登山口  木曽駒高原より往復(福島Bコース)
  行動予定  11月13日(金)  7:00木曽駒高原登山口→11:00七合目避難小屋→11:50麦草岳 山頂
                     12:30 山頂出発→13:00七合目避難小屋→15:40木曽駒高原登山口
  (登山道の状況によっては、途中で引き返すこともあり。また、12時30分時点で山頂に到着できなかったときは、その場から下山を開始します。)
***********************************************
 麦草岳より下山しました。林道から登山道に入るところにある渡渉点は、最近雨が降っていないおかげで、登山靴のまま渡れました。以前雨天の翌日に登った方は、水量が多く「登山靴を脱いで、素足で渡った」そうです。駐車場から山頂までの所要時間は3時間半ほどでした。ただ、最後の麦草岳への登りは、空腹も手伝ってヘロヘロでした。登山道は、登山口から七合目小屋までは、しっかりしていました。小屋から麦草岳山頂までは、通る人か少ないようで、周りの植物がかぶさってきていました。頂上付近のみ、うっすらと雪がありました。視界は良好で、御岳,乗鞍、穂高,木曽駒,宝剣などよく見えていました。

関連記事
[ 2020年11月13日 21:58 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)

山岳遭難か…静岡の54歳男性が1カ月前から行方不明 八ヶ岳登山口で車を発見 上空から捜索も見つからず

山岳遭難か…静岡の54歳男性が1カ月前から行方不明 八ヶ岳登山口で車を発見 上空から捜索も見つからず
先月上旬から行方不明となっている静岡県の54歳の男性の車が、長野県小海町の八ヶ岳連峰の登山口で見つかり、長野県警は、山岳遭難の可能性が高いとして、あす11日早朝から捜索を行う方針です。

行方不明となっているのは、静岡県伊豆市の高橋正孝さん54歳です。

長野県警によりますと、高橋さんは先月5日、家族に「八ヶ岳連峰の蓼科山に登る」と言って外出。その日は茅野市の宿泊施設に宿泊し、翌6日には家族に「もう1泊する」と電話をしていましたが、その後、連絡が取れなくなり、先月10日に家族から行方不明届が出されていました。

警察は、茅野市側の登山口などを捜索したものの、手がかりが見つからず、行方不明事案として調べていましたが、きょう10日、反対側の小海町の登山口で高橋さんの車を発見。山岳遭難の可能性が高いとして、県警ヘリで上空から捜索しましたが、発見には至りませんでした。

警察は、あす11日も早朝から捜索を行う方針です。
関連記事
[ 2020年11月11日 09:07 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

西ノ島で80代男性遭難か(11/10発見)

西ノ島で80代男性遭難か
8日、西ノ島町の焼火山をツアーで訪れた80代の男性の行方が分からなくなり、警察は遭難した可能性があるとみて捜索することにしています。

行方が分からなくなっているのは大阪・豊中市に住む83歳の男性です。
警察によりますと、男性は、今月5日から、隠岐諸島の観光地をまわるツアーに参加していて、8日は午後1時ごろから、西ノ島町の焼火山にある焼火神社に、ほかのツアー客や添乗員合わせて13人で向かったということです。
下山後に男性の姿がないことに気がついたツアー関係者が警察に通報し、男性を探しましたが、発見することはできませんでした。
焼火山は標高452メートルの山で、神社に向かう道も整備されていますが、途中にわき道もあるということです。
警察は男性が遭難したとみて、9日朝から警察と地元の消防団、およそ50人体制で捜索することにしています。



続報
焼火山で遭難83歳男性無事発見
西ノ島町の焼火山にツアーで訪れ、8日から行方がわからなくなった80代の男性が、10日、無事に発見されました。
警察によりますと、男性は、右足を打撲しているもののけがの程度は軽いということです。

2日ぶりに無事発見されたのは、大阪・豊中市に住む83歳の男性です。
警察によりますと、男性は今月5日から、隠岐諸島の観光地をまわるツアーに参加していて、8日の午後西ノ島町の焼火山にある焼火神社に10人余りで向かっていましたが、下山後に男性の姿がないことに気がついたツアー関係者が通報していました。
警察と地元の消防団は男性が遭難したとみて、9日に続き捜索にあたっていたところ、10日午後3時すぎ、焼火神社から北西におよそ500メートル離れた山中に、男性が座っているのを見つけたということです。
男性は、警察官に「ひとりで道に迷っていました」と話していたということです。
男性は、右足を打撲しているもののけがの程度は軽く、意識ははっきりとしていて、病院で手当てを受けているということです。
関連記事
[ 2020年11月10日 16:00 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

落葉期は登山道上の落葉での滑落に気を付けよう。

落ち葉による車のスリップに要注意!落ち葉は凍結路と同じくらい滑りやすい!?

車輪が落ち葉で空転、列車が上り坂走行できず11キロ逆走

 黄葉、紅葉シーズンは低山では今しばらく続きます。寒くなると紅葉且つ落葉の季節になり、地面に堆積してゆきます。乾燥しているとカサコソとしますが、濡れると滑りやすく厄介です。登山道の濡れた落葉の上の歩行には滑落の恐れがあるので注意したい。
 記事は車について書いてありますが登山者にも同じことです。
 特に記事中
原因は濡れた落ち葉から染み出る油分
落ち葉によるスリップが起こるのは、葉に含まれる油分が原因です。多くの植物の葉には、乾燥から植物を守るために油分を含む「クチクラ層」という層があります。落ち葉になって水に濡れるとクチクラ層が分解され、葉から多くの油分が浮き出てしまうのです。
クチクラ層 
つまり、落ち葉が濡れることで油分が出てしまい、雪道と同じくらい路面が滑りやすくなるということです。」
の個所。

過去の記録
鈴鹿・釈迦ヶ岳で行方不明?④・・・この時も落葉で埋まる谷筋にロープを張って下ったのですが滑りやすかった。照葉樹は脂分が多く、落葉期の5月以降は注意がいる。広葉樹の落葉も同じく油分があるらしいので滑落には十分な注意がいる。

 あちこちの山で滑落で遭難したニュースが流れてきます。四国の西黒森で滑落死した主婦も多分ですが、落ち葉の上を不用意に歩いてしまい滑落したと想像しています。滑落は一年を通じて多い原因ですが、落ち葉の上とか、までは詳細に報道されませんので一登山者として留意しておきたい。
関連記事

奥美濃・上谷山下山届

11月8日(日)徳山ダム湖・上谷山(1082.9m)14時30分に徳山会館に無事下山いたしました。
 上小田井(6:45)から大野神戸ICを通って徳山会館についたのは(8:15)。未明の雨の影響で道中は靄がかかり幻想的な景色が次から次へと現れ感動。紅葉もちょうどでした。400mからのぼります。地図であらわされた等高線から考えてそれほど大変ではないとふみました。実際、踏み跡や赤布はしっかりついていて道迷いはありませんでしたが、足元から覗く山肌や谷は急峻で気が抜けませんでした。雨上がり後ですから根や土は滑ります。ましてやそれらは落ち葉で覆われ集中力がいりました。標高差700m。オレンジ色のブナの葉や赤、黄、緑のモミジの葉に目を奪われつつ、キノコを探します。見つけたのはクリタケでした。帰宅してから鑑定してもらいましたが今回は食せず。次回まで待ちます。さて、目的は登頂。曇気味の怪しい天気でも降られずに到達。北には能郷白山。南には蕎麦粒山、五蛇池、小津権現がぼんやり見えました。今日も満足。無事に帰宅できすべてに感謝です。(T、K、E、S)
関連記事
[ 2020年11月09日 21:03 ] 岐阜県の山 | TB(0) | CM(0)

南アルプス深南部・丸盆岳下山

丸盆岳下山しました。丸盆岳は黒法師岳の隣の山で、水窪ダムから戸中川を登って行く林道のゲートから林道を歩いて等高尾根を登って行くルートで往復しました。今日はゲートの手前にバリケードあり、そこから歩きました。林道と等高尾根は紅葉がきれいでした。丸盆岳の頂上にはハイマツがあり、日本の最南端のハイマツとも言われているそうですが、確かに数本ありました。昼少し前から雨になりましたが、丸盆岳頂上からはたくさんの山々が見え、素晴らしい眺めを味わうことができました。素晴らしい山でした。
F 他1名
関連記事
[ 2020年11月09日 20:58 ] 静岡県の山 | TB(0) | CM(0)

高知との県境で遭難の高齢女性 遺体で発見 登山道から滑落か【愛媛】

高知との県境で遭難の高齢女性 遺体で発見 登山道から滑落か【愛媛】
今月5日午後から愛媛と高知との県境にまたがる西黒森付近で遭難し、行方不明になっていた広島県の高齢女性が、9日昼過ぎに遺体で発見されました。

遺体で発見されたのは広島県神石高原町の農業・児玉美由紀さん(67)です。

警察によりますと児玉さんは今月5日午後2時頃、愛媛と高知の県境の西黒森を1人で登山。瓶ヶ森登山口で夫と待ち合わせをしていたものの予定時間を過ぎても下山せず、行方不明になっていました。

夫からの通報を受けた警察と消防は5日夜から捜索を続け、9日午後0時30分ごろ西黒森山頂の北西約300メートルの岩肌の斜面で、倒れている児玉さんを発見。その後死亡が確認されました。

児玉さんは西黒森から瓶ヶ森に向かう途中に登山道から滑落したとみられます。

・・・等高線の詰まった辺りでしょうか。お悔やみ申し上げます。
関連記事
[ 2020年11月09日 20:51 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

広島県の67歳女性が遭難か 愛媛・高知の県境 西黒森

広島県の67歳女性が遭難か 愛媛・高知の県境 西黒森
5日午後、愛媛県と高知県の県境にまたがる西黒森付近で登山していた広島県の女性が遭難し、現在も捜索が続いています。

遭難しているのは、神石高原町の農業・児玉美由紀さん(67)です。

警察によりますと、児玉さんは5日午後2時頃愛媛県と高知県の県境にある西黒森・神鳴池登山口から1人で登山を開始し、瓶ヶ森登山口で夫と待ち合わせしていましたが、予定から2時間を過ぎても到着しなかったため、午後6時半頃に夫が警察に通報しました。

5日夜に警察と消防が2時間に渡り捜索しましたが発見できず、6日も午前9時頃から再び捜索しています。児玉さんの携帯電話は電波が届かない状態で、連絡は取れていないということです。

参考記録ーヤマレコ
瓶ヶ森、西黒森の地図を見ると、特にまよいそうなところはない。躓いて骨折して動けないとか、山中でのトラブルでしょうか。早く見つかるといいですね。出発時間が午後2時というのも問題はある。
続報で、遺体で発見されました。別のページでアップしました。
関連記事
[ 2020年11月06日 12:46 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

山行試歩第二弾

本日(11/5木曜日)午後、中房温泉登山口から合戦尾根を第一ベンチまでピストンして参ります。予定を一日早めました。標高差200mですが、急坂が続きます。気を付けて行って参ります(M)。
***************************************************
第一ベンチから中房温泉登山口に14:10無事下山しました。登り12:30発、第一ベンチに16:20着、不思議にほぼコースタイム通りでした。途中から早くも笹の下に雪、でも、登山道は大丈夫でした。下山途中の登山者に聞いたところ、合戦小屋までは大丈夫だそうです。これから有明荘の露天風呂にゆっくり浸かりたいと思います(M)。
関連記事
[ 2020年11月05日 21:08 ] 長野県の山 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR