fc2ブログ

東海白樺山岳会ブログ

愛知県名古屋市にある山岳会です。仲間を募って山に登る会の運営、会員の登山記録、行事等の活動を発信しています。

冬の大山の絶景をSNSで発信 冬山の魅力と危険への備え(鳥取・大山)

冬の大山の絶景をSNSで発信 冬山の魅力と危険への備え(鳥取・大山)
冬の大山でプロのガイドを務める登山家が山頂の絶景をSNSで発信しています。登った人にしか分からない雪山の魅力とあわせ動画には危険を知らせるものも。
積雪は172センチ今朝の大山です。重装備の登山客が山頂を目指します。厳しい真冬の登山。雪に脚を取られ、目まぐるしく変わる天気、登山客が目指す頂きそこには純白の深雪と青空、まさに絶景です。撮影したのは大山プロガイド協会の登山家、山陰在住の約10人が加盟しこの勝部さんは2日に一度登山するといいます。絶景以外の大きな目的も。
勝部利休さん:
「ここは危険ですよと。そういうところは撮るようにしている。一番大事なのは道迷い。ホワイトアウトで帰れなくなることを防ぎたい」
視界がまったくなくなるいわゆるホワイトアウトです。方向感覚が無くなり遭難の危険をともないます。協会はSNSなどを通じ絶景とあわせてこうした危険な状況も発信し登山客へ、注意を促したいとしています。危険への備えを充分に行い登る冬の大山。
そこに待つここでしか見ることができない景色。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2022年01月22日 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

去年の山岳遭難 件数、人数ともに2倍以上に増加

去年の山岳遭難 件数、人数ともに2倍以上に増加
去年、県内で発生した山岳遭難は72件で遭難した人の数は87人と、おととしと比べて、件数と人数のいずれも2倍以上に増加していて、警察は、登山の際には万全な装備を準備し、無理のない計画を立てるよう呼びかけています。

県警察本部によりますと、去年1年間に県内で発生した山岳遭難は72件でおととしより38件増え、遭難した人の数は87人と、おととしより50人増加し、件数と人数のいずれも2倍以上に増えました。
このうち5人が死亡し1人が行方不明となっていて、34人がけがをしました。
発生地別では、富士山での遭難が22件と、全体のおよそ3割にのぼり、年齢別では、50代から60代が40%、70代から80代が22%と、50歳以上の登山者が全体の6割以上を占めているということです。
山岳遭難が増加した理由について、警察は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けておととし閉山された富士山が去年、2年ぶりに開山したことなどが影響したとしています。
県警察本部は「登山の際には天候や体調管理に留意し、万全な装備を準備するなど、無理のない計画を立てて安全に登山してほしい」と呼びかけています。
関連記事
[ 2022年01月22日 19:32 ] 山岳遭難 | TB(0) | CM(0)

雪山遭難者の捜索、難航していたが…雑種犬フクスケと飼い主が1時間でスピード解決

雪山遭難者の捜索、難航していたが…雑種犬フクスケと飼い主が1時間でスピード解決
 大津市の比良山系「武奈ヶ岳(ぶながたけ)(1214メートル)」で雪山遭難者を発見したとして、市消防局と大津北署は20日、近くに住む上田哲郎さん(63)と雑種犬フクスケ(雄、2歳)に感謝状を贈った。捜索に参加後、1時間で見つけたスピード解決で、消防局は「協力のおかげで救助できた」とお手柄をたたえた。(林華代)
 遭難者は大阪府内の男性(69)。昨年12月23日、日帰りで登山に出かけたが夜になっても戻らず、午後7時頃、家族が警察に届け出た。携帯電話はつながらず、翌24日早朝から消防と警察が約30人態勢で捜索したが、昼を過ぎても見つからなかった。

 上田さんとフクスケは日頃から山を散歩し、登山道を外れた未整備の道にも詳しい。フクスケはイノシシやシカがいても、ひるまず追いかけるという。

 捜索が難航していることを知った上田さんは、ボランティアとして午後2時頃からフクスケと一緒に捜し始めた。迷い込みそうな場所を中心に呼びかけながら歩いていると、午後3時頃、呼応する笛の音が鳴った。音の方向に少し行くと、山の中腹で、滑落してうずくまる男性を発見した。

 その直後、捜索隊が山中にたたずむフクスケに気付いた。近づくと、フクスケは何度も捜索隊の方を振り返りながら先導。後を追っていくと、100メートルほど先にいた上田さんと遭難した男性のところへ行き着いたという。

 男性は顔に軽傷を負い、自力で歩けないほど衰弱していた。全地球測位システム(GPS)のアプリで登山ルートの入力を誤っていたという。現場近くでは24日朝、気温が1・7度まで低下。発見場所の周辺では積雪が50センチに達した場所もあり、消防局の担当者は「発見が遅れれば命が危なかった」と話す。

 この日、北消防署で表彰された上田さんは「フクちゃんと一緒に命を助けられて良かった」と愛犬の頭をなでた。

 県警の調べでは、昨年の県内の山岳遭難は83件。特に雪山は、道に迷い、滑落する危険性が高く、県警の担当者は「単独での入山は危ない。登山届を出すことも徹底してほしい」と呼びかけている。

関連記事
[ 2022年01月22日 13:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

寒さ厳しい今冬シーズン 雪山レジャーは例年以上の困難も いつも以上に注意して

寒さ厳しい今冬シーズン 雪山レジャーは例年以上の困難も いつも以上に注意して

この冬の前半は冬型の気圧配置となった日が多く、日本海側を中心に平年よりも雪の量が多くなりました。後半も東日本・北日本では寒気の影響を受けやすい見通しです。普段は雪の少ない山岳で多くの雪が蓄積されているなど例年以上の困難が想定されるため、雪山のレジャーではより慎重な判断が求められます。

この冬はラニーニャ現象で厳しい寒さ 冬の終わりまで続く可能性高い

今冬はシーズンが始まる前からラニーニャ現象の影響を受け、日本付近は寒気の影響を受けやすいと予想されていました。1月11日発表の気象庁のエルニーニョ監視速報によると、ラニーニャ現象はまだ続いていて、冬の終わりまで続く可能性が高いとみられます。さらに12月後半から1月のはじめにかけては北極圏から寒気が盛んに放出される時期がありました。こうした地球規模の仕組みが働いたことも手伝って、今シーズンは寒さの厳しい冬になっているようです。1月20日発表の気象庁1か月予報の実況のグラフ(上図)を見比べてみると、北日本から西日本の広い地域で平年に比べて気温が低い期間があったことがわかります。

西日本を中心に多雪傾向 雪山ではより慎重な判断が必要

とくにグラフが平年を大きく下回っている年末年始の期間には一気に積雪が増えたところがあり、盛んに報道されていました。実際にはどうだったのか、1月20日時点で今シーズンの累積降雪量を見てみると、北海道太平洋側や甲信地方で雪が少ないものの、やはり今年は雪が多くなっている地点が多いようです。

注意してほしいのはこの図は降雪量の合計であって、積もっている雪の量ではないことです。顕著な寒気が抜ければ気温が上がって雪が解けやすい低標高地域では降った雪の量ほど積雪は残っていません。ところが、昇温しにくい山岳地帯では累積降雪量にある程度相関する形で雪が蓄えられている可能性があります。また、平年よりも気温が低いため、例年なら雨で降る機会が一定程度あり積雪が増えにくい山麓地域でも、雨で降る機会が減ったため積雪が多くなっている箇所があるかもしれません。こうした地域は西日本に多いでしょう。つまり、普段は雪の少ない山岳で多くの雪が蓄積されているなど例年以上の困難が想定されるため、雪山のレジャーではより慎重な判断が求められます。

冬後半 考えられるリスクは

先に紹介した1か月予報では、北日本を中心に引き続き寒気の影響を受けやすい一方で、西日本では寒さが緩むと予想されています。北日本や東日本の山岳ではこれまでに貯蓄された雪に加えて、しばらくの間は雪の量が増えていくことが予想されます。例年なら雪をかきわける必要のないルートでも、雪をかきわけながら進む必要が生じて想定以上に時間かかる場合がありそうです。また、登山道にアプローチする林道から深い雪が積もっていて除雪が追い付いていないといったトラブルは十分に考えられます。雪庇が例年以上に発達していて、漫然と歩いていたら踏み抜いてしまうリスクもあります。ネット上には積雪期を含めて過去の登山記録が多く公開されていますが、今シーズンは少なくとも雪の多い年だということを想定して慎重な行動をとるようにしてください。登山のリスクマネジメントでは、しばしば撤退できるかどうかの判断が重要とされますが、そもそも入山できる状況であるか判断も必要です。

また、西日本では徐々に寒さが緩み、雪崩のリスクが増加します。多くの雪が蓄積されていることから、これまであまり雪崩が発生してこなかった斜面で、規模のやや大きな雪崩が発生するかもしれません。実際に伊吹山の6合目で雪崩が発生し、登山者数人が巻き込まれる事故が発生しています。伊吹山の南斜面は雪崩が発生してもおかしくない地形ですが、ここ数年は雪が少なかったこともあって安全だと認識していた登山者が多かったのではないかと思います。同じようなリスクが、他の山岳にも考えられますので、この先も雪山に入山する際は例年よりも一層注意を心がけるようにしてください。
関連記事

仙台 泉ヶ岳で高齢男性が遭難か

仙台 泉ヶ岳で高齢男性が遭難か
20日に泉ヶ岳に出かけたとみられる高齢の男性の行方が分からなくなっていて、警察は男性が遭難したとみて、21日朝から捜索しています。
 行方が分からなくなっているのは、仙台市宮城野区に住む無職の80代男性です。警察によりますと、男性は、20日午前8時頃に行き先を告げずに1人で軽乗用車に乗って外出しましたが、夜になっても帰宅しないことから妻が警察に通報しました。警察が、午後9時ごろに泉ヶ岳の周辺を捜索したところ、男性の軽乗用車が、泉ヶ岳スキー場の駐車場で発見されました。男性は、緑色のダウンベストを身に着け水色のリュックサックを持っていたということです。また、携帯電話は持っていなかったということです。警察は、男性が遭難したとみて、21日午前7時から約40人態勢で捜索を行っていますが、まだ発見には至っていません。

過去の事故
拡散 【仙台・泉ヶ岳で行方不明の父を探しています】
泉ヶ岳で遭難多発 「3密」回避した軽装者の増加が一因か
関連記事
[ 2022年01月21日 14:18 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

登山口への道で女性が3m滑落し頭にケガ ツアーで鷲頭山へ 静岡・沼津市

登山口への道で女性が3m滑落し頭にケガ ツアーで鷲頭山へ 静岡・沼津市
静岡県沼津市にある鷲頭山を登山するツアーに参加していた女性が、18日午前遊歩道で足を踏み外し滑落しました。

女性は頭にケガをしましたが軽傷です。

18日午前11時半頃「3mほど滑落した。意識はあるが頭にケガをしている」と一緒に登っていた人から消防に通報がありました。

消防によると滑落したのは沼津市多比の鷲頭山(標高約390m)を登山するツアーに参加していた、埼玉県から来た61歳の女性で、鷲頭山へ向かう遊歩道で足を踏み外し約3m滑落しました。

女性は自力で遊歩道まで這い上がり、滑落から約1時間50分後に駆け付けた消防によって救助されました。

女性は意識があり歩行もできていましたが、頭に打撲や出血を伴うケガをしたため病院で手当てを受け、軽傷とみられています。

ツアーには11人が参加していて、バス停から鷲頭山の登山口に向かう遊歩道を歩いていた際に滑落しました。
関連記事
[ 2022年01月18日 21:35 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

続報 天候悪化で動けず…八ヶ岳の天狗岳で高齢男女3人が遭難・71歳女性が死亡

天候悪化で動けず…八ヶ岳の天狗岳で高齢男女3人が遭難・71歳女性が死亡
八ヶ岳連峰の天狗岳で高齢の男女3人が遭難し、71歳の女性が死亡しました。
死亡したのは、佐賀市から八ヶ岳の天狗岳に登山に訪れていた今泉己希子さん71歳で、午後0時半過ぎに救助隊によって登山口まで運ばれ、警察車両に移されました。
今泉さんは、おとといから、同じく佐賀市の71歳と84歳の男性と3人パーティーで入山しましたが、きのう、山頂から下山中に悪天候のため動けなくなり、昨夜7時半過ぎ、消防に救助を要請。
けさ早くから警察や地元の遭対協が捜索し、午前8時ごろ、山頂近くの稜線上で3人を発見しました。
警察によりますと、発見されたときには今泉さんはすでに意識がなく、下山後、死亡が確認されました。
一方、71歳と84歳の男性は救助隊に付き添われて午後3時過ぎに下山。
体力を消耗しているものの命に別状はありません。
県内では今月に入って8件の山岳遭難が発生していて、県警山岳安全対策課は「冬山は特にリスクが高く、判断ミスが命に関わる、天候や体力を見極めながら無理のない行動をしてほしい」と注意を呼びかけています。

長野・天狗岳で遭難の男女3人発見 70代女性1人が意識不明
 長野県警は18日、同県の八ケ岳連峰・天狗岳(2646メートル)で17日夜に遭難した高齢の男女3人を発見したと明らかにした。

 県警茅野署によると、3人は70代の男女と80代の男性。男性2人は意識があるが、女性は意識がない状態だという。

 17日午後7時半ごろ、「悪天候で行動できない」と諏訪広域消防本部に救助要請があり、同署は18日朝、救助隊16人を出して捜索。午前8時ごろ、山頂付近で3人を発見したという。

 3人は16日に入山し、17日は山小屋に宿泊予定だった。近くの山小屋「黒百合ヒュッテ」によると、17日夜は吹雪だったという。【武田博仁】


既報
長野 天狗岳 登山の高齢男女3人と連絡取れず 警察などが捜索
17日夜、長野県の八ヶ岳連峰の天狗岳の山頂付近で、高齢の男女3人のパーティーから身動きがとれなくなったと消防に通報がありました。
3人とはその後、連絡がとれなくなっていて、警察などは18日朝から捜索を行っています。

17日午後7時半すぎ、長野県の八ヶ岳連峰の標高およそ2600メートルの天狗岳の山頂付近で、70代から80代の男性2人、女性1人の合わせて3人のパーティーから「暗くなり天候も悪く、身動きがとれなくなった」と消防に通報がありました。

警察と消防によりますと、3人はけがや体調不良はないものの、テントなどを持っていないと話していたということで、17日午後8時すぎに電話で連絡を取ったのを最後に、連絡が取れなくなっているということです。

3人は16日に入山し、17日は山小屋に宿泊する計画でした。

17日、山頂付近では雪が降っていたということです。

警察などは18日午前5時ごろから3人の捜索を開始しました。

山岳救助隊など合わせて16人が山に入り、捜索を行うことにしています。
関連記事
[ 2022年01月18日 21:32 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

続報 富良野スキー場 3人が行方不明となっていたが、18日午前に発見され、救助

続報
北海道・長野で遭難相次ぐ 日本海側中心に大雪
冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に大雪となっている。

この雪の影響で、各地で遭難が相次ぎ、3人が行方不明となっていたが、18日午前に発見され、救助されたという。

北海道・富良野市のスキー場で17日、「バックカントリー」と呼ばれる、コースの外でスノーボードをしていた30代から40代の男性3人が行方不明となったが、18日午前、発見され、救助された。

富良野市では、17日正午の積雪が94cmと、平年のおよそ2倍となっていた。

また、長野県の八ヶ岳連峰では17日、70代と80代の男女3人から「天候も悪く、身動きが取れなくなった」と消防に通報があった。

警察などが朝から捜索を行い、3人を発見したが、70代の女性が意識不明の状態だという。

18日朝は、東北や新潟、長野の山沿いを中心に雪が強まり、新潟・妙高市では、24時間で71cmの雪が降った。

東海や近畿でも雪が降り、午前11時の積雪は、岐阜・高山市で43cm、滋賀・米原市で38cmなどとなっている。

日本海側を中心とした大雪は、18日夜にかけても続き、19日朝までに予想される降雪量は、多いところで、新潟県や長野県で50cmなどとなっている。

交通機関の乱れや車の立ち往生などに、十分な注意が必要。

既報
北海道 富良野 スキー場で行方不明の男性3人 警察など捜索再開
北海道富良野市で17日、スキー場のコース外にあたる「バックカントリー」と呼ばれるエリアに入ったあと行方が分からなくなっている道内の男性3人について、18日午前7時過ぎから警察などが捜索を再開しました。

富良野市では17日、市内にある「富良野スキー場 富良野ZONE」の頂上付近からコース外の「バックカントリー」に入ってスノーボードをしていたとみられる、道内に住む30代から40代の男性4人のうち3人の行方が分からなくなりました。

3人の捜索は18日午前7時すぎから再開され、警察などから合わせて14人が参加する予定だということです。

警察によりますと、行方が分からなくなっている3人の携帯電話はつながらず、現在も連絡が取れない状態が続いているということです。
関連記事
[ 2022年01月18日 10:37 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

雄阿寒岳で遭難の男性、無事発見 北海道釧路市

雄阿寒岳で遭難の男性、無事発見 北海道釧路市
10日午前、釧路市の雄阿寒岳に1人で入り、行方不明になっていた札幌市の30代の男性が11日朝、発見されました。

 行方不明になっていたのは、札幌市に住む30代の男性です。
 男性は10日午前7時ごろ、釧路市阿寒町の雄阿寒岳に日帰りの登山の予定で1人で入りましたが、夜になっても家に帰ってこないため、同居する母親が警察に通報しました。
 警察が男性に電話したところ「5合目付近で道に迷った」などと話したため、10日夜から捜索を開始し、11日午前5時すぎに男性を無事、発見しました。
 男性は宿泊用のテントなどを持っていませんでしたが、発見された際には捜索隊と会話ができる状態で、大きなけがもないということです。
関連記事
[ 2022年01月11日 18:09 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

ゲレンデ外でスキーか 転倒し骨折の男性救助 岐阜・郡上市

ゲレンデ外でスキーか 転倒し骨折の男性救助 岐阜・郡上市
10日午前11時45分ごろ、岐阜県郡上市高鷲町西洞の大日ケ岳(1709メートル)の山頂付近で、大阪市の男性会社員(35)がスキー中に転倒し、左脚を骨折する重傷を負った。県防災ヘリで救助され、一緒に来ていた友人2人は自力で下山した。

 郡上署によると、現場は高鷲スノーパークのゲレンデから約1キロ離れており、男性らは規定のコースを自ら外れて山頂付近まで登り、天然の斜面を滑っていたとみられる。滑走を始めた直後に転倒し、身動きが取れなくなったという。
関連記事
[ 2022年01月11日 06:17 ] 傷病、熊、噴火等 | TB(0) | CM(0)

閉山中の富士山で男性滑落 足骨折し救助要請「これ以上歩くことできない」

閉山中の富士山で男性滑落 足骨折し救助要請「これ以上歩くことできない」
閉山中の富士山で三重県に住む30代の男性が滑落し、警察と消防に救助されました。男性は右足を骨折する重傷です。

10日午後0時50分頃、早朝から1人で登山をしていた三重県に住む男性(33)から「頂上から10分~15分ほど下ったところで滑落した。右足を負傷してこれ以上歩くことができない。救助してもらいたい」と消防に通報がありました。

捜索に向かった県警の山岳遭難救助隊が標高3600mの御殿場口登山道9合目付近で男性を見つけペリコプターで救助、病院に搬送しました。

消防によりますと男性は休憩中に足を滑らせ、10mほど滑落。登山道のポールに接触し右足のすねを骨折する重傷だということです。

富士山は閉山中で警察は「大変危険なので登山はしないでほしい」と呼びかけています。
関連記事
[ 2022年01月10日 22:48 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

下山届 笙が岳

2022年1月 「笙ヶ岳 」山行計画書  2022.1、6  担当:S
  1  山行日 2022年1月9日(日)
  2  山域・山名 養老・笙ヶ岳908.3m                               
  3  地形図 1/25000    養老、霊仙山                      
  4  集合場所 上小田井駅西側広場 7時                       
  5  交通手段 マイカ―            
  6  コース  上小田井7:00→養老IC→養老の滝駐車場Ⓢ250m8:00/8:20…⑨330m9:00…⑧510m林道出合9:50…⑦600m林道分岐10:10…⑥林道終点620m10:20…⑤720m鞍部10:50…④鞍部…③680m谷11:20…②850m12;00…①笙ヶ岳908.3m12:20/12:40…②…③谷13:20…④…⑤13:45…尾根…⑥林道620m…⑦14:15…⑧…⑨15:00…Ⓢ15:30/16:00→養老IC→上小田井17:00
      5,4,3,2,1の ルートは雪の状態を見て登山路に変更するかもしれません。   
 歩行時間 7時間  
メンバー:T、K、I、MO、MI、E、S
*****************************************************************
笙ヶ岳(モミジ峠まで)を2時30分に下山しました。積雪50㎝以上の雪で、例年の3倍だそうです。150mの駐車場から9時出発。
登りはなるべく尾根をと考えましたが630mまでで、そのあとは林道を使って馬酔木平750mへ。12時。そして50m下ったモミジ峠
で昼食。今日は雪山登山初めということで戻ることにしました。登山客はパラパラいて、養老の滝には子供連れの観光客が結構
いましたね。

※みもじ峠は笙ヶ岳の東の752mの右下の鞍部
関連記事
[ 2022年01月10日 18:24 ] 雪山 | TB(0) | CM(0)

避難小屋の男性救助 日光

避難小屋の男性救助 日光
 日光市中宮祠の五色沼避難小屋で6日、動けなくなった日光市、会社員男性(60)は8日午後0時35分ごろ、日光署と消防の捜索隊に発見され、救助された。男性は意識はあり、足の凍傷などのけがをし、病院に搬送された。

 同署によると、6日午前11時50分ごろ、男性は小屋に立ち寄った登山者に発見された。7日同署員や消防署員による捜索隊が救助に向かっていた。
関連記事
[ 2022年01月09日 18:01 ] 傷病、熊、噴火等 | TB(0) | CM(0)

下山届 寧比曽岳 

日時 1月8日(土)
山名  寧比曽岳 
登山口 金蔵連峠
行動予定 金蔵連峠より寧比曽岳を往復します。登り2時間半程度を見込んでいます。9時ぐらいに登り始める予定です。
**************************************************************
寧比曽岳から下山しました。天候に恵まれ、快適な登山でした。積雪は10~20cm程度で多くはありませんでしたが、それでも雪上を歩く楽しさを味わうことが出来ました。頂上は周りの木がしっかり伐採されており、西は伊吹山から白山、北は御岳、乗鞍、穂高、恵那山等が見えていました。双眼鏡を持ってきている人が、「槍ヶ岳の穂先が確認できる」と言っていました。
関連記事
[ 2022年01月08日 23:50 ] 雪山 | TB(0) | CM(0)

続報 中央アルプス宝剣岳で行方不明 捜索4日目…県警ヘリが避難小屋近くで手を振る男性を発見 

続報
中央アルプス宝剣岳で行方不明 捜索4日目…県警ヘリが避難小屋近くで手を振る男性を発見 
長野県の中央アルプス宝剣岳を単独登山していて、今月4日から行方不明になっていた都内の40代男性が捜索4日目のきょう8日、発見、救助されました。

救助されたのは、東京都港区の47歳の男性です。警察によりますと、男性は今月3日に1泊2日の予定で千畳敷から入山し、4日に下山してふもとのバス停で知人と落ち合う予定でしたが、予定時間の午後3時を過ぎても現れませんでした。

男性は3日に一人で宝剣山荘に宿泊し、4日午前8時前に山荘を出発したことは確認されていますが、その後、連絡がつかず、警察や山岳遭難防止対策協会救助隊が行方を捜していました。

捜索から4日目のきょう8日、足跡を見つけ、上空から県警ヘリで探したところ、宮田村伊勢滝にある避難小屋の近くで手を振っている男性を発見しました。男性はその後、松本市内の病院に搬送され、治療を受けているということです。

男性は避難小屋にとどまっていたとみられ、警察は治療後に男性から詳しい事情を聞くとしています。


既報
中央アルプスで男性が行方不明 単独で入山 待ち合わせ場所に現れず知人が通報 4日は吹雪で捜索できず
長野県の中央アルプス宝剣岳で、単独登山をしていた男性が行方不明となっていて、警察が5日から捜索を行う予定です。

行方がわからなくなっているのは、東京都港区の47歳の男性です。

警察によりますと、男性は3日に1泊2日の予定で千畳敷から入山し、4日に下山してふもとのバス停で知人と落ち合う予定でしたが、予定時間の午後3時を過ぎても現れなかったということです。

男性は3日に一人で宝剣山荘に宿泊し、4日午前8時前に山荘を出発したことは確認されていますが、その後は連絡がつかず、足取りはわかっていません。

男性は身長175センチくらいの中肉で、灰色のリュックサックを背負っているということです。

警察によりますと、4日午後の宝剣岳周辺は吹雪のような状況で、天候の状況をみながら5日以降に捜索を行う予定です。




伊勢滝避難小屋の様子が分かるブログ
2020年8月28日 黒川渓谷から木曽駒目指し

関連記事
[ 2022年01月08日 20:54 ] 行方不明(道迷い) | TB(0) | CM(0)

冬山登山で滑落 60歳男性が救助されるも死亡

冬山登山で滑落 60歳男性が救助されるも死亡
北海道・広尾警察署によりますと、広尾町の野塚岳で8日午前9時半ごろ岩見沢市の豊蔵悟さん(60)が登山中に100mほど下に滑落したと一緒に登山していた仲間から通報がありました。

豊蔵さんは約4時間後に北海道警察のヘリコプターにより救助されましたが意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認されました。

豊蔵さんは仲間2人と一緒に山に入っていて、事故当時、現場は天候不良で風の強い状態だったということです。

関連記事
[ 2022年01月08日 20:48 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

「両足がつって歩けない」 登山中に119番、女性を救助 指宿市・開聞岳

「両足がつって歩けない」 登山中に119番、女性を救助 指宿市・開聞岳
 7日午後2時半ごろ、鹿児島県指宿市の開聞岳(標高924メートル)を登山中の60代女性から、「両足がつって歩けない」と119番があった。

 指宿南九州消防組合によると、県防災ヘリが9合目付近で救助し、麓の公園に搬送した。女性にけがはなかった。

・・・両足か、怖かっただろう。芍薬甘草湯を常備しておきましょう。
薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)
「「薬甘草湯」は、急激に起こる筋肉のけいれんをともなう痛みに対してよく用いられ、こむら返りの薬として知られています。急性の腰痛・腹痛などにも使われます。そのほか、内臓の筋肉のけいれんにともなう痛みにも広く用いられ、胃痛や、胆石・尿路結石の発作時の疝痛(せんつう)、月経痛などにも応用される。
最近では、肝硬変の人や腎不全で透析中の人などの、筋けいれん対策に有用ともいわれています。」

アマゾンで買える。12包から20包あればいい。保険料と思えば安い。
   
関連記事
[ 2022年01月08日 11:37 ] 傷病、熊、噴火等 | TB(0) | CM(0)

1/6(木) 御在所本谷 登山報告

1月6日(水)午前7時20分。登山口は雪が舞っていました。
私の他に登山者はいません。
雪の量はそこそこありますが、締まってないのですご~くもぐります。
ジョーズ岩から上は雪が深くなります。ここで若い男の子に追い抜かれました。
彼のトレースを利用するとサクサク進めます。とてもラッキー!
大黒岩が近づくにつれ、若い男の子でも、ラッセルに苦戦するようになりました。
御存じのように、雪山のラッセルはトップは苦労しますが、セカンド以下は楽です。
とうとう私も追いつきました。
彼は大黒岩へ登るために左折、私は直進して笹薮へ。ここで分かれたのが大失敗でした。
柔らかい雪に大苦戦。膝を入れて登るのですが、足の裏をのせると沈みこみ、元の場所まで滑り落ちてしまいます。
この繰り返し、一歩進んで一歩戻る、少しも進みません。
本谷ルートは、笹薮を抜けたところで一の谷新道へ合流するのですが、そこまで、ちょうど一時間かかりました。
夏なら5分の道です。
何度ももうだめか…、と思いました。

武勇伝の詳細は例会で『講演』したいと思います(笑)
20220107205534e25.jpg
関連記事
[ 2022年01月07日 22:03 ] 雪山 | TB(0) | CM(0)

続報 八ヶ岳で遺体を収容 先月末に雪上で倒れているのを発見されるも強風で救助中断 山梨

続報
八ヶ岳で遺体を収容 先月末に雪上で倒れているのを発見されるも強風で救助中断 山梨
昨年12月末、八ヶ岳連峰の赤岳で遭難したとみられる男性の遺体が1月6日、収容されました。
警察が身元の確認を進めるとともに、死因を調べています。
北杜警察署によりますと、昨年12月29日、八ヶ岳連峰の赤岳の天狗尾根で登山者がテント脇の雪の上に倒れていた男性を見つけました。
男性は当時、声掛けに反応がなく、県警ヘリが通報があった当日と1月2日、3日に救助に向かいましたが、強風のため中断されていました。
そして1月6日午前、倒れていた男性とみられる遺体を収容しました。
警察が身元の確認を進めるとともに、死因を調べています。

既報
八ヶ岳の赤岳で山岳遭難 テント脇の雪上に倒れている男性を登山者が発見 山梨 
29日午前、八ヶ岳連峰の赤岳で「男性1人が倒れている」と登山者から警察に通報がありました。
その後、ヘリで救助に向かいましたが、強風のため捜索は中断され、30日以降に再開することになりました。
男性が見つかったのは、山梨県北杜市と長野県にまたがる赤岳の標高2660メートル付近の天狗尾根です。
29日午前10時45分ごろ、登山者がテント脇の雪の上に倒れていた男性1人を発見。
声をかけても反応がなかったため、北杜警察署に通報しました。
警察は、県警ヘリで救助に向かいましたが、強風のため捜索を中断しました。
30日以降に再開するとしています。
関連記事
[ 2022年01月06日 23:38 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

虎子山無事下山

虎子山無事下山しました。
時間は掛かってしまいましたが天候・体調も良くスキーを進め登頂する事が出来ました。
調整していただいた兼用靴での痛みは気にならないぐらいに改善されました。
地域的に遠くまで山が見えたわけではないが風も無く穏やかな山行だった。
ただ予報通り良く冷えていた。特に下山後の国見峠で食べたおにぎりはノドに詰まりそうだった。
傾いた陽に照らされた貝月山が映えていた。 干支の山として行けて良かった。
有難うございます。
関連記事
[ 2022年01月05日 23:46 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

蛇峠山スキー登山

予定通り6時出発。朝食、買い物のロスで現地出発は9時20分ごろになった。
Pは標高1187mあり、藤原岳の山頂と同じですので寒い寒い。
いつもは車で馬の背まで上がりそこから小一時間程度ですが、今日は積雪があるのでワカン代わりにスキー登山を試みました。
車道から離れ別荘地を登ります。足跡はしっかりあって踏み固められているのでラッセルはない。
馬の背に登ると景色が広がった。
下って車道をそのまま行くルートと尾根への登山道に分岐します。もちろん車道を行きます。
積雪は約30㎝くらい。吹き溜まりでも40㎝程度。風が強いところはセメントが出ている。
ふうふう言いながらパノラマ台へ。
御嶽山、木曽駒、乗鞍岳、槍穂高連峰、八ヶ岳と信濃富士らしい蓼科山。
仙丈ヶ岳、甲斐駒から白根三山、荒川三山、赤石岳、聖岳、光岳まで白い巨峰のオンパレードでした。
一旦下って登り返すと山頂ですが、余り良くないが、奥三河の山なみ、三河湾と思われる光の反射が見えた。
素晴らしい展望に満足して下山開始。
ある程度まで下ってシールをはがす。板に残った糊をスプレーでそぎ落とす。
そろそろと滑り出すと快調で滑走できた。
登りは3時間強なのに下りは58分でした。
271584287_4509709999133451_2307961267080563176_n.jpg
関連記事
[ 2022年01月05日 23:42 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

伊吹山で雪崩『自力で脱出した人が他の人を救助』4人が巻き込まれるも命に別状なし

伊吹山で雪崩『自力で脱出した人が他の人を救助』4人が巻き込まれるも命に別状なし
 1月4日午後、滋賀県の伊吹山で雪崩が発生し、登山者4人が巻き込まれました。いずれも命に別状はないということです。

 午後1時すぎ、滋賀県米原市の伊吹山で「数人が雪崩に巻き込まれ1人が負傷した」と登山をしていた男性から110番通報がありました。警察によりますと、伊吹山の6合目付近で、長さ100m・幅50m規模の雪崩が発生して、3人組の登山者と50代前後の男性登山者の計4人が巻き込まれました。

 3人組は自力で脱出して50代前後の男性を救助。男性は頭をけがしたものの命に別状はないということです。

 4人は山中の小屋に一時避難して、4日午後6時現在、救助隊とともに下山しているということです。
関連記事
[ 2022年01月04日 18:50 ] 雪崩・落石 | TB(0) | CM(0)

船形山で遭難の男女2人救助

船形山で遭難の男女2人救助
 先月30日から大和町の船形山に登ったまま身動きが取れなくなっていた男女2人が2日救助されました。いずれもけがはないということです。
 救助されたのは、いずれも仙台市宮城野区に住む公務員の60代の男性と40代の女性です。 
 警察によりますと、2人は先月30日から船形山に登山に入りきのう戻る予定でしたが、吹雪で下山が困難になり大和町と色麻町の境にある避難小屋に避難していました。
 1日正午頃、男性から「身動きが取れなくなった」と警察に通報があり、警察が、2日朝から捜索していたところ午前10時頃に避難小屋から下山する2人を発見し救助しました。
 2人にけがはなく自力で歩行できるということです。
関連記事
[ 2022年01月03日 15:24 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

尾根から30メートル転落か、崖の中腹に男性遺体 冬季閉鎖中に車…観光釣場から通報、山岳救助隊員が発見

尾根から30メートル転落か、崖の中腹に男性遺体 冬季閉鎖中に車…観光釣場から通報、山岳救助隊員が発見
2日午前11時ごろ、埼玉県秩父市大滝の酉谷山(標高1718メートル)の山頂から北西に約1・5キロの山林内で、秩父署山岳救助隊員が斜面に倒れている男性の遺体を発見した。
 同署によると、1日午後1時ごろ、同市の大血川渓流観光釣場の男性(64)が「冬季閉鎖中だが、見知らぬ車が止まっている」と通報。防犯カメラには昨年12月30日の午前中に男性が山登りに入った様子が撮影されており、1日の午前中には帰宅しなかった男性の家族から届け出もあった。標高940メートル地点の崖の中腹で発見され、尾根から約30メートル転落したとみられる。

 遺体は年齢60~80代、身長は約170センチ。同署で身元を確認している。

関連記事
[ 2022年01月03日 15:15 ] 転倒・転落 | TB(0) | CM(0)

ヤマップから 氷ノ山の豪雪が目の当たり

ヤマップから
登り初めは坂ノ谷ツアーコースピストン

トップの写真はバイオトイレです。積りに積もった積雪は日本海側特有のドカ雪です。
今回の事故は残された人がご遺体で発見されて残念な結果になりました。

大人5人が年末に冬山にキャンプに行って、酒が入らないわけがない。
飲んでいる間もどんどん降ってくるが、酒の勢いで判断力が鈍ったのか、飲酒運転になるから運転(撤退)を躊躇したのか。
かくして脱出したが、車は4WDといえども積雪20㎝以上あると動かない。
ツボ足で下山したが救出されたのは4人だけだった。
体調不良の1人は車内で死亡していた。
飲酒するということは一番油断した状態なので宴会をやった場所が悪かった。

一ぞやも、関西のワンゲル部が福井県の1600m級の山に入山し、テントがつぶれるほどの豪雪に直面し救助を求めた。
地元の人らは行くなと止めたらしい。
ところがワンゲル部の監督さん曰く「あんな1600m程度の山から下りてこれないなんて・・・」と嘆いた。
人間の力で御しがたい豪雪の怖さを知らないのだろう。
関連記事
[ 2022年01月03日 12:41 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

続報 富士山で男性が滑落か 心肺停止状態で発見 静岡県警

続報
富士山で男性が滑落か 心肺停止状態で発見 静岡県警
2日、富士山で登山中の男性が滑落し、けがをしたと通報があった。警察が3日午前、男性を発見したが、心肺停止の状態だという。
警察によると、2日午前10時20分ごろ、富士山の登山者から「倒れている人がいる」と消防に通報があり、警察がヘリコプターで捜索したところ、山頂から200メートルほど下った場所に40歳ぐらいの男性がいるのを確認した。男性は下山途中に滑落して足を骨折したとみられ、2日午後2時ごろ、通報者の携帯電話を使って警察が男性と会話した際には意識があったという。
静岡県警の山岳遭難救助隊計10人が捜索に向かい、3日午前9時ごろ男性を発見したが、心肺停止の状態だという。

既報
山岳遭難救助隊10人が救助へ 富士山で登山中の男性が滑落
2日午前、富士山で登山をしていた男性が、山頂付近で滑落する事故があり、山岳遭難救助隊が救助に向かっています。

2日午前10時半頃「富士山でケガをしている人がいる」と、登山をしていた人から消防に通報がありました。

警察によりますと、御殿場口から単独で登山をしていた40代とみられる男性が下山中、山頂約200m下の登山道に滑落したということです。

通報した人によりますと、男性は意識がありますが、足の骨を折っているとみられ、身動きが取れないということです。

御殿場警察署の山岳遭難救助隊7人と富士宮警察署の山岳遭難救助隊3人が救助に向かっていて、滑落した現場までは5時間から6時間かかる見込みです。

富士山は去年9月から閉山していて、警察は「危険なので登山はしないでほしい」と呼びかけています。

富士山の気温:2日午後1時40分現在 氷点下18.6℃
関連記事
[ 2022年01月03日 12:07 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

続報 氷ノ山遭難 残る1人の男性発見、死亡を確認 積雪で動けなくなった車中で見つかる

続報
氷ノ山遭難 残る1人の男性発見、死亡を確認 積雪で動けなくなった車中で見つかる
 兵庫県の最高峰・氷ノ山(1510メートル)で30~70代の男性5人が遭難し、4人が救助された事故で、2日午前11時ごろ、兵庫県警のヘリコプター搭乗員が残る1人とみられる男性を発見し、搬送したが、死亡が確認された。積雪で動けなくなった車中で見つかり、窓ガラスを割ってヘリで搬送したという。

続報
氷ノ山遭難 残る1人の捜索、悪天候で31日も見送り 1日再開へ
庫県の最高峰・氷ノ山(1510メートル)で男性5人が遭難し、うち4人が救出された事故で、県警は31日、悪天候のため残る1人の捜索を見送った。大雪警報が発令され、ヘリコプターでの捜索が困難と判断した。

【写真】少ない手掛かり雪が覆い隠し 背丈越す積雪、残る1人の捜索難航

 宍粟署によると、残る1人は大阪市城東区の男性会社員(66)。県警は1日午前、ヘリで捜索を再開する方針。


ヤマップから
氷ノ山遭難続報 個人での救援は断念!

 30日夜宍粟市の警察にTELし、31日お手伝いをしたいと申し出たのですが、却下されてしまいました。
 4名の方の救助場所も判明しましたので、続報を共有します。
d74664cb6b274eea97d7ffa9c2d249ee (3)


関連記事
[ 2022年01月02日 13:57 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳連峰で山岳遭難 アイスクライミング中に滑落 40代男性 背中を負傷 救助後、病院に搬送

八ヶ岳連峰で山岳遭難 アイスクライミング中に滑落 40代男性 背中を負傷 救助後、病院に搬送
長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳連峰で1日、アイスクライミングをしていた男性が滑落、救助されて病院に搬送されました。

警察によりますと、1日午後2時過ぎ、2人パーティーで夏沢鉱泉付近(標高約2200m)でアイスクライミングをしていた40代男性が滑落し、同行者から救助の要請がありました。

男性は背中を負傷して歩けない状態で、県警と遭難防止対策協会の救助隊員が午後7時すぎに救助しました。男性は茅野市内の病院に搬送、治療を受けていますが、命に別条はないということです。

1日の八ヶ岳連峰は晴れていたものの、風がやや強かったということです。
関連記事
[ 2022年01月01日 22:48 ] 滑落 | TB(0) | CM(0)

【続報】朝里岳で2人一時遭難 無事救助 北海道札幌市

続報
朝里岳で2人一時遭難 無事救助 北海道札幌市
31日夕方、北海道札幌市南区の朝里岳で2人が一時遭難し、無事救助されました。

 31日午後5時前、札幌市南区定山渓の朝里岳にいる男性から「場所が分からなくなった」と警察に救助を求める通報がありました。
 警察によりますと、遭難したのは男性と女性のあわせて2人で、“バックカントリー”で朝里岳の山中に入ったとみられています。
 午後8時ごろ、捜索中の消防隊員が遭難していた男女を発見し、無事救助しました。
 現場は札幌国際スキー場の近くで、警察などが2人が遭難した時の状況などを調べています。

既報
【速報】「バックカントリーをしていて下山できなくなった」…男女遭難か 札幌市南区定山渓
速報です。
 午後5時前、札幌市南区定山渓の札幌国際スキー場で「バックカントリーをしていて下山できなくなった」と警察に通報がありました。
 男女2人が遭難しているとみられていて、警察と消防が救助に向かっています。




ヤマレコから
朝里岳

GTRとは朝里岳の斜面を指すようだ。
朝里岳GTRバックカントリー

関連記事
[ 2021年12月31日 23:06 ] 気象遭難 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

東海白樺山岳会

Author:東海白樺山岳会
 1962(昭和37)年に名古屋市交通局の有志数名が設立。その後一般社会人の親睦の登山クラブとして継承されてきた。40歳代から80歳代の男女約24名(2016年11月現在)が年間を通じて計画的に実践。
 三河、美濃、鈴鹿の日帰り登山、岩登り、沢登り、山スキー、冬山以外にも夏山縦走も楽しむ。皆で誘い合い日本百名山、日本三百名山を目指す会員もいる。個人の志向でぎふ百山、信州百名山、富山百山、一等三角点のピークハントを目標にする会員もいる。
 例会は第1水曜日(都合で火曜日になることがある)に名古屋市中区生涯教育センターで夜7時から8時30分まで。会合は山行への参加を募る重要な場なのでなるだけ出席を。欠席者にはメール、郵便、ファクスで伝達。会報も年間4回発行。総会(事業報告、役員改選、会計報告、規約改正など)は4月に実施。
 イベントは1月の新年会(町)新入会員の入会に応じて新人歓迎会(山で)、年末は忘年山行(1泊2日)、登山、岩登りの初心者の指導練習も適宜練達者のリードで実施。
 会費年間3000円。入会金2000円。別途山岳共済保険加入のための岳連会費と保険料要。現在会員募集中。問合先090-4857-9130西山まで。メールフォームからもどうぞ。

最新記事
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR